無料ホームページ ブログ(blog)
mi1011.netミッドナイトラン
mi1011.net
または私は如何にして心配するのを止めて人生を愛するようになったか
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ミッドナイトラン
生涯で最高の映画を1本選べといわれれば、迷わず、『ミッドナイトラン』。
なんか前にも書いたような気がするけど、まあいいや。好きやから何回でもかいたる。

主演のロバート・デニーロがかっこ悪くてかっこ悪くてかっこよくて最高なのに、
そのデニーロを相棒のチャールズ・グローディンがさらに食っちゃってる。一言でいえばそんな1988年の映画。
ジャンルはアクション・コメディらしいけど、アクションやったんかいと突っ込みたくなるような、
素晴らしいストーリー。

そんな、『ミッドナイトラン』の続編製作が始動しているという。ユニヴァーサル・ピクチャーズとデニーロがコンビを組んで企画中とのこと。デニーロが続編でも主演し、プロデューサーとしても参加する。続編の脚本は、『ぼくたちの奉仕活動』のティモシー・ダウリングが執筆し、デニーロが演じる賞金稼ぎのジャック・ウォルシュが再び逃亡者を追うストーリーになる予定だ。前作でジャックが捕らえた会計士を演じたチャールズ・グローディンは出演せず、本作ではデニーロと若手俳優の組み合わせによるバディムービーとなる。前作でメガホンを取ったマーティン・ブレスト監督が 続編にかかわるかは明らかにされていない。 前作のデニーロが演じた賞金稼ぎとグローディンが演じた心優しい会計士のコンビは、映画史に残る名コンビとして高い評価を得たが、続編でも同様に名コンビが生まれるか注目したいところだ。また、前作では自ら進んでアクションシーンもこなしたデニーロも、現在は66歳。コメディ主体のアクション映画とはいえ、続編でどこまでアクションシーンを盛り込むのか。

前作はオッサン同士だった。で、結構、頑張ってた。川に流されたり、汽車に飛び乗ったり。
とにかく、FBI役もマフィアもマービンもマスコーニも最高だった。漫画のようで映画のようで。
この映画ほど、映画館でポテチやポップコーンをつまみながらゲラゲラ笑えるのって、ないような気がする。
もちろん、クライマックスもオチも台詞も、まー、いい。映画はこうあるべきやと思う。
あまり期待することもなく、何かに落ち込んでる時はこれを観るに限る。もちろん、レンタルで十分。

ミニ情報>>
①列車の中で散々言い争ったあと 俺たちは生まれ変わってもうまくやれないだろうなって 二人で大爆笑するシーンがあるが、あれはアドリブだったらしい。デニーロとグローディンは本当に撮影中に演技のことで喧嘩して仲が悪くなって、映画同様ラストシーンを撮る頃に仲直りしたんだとか。

②ミッドナイト・ランとは、深夜の空いている道を走る=楽な仕事、というスラング。日本語で言う「朝メシ前」。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。