無料ホームページ ブログ(blog)
mi1011.net2012年02月
mi1011.net
または私は如何にして心配するのを止めて人生を愛するようになったか
201201<<1234567891011121314151617181920212223242526272829>>201203
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エルピーだめモリー
1998年、フランスワールドカップの年だ。

半導体業界にいた人間なら、誰もが覚えていると思う。結構ドスンときた半導体不況があった頃だ。それまでは、割と、ソニーは提案する前から提案してくる人、NECは提案すると勝手に動いてくれる人、東芝は提案しても上司の顔色しかみてない人な感じ、と、それぞれが割と色を出しながら会社があったけど、気が付くと、みんながみんな東芝みたいな感じになっていった、そんな過渡期があった。あれからだろうか、率先して何かをやろうとか、変えていこうという風は吹かなくなって、とにかく守りを固めまくる、そんな風情になっていった気がする。もちろん、シャープのように、ガンガン投資しまくって、勝負に出ている会社もあるにはあった。そのしわ寄せがどこに行くのかは、知らないが。エルピーダメモリー。数少ない、ガンガン勝負していく会社だった気がする。そのエルピーダが会社更生法の適用を申請する方針を固めたという。DRAMシェア3位の破綻だ。負債額4800億。製造業最大級。そんなインパクトもそうだけど、救世主といわれた坂本幸雄をもってしても、時代の波に押しつぶされてしまったことの悲哀を強く感じる。

秀吉ばりの列伝をいまさら紹介してもしょうがないけど、やっぱり書いておこう。1970年に日体大体育学部を卒業した坂本幸雄は、日本TIへ入社。半導体の知識もなく、倉庫係として資材の出入庫を始めた。20年の勤務後、坂本は取締役を務めるまでになる。その陰には、在庫を把握する能力や、持ち前の体力、判断の決定に至るまでの迅速さといった坂本幸雄の特長があった。TIで副社長までを歴任後、神戸製鋼所で半導体本部長に就任。2000年にUMCジャパン社長に就任。そんな男だ。

そんな男を一人で戦わすなよ、日本政府よ。中途半端なサポートでは、
この荒波には勝てない。アメ公のご機嫌を取るのも結構だが、
いい加減、国のことを真剣に考えて、もっとサポートしろよといいたい。

elpida.jpg
スポンサーサイト
受験シーズン
高校の合格発表は、絵に描いたようなものだった。
そわそわしながら、自分の番号を探し、そして生まれて初めてガッツポーズをとった。
当時流行りの西武のデストラーデスタイルだった。

大学の合格発表は、郵便だった。
合格なら厚くて大きく、ダメなら薄くて小さく。
郵便屋が現れて、その右手にみえたものが大きかった時、
確認もせず、またガッツポーズをとった。
まだデストラーデスタイルだった。

今考えたら、あーゆー爽快感て、なかなかない。いい経験をさせてもらったと思う。
爆弾男とボンバーマンの風景
改めて、自分の心臓が爆弾をもっているんだなと実感。冷静に考えると分かる。そんなたいしたことじゃないはずだった。神輿があるから祭りがあるように、前歴があるから大騒ぎになる。しょうがないことはないんだけど、やっぱり自覚しなければいけない。そうなんだ、俺はいつ暴発するか分からんかったんだと。そうはいっても、誰がどうみても、俺はただの39歳の、屁の臭そうなオッサンだ。きわめて、原始的なオッサンだ。衰弱してて、大きな病気を抱えてて、緊急病棟に入っていくことに特に抵抗がなさそうな感じには、到底見えない。手慣れた車いすの操縦、採血するときに注射針の位置を気にするような、場馴れ感を醸し出すような人間には見えない。そして、当人も自覚していなかった。これはいかんなあと思った。妻からいわれた。「もう、ちゃんとしよう。」と。そうだ、ちゃんとしないといけない。妻のために、自分のために。ちゃんとしなければいけないんだ。病歴を自覚し、改めて自分の人生を生きるために。そんな俺のデスクの隣りの、年下のくせに生意気な後輩は、行く先々で爆弾的なものを落としてくる。そんな二人が並んで仕事してるが、ここで問題。心臓を押さえてる赤い方が俺でしょうか。それとも、爆弾を投げてる青いのが後輩でしょうか。

