無料ホームページ ブログ(blog)
mi1011.net2012年08月
mi1011.net
または私は如何にして心配するのを止めて人生を愛するようになったか
201207<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201209
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
炭酸どれでも100円の風景
マクドでコーラを飲む。メールを打つ。

隣りのテーブルから声が聞こえてくる。
豚ネコみたいなおばはんが、中年のおばはん4人相手に熱弁をふるってる。
テーブルに肘をつきながら、説教するおばはん。
それもどうかと思うけど、聴き入る中年のおばはんどもの、

その、一点の曇りなき瞳を見習いたい。
スポンサーサイト
大田郷の風景
111

こないだ、へーこいたら、みがでた。
所沢の風景(後篇)
さて、車を動かそうか。いつものようにメガネをかける。

あれ、なんか油みたいなものがついててよく見えない。

さて、どうしたものか。メガネをふく。

再度かけてみる。あれ、やっぱり取れない。

またやってみる。取れない。

・・・・レンズが溶けてる。愕然。


めがね
所沢の風景(前篇)
見たいものがある。見たくないものがある。世の中は、概ねそうできている。だいたい、そうだ。この二極が枝分かれて、どうしても見たい、なんでか見てしまう。いや、見たくないけど見えてしまった、見るつもりはさらさらなかったのに、思わずみてしまう。こんな感じに複雑怪奇に好奇心はあっちこっちに浮遊するわけだ。それで、この中で一番参るのは、一体どれだろうか。単純に見たくない、だけではない。見たくもなかったのに思わず目に入ってしまって、後でげんなりする。これが最上級だと思うんだな。

外人と二人で車を走らせた。昼時だ。飯でも食おうか。まあ、どこでもいいから、そのへんの道沿いのガストでもいくか。突き刺す熱、風なき光。だだっぴろい駐車場に、たくさんの先約が入っている。さて、隅の方にでも止めますか。車をバックしながら入れたその時。斜め前の車に異変だ。赤い車。その車の中で、朝昇竜のような小太りの若い女が助手席から猛然と運転席の人間に覆いかぶさってるではないか。キスの真っ最中だ。もう、なんというか、舌を入れていることぐらいは見なくても分かるぐらいの、猛烈さ。笑いながらひく。正真正銘の公然わいせつ。その若さ・ほとばしる激烈なチューは、俺が車を止めようが方向転換しようが関係ない。影響なし。もう少し陰でやれよとか、せめて車を逆に入れて見えないようにしろよとか、そんなことは大きなお世話だ、馬鹿野郎といいたいんだろうな、この女は。ま、とにかく、俺等が飯食って車に戻ってくるまで続けてたら、それって愛だと思うな。とかいいながら店に入っていく。その時、外人が俺にこういった。「OH TWO LADIES!」ツーレイディース?はて。

オーダーしたタイカレーが来て、食しだした頃。また異変だ。なんか、どっかでみたような気がする若い太った女が入ってきた。あれ?ひょっとしてこいつはさっきのやつか。電話する用事を作り、駐車場をそっと覗きに行く。赤い車はある。誰も乗っていない。こいつだ!!激烈チューの主!!。うーん、お下劣やな、いいな。とすっと横切ろうとした瞬間、戦慄が走る。その相手は女だった。二人してハンバーグ定食食ってる。ハンバーグ定食。

くるま
※写真の車は決して本編と関係ないということにします。
De Que Me Sirve La Vida (what use is life to me)
Estoy a punto de emprender un viaje
con rumbo hacia lo desconocido
no se si algun dia vuelva a verte
no es facil aceptar haber perdido.

Por mas que suplique no me abandones
dijiste no soy yo es el destino
y entonces entendi que aunque te amaba
tenia que elegir otro camino.

De que me sirve la vida
si no la vivo contigo
de que me sirve la esperanza
si es lo ultimo que muere
y sin ti ya la he perdido.

De que me sirve la vida
si eres lo que yo pido,
voy detrás de tu ternura
pero no me queda duda
que me dejas sin tus besos.

Escucha bien amor lo que te digo
pues creo no habrá otra ocasion
para decirte que no me arrepiento
de haberte entregado el corazon.

