無料ホームページ ブログ(blog)
mi1011.net2012年07月
mi1011.net
または私は如何にして心配するのを止めて人生を愛するようになったか
201206<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201208
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新メンバー加入
ハエ取り草、IN。
レギュラーな感じらしい。
右下の葉がやや黒ずんでいる。
なかなか飼育が難しいらしい。

syokutyu.jpg
スポンサーサイト
隅田川花火大会を見に行く
日本最古にして、東京三大花火大会の一つと恐れられている、
あの隅田川花火大会の胸に朝一番から飛び込んでみる。

前夜の穴場情報では曳舟駅近くのコミディイイダで
2階駐車場にてほぼ無料の先着特設会場があるらしいというから、
家族総出で車飛ばして、開店前の朝9時40分に現場近くに到着。
ところが、嗚呼無情、店の表に『整理券配布終了』との一言。
飛び出したばかりで、プランBもまともに描けてない我が家。
まず、この車をどうするかで下町のPを探せど探せど、皆満車。
まぶたに涙がたまりかけたその時に、タイムズ発見。無事駐車。

隅田川が見えてきた。さあ、ゴザ敷いて、8時まで陣取りや。今、9時。花火、8時。かんかんでり。

ちょっと、ローソンまで食料を買いに行く。
桜橋の上では関係者が準備に急いでいる、ようでもない。
07281.jpg

炎天下の中、影もありながら、ゴザ敷いて寝たおかげで、
ばっちり場所はOKと思っていたら、実は目の前の桜が邪魔をしてて、
100%見えない状態であることが土壇場のテスト花火で分かった。
出た結論:まあ、いいか。

ついに上がった一発目は、ほとんど脅しのような爆音と爆発そのもの。
07282.jpg

この迫力。
07283.jpg

唸る観衆の海。
07284.jpg

正直、俺はだれてた。
07285.jpg

連発はいい。
07286.jpg

来年は予算を出して、もう少しいい状態でこの花火を堪能したいものだ。
いかんせん、汗だく過ぎた。
プルプルの風景
あさっぱらから、糞みたいな客と、糞みたいな回数で、
糞みたいな目的で交渉していた。

急に、左目のまぶたの上隅が震えだした。プルプルプルプル
小さな魚がそこに潜んでいるかのように。プルプルプルプル
あれよあれよと客から訳の分からんこといわれ、プルプルプルプル
疲れてきたのか、感極まってきたのか、プルプルプルプル

交渉終わってしばらくすると、その震えも止んだ。
顔面神経痛、かもしれんな。
内線が鳴った。ボスからの訳の分からん理不尽な要求だ。

プルプルプルプル
SADISTIC MICA BAND ~塀までひとっとび、BOYS&GIRLS~
大好き好きな
チャチャお茶でも
湯呑みひとつふたつ

好き好き好きな
ガタガタごねても
まだまだ へっちゃらけ
ヘイまでひとっとび

好き好き好きな
暮らしの智栄の
ぬきがきなんぞ
とっくにないよ

好き好き好きな



Feel me…僕は君じゃない
Why don't you find yourself
you shouldn't be afraid

Touch me…君は僕じゃない
Who will you love tomorrow?
You don't know what you need

Boys 同じ服を着て
Girls 同じ夢を見る

I know why everybody's
wrong in town, hunging around
No one knows what's going down
I'm the only one

街の陰に 迷う君の
瞳は眠ったまま

Don't you Hear me…僕は君じゃない
Why do you try so hard
to make them see you?

Show me…君は僕じゃない
If you can tell your story
that could be a sequel

Boys 用意された明日
Girls 選ぶだけの今日

I know why everybody's
wrong in town, hunging around
No one knows what's going down
I'm the only one

壁の中に 道があると 僕は知っているよ
君が目覚める夜 歴史が動き出す

Don't you Feel me…僕は君じゃない
Why don't you find yourself
you shouldn't be afraid

Touch me…君は僕じゃない
Who will you love tomorrow?
You don't know what you need

Hear me…僕は君じゃない
Why do you try so hard
to make them see you?

