無料ホームページ ブログ(blog)
mi1011.net劉園(福山)
mi1011.net
または私は如何にして心配するのを止めて人生を愛するようになったか
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
劉園(福山)
よく出張する人間にとって、海外でも国内でも、中華料理はある定義において安全だ。知らない土地で知らない店。だけど、中華料理なら、それなりの味とコストのレベルを維持し、ある程度の満足を得られるはず。そういう目論見を旅人はする。そのような経験をしてきたから。ここでいう、それなりの味の「それなり」というものの示すレンジは広く、実に愛情深い。大目にみるというやつだ。保険をかけれるぐらいに安全で、大きい。中華とはそんなものだ。

しかし、モノにも順序があるように、そんな中華でさえピンキリというものがあって、キリというやつが実はここだ。ああ、俺が37年生きて、もっと赤裸々に言わせてもらうならば、香港で生まれ中華料理と共に生きてきた人間として強く抗議させてもらうと、これほど大目に見れない中華はない。出来れば来たくなかった。二度と顔をみたくなかった。前の来訪では、焼き飯は「焼いた飯」だった。チャンポンは文字通りちゃんぽんだった。それだけじゃない。店員(オカン)がコック長(オトン)と喧嘩していた。あんた、レジに千円札1枚もないやん、なにしとんねん。そんな内輪もめを、支払う目前で展開されたときには、なぜコンビニのおにぎりで昼をすませなかったのか、自問自答した。帰って食べログで調べたら、口コミ0件だった。誰もが口をつぐむのか。21世紀の限界を感じた。

今、再び、俺はこの場所にいる。悪魔のように赤い、この扉に導かれて。
Image15709843807.jpg

①天津飯(¥450)
Image109539060.jpg
卵は味がついてる。あんかけはついていない。だから本当の名前は卵粥。

②からあげ(¥450)
Image159905390.jpg
食欲から離れたところにある、この不気味な形状とスケール。
しかし、驚くのはまだ早い。味がない。さらに驚くことがある。
たまに味がするのがある。

③窓際のオブジェ
Image109853089761.jpg
途方に暮れてもいい。誰だってどうしていいか分からないから。

④餃子(¥250)
Image158403950978.jpg
しょぼい。しかし味があるから合格。貧相だけど公務員だから結婚するみたいなものか。

そんなわけで、ここのお店のテーマは塩だ。
以上、今年のスローガンが「夢・挑戦・希望」のサラリーマンからのレポート。

広島県福山市御幸町中津原1489-1
TEL 084-955-3858
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。