無料ホームページ ブログ(blog)
mi1011.net午前3時の曖昧な頭痛
mi1011.net
または私は如何にして心配するのを止めて人生を愛するようになったか
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
午前3時の曖昧な頭痛
男前な後輩・O君の所有物をコテンパンに川に捨てる夢から覚めたのは、午前3時だった。風邪特有の悪寒がやってきたような、そうでもないような。頭に鈍い痛みがある。こんな時には一にも二にもバファリン。早速、2錠を口に入れ、また床につく。午前6時。なかなかどうして、重たい気分はそのままだ。会社を休みたい。着替える準備をする。しょうがない、今日はボスと面談なんだ。

なんだか衰弱してきた気がする。参った。バファリンで事足りるはずが。なんでこんなに重いんだろうか。あれ、なんだか左の歯がジンジンする。気のせいか。いや、やっぱり、波紋が広がるような感覚がそこにある。ひょっとして、歯?虫歯?それ起因?

弱り目に祟り目とはならず、面談模様は快晴。よくやってくれてると褒めちぎって頂いたおかげで、こちらは黙ってるだけでよかった。しかし、俺の肉体は既に業務に支障をきたすレベルでダウン気味。面談終了後、早退。

近所の歯医者に予約も入れずに飛び込む。診察中、『5、6、5、7』との声が聴こえる。黄信号が灯って赤点滅といったところかな。かなとか、いうてる場合か。

結果:
①虫歯1(抜くしかない)
②その横の歯が歯周病でグラグラ
③頭痛の元凶は②。神経を侵している可能性大。
④①が②を物理的に支えているので、今①を抜くと②が不安定。

結論:②の根元を治療してから、①を抜く。

応急処置で①と②を少し治療してもらう。先生の仮説通り、頭痛がふっと消えた。こりゃ、39歳、菓子馬鹿。歯医者通いの小学生時代に戻るしかないな。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。