無料ホームページ ブログ(blog)
mi1011.net塚本の風景
mi1011.net
または私は如何にして心配するのを止めて人生を愛するようになったか
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
塚本の風景
暴風雨の朝、大手菓子メーカーをたずねる。

大手も大手、超大手。しかも研究所。つくづく思うが、自分はビジネスマンとして本当に貴重な経験をしていると感じる。問題は、その経験がまったく活きていないところなんだが。

さて、雨の中、納入装置をクレーンで入れてもらい、納入場所に入れる。装置自体は単純な作りだが、ばらしてみるとなかなか面白いメカニズムがそこにはある。ドイツのメーカーだけに、ゲルマン魂ならぬ、ゲルマン知恵を感じる。
生地テストの残りカスをちゃんと清掃しない、ゲルマン怠慢も感じる。

それにしても、研究所だ。この、広い、広い、広い、理科室には、たくさんの実験道具というか、各社の製造設備がビッシリ並んでて、レンジやらビーカーやら、はたまた、これは何に使うのかという真空装置もあったり。皆、白衣を着て、何かをこんがり焼いて食べながらあーだーこーだいうてる。どうも、カステラっぽいのをつまんでる。これが後々の新作となるのだろうか。それは知る由もない。それにしても、棚に無作為にほられたパッケージたち。なんだ、この○○ッ○こがし本舗・ゴマ味て。おそらく焼成時間を延長させたんだろうな、焼き過ぎて没なんだろうか。ココナッツ風とかあったり。いやはや、チラ見(さすがにガン見は出来ん)だけでも楽しい時間であった。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
お菓子のサンプルのお持ち帰りを楽しみにしてるわ~
2010/03/10(水) 12:03:16 | URL | rascal #-[ 編集]
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。