Show me…君は僕じゃない
If you can tell your story
that could be a sequel

Feel me…僕は君じゃない
Why don't you find yourself
you shouldn't be afraid

Touch me…君は僕じゃない
Who will you love tomorrow?
You don't know what you need

Feel me

オレオをかじりながら
1111・・_convert_20120719193116

生き甲斐とは何か?
熱狂 人生とは何か?
それは影、幻影、そして偽り
最も大きな利点もささやかなもの
人生 それはただの夢、そして夢すらも夢

最後の食虫です
20122222.jpg

食虫シリーズのトリ。ぼっとん系である。
これも、妻による一発逆転ビジネス構想の一つで、
食虫植物の栽培・増殖の成功からの、食虫植物の通信販売という
壮大な、あまりにも早計な野望のもと、始まった食虫栽培の一つ。

ぼっとん系なもんで、なかなか、虫をぼっとんしている現場を目撃することはレア。
それにしても、食虫って、ヤクチューとかシャブチューとか、なんか響きが新宿鮫ぽくて
俺は好きだ。一日も早い、日本での認知度アップを願いたい。
今度こそ食虫です
201111.jpg

朝、撮った。

いっぱい伸びているのは、触手のようなものじゃなくて、触手そのもの。
ここに微量の粘着性の物質を分泌させて、虫を食う。いっつ食虫。
こないだ見たら、垣根の葉を食べ散らかしてる二つ星テントウムシをゲットしていた。
なかなかのつわものだ。

そういえば、ようやく、こいつにも小さな花が咲いた。
そういってる妻の顔が誇りに満ち溢れていたことを、忘れない。
また食虫です
王将で天津麺をかき混ぜながら、ブログのネタを探す。
なんせ、ここ最近、ブログが進まない。

困った。


そうだ、食虫だ。妻のコレクションをまたアップしよう。
そう思って、写真を撮ろうとしたら、すっかり日も暮れていたので、
また次の機会に。

なんのこっちゃ




食虫です
どうということはない一輪の花
かわいらしい紫色の小さな花。
妻が通販で買ってきた。

下の緑の葉は粘着性の物質を分泌できる。
これでばっちりと虫を捕まえて食べている。

だからというわけじゃないが、自然は恐ろしい。

0718.jpg



悲しい気持ち(JUST A MAN IN LOVE)
夏の女神に 最後の kissを
抱き合うたび溶けそうな瞬間にお別れ
夢で逢えたら あの日に帰ろう
夜空に舞う星に 願いをこめて
Just a man in love, Oh,yeah.
涙に濡れて
Just a man in love, Oh,yeah.
心に咲く花は君の香り

やがて誰かと 恋におちても
胸に残る言葉は 消えないままに
泣くのはやめて 愛しい女性よ
君のことを今も 忘れられない
Just a man in love, Oh,yeah.
悲しみの My Heart
Just a man in love, Oh,yeah.
愛されたあの頃が 遠ざかる

Anyone would be holdin' on.
夏は終り 夜風に身を病んで
I won't lose, if I just have you.
いついつまでも君は My sweet babe.

Just a man in love, Oh yeah.
涙に濡れて
Just a man in love, Oh yeah.
悲しみの My Heart
Wow, Wow, Wow.
Just a man in love, Oh yeah.
またいつか逢えたなら
Hold me close to you.

作詞・作曲:桑田佳祐

もうもくようだったのね
あー、今日、木曜だったのね。
てっきり、火曜だと思ってた。早いね、ほんと。
月曜に何やってたんか、もう忘れてるし、
火曜にどこにいってたのか、もう忘れてるし、
水曜にどんな感じだったのか、それももう忘れてて、
明日はもう週末。

