無料ホームページ ブログ(blog)
mi1011.netさくらぐみ(赤穂)
mi1011.net
または私は如何にして心配するのを止めて人生を愛するようになったか
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さくらぐみ(赤穂)
頭に来た。

さくらぐみというレストランに行った。ナポリピッツア協会92番目の店ということで、日本国内では有数のピザ店。真のナポリピッツアと海鮮ナポリ料理を売りにしているわけだが、予約もなかなか取れないという、いわゆる、超人気店だ。17時か19時に予約を入れるわけで、つまり店側からしたら二部構成というわけだ。とりあえず、兵庫の端の端まで車を走らせて、17時に店に入る。お店のキャパは20人入るか否か。席と席の間隔が狭い。まあ、それはいい。コースはシェフにおまかせ。@¥5,500。値は張る。

メインのピザが来た。
CARQP3IX.jpg
うまい。たしかにうまい。このモチモチ感はどこでも食したことがない。

しかし。メインの魚を食べていたときのことだ。
こちらが食べているのに、無言で違う皿にかえる。書いてる意味がわかるだろうか。
要するに、その皿が必要だからなのか、食ってたものを勝手に小皿に移しかえてきた。唖然である。
失礼にも程があるというものだろう。さらには、19時の部の準備で、とにかくあちこちのテーブルをセッティングするのはいたしかたないんだが、ナイフとフォークをがちゃがちゃがちゃがちゃ音をたててセッティングするわけで、その中で食事する側としては、こんなに不愉快極まりない店の態度というのは経験したことがない。せめて一言二言あるのが当たり前。一体全体、このお店はどういうつもりなんだろうか。うまいもん食わせてやってるだろう、そんなつもりか。店員に対する教育がなっていないとかの次元じゃないね。内容もひどいものだった。お世辞にも5,500の値打ちはなかった。メインもグリルなだけ、オードブルも手抜き丸出しだ。それでも我慢してたが、ここまでひどいと、どうしようもない。食事に金を払うというのは、味だけではなく、食する行為そのものに金を払ってるわけだ。店を出るときに、店員のありがとうございましたーって声が後ろから聞こえたが、実に空々しい。

金を払ってこんな愚弄された気分を味わう。うーん、最高やね。
二度といかないどころじゃない。こんなところには絶対にいってはいけない。

http://www.vera-pizza-sakuragumi.co.jp/
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。