4bf17e48_convert_20120224100216.jpg

Sleep the Clock Around
And the moment will come when composure returns
Put a face on the world, turn your back to the wall
And you walk twenty yards with your head in the air
Down the Liberty Hill, where the fashion brigade
Look with curious eyes on your raggedy way
And for once in your life you have nothing to say
And could this be the time when somebody will come to say,
"Look at yourself, you're not much use to anyone"

Take a walk in the park, take a valium pill
Read the letter you got from the memory girl
But it takes more than this to make sense of the day
Yeah it takes more than milk to get rid of the taste
And you trusted to this, and you trusted to that
And when you saw it all come, it was waving the flag
Of the United States of Calamity, hey!
After all that you've done, boy, I'm know you're going to pay

In the morning you come to the ladies' salon
To get all fitted out for The Paperback Throne
But the people are living far away from the place
Where you wanted to help, it's a bit of a waste
And the puzzle will last till somebody will say
"There's a lot to be done while your head is still young"
If you put down your pen, leave your worries behind
Then the moment will come, and the memory will shine

Now the trouble is over, everybody got paid
Everybody is happy, they are glad that they came
Then you go to the place where you've finally found
You can look at yourself sleep the clock around

by Belle and Sebastian

落ち着きを取り戻すとその時はやってくる
壁に背を向け、顔を文字にうずめて
そして君は頭を風に漂わせて20ヤード歩く
ファッション軍団のたむろする‘自由の丘’へ、
君のぼろ服に注がれる眼の数々
年に一回だけ、君は何も言えなくなってしまう
その時が来る
誰かがやってきて言うんだ
‘自分を見てごらん、君は誰にも利用されちゃあいないんだ’

公園を歩く、バリウムの錠剤を飲む
そして思い出のあの子からの手紙を読む
でも、今日を意味あるものにするにはそれじゃあ足りなくて
でも、その味を消すにはミルクじゃあ足りなくて
君はそれも信じて、これも信じて
遂に君はそれを見つける
‘苦難の合衆国’の旗を振っていた!
そうさ、君はよくやった、
仕返しができたじゃないか!

朝が来て、君は淑女達のサロンにやってくる
ペーパーバッグの玉座を武装して
でも皆はそこからは遠い所に住んでいて
君の助けはちょっぴり無駄骨
でも誰かがやってきて混乱は消え去る
誰かがやってきて言うんだ
‘頭の若いうちにやるべき事はたくさんあるんだ’
心配なんて置いといて、ペンを置けば
その時はやってくる
そして想い出は輝く・・・

そう、もう厄介事は終り、皆やるべき事はやった
皆幸せで、それが来たのを皆喜ぶ
そして君は遂に発見した場所へ行く
もう自分自身を見ることができるね
ずっとずっと、寝ていよう・・・

コーカーフコーカー
テンションが上がるなあ、毎度のことながら。日常の風景が一気にガラリと変わる。

事の発端は、昨日の夜。体をよじると、心の臓に違和感を感じた。あれ、なんでだろう。もう一度、よじる。やっぱり、少し押された感じがする。この感じを俺は覚えている。たしかに覚えている。俺が急性心筋梗塞で倒れたときの、あの痛みだ。忘れるはずがない。ただ、あのときほど、押してこない。普通にしていると感じない。よじると痛い。笑うと痛い。あばらにひびがはいってるんじゃないかな。まあ、いいか。明日考えよう。俺は寝た。

翌朝、つまり今日、朝のミーティングを終わらせて、昼からのアポイントの間に近くの診療所に行く。心電図をとってもらう。当然ながら逆の波形が出る。これは、まあいい。その後に血液検査。短時間である程度わかるという。治してくれとはいわない。とにかく、この痛みが心臓起因じゃないことさえ分かればそれでいい。ザッと白いカーテンがあいた。渋い顔をした若い主治医だ。彼はやおらこういった。

『脈が遅いです。白血球も多い。これは心筋梗塞患者の特徴です。なにより、心筋梗塞の可能性が、ライトながら陽性です。早い話、このまま、mi1011さんを帰すわけにはいかなくなりました。ここから一番近いのは、順天堂病院です。その緊急病棟への手配を今しています』