時は忘却。
サンダース名誉大佐の揚げた鶏肉
意外と思われるかもしれないが、ケンタッキーフライドチキンでもチキンナゲットはある。さらに意外かもしれないが、悪くはない。マクドのような粗悪品ではなく、モスバ程のサクサク衣でもない。ケンタッキーのフレーバーが気持ち10%ほど混ざっているような(いないような)風味が楽しめる一品だ。それでいて、ケンタッキーに来ながらナゲットを頼む馬鹿もなかなかいないもんだから、オーダーすると必ず待たされるが揚げたてが頂ける。これは嬉しい。ただ、本当になかなかオーダーされないからか、5個が入った紙袋と、ケチャップソースを手渡されるだけ。もちろん揚げたてだから熱い。熱くて持てないのにケチャップソースをそのまま渡される。どうやって、このソースをかけるのか、そのマニュアルを早急に作成してほしい。暫定的な俺の手法は、①まず、テーブルにナゲットが入った袋を設置する。②ポテチを開ける要領で、袋を開く。③袋の内側にケチャップを炸裂させる。④熱い熱いいいながら、ナゲットをpick it upの後にぺちゃっとディップ。以上、ナゲットの楽しみ方。

肝心の鶏だけど、一部、「どの部位を選ぶ権利は客にはない」という話を聞いたことがあるけど、俺が行く駅前のお店は、店員が支払い寸前に、購入した鶏が入った箱を開いて客に見せながら「こんな感じでよろしいでしょうか」とお伺いを立ててくれる。非常に誠意に満ちた対応といえる。違う店で3個セットとか買って、後で開いてみたら、1個だけが食べれるレベルで、残りはカッスカスでどうしようもなかった記憶がある。もし、ケンタッキーにいったら、必ず金を支払う直前に(店員が展示してこない場合は)、箱の中身開示を要求し、問題があれば、部位の交換を求めることをお奨めしたい。

187_1_20110209215447.jpg
ゼークトの風景
ドイツの軍人、ハンス・フォン・ゼークト。彼は縮小を余儀なくされたドイツ陸軍の再建に貢献した人物として評価されているが、軍事理論家でもあり、また、それを実践した軍人でもあった。ドイツの国防論についても特に多くの考察を残している。そんな彼が軍人を4つに分類している。

有能な怠け者。これは前線指揮官に向いている。 理由は主に二通りあり、一つは怠け者であるために部下の力を遺憾なく発揮させるため。そして、どうすれば自分が、さらには部隊が楽に勝利できるかを考えるためである。

有能な働き者。これは参謀に向いている。理由は、勤勉であるために自ら考え、また実行しようとするので、部下を率いるよりは参謀として司令官を補佐する方がよいからである。また、あらゆる下準備を施すためでもある。

無能な怠け者。これは総司令官または連絡将校に向いている、もしくは下級兵士。 理由は自ら考え動こうとしないので、参謀の進言や上官の命令どおりに動くためである。

無能な働き者。これは処刑するしかない。理由は働き者ではあるが、無能であるために間違いに気づかず進んで実行していこうとし、さらなる間違いを引き起こすため。

さて、処刑されないように、それでいて働き者でもなくて、前線からどうやって逃げようか、常に試行錯誤しているこの俺は一体何軍人なんだろうか。と考えるフリをして、また明日がやってくる。
ひとりごとをいうひとのこと
人は自然な形で独り言をいうものではない。

普段の生活で、誰かと話をしていない時。誰かと話をしたい、聴いてほしい。現実は話していない、聴いてもらっていない。コミュニケーションの質と量が絶対的に欠如している時。人は独り言をつぶやく。飽和したコップから漏れる水のように。

そんな独り言を聴いたら、その人はきっと相当に寂しいんだろうなと思って間違いない。話しかけていいかは分からないが。

借りるべきか、買うべきか。それが問題か。
家を買う人が随分と増えている。

住宅ローンの低金利と、消費税増税前の駆け込み。この二つの要因で、多くの人が、人生最大の買い物を推し進めている。家は借りるべきなのか、買うべきなのか。家を借りるメリットは、いつでも家を引っ越しする自由があること。何かあったらどこなと飛んで行けるこの特権は、何物にも代えがたい。実際、隣がアホだとか、隣がウンコを投げてくるとか、隣がワーキャー鳴くとか鳴かれるとか、こっちが鳴くとか、ま、いろいろあるから。そこから逃避行できる自由は素晴らしい。デメリットは、賃料を捨てていくということ。何も生まれない。何も残せない。ただ、お金を払うのみ。家を買うメリットはどうだろう。ずばり、財産になる。財産になるとは、残せるということ。売る権利も貸す権利もある。デメリットは、いうまでもない、対価が大きい。先が見えない時代にローンを組むという行為が何を意味するのか。大きな覚悟が必要だということだ。また、買ったはいいが、隣がアホだとかだったらまたいいほうで、部屋の中で傾斜角を調べたり、騒音測定する日にゃ、もう、後悔の極みである。

