無料ホームページ ブログ(blog)
mi1011.net蹴ってて思うこと
mi1011.net
または私は如何にして心配するのを止めて人生を愛するようになったか
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
蹴ってて思うこと
シュートが入るようになってきた。

シュートが入るということは、体調と脚の調子がいい、若かりし頃に戻りつつあるというバロメーターの一種だ。

まず、シュートを打つということは敵陣にいるということ。さらに、割とゴール近くにいるということ。これはとてもいいことだ。やっぱり多少離れた位置から打つミドルシュートでは、なかなか入らない。入れようと思うと、必然的に敵ゴールに近づいている。攻撃的な意識をもっているということだ。この「攻撃的意識」というものは思っている以上に重要だ。どうしても年齢を重ねたり、体調がよくなかったり、走れないと思うと、攻撃よりも守備の意識が高まる。守っている方が受ける側なのである意味楽だからだ。攻撃にいくと、まず、攻撃を作るために走らなければいけない。そして、止められると今度は守備シフトに戻さなければいけないので、それにかかるパワーが必要。それを考慮した上で攻撃するわけだ。やはり、そうした位置にすでにいるということは気持ちがいい状態にあるといえる。メンタル次第で肉体のポテンシャルは引き出される。

次に、シュートする瞬間の話。ずばり軸足の筋肉の問題だ。右ききなら左足が軸足になるんだが、軸足に力が入っていなければ、なかなかいいシュートは打てない。へぼいシュートしか打てない。へぼいシュートはゴレイロに止められるどころか、途中でディフェンダーにカットされるぐらい無力だ。力のあるシュートを打ちたければ、どうしても軸足にきっちり力が入っていないと、最低限のシュートは打てない。これはシュートに限らず、パスも同じ。チャージやインターセプトも同じ。思ったところに思ったタイミングに思った力を肉体に伝える。

さらに、蹴り足の問題。これは、単に蹴り足に力を入れれるかどうかだけではなく、体のバランスの問題もある。軸足はぐらっとしているけど蹴り足だけでシュートするようなとき。(それでも軸足は必ず効いてるもんだけど)。やっぱり、蹴り足にも最低限の力が入っていないといけない。こう考えると、右も左も、バランスが取れているかどうかは重要なポイントだ。そして、これも、単にシュートアクションに限らず、1対1での駆け引き、
パス、ブロック、とあらゆるアクションに通じると思う。

極端な話、自分のフットサルをもう1段階上のレベルに上げたいとか、かつてのレベルに取り戻したいという場合、1にも2にも、ひたすらフットサルをやらない日に走りこんで、脚と肉体を補強することが一番の近道だと断言できる。

a7aa99f6.jpg
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。