無料ホームページ ブログ(blog)
mi1011.netTime
mi1011.net
または私は如何にして心配するのを止めて人生を愛するようになったか
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Time
今年もこの日がやってきた。

去年もこの日はやってきた。去年と今年の間、たくさんの出来事があった。来年もきっとそうなるのだろう。
ただ、この1年はパラダイムシフトだった。何もかもが変わった。大事だったこと・積み上げてきたことが一瞬にして消えた。俺は何か、何がしたいのか。答えはなくてもよかったが、応えないといけない。ただ、そんなたいしたもんでもないことを知ったことで、そうしたことが一番大事なのかもしれないと気づいた一年間。

今年一年、かかわった多くの方々、どうもありがとう。
次の一年また貴方が光輝くことを心から祈って
この歌を贈りたい

ハーロウは弁償させられてる
月は街角にかかってる
少年たちの影は片っ端から掟を破ってる
ここはイーストセントルイスの東
風のスピーチが聞こえて
雨は喝采のようにひとしきり鳴り響く
大騒ぎの酒場でナポレオンが泣いている
鏡の中に居もしない婚約者の姿を見てるんだ
バンドはもう帰りかけてて
雨は降り続く、打ちつけるように、突き刺さるように
そうさ、ここに居たって彼にはもう何もないんだ

時間だよ、時間だよ
時間だよ、時間だよ
誰かに愛を注ぐ時間
時間だよ、時間だよ…

人はみな親などいないかの様に振る舞う
記憶は列車のように
遠ざかるにつれて段々小さくなってゆく
何か思い出せないことがあって
何を忘れられないか知る
夢にはそんな過去から送り込まれた聖人が必ず現れる
包帯が取れるまで付きっきりで居る、と彼女は言ったが
こういうママにべったりの男の子は甘え始めるときりがない
マティルダは船乗りに尋ねる「ああいうのって夢かな?それとも叶わぬ望み?」
目を閉じなさい、息子よ、痛くしないから

時間だよ、時間だよ
時間だよ、時間だよ
誰かに愛を注ぐ時間
時間だよ、時間だよ…

カレンダーガールの事情はひどいもの
若い男達はクルマから飛び降りて路上でしぶきを撥ね散らす
調子良くやってると、彼女はブーツに隠したカミソリを取り出して
ウブな男心はことごとく切り刻まれて足下に墜落だ
キャンドルを窓辺に置いて、そいつの唇にキスしてやりな
窓の外ではいい女が雨に濡れるがまま
君の取巻きとは見知らぬ間柄のように
そのいい加減な男に充分褒美をやりな、俺と元通りになるまで

時間だよ、時間だよ
時間だよ、時間だよ
誰かに愛を注ぐ時間
時間だよ、時間だよ…

Well, the smart money's on Harlow
And the moon is in the street
The shadow boys are breaking all the laws
And you're east of East St. Louis
And the wind is making speeches
And the rain sounds like a round of applause
Napoleon is weeping in the Carnival saloon
His invisible fianc is in the mirror
The band is going home
It's raining hammers, it's raining nails
Yes, it's true, there's nothing left for him down here

Chorus:
And it's Time Time Time
And it's Time Time Time
And it's Time Time Time
That you love
And it's Time Time Time

And they all pretend they're Orphans
And their memory's like a train
You can see it getting smaller as it pulls away
And the things you can't remember
Tell the things you can't forget that
History puts a saint in every dream
Well she said she'd steak around
Until the bandages came off
But these mamas boys just don't know when to quit
And Matida asks the sailors are those dreams
Or are those prayers
So just close your eyes, son
And this won't hurt a bit

Well, things are pretty lousy for a calendar girl
The boys just dive right off the cars
And splash into the street
And when she's on a roll she pulls a razor
From her boot and a thousand
Pigeons fall around her feet
So put a candle in the window
And a kiss upon his lips
Till the dish outside the window fills with rain
Just like a stranger with the weeds in your heart
And play the fiddler off till i come back again

by TOM WAITS

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。