無料ホームページ ブログ(blog)
mi1011.netSleep the Clock Around
mi1011.net
または私は如何にして心配するのを止めて人生を愛するようになったか
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Sleep the Clock Around
And the moment will come when composure returns
Put a face on the world, turn your back to the wall
And you walk twenty yards with your head in the air
Down the Liberty Hill, where the fashion brigade
Look with curious eyes on your raggedy way
And for once in your life you have nothing to say
And could this be the time when somebody will come to say,
"Look at yourself, you're not much use to anyone"

Take a walk in the park, take a valium pill
Read the letter you got from the memory girl
But it takes more than this to make sense of the day
Yeah it takes more than milk to get rid of the taste
And you trusted to this, and you trusted to that
And when you saw it all come, it was waving the flag
Of the United States of Calamity, hey!
After all that you've done, boy, I'm know you're going to pay

In the morning you come to the ladies' salon
To get all fitted out for The Paperback Throne
But the people are living far away from the place
Where you wanted to help, it's a bit of a waste
And the puzzle will last till somebody will say
"There's a lot to be done while your head is still young"
If you put down your pen, leave your worries behind
Then the moment will come, and the memory will shine

Now the trouble is over, everybody got paid
Everybody is happy, they are glad that they came
Then you go to the place where you've finally found
You can look at yourself sleep the clock around

by Belle and Sebastian

落ち着きを取り戻すとその時はやってくる
壁に背を向け、顔を文字にうずめて
そして君は頭を風に漂わせて20ヤード歩く
ファッション軍団のたむろする‘自由の丘’へ、
君のぼろ服に注がれる眼の数々
年に一回だけ、君は何も言えなくなってしまう
その時が来る
誰かがやってきて言うんだ
‘自分を見てごらん、君は誰にも利用されちゃあいないんだ’

公園を歩く、バリウムの錠剤を飲む
そして思い出のあの子からの手紙を読む
でも、今日を意味あるものにするにはそれじゃあ足りなくて
でも、その味を消すにはミルクじゃあ足りなくて
君はそれも信じて、これも信じて
遂に君はそれを見つける
‘苦難の合衆国’の旗を振っていた!
そうさ、君はよくやった、
仕返しができたじゃないか!

朝が来て、君は淑女達のサロンにやってくる
ペーパーバッグの玉座を武装して
でも皆はそこからは遠い所に住んでいて
君の助けはちょっぴり無駄骨
でも誰かがやってきて混乱は消え去る
誰かがやってきて言うんだ
‘頭の若いうちにやるべき事はたくさんあるんだ’
心配なんて置いといて、ペンを置けば
その時はやってくる
そして想い出は輝く・・・

そう、もう厄介事は終り、皆やるべき事はやった
皆幸せで、それが来たのを皆喜ぶ
そして君は遂に発見した場所へ行く
もう自分自身を見ることができるね
ずっとずっと、寝ていよう・・・

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。