無料ホームページ ブログ(blog)
mi1011.net流山の風景
mi1011.net
または私は如何にして心配するのを止めて人生を愛するようになったか
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
流山の風景
東所沢から南船橋ゆきの電車に乗る。一時に和らいだ熱さも、また立ち上がってきたような空気だ。熱い。面倒くさい。仕事が。仕事が面倒くさいのだ。だから、車内で寝ていたいなあと思っていた。

隣のシートで赤ちゃんがワンワン泣き出す声が聴こえる。

うるせーなあ、
以前はそう思ってもんだ。いまじゃ、
子供なんだから泣くわな
と思ってしまう。

まだ、泣いてる。妙な感傷も露と消えた。随分と泣くなあ。チラッとみると、赤ちゃんというよりは、1歳ぐらいの女の子がバギーの上に立って、泣いとる。ガンガン泣いてる。おいおい親は何をしているのやら、また、眼をむきなおして、パソコン上のエクセルを見つめていたのだが、どうだ、まっだまだ泣いてる。もう、泣いて訴えているというよりも、怒りながら、それでいて徐々にスケールアップするように、叫んでる。いよいよ、周囲も、苦笑モードから、大丈夫かおいモードにスイッチが入ってきた。「もう勘弁してくれよ、まじで」母親の疲弊が車両を満たし始めてきた。アナウンスが流れ出す。どうやら、この一行、下車するみたいだ。小学生ぐらいの長男もいっしょにいる。心なしか、彼は他人でありたいような、それでいて母親に同情するような表情をしていた気がする。とにかく、女の子はギャンギャン叫んでる。泣きながら叫んでる。バギーに登って叫んでる。ジャングル大帝よりも「登って叫んでる」。もはや、誰一人として、母親を責める人間はいない。かといって、眉をしかめる者もいない。ただ、ただ、「大変やな」という雰囲気。

電車が彼らの目的地に到着する。長男はあいかわらず他人のように荷物をもって降りる。号泣し続ける子供とバギーを強引に撤収する母親が、うつろにつぶやいた。「もう、ほんと・・・・・・やめて」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。