無料ホームページ ブログ(blog)
mi1011.net恋のバカンス
FC2ブログ
mi1011.net
または私は如何にして心配するのを止めて人生を愛するようになったか
201811<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201901
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
恋のバカンス
何気に付けたTVの深夜放送で、腹がひきちぎれそうになったこと、
ありませんか?

1994年、深夜放送にもかかわらず、脅威の視聴率6%を弾き出した、
竹中直人のコメディ。『恋のバカンス』。これは凄かった。

だからDVDで出たと聞いた日にゃ、世間一般では笑いのDVDは高かろうと、躊躇することなく、自転車かっ飛ばして、池袋のHMVで購入しました。ええ、DVDで4枚組、しめて¥14,000。高い!いい!
koibaka.jpg

きっちりとした笑いのポイントを、『オチ』と呼びます。おそらく、製作者サイドとして、『ここが笑うところですよ』と親切に教えてくれるものです。

この『恋のバカンス』は毎回(30分)でほとんどロケでコント(芝居)をする番組なのですが、そんな親切さはなく、オチがわかりにくく、
感情変化が激し過ぎて、ついていけないぐらいの濃さを醸し出しています。非常に説明しにくい。つまり、前提があって、そこに不条理さが、
そうそう、途中から不条理きわまり過ぎて、おかしくなってくる、そんな感じです。笑いを説明することは難しいですなあ。

脇役陣もガッチリ固めていますが、竹中直人の存在感は圧倒的。
いないと面白くない。いや、竹中直人が全部面白いポイントを醸し出すためだけに、他の出演者は協力しています
(時々、ついていけなくなって笑いをかみ殺してますが)。

インスタントな笑いが多い中、仕込みがしっかりした演劇的笑い
(=竹中)は非常に貴重です。(スネークマンショーも大好き)

よって、以下の点、何度も観て、笑ってます。
『流しのチャーリー・ボブ彦』:哀愁と切れ
『ニラ彦兄さん』      :感情の変化が激しく暴力的
『ボン梶田』        :
妻のボブ・マリエ(布施絵里)との切れた言い合いと、イントロでのテンションの差
『ショスタコビッチ三郎太』 :確実に放送コードを超えている表情
koibaka-saburouta.jpg
↑ショスタコビッチ三郎太
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
久々の犬○文庫の新作入荷ですね。貸して下さい。明日取りに行ってもいいかな??
2006/01/11(水) 02:51:25 | URL | 野村です。 #-[ 編集]
>>野村さん
レスありがとうございます。申し訳ないです。すでに先約が入ってまして、空き次第
ご連絡します。懲りずにここに来て下さいね。ちなみに何かお奨めDVDありますか?
2006/01/11(水) 21:04:17 | URL | mi1011 #-[ 編集]
返信遅れました。
ベタですが『及川奈央』の表の反対でしょう。
2006/01/15(日) 04:25:33 | URL | 野村です。 #FFeI7iKU[ 編集]
口だけでなく行動で示せ!!
by 野村ノート
2006/01/16(月) 04:50:41 | URL | 野村です。 #JXoSs/ZU[ 編集]
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。