無料ホームページ ブログ(blog)
mi1011.net新宿~青梅43㎞、かち歩く
mi1011.net
または私は如何にして心配するのを止めて人生を愛するようになったか
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新宿~青梅43㎞、かち歩く
「飲まない」、「食べない」、「走らない」で43㎞を歩いたら、人はどうなるのだろうか。

13日朝、かち歩きに参加する。「かち」は「徒」と「勝」の同音異義語。かち歩きの目的は、体力をつけて健康を維持する、心身を鍛える、飢え・乾き・疲労などの実体験、自己の限界への挑戦といった意味合いがある。 全国各地で大会が開かれており、今回は、第85回かち歩きに参加し、新宿から青梅までの距離に挑戦する。

参 加 費 新宿-青梅:1,800円 中学生以下:1,000円
集合場所(スタート) 新宿中央公園水の広場(午前8時集合)
解散場所(ゴール) 青梅市総合体育館

ま、とにかく、フルマラソンの距離を飲まず・食わずで歩けという、ほぼ修行の意味合いが大きいわけだけど、
初参加の準備として、いろいろとブログをみて、順位100位以内・7時間以内に完歩という目標を設定した。これが果たしてどの程度の難易度なのか、それは始めてみないと分からない。

2011111307540000_convert_20111114115255.jpg
スタート地点は都庁のすぐ下の広場。申し込み順に並ばされ、1~500番は赤のゼッケン、501~1000は白のゼッケン、1001~は黄色のゼッケンという感じで区分けされ、赤のグループから出発。5㎞地点まではグループ縦列で進み、5㎞を超えてからは自由にいってよいらしい。さて、広場には割と老若男女入り乱れた感じで、1600人もいるという。太鼓に合わせて、いよいよスタート。1本目の「歩く前に飲む」のCMで出てた唐辛子の力を飲んで気合いを入れる。

2011111307550000_convert_20111114115332.jpg
これが、俺のゼッケン。飲まない・食べない。でも、近年、水の供給不足は本当に体に悪いと判明してから、「でも、どうしょうもない場合は飲んでもいい」と、レギュレーションは変更されたという。さてさて完歩できるのか。スタートして約1㎞も経たないうちに、縦列が乱れ出す。信号があるごとに止まるわけだけど、赤になりかけの時に走り出して、リードを広げたり(逆に広げられたり)、遅い人をぶち抜いていくようになる。しまいには、赤でも走って「赤だよ!」と怒られたり、そんなことを無視してでも先にいくような人間が続出。俺もその一人だが、とにかく、先頭であるはずの赤のグループ(1~500番)に白の連中が混ざり出して、レギュレーション無視した状態に。誰も自重しなくなる。

2011111309300000_convert_20111114115608.jpg
5㎞地点。本来はここまで縦列のはずだが、すでにこのバラバラ加減。

さて、がんがん飛ばして飛ばして進むものの、日差しは強いし、先頭集団がいつまでたっても見えない。猛烈なスピードで歩いているうちに、これは競歩スタイルでいくべきじゃないかということで、両腕をガンガン振って、地面を滑るように、速く歩いてると、次から次へとごぼう抜き。10㎞地点で、スポ刈白髪の大工のおじーさんみたいな人と喋りながら高速で抜いていく。このおじーさんもなかなか凄いスピードだ。若いときにはマラソンしていたらしい。やはり。で、自分も調子こいて競歩スタイルを続けていると、おじーさんは後方に。俺はどんどん前に。まだ見えないぞ先頭集団。と、ガンガン飛ばしていると、山パンの武蔵野工場が見えてきた。ようやく先頭集団を発見。一人抜き、二人抜き、そして、おそらく先頭のオッサンをとらえて、(おいおい、100位どころか優勝ですか?!)と喜びながら、抜いたら、オッサン、本気を出してきた。ぐおおおおおおおおおおおっと、あっという間にピッチ上げて、差は広がるばかり。暫定1位はまさに5秒程度。どうあがいてもあのスピードにはついていけない、やっぱりすごいな。と思っていたら、てめえのエンジンがパワー切れでエンプティ―マーク点灯。あれ?あれえええ?ヘナヘナになってきた。信号で止まると立ちくらみはするわ、脚が痺れてつりだしそうだわ、屈伸もできなくなるわ。やばいよ、やばいよ、これ死ぬよ。と思っていたら、今度は手が痺れだしてきた。やばいよやばいよ、腕の筋肉が張り詰め過ぎて、ギシギシいいだした。(本当にいいだした)。ひょっとして、これこそ、かち歩きの真骨頂か!筋肉が悲鳴をあげている。しかも、まだ30㎞のチェックポイントすら通過していない。おそらく、20㎞、せいぜい。棄権?頭にややよぎりだす。そんなこんないうてる間に、ガンガン抜いていった人らに、スイスイ抜かれていって、アウアウいいだして、もうしょうがないから、自販機で水を買う。ガブガブ飲む。はあ、なんか、息が出来るようになってきた。でも、まだ足りない。フラフラしながら、また自販機。今度はファンタグレープを買う。甘いもの!甘いものを体に入れないと、死ぬ。ゴクゴク。ファンタ、うまい。頭が重くて死ぬかもと思っていたから、頭を思い切り後ろに下げた歩き方をしていたけど、ようやく、マラソンスタイルに戻す。
30㎞地点でチェックポイントを過ぎる。あと、13㎞。それにしても、ジョグだったらもう少し速く時間が進んでるはずなのに、なぜにこんなに時間がかかるのか。絶対、歩くほうがしんどい。マラソンなら、走ってても歩いてもいいわけだけど、この競技は走ってはいけないわけで、とにかく、いつまでたっても歩き続けるこの地獄はいったいなんなんだ。しかも、俺は初めての参加だからだろうけど、ゴールがどこか、分からない。感覚が分からない。
よって、ものの見事に、スパートやピッチが狂いまくり・スタミナ配分めちゃくちゃになっていったわけで、それはそれで、ビギナーズならではの全身全霊感があってよかったけどね。40㎞地点で7回出場しているオッチャンと喋りながら歩く。こんなに早く終わらせたい、ただそれだけでやっているイベントってないということで一致。

そして、

2011111315280000_convert_20111114115853.jpg
ごーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーる。朝8時半から、午後3時半。
ノンストップで歩き続けたぞ。陽が暮れ始めてるぞな、もし。


2011111315510000_convert_20111114115957.jpg
記録、65位。6時間53分。完歩!目標達成!。

なんというか、いまだかつて、こんな疲労感は初めてかもしれない。両足・両ふくらはぎ、両腕、さらには両足の前側までが痛みきった。

さて冒頭の疑問にお答えしよう。
>「飲まない」、「食べない」、「走らない」で43㎞を歩いたら、人はどうなるのだろうか。
答え:燃え尽きる。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。