無料ホームページ ブログ(blog)
mi1011.net監督たちの名言を集めてみた~すべてはビル・シャンクリーから~
mi1011.net
または私は如何にして心配するのを止めて人生を愛するようになったか
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
監督たちの名言を集めてみた~すべてはビル・シャンクリーから~
「この世で一番辛い職業」と言われるのがサッカー監督。彼らからの言葉、呟き、嘆き、愚痴、やつあたりを、
我々は心して聴かねばならない。なぜなら、サッカーは人生そのものだからだ。

○ビル・シャンクリー(元リバプール)
・フットボールは生き死にの問題ではない。それよりももっと重要だ!
・フットボールは少年を青年にし、青年を大人にし、大人を紳士にする。尚かつ大人を子供に戻す力がある。
・マージーサイドにはイングランドのベストチームが2つあるんだ、リバプールとリバプールのリザーブだ。
・アヤックスから学ぶことなど何もない、ホームの2戦目は叩きのめしてやる!(チャンピオンズカップでクライフのアヤックスに5-1で大敗。ホームの第2戦は2-2で引分け、敗退)

○ラファエル・ベニテス(現リバプール)
サッカーはスポーツであり、スポーツでは結果を手にすることが大切なんだ。美しいサッカーなんて、コメンテーターが扇動しているだけだよ。サッカーを飯のタネにしている人間たちのね。彼らは話をするだけなのさ。いいプレーをするなんて、どういう意味なんだい?我々は良い試合をして、そして勝っている。

○ハワード・ウィルキンソン(元サンダーランド)
監督には2通りしかない。クビになった監督とこれからクビになる監督だ。

○ジョン・グレゴリー(元アストン・ヴィラ)
いいストライカーがいれば、試合に勝てる。だが、いいディフェンダーがいれば、タイトルがとれる。

○ボビー・ロブソン(元イングランド代表)
・最も重要な時間帯は、試合開始90分間だ。
・戦術は・・・ロナウド。

○テリー・ベナブルス(元イングランド代表)
結果だね。(ドイツのどこが最も凄いと思いますかと聴かれ)

○グレアム・テイラー (元イングランド代表)
人は後半のことしか覚えていない。

○ジョー・ロイル(元マンチェスターシティ)
・素晴らしいクラブだ。いささか病んでいるだけの話。(過去25年間で17人目の監督就任)
・ジョー・ロイルには是非とも頑張ってもらいたい。ゼリーを釘で天井に打ちつけるような仕事だが。(マンチェスター・イヴニングニュース紙への読者の投書)

○アレックス・ファーガソン(現マンチェスター・ユナイテッド)
・戦術の話ならいくらでもできるが、この試合は戦術で勝ったわけではない。意思だ。運もあるだろうが、ほとんどは意思の力だ。
・戦術は重要だが戦術が試合に勝つのではない。人間が試合に勝つのだ。

○アーセン・ベンゲル(現アーセナル)
・結果は重要なのではない。結果が全てだ。
・サッカーにおけるテクニックとは、作家の持つボキャブラリーに似ている。ボキャブラリーが豊富だからといって作家としての才能があるとは言えないが、ボキャブラリーが少なければ優れた小説を書けるわけがない。
・オーウェンは完璧なストライカーだが、ルーニーは完璧なプレーヤーだ。
・小倉もフリーならストイコビッチだ。だがサッカーには常に敵がいるんだよ。
・代表監督はマゾヒストでなければ務まらない。

○テレ・サンターナ(元ブラジル代表)
・今のチームはどこもサッカーをプレーするよりも、相手のプレーを中断、中止することばかり考えている。
・負けたのは我々の得点がイタリアよりも少なかったからだ。(82W杯、イタリアに敗戦を喫して)

○ルイス・フェリペ・スコラーリ(元ブラジル代表)
あの変な髪形を見て、彼の怪我は心配ないと思った。(2002年W杯ロナウドについて)

