無料ホームページ ブログ(blog)
mi1011.net太鼓ならべて、どたどた30年も敲いて、大人のやることじゃないよね
mi1011.net
または私は如何にして心配するのを止めて人生を愛するようになったか
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
太鼓ならべて、どたどた30年も敲いて、大人のやることじゃないよね
太鼓の練習が始まった。

いや、祭りのことだ。そうそう、町内の祭り。別に町内に住んでる訳でもないのに、消防団の班長候補の俺は班長共々必ず18時30分に消防の詰め所に来いという。いや、だから町内に住んでいないんやけど、来なければ祭りにならないという、全く理由になっていない理由の下にいろんなものを犠牲にしていく。いって何をするわけでもないことも、予め申し上げておく。

だいたい、なんだ、18時30分に詰め所に来いというのは。俺、心斎橋やぞ。ほんま。半休使うしか
時間に来れないっちゅーに。ちゅーか、あと練習15回あるんですけど。

ちなみに、御輿の担ぎ手としての過去の感想は次の通り。
2007年 祭りは本当に疲労する
2006年 STREET Katsugi MAN

4匹のガキを御輿に乗せ、中央の太鼓を叩かせる。掛け声は4種類。例えば
・打ってくれー(ドン)(ドン)、よってしょー(ドン)(ドン)(ドン)(ドドドンドン)×3
・よーいさー(ドン)(ドン)、さっさーい(ドン)(ドン)、あーよい(ドン)や、せー(ドン)(ドン)
と、こんな感じ

で、ガキに叩き方を教えながらも、声を出すようにやってたら、俺が一番声が出てしまって、
【オマエが声枯れてどうするねん】といわれる始末。

まあ、なんつーか、キース・リチャーズが「ストーンズの要は、チャーリー(ワッツ)さ。」ていうぐらい、やっぱり、太鼓って男本来の性質の奥底にセットされているというか、叩いてると気分が高揚するのはれっきとした事実であり、男は皆【俺だけのドラムセット】をもっている、、、と思う。それを叩きながら声を張り上げて叫べばこれは咆哮そのものでもあるわけで【自然へ帰れ】と普段からいわれてる言葉そのままに成るというか。なれるというか。山へ走りに行くというか。思わず大晦日・除夜の鐘が鳴る中に酔っ払いながらマラソンする馬鹿が出てくるわけで、そのへんがいとおかし。意味?ないね。だから男は馬鹿なのよ。ちなみにタイトルはワッツご本人の言葉なり。

練習終わり。身も心もヨッチャンイカ化したところで、消防の訓練。まだ帰れない。

とりあえず、いろんなものを捨てていってる、36歳の初秋。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
あたしも子供の太鼓クラスを明日から教えることになっちゃって、緊張してるんよ。。。どうしよう。。。

お祭りとか何でも、参加してるほうが絶対楽しい。見てるのはあの感動は味わえないね。
2009/09/05(土) 02:00:17 | URL | Echo #-[ 編集]
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。