Por mas que suplique no me abandones
dijiste no soy yo es el destino
y entonces entendi que aunque te amaba
tenia que elegir otro camino.

De que me sirve la vida
si no la vivo contigo
de que me sirve la esperanza
si es lo ultimo que muere
y sin ti ya la he perdido.

De que me sirve la vida
si eres lo que yo pido,
voy detrás de tu ternura
pero no me queda duda
que me dejas sin tus besos.

I'm about to embark on a journey
With the unknown as direction
I don't know if I will ever see you again
It's not easy to accept losing.

Even though I beg you, don't abandon me
You said it's not me, it's fate
And thus I understood that even though I loved you
I had to choose another way.

What use is life to me
If I don't live with you
What use is hope to me
If it's the last thing to die
And without you I already lost it.

What use is life to me
If you are what I ask for,
I go behind your tenderness
But I don't have any doubt left
Cause you leave me without your kisses.

Listen to me carefully, my love,
Cause I think there won't be any other occasion
To tell you that I'm not sorry
For having given you my heart.

Even though I beg you, don't abandon me
You said it's not me, it's fate
And thus I understood that even though I loved you
I had to choose another way.

What use is life to me
If I don't live with you
What use is hope to me
If it's the last thing to die
And without you I already lost it.

What use is life to me
If you are what I ask for,
I go behind your tenderness
But I don't have any doubt left
Cause you leave me without your kisses

ららら髭面
ボロボロのシェーバー、俺のシェーバー
ボロボロのシェーバー、ブラウンのシェーバー
10年以上使ってる、網が破れても使ってる
押さえつけ過ぎると、痛いぞシェーバー
いつか削られるぞ、俺の肌

ボロボロのシェーバー、俺のシェーバー
ボロボロのシェーバー、ブラウンのシェーバー
ヨドバシにいったぞ、網と刃がセットで売ってたぞ
4000円もしやがるぞ、痛いぞシェーバー
ポイントつけ忘れたぞ、俺の馬鹿

ボロボロのシェーバー、俺のシェーバー
ボロボロのシェーバー、ブラウンのシェーバー

明日も会社か、いきたくない
女人禁制:合格です
Please note 男性のみ閲覧可
*不快な気分になられる恐れが高いため、本原稿へ女性はアクセスしないで下さい。*
*それでも読むという女性の方は、それなりの心の広さでお願いします*
                      憂鬱と理想

俺の目見て目。感情入ってないでしょ。仕事でやってるから。
こんなこと趣味でやってたら変態ですよ。
仕事と割り切っちゃえばいいんですよ。簡単だから。
いかに仕事と割り切ると簡単かをあなたに教えたいんですよ。
あなたが恥ずかしがるとこっちまで恥ずかしくなるんですよ。
とりあえずストッキングだけ脱いで。伝線するから。
いやあ。入れたいなあ。ね、ね、こするだけ。こするだけ。
大丈夫。がばっとやんないから。
少しは感じるでしょ。少しは。
いやあ。すごいなあ彼女は。使える。ばっちです。合格です。

panflash00059324.jpg
戦慄の同窓会
金曜の夜、小学校時代の友人と会った。とても楽しかった。
土曜の昼、中学校時代の友人と会った。とても楽しかった。

そう、とても楽しいはずだったが、天国から地獄。

記念写真に写っている、森三中の大島みたいな体型の男が
実は自分であるということを、
いやがおうにも自覚せざるを得ない現実がそこにあることだった。

食虫そろいぶみ
0810.jpg

だんだん増えてる。
ツイッターのようなブログの風景
40近くになってインプットを繰り返すのは、生産的というよりも破壊的だ。
秋葉ナウ。
Wait for me
Midnight hour almost over
Time is running out for the magic pair
I know you gave the best that you have
But one more chance
couldn't be all that hard to bear.

Wait for me please
Wait for me
Alright, I guess
that's more than I should ask
Wait for me please
Wait for me
Although I know the light is fading fast.

You could go either way
Is it easier to stay
I wonder what you'll do
when your chance rolls around
But you gotta know how much I want to keep you
When I'm away I'm afraid it will all fall down.

