無料ホームページ ブログ(blog)
mi1011.netボールはゴールの中
mi1011.net
または私は如何にして心配するのを止めて人生を愛するようになったか
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ボールはゴールの中

今日は2011年Jリーグ最終戦だった。浦和という絶対的アウェーの中で、柏レイソルがレッズと試合だ。結果はご存知の通り、3-1で柏が勝ち、見事に柏が優勝した。J1昇格直後で優勝。素晴らしい。柏、優勝おめでとう。ガンバファンの俺だが、素直に祝福したい。

さて、この先、何を書こうとしているか。勘のいい方は分かるだろう。

FIFAランクベスト10と、日本の差はどこにあるのだろう。個人の戦術理解と答える人もいるだろう。俺は、ずばりいいたい。「ディフェンス、特にゴールキーパーのレベル」。

その浦和レッズ対柏レイソル。0-2で柏がリード。このまま、余裕で走り抜けれるかと思いきや、レッズが柏木のヘッドで追い上げ、1-2と俄然勝負が盛り上がってきた。双方どころか、三つ巴なもんだから、ガンバファンの俺も、きっと名古屋サポーターも、皆、緊張感が上がってきたであろう、その矢先。あの、柏のなんでもない真ん中の、ワンバンドしたシュートを浦和のゴールキーパーが弾く。あれ?      ボールはゴールの中。


ゴオオオオオオル


この「3点目」で、浦和が追いつき追い越す可能性はほぼゼロ。優勝は柏に確定した瞬間だった。なんだ、このキーパーは。いったい、いつも何の練習をしているんだ。1点目も結構ひどいもんだった。足に当たって入ってるじゃないか。まあ、3点目はひどいどころか、もう、なんというか、最大の敵は内にあるというか、うちの後輩みたいというか。そら、追い上げようとしてる味方のテンションがガタ落ちだわ。どんなにサッカー選手の技術が上がってきても、ゴールキーパーがへぼだったら、何の意味もないということが証明されてしまった。そして、優勝戦線の最高の盛り上がりすらも、潰してしまったというわけだ。たのむから、反省とか何とかはいいから、二度とこんな類のミスをしないよう、練習を工夫して取り組んでほしいものだ、日本のゴールキーパー諸君よ。これ以上、怒らせながら笑かさせるのはやめてくれ。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんにちは
mi1011さん、こんにちは。サッカーいいですよね。日本代表は中盤は厚くなったけど確かにディフェンスに弱点ありです。僕は、技術面はもちろんとして、それ以上にモチベーションの差ではないかと、素人ながらも思います。また寄らせていただきます。それでは、また。
2011/12/04(日) 00:48:35 | URL | H #-[ 編集]
>Hさんコメントありがとうございます。モチベーションの差、ありますよね。ただ、ザッケローニのおかげで、日本にも少しはちゃんとしたディフェンス(一人が勝手にやるのではなく連携した守備)文化が浸透すると思います。期待しましょう。
2011/12/07(水) 00:35:43 | URL | mi1011 #-[ 編集]
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。