無料ホームページ ブログ(blog)
mi1011.netかずお邸にて
mi1011.net
または私は如何にして心配するのを止めて人生を愛するようになったか
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
かずお邸にて
妻と犬の散歩をしていたときのこと。

なんとなくまた吉祥寺の井の頭公園で、なんとなくまた他の犬にうちの犬が吠えつけて、なんとなく妻の道楽である犬の写真撮影会のスタッフとして走りまわったりして、とても疲れていたのだが、流れ流れて気がつけば、吉祥寺駅の南付近を俺たちは漂っていた。そういえば、このあたりは、紅白しま模様が景観上の問題で一部住民に訴えられていた、あの漫画家・楳図かずおの自宅近くじゃないかと、俺は気付いた。

なんとなく、キョロキョロしながら歩く。妻が「どこにいこうとしてるの?」という顔をするから、「いやあ、このへんやで、まことちゃん邸は。」「なんですと?!」妻の表情が一変する。二人してキョロキョロしていると、きれいに見つけたではないか、あの紅白模様の建物を。とはいえ、どうやら後方部ですぐに回れない様子だから、裏を大きく回って、トニーピザとかを過ぎて、建物の前に到着。想像以上に、紅白模様はまわりと違和感がない。むしろ、玄関前の四季折々の花樹があでやかで、この芸術家の美意識が鑑み得て、むしろ、感動を覚える。観察すると、家の上のてっぺんにまことちゃんの小さな人形がみえる。面白いなあ。妻が写真を一枚撮る。すると、どこからか、声が聞こえる。「ここは住宅地であり、観光地ではありません。写真撮影はご遠慮ください。」え?キョロキョロする。どこからか女の声がする。録音か。いや、向かいの斜め前の家からだ。「玄関の前に立っている、そこの二人。」え!?センサーで感知でもしていたのか!?俺たちが楳図かずお邸に立ち止まって写真を撮って、1分も経っていないにもかかわらず、向かいのインターフォンから警告!?ずっと見張っているのか!?!?えええ!?!?瞬時にそう考えて、その向かいの、異常というか不気味な感じに、ぞっとして逃げるように妻と立ち去った。向かいの家の邸宅もなかなかにデカイ。ところが、観光客が次から次へとやってきて騒ぐのだろうか、とにかく、もう、むかついてむかついてしょうがないのだろう。家のテレビにモニターかセンサーでも取り付けているとしか思えない。もしくは常時、窓から見張っているか。楳図かずおから怒られるなら分かるけど・・・まあ、とにかく、冷静に考えるとなんで怒られるのかも分からないけど。ある意味、楳図かずお以上のホラー。

というわけで、吉祥寺に来られた方、ぜひ、楳図かずお邸の冒険を一度お試しあれ。
本当に不気味で逃げたくなること必至。

090129_01.jpg

追伸:訴訟は、隣町の住人からではなく、実際にお隣と本文向かいの方から起こされたそうな。納得。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
スゲー!
ほんとにあるんだ、紅白HOUSE
っていうか、
ストーカーのような向かいの家の行動が何よりすごい!
お金持ちって、ヒマなんだね
2011/07/22(金) 12:10:48 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。