無料ホームページ ブログ(blog)
mi1011.netとり新(京都)
mi1011.net
または私は如何にして心配するのを止めて人生を愛するようになったか
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
とり新(京都)

京で妻と親子丼を喰らう。

創業100年以上、明治中頃から代々(現在は4代目)受け継がれている鶏料理の老舗店「鳥新」。実際は、現在の阪急百貨店あたりに江戸末期からあったというから、相当な歴史を誇る。司馬遼太郎の『竜馬がゆく』の最後の場面にも出てくるという。元々、『鳥新』は鳥の水炊きや鳥すき焼きがメインなんだが、その鳥新が12年前にオープンしたのが、やきとり・親子丼の『とり新』。

実は、親子丼目当てで来た訳じゃなくて、毎度、たまたま歩いてたら『とり新』の横を通って、ちょっと行列があってお昼時だったからという理由だけで、並んで食べてみる。

値段は¥750。しかも、メニューは親子丼のみ。
じっと待つこと5分。ようやく、主役が登場。

Image173.jpg

燦然と輝く卵黄。まさに太陽の形容がふさわしい。味はもちろん○。なぜに京料理はかくも繊細か。
量は期待できるほどではないが、それでも、この絹のような味わいは一度は経験してもよいのでは。

親子丼 とり新
京都市東山区祇園縄手四条上ル
075-541-4857
12:00〜14:00、18:00〜23:00
定休:木曜日
交通:京阪四条駅から徒歩2分
HP:http://homepage1.nifty.com/torisin/
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。