無料ホームページ ブログ(blog)
mi1011.net木切れ
mi1011.net
または私は如何にして心配するのを止めて人生を愛するようになったか
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
木切れ
私は、75feetのヨットをこしらえまして、それに乗って西伊豆に行くことにしました。西伊豆といえば、風景がすばらしくきれいです。その西伊豆に戸田というところがございます。そこは、明治の初期に近くでロシアの船が遭難したとき、戸田の漁師がしけの中を船を漕ぎだし、多くのロシア人を助けたのです。ロシア人は非常に喜んで地元の人に造船技術を教えました。それで戸田は造船が盛んになりました。その戸田の港は、入り口は狭いのですが、中は広々としたすばらしい湾です。深さが80m ぐらいございます。日本の潜航艇がここへ隠れたという話があります。戸田に入りました。右側にちょうど三保の松原みたいなすばらしい松林が見えます。その後には、富士山が今倒れるのではないかと思うように「夏の富士倒れんばかり……」という私の下手な俳句がございますが、ほんとに倒れてくるのじゃないかと思うくらい富士山が近いのです。それを見ながら錨を降ろし、私は手持ちのウイスキーを飲んでおりましたら、下から声が聞こえてきました。

「そこへ行ってもいいですか。」

「ああ、来たかったらいらっしゃい。船も見てください。」

上がってきたのは、24、5歳の青年です。戸田と沼津を通う船の船長をしているそうです。一杯差し上げると、その青年が「妙な質問ですが、あなたは神様があると思いますか。」

「何ですか。」

「神様は存在すると思いますか。」

「ああ神様ね。うちにも神棚はあるのですが、榊なんかは乾燥してしまってね。あんまりお参りしないのです。あなたはどうなの。」

「僕は絶対神の存在を認めます。」

「ほう、お若いのに珍しい。どういうことですか。」

「それは私の経験から来たものです。それを話していいですか。」

「ああ、ぜひ話してください。」

「簡単な話ですが、マリアナ台風の話はご存じですか。」

「聞いたことはありますが……」

「この台風でたくさんの漁船が遭難し、戸田の船も三隻沈没しました。私も乗っておりました。そのころ私は16歳だったんです」

青年は、マリアナ台風によるカツオ漁船の遭難の模様を話し出しました。マリアナ諸島は、太平洋のど真ん中の赤道に近いところにあります。そこに日本のカツオ漁船が集団で、お互いに連絡をとりながら操業していたのです。そのうち台風が来るとの知らせがあり、各船は避難場所を捜しはじめました。

しばらく経つと“ただ今の気象通報は間違いでした。台風はそこを通りません。との連絡が入り、みんなほっとして“よかったな”と言いながら働いておりました。するとまた“台風の進路は、相変わらずそちらへ向かっております”と無線電信が入りました。

「ええ、なんじゃ、いい加減なことばかり言うな。今度は通るんだってよ」

漁を打ち切り、あわてて荒天準備には入ったのです。台風がきました。山のような波が船に襲いかかります。僚船が転覆して、たくさんの人が泳いています。それを助けようとした船もひっくり返るということで、大騒ぎになりました。そのとき突然、私は荒海に投げ出されました。一生懸命泳いているうちに、15から20mの波に翻弄され、酔ってしまいました。船乗りが酔うというのはおかしいのですが、海の中で吐くのです。吐くものがなくなると、海水を飲んでそれを吐く有様です。運よく大きな枕ぐらいの木切れを見付け、それを浮き代わりにして浮いでいました。

台風一過と言いますが、一晩経ち朝がきますと、あれほど荒れていたマリアナの海も静かになりました。回りには、人も僚船の影も見えません。だれか来ないかな、だれも来ないなあと、ぼんやり浮いていたのです。シイラ(魚)が寄ってきて、体をつつきますが、追っ払う力もありません。その晩も悲しく暮れ、夜明けの四時ごろにトントントントンという音を聞いたのです。ああ船だ。しかし、力はほとんどなくなっており、やっと手を上げて「オーイ」と言っても声がでません。そのうち、船が見付け「おーいいたぞ。こっちだ」と近づき、どんと引き上げられ、デッキに寝かされました。魚倉には、死体が詰まっていると教えられました。疲れ果てて、私はその場で二時間余り寝だそうです。その間に、船は油がなくなり、戸田へ帰ろうということになり、戸田へ向けて走っていたのです。

「船長はどこにいますか。」

「ブリッジで舵をとっている。」

「ああそうですか。」

青年は船橋へ上がりました。

「船長さん。助けていただいてありがとうございました。」

「そんなことは……、海の人間はみんな助け合わなきゃな。どうしたんだ。何か用か」

「ええ、すみませんけれども、私を救ってくださった所へ、もう一度帰っていただけませんか。」

「何を言っとるんだ君は、命が助かっただけでも喜べ。」

「喜んでおります。」

「何かそこにあるのか」

「あの、私を助けてくれました木切れがありまして、それを忘れてきましたので、取りにいきたいのです。」

「だめだ。命が助かっただけでもありがたいと思え。」

「そうは思いますが、どうしても木切れがほしいのです。うちに持って帰って神棚に供え、生涯拝もうと思っているのです。」

「結構なことだけどな、この船も燃料がないのだよ。お前を引き上げてから三時間以上も経っているのだ。」

でもその青年は、船長の足にまとわりついて
「お願いですから、ぼくの木切れを取りに行ってほしい……」

「お前、そこでせいぜい泣いておれ。そんな物を取りに行ってる間にまた災難が起こるぞ。」

四時間経ちました。さすがに船長は海の男です。
「お前にわしは負けた。えらい奴だ。幾つだ」

「16です」

「16にしては、えらくできている。いま戸田へ電話して、船で油を持って来いと言った。しようがないから、さっきお前を乗せた所まで帰るか。往復で8時間かかるのだぞ。じゃ行ってやろう」

船長は船を回して元の場所に向かいました。海図を見ながら船長は
「お前を見つけたのはこのへんだぞ。気のゆくまで捜せ」

一生懸命捜しました。しかし、そんなものが太平洋で見つかるはずがありません。強力なライトで海上を照らします。それでも見つかりません。そのとき遠くに何となく光るものが見えました。

「船長、あれは何ですか」

「あれは……、おい双眼鏡を持って来い。」

「あれはいかだだな。」

「一緒に行ってくれませんか」

「よし行こう」
船をいかだに向けて、突き進んで約20分走りました。そこには救命いかだの上に、6人の命が待っておりました。木切れは見つからなかったけれども、6つの命があったのです。


「森繁さん。ぼくね、ほんとに神様はあると思っています。」


「海の安全」シンポジウム記念講演より抜粋
俳優 森繁久彌 R.I.P.
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。