○マリオ・ザガロ(元ブラジル代表)
・美しいフットボールをやって負けるよりも、ひどいフットボールをやって勝つ方がいい。
・私はペレと一緒にプレーしたんじゃない。ペレが私と一緒にプレーしたんだ。

○ドゥンガ(現ブラジル代表)
我々のやっているサッカーはとてもシンプルなものだ。相手がボールを持ったときはボールのラインよりも出来るだけ多くの人数が自陣にあるようにする。そして我々がボールを持ったら各自が自由に動き回るというものだ。

○ペリクレス・シャムスカ(元大分トリニータ)
名選手はいらない。私が彼らを名選手にしてみせる。

○パウロ・アウトゥオリ(元鹿島アントラーズ)
サッカーは5つの要素から成り立っている。1つが選手、2つ目が現場スタッフ、3つ目がフロント、4つ目がレフリー、5つ目がメディアだ。この5つの要素からサッカーというスポーツが構成されている。1つ目の選手と連動して係わり、醍醐味を増すのがサポーターだ。それが6つ目になる。この中で、周囲から分析され評価されるのは選手とスタッフで、それ以外が評価されないのはおかしい。日本サッカー向上のためには全てが評価されなければいけない。

○オズワルド・オリベイラ(現鹿島アントラーズ)
・10年後、大岩は白髪が増えているだろうし、岩政はビール腹になっているだろう。 田代はヘディングのしすぎで頭が瘤だらけで、野沢は怪我だらけの足を勲章のように誇っているかもしれない。 内田は引退試合をするような選手になっているだろう。 そんな君達が、10年前に自分たちが成し遂げた劇的な優勝をきっと思い出す。 まさにその日が今日なんだ。みんなで歴史を作るんだ。
・さとうきびを食べながら笛は吹けない。

○ヘネス・ヴァイスヴァイラー(元1.FCケルン)
たしかに誰でも監督になれる。だが良い監督は少ない。

○ジョバンニ・トラパットーニ(現アイルランド代表)
・これまで出会った最高のストッパーは妻のパオラだ。
・私の選手たちには、私の言った通りのことをする自由がある。

○マルチェロ・リッピ (現イタリア代表)
・私がナンバーワン監督だって?とんでもない。私は単に、”ナンバーワンチーム”の監督にすぎない。
・モリーニョの姿に自分自身を見た。彼は私と同じように、革新的でも保守的でもないが、恐ろしいほどに実践的な監督だ。
・絶対にあきらめるな。俺たちはユベントスなんだ。(ユベントス監督時代、01-02最終節ハーフタイムにて)

○アリーゴ・サッキ(元イタリア代表)
・家を建てる人は、家を壊す人よりも高いレベルの知性を持っているはず。
・11人が1人のように動かなくてはいけない。
・騎手になるのに馬である経験は必要ない。

○ファビオ・カペッロ(現イングランド代表)
・ひらめきや創造性とは、言葉を変えれば単なる『意外性』に過ぎない。
・サッカーとは極めて単純な競技に過ぎない。とすれば、単純にプレーすれば誤ちは回避できる。
・私のチームに必要なのは、シーズンを通して安定感のある選手だ。継続性の欠如は、致命的な欠点となる場合が多い。
・勝つことが私の興味の大部分。残りは哲学でありポエムであり無駄話だ。
・モダンフットボールにファンタジスタの居場所はない。
・監督の仕事はワイン作りに似ている。その時手に入るブドウから最上のワインを作らなくてはならない。
・私の指示に従わない者は、2度とフィールドの芝を見ることはない。それだけのことだ。
・すべて私の4-4-2を実践するために選ばれた者たちだ。
・ディアゴナーレ※にはわずかな狂いも許されない。(※…相手にボール奪取を許した時に、すぐさま第一チェックに転じる選手を起点とした、フィールドの対角線上に並ぶ守備形態)
・選手が結果を出せれば私は嫌われても構わない。
・私がチェックするのは、優秀か否か、日頃から弛まぬ努力を行なうものか否か、または故障しているかいないか、だけだ。