5年後、10年後、土地代・建物代は下がる。買うタイミングはどうかという話もある。そんなこというてたら人生は終わる。そりゃそうだ。だから、タイミングは不問としよう。家を借りる。家を買う。どちらもこうした言い古された話はあって、結局、どっちがいいかというと、どっちでもいいといえばどっちでもいい。ただ、それでも1点を残している。

住む場所が必要だから、家をもつ。もたない場合はどこかから借りて家賃を払うしかない。住むところは必要なんだ。生きていかなければいけないんだから。家をもつ。ああ、家をもつ。僕の家なんだけど。と、実家に住んでる輩は、これ以上考えなくてよい。(そもそも、借りるとか買うとか悩む必要もない)

家がない。だから家を買うとする。ところが、家に住んだものの、何らかの理由でその家を出ていかなければならないとする。例えば、ローンが払えなくなった。あるいは、親の世話をするため実家に帰らなければいけなくなった。この家を出ていく=住まなくなる。になる。自分が住まない不動産をどうするかということだ。ある専門家は、こう語っていた。価値のない不動産は負債と同じ。収益を産まない不動産を所有する意味はないと。だから、場合によっては、持っている家をデコレートして借り手を探すのもひとつ。そのまま売るのもひとつ。

どちらにしろ、こういえる。ボディブローのように腹にくる維持費と固定資産税に苦しみながら、翌日には1日分老いていく(売値が下がる)生き物のようなこの財産を前に、常に、プラスの価値を見出すように考えていないと、逆に食われてしまう。
ユーロ2012決勝進出記念 イタリアの知っても別に得しない国歌の意味
ブッフォンが熱唱しているイタリアの国歌をちゃんと調べてみた。この国歌の名は『マメーリの賛歌』。作詞された19世紀前半のイタリアは、今日のように統一された形ではなく複数の小国に分かれて存在しており、フランスやオーストリアなどの諸外国による勢力争いに巻き込まれながら分裂・併合を目まぐるしく繰り返していたそうだ。そのため、歌詞はナショナリズム色の強い内容となっており、ゴッフレード・マメーリによって作詞されたことから『マメーリの賛歌 Inno di Mameli』と呼ばれる。作曲はミケーレ・ノヴァーロ。後に『レクイエム』などで知られるジュゼッペ・ヴェルディによって編曲された。なお、ヴェルディ作曲の歌劇「ナブッコ」第3幕の合唱『行け、我が想いよ、黄金の翼に乗って』は、イタリア第2の国歌として愛唱されている。それにしても、「我等は死をも恐れない」というフレーズを声を大にして歌えば、気分も高揚するだろうし、集中力も高く維持できるだろうなあ。参考までに、2006WC優勝での国歌熱唱の様子(優勝後だけど)をみてみよう。

L'inno di Mameli マメーリの讃歌

Fratteli d'Italia l'Italia s'e' desta,   イタリアの兄弟よ、イタリアは今目覚めた
Dell'elmo di Scipio, s'e' cinta la testa. シピオの兜を頭に戴き
Dov'e la Vittoria?             勝利は何処にあらん
Le porga la chioma             主が創りたもうたローマの僕(しもべ)
Che' schiava di Roma
Iddio la creo               我がイタリア その美しい髪を捧げよ
Stringiamci a coorte,           さあ隊列を組め、
Siam pronti alla morte           我等は死をも恐れない
Siam pronti alla morte           我等は死をも恐れない
l'Italia chiamo Si!            イタリアが呼んでいる、そうだ!
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。