無料ホームページ ブログ(blog)
mi1011.net月曜の風景
mi1011.net
または私は如何にして心配するのを止めて人生を愛するようになったか
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
月曜の風景
朝から頭痛だった。

土曜に部署の親分にメールを打った。
今の部署では限界だ。前の部署に戻らせてくれ。
それが駄目なら、身の振り方を考える、だから年内に結論を教えてくれと。

日曜、いつ携帯電話が鳴るのか、ドギマギしていた。
万引きを誰かに目撃された中学生のような、バンジージャンプから飛び出す直前の芸人のような、もの。

月曜の朝。親分がなかなか出社しない。
どのタイミングで親分が俺に声を掛けてくるか。メールは読んでいるのか。
いや、俺から声を掛けるべきか。神経が衰弱する。外出の用件がある。
待つべきか、外出すべきか。親分が来た。どうやらメールを読んでない。
しょうがない。出る直前に俺自身のことでメールを送ったので見てくれと御願いする。
『おいマジかよ、頼みますよ。』と苦笑される。

13時、会社に戻る。親分は別の用件でいない。14時50分、親分と顔を合わす。
お互いに微妙に視線がさまよう。15時、親分と応接室に入る。
俺の気持ちを尊重したい一方、前の部署の状況は依然厳しいので戻るのは難しいのではないかと、
一方でなんとか前向きに今の部署で考えてくれないかと、
ただ検討はするので少し待ってくれと、親分はいう。

2時間話し、15分ほど沈黙した。

これでいい、これで。1年間考え抜いて選んだシナリオとタイミングと言葉、気持ち。
あとは野となれ山となれ。

随分と疲れたが、頭痛は少しよくなった。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/09/01(木) 10:07:33 | | #[ 編集]
ついに言ったんだ!
誰かさんみたいに、メンタルっぽいんでって休職しちゃえば?
2011/09/01(木) 12:14:51 | URL | RASCAL #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/10/12(水) 14:07:49 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。