Love is what it does and ours is doing nothing
But all the time we spent
It must be good for something
Please forgive all the disturbance I'm creating
But you gotta lot to learn if you think that I'm not
waiting for you.

真夜中の時間はとっくに過ぎて
時は魔法でつながった二人を追い出す
君は君ができる全てを僕にくれた
もう一度のチャンスが嫌なことにはならないはず

待っていてくれ。
ああ、、待っていてくれ
僕にはその事がとても大切に思えるんだ
どうか僕を待っていてほしい
僕を待っていてほしい
この光はすぐに消えていくものと分かっているけれど

君はどっちの道を進んでもよかった
ここにいることがもっと簡単なことなのか
僕には君がすることが不思議なんだ
君のチャンスは辺りに転がっているから
でも君に分かってほしい どんなに僕が君をひきとめたいか
僕は遠くにいると全部ダメになりそうで恐いんだ

愛が愛のままで、僕らの愛は何もしなくても、
僕らが一緒のときはいつも、
なにか暖かいものを運んでくれていた。
どうか僕が原因の問題を許してほしい
でも君は多くを知ったはず
もし僕が君を待てないと君が思うなら

イッツミーの風景
京浜東北線の車両に乗る。座る。
5秒も経たないうちに、隣にデブが来た。
安田大サーカスの一番デブみたいなやつだ。
突如、すっぱ臭いオーラが襲う。
いてもたってもいられない。
堪忍してほしい。
堪忍してほしい。
堪忍してほしい、と三回唱えて、
次の車両に逃げ込む。

地下鉄東西線の車両に乗る。座る。
10秒も経たないうちに、向かいの真正面の男が鼻くそをほじりだした。
隠すどころか、自慢気でどこか楽しげで。
やめたかと思うと、またほじりだす。
そして左の指と指で粘性を出している。
どうにかしてくれ。
どうにかしてくれ。
どうにかしてくれ、と三回唱えることもなく、
次の車両に逃げ込む。


Bruce Lee
Bullet got the wrong bloke

Life kid suck Drink from the box
The juice kicks up Life give suck the box drink
Yeah

Life kid drink from the box
The juice kicks up Life kids sucker Box drink
Yeah

Bruce lee

Life kid seen from the box
Seen from the box
The juice from the box
Kids suck life
Kid get suck from the box
Drink

Bruce lee

Life kid suck from the box
Drink from the box The juice kicks up
Life kid suck from the box
Drink

Yeah

Bruce lee

Life gets in from the box
Seen from the box
The juice from the box Kids suck life
Kid get suck from the box
Drink

Bruce lee

Life kid suck from the box
Drink from the box
The juice kicks up
Life kid suck from the box
Drink

Yeah

Bruce lee

Life kid suck from the box
Drink from the box
The juice kicks up
Life kid suck the box
Yeah

Bruce lee


Life kid joke from the box
Seen from the box
Drink from the box
The juice kid suck
Life kid suck the box
Drink

Yeah

Bruce lee

Tanglon

Life kid suck the box
Life kid suck the box
Life kid suck the box
Life kid suck the box
Life kid suck the box
Life kid suck the box
Life kid suck the box
Life kid suck the box

Skin hard sails in jail
Hair always cut with a blunt tool
Muscular but thin like springs
But not steel
For Ford men
Four Ford men
They sell it into vaporizing rulers
Each way up in his own head
Hold up in its fly flicking markses
Piggy little piggy little eyes
Holds and scape
Just enough to let in light
Bullet got the wrong bloke
But he don't die anyway
Its nothing mortal if you don't move
You still have slot the wall in a blanket
I have been this way for days
Bullet got the wrong bloke
It's happened mortuary, you die it means
Skin has it off the wall and it goes like this
I have been this way for days
Oh no, there's a gun
Over there under the bed
Turn, let's see what's in the other room

He grew up faster
Just the disco with the one get my rope
Pull through again
A third rat a fourth to his head is calm the sheets of calm
Bullet got the wrong bloke
He's out of the eyes now
Strained gas on his head
It's dark, he comes up with his darkness

Tanglon
夏やね
panflash00058788.jpg
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。