無料ホームページ ブログ(blog)
mi1011.netラブ・アゲイン(2011年 米)
mi1011.net
または私は如何にして心配するのを止めて人生を愛するようになったか
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ラブ・アゲイン(2011年 米)
どうせラブコメなんだろ。

どうってことはない消費系だろうな、と決め込んで、欧州出張の飛行機の中で観始めたのが大間違い。観終わってからだいぶ経つんだけど、そのセリフが、そのシーンが、結構頭と心に残ってる。くだらなくて笑えるけど、その笑いは下品ではなく、ツボを突くようなそれ。なにより脚本がよくできてる。飽きない。分かっていても飽きない。間も絶妙だ。お約束の最後はお約束のシッチャカメッチャカになってしまう。それで、最後の最後はきっちりしめる。それがまた、嫌味じゃないし、無理がない。あえていおう。この映画にあるセリフはひとつひとつが軽く笑えるけど、それでいて、重くて笑えない。残念ながら、笑えないのよ。最初、ロビーの求愛する姿を大方の大人は冷ややかに、それでいて暖かい目線でみていたことだろう。ところがどうだ、ストーリーが進むにつれ、思い出す。この姿はかつての自分たちじゃないのかと。愛がどうだのこうだのとまではいかない。ただ、人と人の出会いとはなんだろうか。そこから発生する磁力ってなんなんだと。それはいつか拡散して消えてなくなってしまうものなのだろうか。それとも。結婚したことがある人、結婚している人、そしてこれから結婚しようと思ってる人。一度観てみたらいいと思う。アホやなと笑いながらも、最後にグッとくる。そんな映画。つまり、とてもいい映画だ。ついでに、マリア・トメイには惚れた。エロくて。

ラブ・アゲイン(原題:Crazy,Stupid,Love)
2011年、アメリカ
監督:グレン・フィカーラ、ジョン・レクア
脚本:ダン・フォーゲルマン
撮影監督:アンドリュー・ダン
編集:リー・ヘキソール
美術:ウィリアム・アーノルド
衣装デザイン:デイナ・ピンク
音楽:クリストフ・ベック、ニック・ウラタ
出演:スティーヴ・カレル、ライアン・ゴスリング、ジュリアン・ムーア、エマ・ストーン、ジョン・キャロル・リンチ、マリサ・トメイ
粗筋:真面目なサラリーマンのキャルは、或る日突然、愛妻のエミリーから離婚したいと打ち明けられる。

love_again1_convert_20120328183812.jpg
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
どうでもいいコメントですが、このblog、中国だとPCからひらけないすねー。中国のネット検疫にひっかかってるのでわ?
2012/03/30(金) 08:55:40 | URL | まっつん #-[ 編集]
どうも、あなたのマリサ・トメイです(^^)
こういう系だとラブアクチュアリーみたいな感じですかね。最初油断してて最後夢中みたいな。得した気分になりますよね~。でも最近映画が好きすぎてどんな映画でも許せるようになってきました。寝ちゃう時はありますけどね、てへ(^_^;)
2012/03/30(金) 09:08:05 | URL | ぺん #-[ 編集]
Re: タイトルなし
まっつんさんコメントありがとうございます。中国にまでいっても、私のブログをご覧頂こうとするその気持ちがうれしいですね。ただ、たぶん中国でみれないのは、私が心の中で「フリーチベット!」と連呼しているからだと思います。
2012/03/30(金) 20:10:49 | URL | mi1011 #-[ 編集]
Re: タイトルなし
ぺんさんコメントありがとうございます。そうですか、私のマリサ・トメイが貴方だったとは思いませんでした。ドギマギしますね。この映画、なかなか面白いので観てみてください。あまり妻役には同意できなかったのが本音ですが。主人公のキャルと、その息子の健気さが、ただただ美しくて。
2012/03/30(金) 20:13:06 | URL | mi1011 #-[ 編集]
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。