無料ホームページ ブログ(blog)
mi1011.netクリスピークリームドーナツ(心斎橋)
mi1011.net
または私は如何にして心配するのを止めて人生を愛するようになったか
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリスピークリームドーナツ(心斎橋)
心斎橋で、一日中、長蛇の列が出来ている場所があるという。そう、あのクリスピークリームドーナツの大阪進出だ。
「ああ、あの甘ったるい奴か」食べたことがなくても想像はつく。そこに、妻から「あのオリジナルは食べてみたい」との指導を頂いた限り、これをそのまま忘却の彼方にスルーするには、勇気が少々いる。「オマエは全然私の言ったことをまるで記憶していない」とお叱りと駄目男の烙印を押される。すでに押されているが、さらに重ねてしまう。これは避けることが出来ないながらも、そのプロセスを評価してもらう方向で落としどころを見つけるしかない。

仕事を片付け、心斎橋の某所に向かう。意外と待ち人の列は短い。さすが大阪、もう飽きたんだな。最後尾の看板をもった警備員のそばにいくと、「整理券を入手してください」とのこと。はて、整理券はどこで発券されているのやら。
「あの信号の左側に列がありますので、そちらで。」「あの信号って、あれですか?」「違います、あの二つ目の信号です」二つ目の信号?御堂筋沿い?指示通りに進むと、ずらーーーーんと並んだ列。これは時間がかかるわ。
しょうがないからその最後尾に位置どる。そこに、パネルをもった店員が現れてこういった。

「個別でご購入の方は緑のチケットをお渡しします。オリジナル12個入りもしくは12個入りセットをご購入の方は
優先的にお店に進んで頂き、黄色のチケットをお渡しします。どちらになさいますか?」

資本主義である。ようさんこうてくれる客は待たなくてよい。けちで金のない客は死ぬまでまっとれというわけか。
しばし考えた。これ12個を二人で食えるか?食えない。別々12個でも無理。ならば待つか。そうするか。
後からやってきたのに、手を上げて12個セットを選ぶ客がとっととお店に向かう後姿を見るにつけ、資本主義の本質に触れた観あり。そう感じながら、御堂筋の、ただの道でドーナツ目当てで37歳なのに列に混ざって立ちながら暇つぶしにナンバーを読んでると、二人組の若い女がやってきた。そう、大阪の若い女。頼んでもいないのにキャーキャー騒ぎながらやってきた。いかにもアホそう、ではなく、アホ。ところかまわず、キャーキャー。箕面の猿でも警戒心ぐらいはあるもんだ。奴らにはそれすらもないらしい。さらに頼んでもいないのに、カラオケで何を歌うか大声で相談した上、そのフレーズの練習を始める、俺の後ろで。バカというものは例外なく歌いだすものだとは知っていたが、60分後にそいつらの歌の好みを把握できるとは想像できなかった。買ってかえったドーナツはいまだ我が家の台所にあるけれど。

Osaka.jpg
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
それじゃあさ、
食べにおいてよ。こっちなら一秒たりとも待たなくていいから。


お疲れさん。
2010/05/23(日) 02:50:45 | URL | 蜂 #yovgvjsU[ 編集]
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。