無料ホームページ ブログ(blog)
mi1011.net団鬼六、死す
mi1011.net
または私は如何にして心配するのを止めて人生を愛するようになったか
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
団鬼六、死す
鬼六先生が死んだ。

濃口ウスターソースに背脂を特盛りしたような、その先生の雰囲気の見事さ。田中好子の清清しさ、児玉清の静けさもよかろう。だが、男と女の根底をぐりぐりと穴を掘っては上を見上げる溌剌さは、先生以外にはありえない。
その言葉こそ、今を生き抜く重心よ。

一期は夢よ ただ狂え

ただ遊べ 帰らぬ道は誰も同じ

柳は緑 花は紅

気をやる

みっつもいっといて、すましてんじゃねえよ。

プロの縄師はね、大事な肌に跡は付け無いものなんだよ

ゆっこ、いつまで生きられるかわからんけど、俺は死ぬまで生きるからね

長い人生、がむしゃらに攻撃するときにはSの権化になり、辛抱して受けて廻るときはМの権化になり、それを快感を得て演じられるようになれば、人生もまた楽しくなる筈である」

団 鬼六
1931年4月16日生まれ
関西学院大学法学部卒
小説家、脚本家、演出家。
官能小説の第一人者


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
オレも団先生の訃報に心を痛めてます。
先生に芥川賞、直木賞を与えなかった日本の文壇のセンスの無さには怒りすら覚えます。
2011/05/20(金) 18:07:29 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。