無料ホームページ ブログ(blog)
mi1011.net一枚の名刺の風景
mi1011.net
または私は如何にして心配するのを止めて人生を愛するようになったか
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一枚の名刺の風景
A 「おい、B!この名刺、なんだよ。俺の電卓の上に置いてるやつ」
B 「え、いや、知らないですよ、僕。」
A 「嘘つけ、おまえ、この会社とやり取りしてたんだろ。」
B 「いや、知らないです、本当に。」
A 「嘘つけ」
B 「いや、知らないです。」
A 「だったら、なんで俺のところにこんなのあるんだよ!!捨てるぞ。いいんだな?」
B 「あ、ええ」
C (客先との電話を終えて)「それ、俺。B、おまえ、それ、俺がAに渡しておいてくれって説明したやろが!」
B 「ああ」
C 「Bさんいますかって、名刺持ってきたんだよ。それで、Aさんもいますかっていうからいないっていうたら、
   Aさんにも名刺渡しておいて下さいっていってたんだよ。それを俺がBに伝えてたんだよ」
B 「だそうです。」
C 「おまえ、俺がいっただろが!!」
B 「あ・・・・すいません。すっかり忘れてました。」
C 「もう、ええわ」

A・B・C 無言

scn1011170914000-p1.jpg
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
専務へ

北河内では日常茶飯事です。
違うところは、
1.最後の最後まで、指示をされたことを認めない奴が存在します。
2.メモを取れと言っても・・
 ①取らずに『僕は頭で覚えるタイプです。』と言い張る奴がいます。
 ②メモを取るが、
  A.メモはどこかに消える。
    ↑ 対策としてノートを使うように指示しても聞かない。
  B.メモの字が汚すぎてあとで本人も誰も読めない。
    ↑ 本人は『あとで再度指示事項を別途清書しているんです。』と言うが清書を見たこと無い。

川の流れのように、下流にいけばいくほど程度は増すと思います。
2010/11/25(木) 22:13:59 | URL | 北河内は犯罪多発 #JalddpaA[ 編集]
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。