無料ホームページ ブログ(blog)
mi1011.net中央線の風景
mi1011.net
または私は如何にして心配するのを止めて人生を愛するようになったか
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中央線の風景
20時30分過ぎ、JR新宿で最後尾車両に飛び乗った。
中央線の快速高尾行きだ。下りるまで時間がある。さて。
スマートフォンにダウンロードした大富豪でもやるか。

大富豪のターン3回目ぐらいか、こんな風にロスチャイルドも世界を見下したりしてるんかいなと
3枚ある②を投入するタイミングを見計らっていた、まさにその時だ。

「あやまんなさいよ!」

糞どうでもいい30過ぎカップルの会話ぐらいしかなかった車両。
その空気が一瞬止まった。誰もがソースを探す。ベテランの舞台女優級にデカく張ったいい声の主を。

いた。
俺の目の前の座席右に座っていた。
顔がでかくて口がでかく、色白のおばはん。
左足の膝をさすっている、その横には
これまたいいガタイの40過ぎの独身セミロング女が
ピンクのビニール袋を左手に、右手にもった本を
ほけーっとした顔で読んでいる。

どうやら、40過ぎが持ってる袋が、おばはんの古傷らしい膝に接触したらしい。
それに対する、「あやまれ」のようだ。

おばはんは、「ザ・睨む」の体でで真横の40過ぎをにらんでる。
ところが、まったく40過ぎは無視を決め込んでる。
「あやまんなさいよ!」が木霊した車内。第一波から3分程経った頃、
第二波がやってくる気配がしてきたぞ。くるぞくるぞ。そしておばはんが火を噴いた。

「なんで、あやまんないんだよ。日本語、わかんないのかよ。」若干、ミディアムレアなトーンだ。
「わかんねーーーーーーーのかよ!」ウェルダン。
「なんだ、チャイニーズか。」レア。
「このチャイニーズ!チャイニーズ、日本語わかんねのーかよ」ウェルダン。

真横で、この「ガナリ」。勝手にチャイニーズ呼ばわり。さすがのジャキーも怒るで。
ところが、40過ぎをよくみると、その右手の本にはまぎれもなく日本語。
しかも、結構、難しそうな漢字の羅列。そこに気付いた、おばはん。

「なんだよ、日本語わかんのかよ。謝れよ!!コリアン!」 隣の車両には伝わってるだろうか、この言霊。

依然、40過ぎは読書中。また、膝をさするおばはん。
3分程の沈黙。

「あやまれよ!なんであやまらないんだよ!一言あやまれよ!日本に来たら、日本の風習ぐらい勉強しろ!」大噴火。彼女は我を失ってるな。とかいいながらも、自分は訳の分からんタイミングで②を出してる。大富豪やってたんだった。心臓の鼓動がエイトビートや。

隣りの40過ぎはそれでも無視。さすがにぶちぎれの矛先をどうすべきか。もう、殴るしかない。しばけ、しばけ、おばはん。そんな感じで、誰もがこのプチ修羅場に息をひそめてその先を見つめていたその時。俺の左前に立っていた、鳶職のオッサンが、スマホの画面から視線を外し、こう叫んだ。

「うるせー、ばばあ!!!!!」

おばはん「うるせーとはなんだ、うるせーとは。こいつがあやまらないんだよ!!!!!あやまれよ」

鳶「あのなー、そういうことはな、電車の中でやれ!!!!」


中?
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。