え?にゅういん?アゲイン?また???まじで?!まじでえええええええええええええええ
うわ、またやってしまった。

まず、今、兵庫で療養している妻に電話。その後、近くにいるボスに電話。

雨の本郷をタクシーで渡りながら、順天堂病院の緊急病棟に到着する。まるで、ホテルのフロントようなロビーだ。その緊急病棟について、尋問の時間が始まる。なんか、5,6人に囲まれるが、間違いなく、皆、俺より若い。それでいて親切。採血のし過ぎで頭痛がする。点滴を打ちながら、尋問を受けて、エコーされる。そして、点滴しながら車いすに乗って、看護師に連れられてレントゲン室に移動し、ああ、なにもかも、なにもかもが、かつて通った道、一通りの検査を終え、ベッドで休みながら、結果を待つ。

再発か。そういえば、このあいだ、心筋梗塞の再発率を調べたばっかりだったな。

溜息が出る。ぐずぐず考えてると、当直の若い担当の先生がやってきて、心筋梗塞との関連性はゼロといってくれた。一方で、あばらのヒビ説も一蹴されてしまい、結局なんだったのか、よくわからんまま、俺は治療費を払って、病院を出た。心配していた妻に電話する。「ルークはどうしてたの?虫の知らせで、窓に向かって吠えていたんじゃない?」と聴くと、「ぐっすり寝てはったよ」あんまり笑わすなよ、痛いんだから。

kurry120101_convert_20120224094410.jpg
肉の石川(東戸塚)
曇り空である。それだけで気分が滅入る。そんなときには、ガッツリと昼飯を食うに限る。そう思うことにする。西武百貨店の1階に入る。デパ地下みたいだけど1階。その中にある1軒の肉屋。そこでイートインができるというから、食ってみることにする。

やまゆり牛ステーキ丼を注文。

第三回全国ご当地どんぶり選手権で第三位になったそうな。やまゆり牛は神奈川県産だそうな。¥1350。値段はるなあ。

だだ

目の前でステーキを焼いてくれる。バターソースがうまい。これから、客と会うのにガーリックチップ。まあ、マスクするからええか。それにしてもガーリックチップとステーキが合う。うまいね。ただ、肉はそんなにやわらかくはない。普通のステーキといえばステーキか。最後にバニラアイスのサービス。まあ・・・値段が高いな。

だ

TEL 045-827-0111
神奈川県横浜市戸塚区品濃町 537-1 東戸塚西武1F
営業時間 [月~土]10:00~21:00
[日・祝]10:00~20:00
日曜営業
http://www.29taihei.co.jp/top.html
罪と罰~光市の判決
ようやく、光市の判決が出た。大方の予想通りだった。

それにしても、この事件は多くの人々に議論を巻き起こした。死刑の是非である。加害者に死刑が言い渡されたとしても、被害者は奪われたままで、表面上は何も変わらない。ならば、加害者の更生を考えるべきではないかというのが、概ね死刑否定派の考え方ではないだろうか。あるいは、国家が個人の命を奪うことを実行するのかという点も。罪のない人間を殺めるということを認めれば、社会は不安定になる。国家は社会を安定することを第一に考えなければいけないのであれば、ブレーキは必要といわざるを得ないだろう。そうした話はまあいい。問題は被害者だ。

被害者は奪われたままなのだ。なのに、それでも生きていかなければいけない。大切な人がある日突然いなくなる。心に喪失感という穴が大きく開き過ぎると、人はその人間との関係性と、失った事実を認識できなくなるという。そうした穴を埋める作業を一般に喪の仕事というらしい。そして、時間だけがその仕事を全うできる。

