無料ホームページ ブログ(blog)
mi1011.netルークと夫婦と吉祥寺
mi1011.net
または私は如何にして心配するのを止めて人生を愛するようになったか
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ルークと夫婦と吉祥寺
妻と吉祥寺のauショップに行った。俺の携帯電話の電源がつかなくなったからだ。これはもうスマートフォンに替えるしかないでしょう!と妻にいった。右手こぶしを高らかに挙げながら。妻は、アイフォンにするのときいてきた。そうか、アイフォンか。今度は、左手こぶしを高らかに挙げた。

昼、ルークにはお留守番をお願いすることにして、俺たちはauショップを目指した。途中、「ルークは今何をしてるんだろうな?」という会話に終始する。今では俺たちの会話の95%以上は「ルーク」関連だ。もちろん、俺はルークという犬に出会って、犬というやつに改めて興味をもつようになり、やがて、犬からルークという一個性を発見し、ルークと俺の関係性を構築することに愉しみを覚えるようになった。今では、目が覚めると俺の頭髪にまとわりついて寝ているこの存在を愛せない訳にはいかなくなってしまっている自分に驚く。彼等と過ごす平凡なる日々は愛おしい。

ただ、かつて出会った野良犬のメリー、野良猫のミーヤ、ウサギの真ちゃんとバニラ。皆、過ぎ去っていった。そしてルーク。その命もまた短い。一方で、俺と妻はこれからも生きていかなければならない。ルークのいなくなった世界で、ルークのことしか話せない二人は果たしてどう生きていけるのだろうか。少し不安を感じてもおかしいことではないだろう。

俺は思う。人であれ、動物であれ、本であれ、風景であれ、味であれ、感覚であれ、人は出会うべき時に出会い、別れるべき時に別れる。ならば、その関係性に執着するのではなく、お互いの個性と関係性を大事にしながら、共に生きる今に感謝していくべきだろう。ルークだけにではなく妻にも最高の愛情と関心を注ごう。そう思いながら、早く帰ってこいと声を枯らした叫びが聞こえる我が家へ走って帰る二人であった。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
人が繋がっていられるのは本当に一瞬ですよね。どんどん通り過ぎて行く世の中で私も愛するものたちを100パーで愛したいものです。
にしても素敵すぎる(#^.^#)☆結婚して!
2012/01/17(火) 09:54:40 | URL | ぺん #-[ 編集]
Re: タイトルなし
ぺんさん、いつもコメントありがとうございます。これからも、コメント結びに「結婚して!」をどうぞ宜しくお願いします。
2012/01/17(火) 19:41:18 | URL | mi1011 #-[ 編集]
”お父さんには申し訳ないけど、
お父さんを震災で亡くした時より、
数年前にワンコが亡くなった時の衝撃の方がはるかに大きく、立ち直るのにかなりの時間を要しました”と、あるおばぁさんが1/17にコメントしてたわ
2012/01/18(水) 12:32:47 | URL | #-[ 編集]
Re: タイトルなし
コメントありがとうございます。旦那よりワンコ、当然ですよね。といわれないように、頑張っていきたいと思います。
2012/01/18(水) 22:24:14 | URL | mi1011 #-[ 編集]
いやいや、結婚してなんて調子に乗ってしまってすみません。もう36の子持ち主婦ですし、大人ですし、ちょっとは分別もついてますし、旦那とは仲悪くはないですが、今日もゴミ捨てを渋り、おべんとのお礼もなく私は何の為に……あー!やっぱ結婚して!
2012/01/19(木) 11:46:43 | URL | ぺん #-[ 編集]
Re: タイトルなし
ペンさん、コメントありがとうございます。そら、ゴミ捨てを渋られては愚痴もいいたくなりますよね。そういうときはクッションを袋叩きするか、私のブログを隅から隅まで読んで頂ければ、見事にストレス解消されるはずです。だから、今後もコメント結び、宜しくお願いします。
2012/01/20(金) 18:20:53 | URL | mi1011 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/02/17(金) 03:49:00 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。