無料ホームページ ブログ(blog)
mi1011.netなんとなくニューシネマパラダイス
mi1011.net
または私は如何にして心配するのを止めて人生を愛するようになったか
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なんとなくニューシネマパラダイス
ふと、「ニューシネマパラダイス」を思い出した。

いい映画だ。たいていのひとはラストシーンで泣く。もちろん、いいシーンだ。最高の見せ場ともいえる。そんな中、自分にとってはもっと鮮明に覚えているセリフとシーンがある。映画館のじーさんが死んで成長したトトが帰ってきてじーさんの葬儀で町をゆっくり歩いているシーンだ。ぼんやりと歩いているトトへの、ばーさんのセリフだ。「じーさんはあんたのことを本当に好きだったのよ」。こんなに力があるセリフは聴いたことがなかった。だから、生まれて初めて映画をみて泣いた覚えがある。胸が熱くなった。長い、長いじーさんとトトとの絡み、密接な関係、大人になったトトとの別れ、それを惜しみながらもエールを送るじーさんの後姿。その末に出た、ばーさんのセリフ。きっと、台本の中ではそんなに位置づけは低いセリフだったかもしれない。ただ、いまだに忘れさせない。凄い映画だなと思う。

おいしいステーキには、おいしい付け合わせがあるように、いい映画には、いい音楽がそこにある。

映画をみた方は、音楽を聴いて思い出してください。
映画をみたことがない方、この音楽を聴いて、想像してみてください。

いい映画、そして、いい音楽。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
田中康夫
なんとなくクリスタルも宜しく
ついでにクリスタ長堀も宜しく。



2011/10/23(日) 00:51:06 | URL | 元モンド #-[ 編集]
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。