たとえば、戦争で死んでしまったとする。遺族は戦死をいかに受け止めることが出来るだろうか。戦争は、避けることが出来ない不条理だということを認識し、時間と共に受け入れていくしかない。じゃあ、これが、今回の事件のような場合、どうすればいいのだろうか。戦争とは違う、きわめて日常の中での出来事。避けられたかもしれない(実際は避けられないが)不条理だ。遺族はそれをどうすれば受けいれられるというのか。いくら時間が解決するといっても、これは難しい。物理的には避けられたかもしれないからだ。失うという事実が消えない。しかし、生きていかなければいけない。奪われたままでどうやっていけばいいのか。遺族の心の中で、どうやってその事実を受けいれろというのだろうか。私は思う、それは加害者が握っていると。極端な話、加害者がその事実を受け入れなければ始まらない。受け入れるとは、罪を認めるということ。被害者にとって、罰が死刑であろうと無期であろうと、実はそんなに問題じゃなかった気がする。ただただ、罪を認めるという行為を求めていたと思う。それでこそ、この出来事の不条理に終止符が打たれ、被害者は人生を再開できたであろう。(この点において、宅間守はすべてが確信犯だった。)しかし、加害者は愚かだった。ただただ自分のことしか考えていなかった。だから、そこに待っていたのは、極刑であったのだろう。極刑と決まった瞬間から、というか、極刑にならないと、事実を受け入れ始めなかったのだろう。被害者が判決後の会見で示した言葉は、まさにそこにあったと思う。

被害者が司法に絶望し闘争したのかも分かる。加害者が罪を認め、反省する。これは加害者の仕事だ。加害者がその仕事をしていないにもかかわらず、司法は思考停止のまま、判例にしたがって、罰を当てはめているだけに過ぎないことが分かったからだ。元々、加害者が未成年者であろうとなかろうと、そんなことは問題ではなかった。加害者がやった事実が、あまりにもひどかった。そのひどさに見合う反省は並々ならぬはず。罰もまた同じ。しかし、司法はそこを読み取っていなかった。未成年だから何年、二人殺したから何年、殺意があったから何年、こんな感じだ。ソロバン勘定。それでいて、判例(昔の判決結果)をみて、過去と同じような結果を出す。これを思考停止といわずして、何という。

もはや、終戦直後ではない。人を殺めて生き抜こうとする時代ではない。物質に満ち溢れた時代だ。どんなに不景気だといわれても、人を殺めなければいけないほど、困ることはない。にもかかわらず、人生に真摯に取り組もうとせず、ただ己の欲のみを考える愚か者がいる。彼らはきっとその罰を算段しながら、その罪を実行する。彼らはある意味賢いのだ。だから、これから先も、判例に守られながら、反省したフリを繰り返すだけだ。「私は反省しました」と汐らしい態度をとったところで、本当の心は透視できない。人は神ではないから。今回の判決にあたり、最高裁の一人の判事が精神年齢が満たされていないという理由で異論を唱えたという。それに対する、裁判長の答えは実に的を得ていた。そんな指標などないと。そう、そんな指標はない。ただ、起こった罪に相当する罰がそこにあり、その罰に対して、加害者がそれを受け入れていくしかないのだから。そもそも、一審で無期判決後に、友人に宛て無反省ゼロの手紙が公表されなかったら、こんな終わり方も迎えているはずがないだろう。皮肉といえば皮肉だ。

テレビはまた表面だけをなぞっている。司法の厳罰化だと。ちがう。それが進んでいるのではない。「罪と罰」とは何かを、司法はもっと考え抜かなければならない。そして、我々も「罪と罰」を考えなければいけない。いつ、避けられたかもしれない不条理がやってくるのか、分からないのだから。
変なおばはんにひっかかる
写真、もろた。


最馬場
自戒で自壊
しばらく走っていない。憑き物が取れたかのようだ。しばらく忘れていた。筋トレも忘れていた。まずい。どんどん太っている。それでまた、筋トレを再開して、ジョグも再開して、ようやく結果が出る前の第一段階かなと思った頃に、きっと、また忘れたように、やめてしまう。また太る。思い直す。走る。忘れる。太る。思い直す。この繰り返しで人生はどんどんどんどんどんどんどんどんどんどん過ぎていく。

こんなことばっかりしてて、生きてる意味あんのか。
なんも生み出してねーじゃねーか。生きてる意味あんのか。

バキバキの夜
駅に着く。僅か10秒で頭に雪が積もる。吹雪いた夜だ。
停留所でバスを待つ行列に混ざる。体を締め付ける風。
こんなときにすぐにバスが来たためしがない。
待ち焦がれて、バスが来る。バスに座る。バスから降りる。
誰もいない暗い道を進む。

