無料ホームページ ブログ(blog)
mi1011.net川口の風景
mi1011.net
または私は如何にして心配するのを止めて人生を愛するようになったか
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
川口の風景
SUICAを落とした。5000円もチャージしていた。5000円というラインは実に微妙だ。落ち込むには少々しょぼい額だが、確実に落胆する効果がある。それが5000円という金額。今日の天気はなくした5000円のような天気だ。

客と会った後、川口駅近くにマクドでパソコンを打つ。ホットコーヒー以外、オーダーはしない。特別にほしいものはない。単にコーヒーが100円という理由だけで、マクドにいる。もちろん、他の客もそう考える。たった100円の免罪符。

ふと、ディスプレイから眼を外す。身の丈170ぐらいある白髪のおばあはんが、ぬんと横切っていった。寝間着だ。たぶん、寝間着だろう。寝間着のままということになる、だろう。両手に薄緑色のゴム手袋をはめている。トイレ掃除で使いそうなやつだ。さて、起きたから来たのか。それとも、トイレ掃除が終ったから来たのか。たぶん、前者でも後者でもない。100円でマクドにいられるから来たのだろう。妙に甲高い「ありがとう」が聴こえた。座っている、その目線は定かではない。テーブルの上には、数えるのが面倒なジャリ銭と、二つのドリンク。薄緑色のゴム手袋が、マクドのフロアの中、異彩をもわんと放っている。隣りには、イヤホンをした若い学生がいるじゃないか。彼はいたって無表情で、何事もなかったような顔をしている。なんじゃこのババアと猛烈に叫んでるだろうな、今、たしかに、その心中で。わかる。俺には分かるよ。俺だけは分かってやりたい、おまえの心。なんせ、日常に日常が重なってるだけなのに、この違和感。どうしろといいたい。どうするんだ、日本マクドナルド。

とかいうてる間に、また変なオッサンが入ってきた。出ようか。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。