無料ホームページ ブログ(blog)
mi1011.netワールドカップ最終直前企画:たぶん日本はこうなる。
mi1011.net
または私は如何にして心配するのを止めて人生を愛するようになったか
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワールドカップ最終直前企画:たぶん日本はこうなる。
♪もーいーくつ、寝ーるーとー、ワールドカップブラジル大会ー

もう、捨ててるよ。これ、誰がみてもそうするしかないやろ、夢みれないやろ。いやさ、わかってるよ、そりゃわかってる。自分の国だろ、応援しないで何が日本人だというのはわかってる。応援はする。でもな、人生と同じで、どんな負け方するかやと思うんだな。勝ち方じゃない、負け方が大事。いつもいつも勝てるわけじゃないからね。それによって、実りはないけど意味があるものになるわけよ、なんでも。ところが、今のA代表のサッカーって、醜い。スコアじゃない。内容よ。

思えば、日本は不幸だ。知ってしまったから。日本産の材料じゃ、うまいもんは出来ないだろうと思ってた。ところが、イビチャ・オシムという名シェフの出現で、仕込みや前準備・そして煮込み具合でうまい料理が出来ることがわかってしまった。さらに、サッカー協会の体質や、馬鹿で無知なマスコミ、それらに振り回されていることにも気づかないアホな観衆を除いて、まともなサッカーファンは、遥か遠くの地で繰り広げられているサッカーの最先端を、そのほとんど誤差もなく、目撃と体感が出来るようになってしまい、何が一流で、何が三流かを知ってしまった。

さらにいえば、不幸とは相対的なものの捉え方。上の二つを仮に知らないとしても、おそらく、戦術理解を深めた隣国・韓国はさらに今大会において、欧州列強や南米に奮戦することだろう。さらには、何もかもが足りない国・北朝鮮は、その無謀なまでのピュアさで、観衆の想像を超えた戦いをするに違いない。日本だけなら比較しなくてもよかっただろうに。

気が重い。日本はどうなるのか。どうなってしまうのか。あえて、残酷に希望をもたずに予想してみよう。きわめて、普通の予想である。

①VSカメルーン
0-1で負け。0-0で迎えた後半30分。カメルーンのカウンター、エトーがロングボールをトラップ。そのままドライブシュート。前半の決定機を逃したのが痛い。何度目かの「善戦空しく」か。分かってるのか、日本サッカー協会。

②VSオランダ
0-4で負け。自虐的に書いてるんじゃなくて、オランダと対等に試合が出来るか否か、それはアヤックスユースにおけるサッカー技術の教え方を知れば、おのずと答えは出る。無理。それぐらいの意識の差が小さい頃からある。ちなみに、同じぐらいに勝てないチームとして、アルゼンチンもあげておきたい。逆にひょっとして勝てるかもと夢をみせてくれる、ある意味残酷なチームはブラジルとイタリア。理由は、両方とも格下に時々油断する気質だから。オランダとアルゼンチンは、サディスティックでオネスティーでカインドフットボールやからね。

③VSデンマーク
1-2で負け。一番強いのではないかと噂のデンマーク。負けは負けとして、どうやって、あのCBブロックを突破して点を入れるというのか。あるとすれば、直接FKのみ。だいたい、ベントナーなんて誰が止めるんだという話だ。

全敗。さあ、誰が思考停止していくか、よくみておくべき。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。