今日は打ちひしがれた日だった。

181.jpg
名物にうまいもんなし
仕事の関係で、熊本に半年程、住んでいた頃の話。辛子レンコンというものを食わされた。なんでも熊本の名物で、食っておかなければいけないという。箸を恐る恐る持ち上げ、おずおずと一口食べてみる。うん。箸をそっと下す。その瞬間から、辛子レンコンを俺は食っていない。

あえていおう、名物にうまいもんなし。
もう一度いおう、名物にうまいもんなし。

まず問う。名物とは何か。その定義は実に深いと俺は考える。その地方が自慢にしているだけではない。その地方でしか食べれないもの。それでいて変化(バリエーション)を許さないもの。たとえば、大阪のたこ焼。うまい。しかし、これは実際、いろんなたこ焼きがある。より多くの人に好かれたい、たくさんの口に入れてもらいたい。そんな思いが、いろんな出汁をつけたり、味付けが出てきたりする。それは真の意味で名物とはいえない。あえていうなら、なんも味付けせんと出てきた、たこ焼きこそが名物といえるのではないか。誰にでも愛嬌をふりまくトイプードルのようなものでは困るんだ。地元民にしかなつかないドーベルマンであってほしい。頭をなでようとしたら、指3本ほど食いちぎって、ひゃーーーーーーーっとなるようなものでなきゃいけないのだ。それでこそ、名をもつモノ。安易に受け入れられないし、受け入れられなくあってほしい。本来、人は人を相容れない。そんな拒絶感こそ真正面から抱きしめたい。「うん、うまいね、これ。」なんて簡単に、貴方は他人の魂を受け入れる程のキャパシティーの持ち主かと。NO!NO!とシュプレヒコールを上げてこその現実の距離感だろうに。つまり、そこから始まるものだ。

もし名物にうまいもんがあれば、それは名物にあらず。
と、覚えておいてほしい。

【資料1】諺:名物にうまい物なし
《意味》
宣伝文句は期待はずれなことが多いということ
《使い方》
見かけばかりで味はだめ、名物にうまい物なしだ
《同類》
名所に見所なし

【資料2】私の好きな全国の名物土産ランキング(goo)

1位 白い恋人 北海道
2位 長崎カステラ 長崎県
3位 うなぎパイ 静岡県
4位 八ツ橋 京都府
5位 赤福もち 三重県
6位 萩の月 宮城県
7位 鳩サブレ 神奈川県
8位 もみじ饅頭 広島県
9位 東京ばな奈 東京都
10位 ちんすこう 沖縄県
11位 信玄餅 山梨県
12位 草加せんべい 埼玉県
13位 ういろう 愛知県
14位 神戸風月堂ゴーフル 兵庫県
15位 笹だんご 新潟県
16位 きびだんご 岡山県
17位 かもめの玉子 岩手県
18位 芋けんぴ 高知県
19位 かるかん 鹿児島県
20位 南部せんべい 青森県
21位 一六タルト 愛媛県
22位 ゆべし 福島県
23位 羽二重餅  福井県
24位 博多通りもん 福岡県
25位 だだちゃ餅 山形県
26位 吉野の葛餅 奈良県
27位 くるみ餅  宮崎県
28位 八街ピーナツ 千葉県
29位 雷鳥の里 長野県
30位  あわおこし 大阪府
誰がためにブログがある
たとえば、このブログを更新しなくなったら、読んでる人は一体何を思う。

面倒くさくなった。
忙しいんだろうな。
他に興味があるんじゃない。
ネタがないんだろうな。

たとえば、俺が死んだら、このブログはどうなるんだろう。

誰も更新しない。
何も変わらない。
なんで更新しなくなったんだろうと思っても
まさか死んでるとは思わない

そうして、チラチラとみにきてたものも、やがて見に来る回数も減り、
インターバルは伸びて、忘れ去られていく。
数多のウェブ世界で、それこそデジタルの膨大なる宇宙の中で、
雑草が魍魎とした隅の方で、サーバーが逝かない限り、
このブログはきっと存在し続ける。

このブログは墓標そのものだ。
徒然なる言葉を墓石に刻み込む作業。
これは大事だ。
二月といえば
市の図書館にいった。なかなか楽しい。まず、会員になる。もちろん無料だ。