○カルロ・アンチェロッティ(現チェルシー)
・もちろんゴールが決まっていれば試合はもっと魅力的でわくわくするものになったことだろう。でもサッカーには他にもたくさんの要素がある。
・当然だよ。FWは技術を、DFは肉体を、MFは頭脳を使うポジションだからな。(現役時代にMFだった監督が多いことについて)
・レアルマドリードに勝つ方法は一つしかない。レアルマドリードのように攻めることだ。

○カルロ・マッツオーネ(元ボローニャ)
・ネドベドもヴィエリもトッティもいらない。バッジョだけで十分さ。
・テクニックに疲労は存在しない。

○チェザーレ・マルディーニ(元イタリア代表)
サッカーに古いも新しいもない。あるのは、ただ良いサッカーと悪いサッカーだけだ。

○フース・ヒディンク(現ロシア代表)
・体には出来ることが沢山ある。メンタルがそれを妨げない限り。
・監督の役目というのは、映画監督に似ているんだ。映画が完成して成功となれば、あとは役者を祝福してあげるんだ。
・戦ってほしい。苦闘してほしい。それを求めていってほしい。
・確信から出る勇気にこだわるならブラジルに対しても充分互角にいける。
・自分に投資することを惜しむな。さもなくば、君の成長は止まってしまう。

○セサル・ルイス・メノッティ(元アルゼンチン代表)
・"技術"、"知性"、"勇気"だ。(フットボールに重要な要素は何か、との問いに)
・サッカーが進化するのではなく、サッカーをやる人が進化するのだ。

○カルロス・ビアンチ (元アトレティコ・マドリー)
・自分に敬意を表してもらいたいのなら、選手にも敬意を払うべきだ。
・勝手だと思われるかもしれないが、この勝利は2年前に死んだ私の愛犬に捧げる。(01年チームが3冠達成して)

○ダニエル・パサレラ(元アルゼンチン代表)
勝利は全ての国民のもの、敗戦は監督一人の責任。

○オズバルト・アルディレス(元清水エスパルス)
代表監督というのは、総理大臣の次に嫌われる存在だ。

○ビエルサ(現チリ代表)
自分はこれまで2万5000試合のビデオを分析したが、サッカーの歴史上戦術というものは28種類しかなく、そのうちの19種類は守備的なもので、残りは攻撃的なものだ。

○スチュワート・バクスター(元サンフレッチェ広島)
・私は選手に山を描けと命じることが出来ても、どんな山を描くかについて指示することは出来ない。
・我々は必死で家を建てようとする。相手はそれを壊そうとする。壊す方が簡単に決まっている。

○ギ・ルー(元オセール)
私のような老いぼれが、若手中心のオセールを理解できるはずが無いだろうですって?いやいや、私は彼らの成長を誰より願っていますし、だからこそ夜も眠れないほどに彼らの為の最善の方法を考えているんですよ。

○アルベール・バトゥー(元フランス代表)
監督の本当の仕事は、プレーについての完璧な知性を持つことではなく、それを選手に伝達することだ。選手は問題を解決しなければならない当人で、監督は彼らに、そこに達する手段と可能性を与えるのが望ましい。監督のアイデアが選手たちのものとなり、彼らが一方的な押し付けに従っているのではなく、選手自身の原則に従っているという感じを持ってプレーする、そうした段階にまで選手たちに確信を持って説得できるとき、監督は賭けに勝つのである。

○ディディエ・デシャン(現オリンピック・マルセイユ)
選手への説得力という点では若い監督のほうがいいと思うよ。今のサッカーと20年前のサッカーでは違う。引退してから時間が経てば、ピッチ内の事情から疎くなるものさ。選手たちが、どんな感覚を持ってプレーしていたかも分からなくなる。

○フランチシェク・スムダ(現KKSレフ・ポズナニ)
私はイタリア料理が大好きであり、シチリア島でのバカンスも素晴らしかった。だが、そのことが19日の試合に影響を与えることはない。

