無料ホームページ ブログ(blog)
mi1011.net恐怖!東京ミチテラス
mi1011.net
または私は如何にして心配するのを止めて人生を愛するようになったか
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
恐怖!東京ミチテラス
夕方に東京駅の丸の内側で3Dのスライドショーをやってるっていうから、妻とルークと一緒に買い物帰りに寄ってみた。案の定、人だらけ。それでもついつい、前の方にいけば見えるかなという軽い思いで前に突っ込んでいったのが間違いだった。冷静に考えれば、まず、無理があったんだ、俺は。右手に妻の収穫品であるSK2が1年分入った袋。左手にはルークが入ったかばん。それで妻を連れて前へ前へ。足元に転がってるコーンを蹴飛ばし、「車道に入らないでください」とシュプレヒコールを起こした警備員を無視して、突っ込んだ結果、ようやく見えてきた、丸の内正面口。どうやら、すでに1発目が終わっているらしい。それにしても、異様だ。もう、歩道は人でパンパン。車道に出ればどれだけ楽か。にもかかわらず、ガンガン車は通っている。なんとも、危ない雰囲気が漂っている。待つこと20分、ようやく始まったスライドショー。横のガキがうるさく実況してくれて、あいかわらずの警備員のシュプレヒコールでもって、雰囲気もくそもあったもんじゃなかった。まあ、適当に終わるだろうなと思っていたら、本当に適当に15分ぐらいで終わった。

さて、帰るか。実はここからが恐ろしかった。前目にいた人間は、車道方面に逃げるように本来なら右手に進行して、後ろにいたひとらが3発目のために前に出てくるのかなと思っていたら、どうにもこうにも、どこにいけばいいのか、分からない状態になってきた。そこにどんどん後ろから人の流れが押し寄せてくる。右手で信号が青になり、人がいっぱいなだれ込んできた。こっちは車道に出るなといわれているに。つまり、人がどんどん集まっているのに、人が撤退する場所がない。要するに、とんでもないおしくらまんじゅう。そこに、両手を奪われている俺。阿鼻叫喚一歩手前。体がいうことを聴かないで、あらぬ方向にコントロールされていく。激流に巻き込まれていく一枚の枯葉そのもの。これは本当に危ないかもしれないぞ。ついに、妻とも離れてしまった。やばいぞ。そう思っていたら、左手前に地下道につながる入口があった。唯一の出口とみた俺は、必死でそこにたどりつこうと試みる。ほんの3m。それすらも難しいと思うぐらいの激流の中で。もがくこと5分、妻と合流に成功。二人とも、興奮していた。スライドどころじゃなかった。昔、兵庫の方でこういう事故があったと思うけど、間違いなくこんな感じだろうな。なんせ、警備員はまったく機能していない、ルートが確立していない、なのに、あふれまくる人。

翌日、このイベントは中止になったと聴く。
死人が出なくて本当によかった。やってたら、間違いなく出てた。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。