無料ホームページ ブログ(blog)
mi1011.netドッペルゲンガー
FC2ブログ
mi1011.net
または私は如何にして心配するのを止めて人生を愛するようになったか
201807<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201809
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドッペルゲンガー

『ドッペルゲンガー』、観ました。

まず、「ドッペルゲンガー」ってドイツ語で、英語でいえばdouble、要するに自分そっくりの分身らしいです。で、ドイツの伝説では、ドッペルゲンガーを見た者は数日のうちに必ず死ぬ、といわれているそうな。

で、この映画は、そのドッペルゲンガーが出てくる訳なんですが、なかなか面白かったです。単に「自分そっくりの分身」だけじゃなくて、「現実の自分」の前に「自分の理想(潜在意識?)とする考えや行動をする自分」が現れる。自分が動かなくても、もう一人の自分が自分のために動き出す。妙な気分に見えて、実際こうだったらいいよなと思う瞬間、ありませんか?

「俺がもう一人いたらなあ」

自分のもつニュアンスを他人に伝えること、コミュニケーションの難しさ。それはやっぱり相手が他人だから。でも、これが相手が自分だったら、もう簡単でしょうがないわけですな。だから、自分ももう一人の自分もどんどん暴走する。果たして、ドッペルゲンガーを見ると死んでしまうのか?

ホラーとコメディぽい色が混ざり合って、なかなか面白いです。
役者も主要では4人ぐらい。しかし、主演の役所公司によって、この映画は成り立ってます。違和感なく二役演じてます。さすがですな。おかげでストーリーも違和感なく進みます。がしかしですな、風呂敷広げ過ぎた観もあり、クライマックスはまあ、なんともという感じ。(でもこうするしかないやろなと)

観て損はしませんし、変な場面で笑える映画。

上映時間 107 分
製作国 日本
公開情報 アミューズピクチャーズ
初公開年月 2003/09/27
ジャンル コメディ/ドラマ/ホラー
監督:黒沢 清
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。