○ロバノフスキー(元ディナモ・キエフ)
フットボールに革命はない。もしあるとすれば、それは唯一74年のオランダ代表だけだ。

○テリ―・べナブルズ(元オーストラリア代表)
これがフットボールだ。(圧倒的優位に試合を進めながら土壇場でイランに追いつかれWC出場を逃した試合後)

○ホセ・アントニオ・カマーチョ (元スペイン代表)
監督は、2回解任されなければ名監督とはいえない。

○ジュゼップ・グアルディオラ (現バルセロナ)
・サッカーは、重要でないものの中で一番重要。
・パスより速いドリブルはない。
・サッカーって、あらゆるスポーツの中でも最も頭の使うスポーツだと思うんですよ。僕が実際にプレーをしているとしましょう。ゴール前30m地点にポジションを取る。味方が攻撃に移る。僕はその時、まず360°見渡し、味方と敵に陣形を頭に入れる。ボールをもらう。そして、ボールをきちんとコントロールするために、視線を足元に落とす。この時点で、先ほど見渡したときに頭にインプットした情報を元に、プレーに移る。しかし、プレーに移ったときは、既に先ほどとは情景が変化している。つまり情報の再整理です。そして再整理した情報を頭で組み立てて、的確なプレーを選択する。しかも、その選択肢は無限にある・・・ これらをわずか1,2秒の間にこなす。それを90分続ける。いかにサッカーが知的なゲームかわかるでしょう。

○デットマール・クラマー(元日本代表)
・サッカーは人生の全てを含む。
・サッカーはトイレのサンダルと同じだよ。トイレで用を済ました後、サンダルをそろえておかないと、次に使用する人はどうなる? サッカーは思いやりだよ。パスを受ける人の立場になって受けやすいボールを出すことから始まるんだよ。これから何十年も続く君たちの人生も一緒だよ。人を思いやる気持ちを大事にしなさい。
・勝ったものには友人が集まる。しかし本当に友人が必要なのは、負けた時であり負けた者だ。

○岡田武史(現日本代表)
・サッカーは理論的に物事を考えていかなくてはならないんだけど、最後は思い切りがいる。その思い切る精度を高めるために、自分は考えて考え抜くんです。
・サッカー記者が言うようなことは、全部一度は考えたことがあるものばかり。一つとして役に立ったものなどなかった。
・私は、ここにいる誰よりも、日本代表が勝つためにどうするべきかを考えている自信がある。あなた方は、自分で何もせず誰も責任を取らない。私は、自分でやって自分で責任を取る。

○パウロ・ロベルト・ファルカン(元日本代表)
何故日本の監督は選手に動き方の指示をする。何故日本にはミスすると怒るプレイヤーがいる。 選手は一人の立派なプレイヤーである。 たとえ幼稚園生であってもだ。 もしトラップミスがゴールしたらそれはミスではないだろう。それは選手が考えてプレーしたかもしれないからである。サッカーにミスはない。周りが言うからそれはミスになるのだ。サッカーは遊びと一緒だ。遊びにミスはあるか?日本人はナイスプレーと褒める言葉をもっと使うべきだ。

○マット・バスビー(元マンチェスター・ユナイテッド)
成功は確かに喜ばしい。しかし、勝利した試合に浮かれているだけでは何かを成し遂げたとは言えない。名誉のための勝利に価値はないが、全力を尽くしたのなら敗戦を恥じる必要はない。私にとってフットボールはロマンであり、ミステリーであり、詩にも似ている。人生そのものなのだ。時を越えた魔力を持つ永遠のスポーツと言ってもいい。

○ジョゼ・モウリーニョ(現インテル)

・私を、傲慢な奴、と呼ばないでほしい。しかし、私はヨーロッパ・チャンピオンだ。自分のことはスペシャル・ワンだと思っている。

・私は常に勉強している。あなた方はいつも時代遅れだ。

・ アーセナルと戦うチームの戦い方を見て欲しい。彼らは自分たちが勝てると信じていない。信じていないのだ。(チェルシー就任前、最強を誇っていたアーセナルに関して)

・どの試合にも勝者のメンタリティーを持ち込む事から着手しなければいけない。試合に勝てなくても、せめて良いプレーをするよう求める必要がある。もし負けても、楽しませれば批判される事は無いから。

・最悪な気持ちになるのは、こんなビッグ・マッチで君たちはすごい活躍をするチャンスがあるのに手をこまねいているからだろう。勝とうが負けようがそんなことは問題じゃない。やってみようとしないことが最悪なんだ。(ライバルとの試合にてハーフタイム中)

・重要なのは自分の意見を持つこと。そして、批判されることを恐れずに意見をいうことだ。 一般大衆から尊敬される方法はいくらでもある。私たちを深く理解してくれている人になら本当の尊敬を受けることが出来る。そうでない人々は私達のことを曲解するかもしれないが 私たちを知ってくれている人なら間違った理解をする恐れは髪の毛一本ほどもないのだ。

・手本は必要ない。自分自身に集中する方がいい。1つの試合に負けたからといって簡単に信念を変えることはない。それこそが才能だ。

・相手チームの感情など知ったことではない。私はチェルシーを勝たせるためにやってきた

・優勝した昨シーズンよりも選手たちを誇りに思っている。彼らは素晴らしいパフォーマンスを見せてくれたヒーローだからだ。

・私は特別なクラブに来た。偉大な監督になる目標を忘れることはないが、特別な人間にはなりたくない。私はジョセ・モウリーニョになりたいだけであって、いつも同じように情熱を持って、モチベーション高くやりたいだけだよ

・我々は強いチームを作り上げているし、新戦力を何人も獲得する必要はない。私は量より質を重視する。私は革命家ではなく、何かを革命したいとも思わない。私はとても明確な考えを持っている一人の人間にすぎない。これは大事なことだと、私は思っている。私の人生哲学はサッカー哲学に似ている。それは正直、率直、明確、そして野心的であるべきということ。私はこれらの特徴を絶対に失いたくない。

・この試合に選手として出場できなかったのは、私の人生で最大の損失だ。この試合でプレーするには強い精神力が必要になるだろうが、選手たちと同様、私も血を流して戦っていたと思う。

・サッカーは私の人生そのものだよ。いつも人生のそばにあった。例えば、私が生まれた時に父親はグラウンドにいたし、私の娘が生まれたときに私はグラウンドにいたんだ。サッカーはそれだけ重要なものだよ

・人生の中で全てにおいて優れていると呼ばれるような規則はないよ。私は14、5歳の時、良いサッカー選手だったが、その後大学に進学し、2つのオプションが私にはあったんだ。どこにでもいるようなサッカー選手になるか、凄い監督になるか。その中で私は2つ目のオプションを選んだよ」

・私がレアル・マドリーを率いるために、この世に生を受けたかは分からない。ただ、フットボールの監督をするために生まれたのは確実だ。私は挑戦が好きなんだ。

・PKを外せるのは、PKを蹴るだけの勇気を持った選手だけだ。その意味で、わたしがPKを失敗することはないだろう。

・自分が世界一の監督だとは思わない。しかし、私以上の監督がいるとも思わない。

>ズラタン・イブラヒモビッチ「俺はモウリーニョのためなら殺人だって犯すよ」

>ヴェスレイ・スナイデル「彼と共に過ごす1シーズンは、他の監督との10 シーズンにも値するほど内容が濃い。
彼の話は人々の心を惹きつけて離さない。彼は選手の意欲を最大限に引き上げることができる指揮官だ。」

>ハビエル・サネッティ「偉大な指揮官であり、彼は僕らを飛躍させてくれた。」

>デヤン・スタンコビッチ「まず、これだけは言いたい。モリーニョは“アンビリーバブル”な人間だ。(中略)
モリーニョは僕が今まで出会った監督の中で、全く別のカテゴリーに属する人間なんだ。」

>ディエゴ・マラドーナ「私が理想とする監督」



>マルコ・マテラッツィ「彼はオレたち全員を兄弟にしてくれた。」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。