2012020509520000_convert_20120214180136.jpg

実に静かだ。あたりまえだ。

2012020510290000_convert_20120214180101.jpg

選んでる本のまとまりのなさ。

ほいで、どうやって借りるのかなと思ったら、なんか机があって、パソコン画面がある。横にカードの読み取り機みたいなのがある。そこに会員カードを入れる。すると、画面が出て、バーコード面を見せながら本を机の上におけという。おく。本の本数を打ち込んで次へを押す。すると、わーっていって、カードが出る。カードに借りた本の名前が打ち込まれ、パソコン画面にも出てる。わー、って、こっちが声が出るわ。便利やなあ。

家に帰り、太宰治の言葉を読みながら寝る。
バレンタインデー
ゴールキーパーというもの
こないだ、権田君がやらかしてたなあ、シリア戦。ただ、ゴールキーパーには、底知れない難しさがある。なんせ、ボールが目の前に来るのは一瞬。一瞬でやってきて一瞬で終わる。それまでの準備とかがモノを言うんだろうな。論理に裏打ちされた選択肢の数々。それを一瞬で、半ば本能的にチョイスする力。難しいやろうな。そういえば、試合後、彼は「(試合の感想を)語ることもはばかる」といったとか。本人がミスをミスとして受け入れているのであれば、またチャンスはやってくるだろう。がんばれ、権田君。というわけで、今日は、ゴールキーパーの名言を集めてみた。

・ひとつ確かなことがある。私は、これまでもこれからも完璧ではない。だって、誰にも自分の限界はわからないんだ。(レフ・ヤシン)

・キーパーもワインと同じ。熟した方がうまい。(ディノ・ゾフ)

・DFに的確に指示し、予めいいポジションをとっておくことのほうが大事だ。(ピーター・シュマイケル)

・相手が水を飲みにピッチの外に出ても、プレスをかけ続けろ。(ホセ・ルイス・チラベルト)

・限界があるのはわかっている。そんなこと問題ではない 。限界がくるまでどれだけ完全燃焼できるかが重要なんだ。
・俺にとってゴールキーパーとは、精神の力業なんだ。
・ゴールキーパーの『役立たず』と『英雄』は紙一重。(オリバー・カーン)

・フットボールは実に単純だ。俺がシュートをすべて止めればチームが負けることはない。
・俺にケガの恐怖はない。恐怖というものを過去に抱いたこともなければこの先も抱くことはない。いつか、怖さを抱く自分の心に気付いたとき、その時は静かにフィールドを去るだけのことさ。(ジャンルイジ・ブッフォン)

・大切なのは「時」を逃さないこと。チャンスが巡ってきても、その時結果を残せなかったら、意味が無いからね。(イケル・カシージャス)

・最高のディフェンダーとは、時間だ。(フレドロク・オルストン)

・ゴールを割られるということは、結婚指輪をトイレに流してしまうくらいきついものだ。(コシタ・リッカロス)

・優れたキーパーになるには、手より足の使い方を練習すべきだが、それ以上に頭を鍛えることだ。(ロイス・ワハド)
博多らーめん 清水屋(草加)
11111

清水屋ラーメン。コラーゲンたっぷりのこってり味。通常のメニューには「博多ラーメン」もあったけど、お店の名前を冠にされたら、それを食うしかない。さらにランチサービスで+¥150でトッピング2つ追加だというので、辛子明太子と青ネギをオーダー。紅ショウガと高菜はご自由に。麺はやわらかめで。ひとくち。うん、大将!替え玉お願い!うん、うまい。いい。これいいわ。スープのこってり度は天一を彷彿、いやそれ以上か。蕩けた明太子がスープに合う。相同するとでもいおうか。至福の時。唯一の心残りはチャーシューの味わい。それ以外は文句なし。替え玉がやってくる。残り少ないスープに今度はたっぷりと高菜を入れてみる。びっちゃりとひたす、その姿は博多風つけ麺。熊本に住んでた頃に満喫していた、あの味よ。埼玉でも、草加はここの博多ラーメンで決まり。

1112

埼玉県草加市高砂2-2-15
東武伊勢崎線草加駅東口から徒歩約3分。草加駅から211m

営業時間 [月~土]11:00~翌3:00 [日・祝]11:00~24:00
ランチ営業、夜10時以降入店可、夜12時以降入店可、日曜営業
定休日 不定休
照れる風景
東海道線で会社に戻るときのこと

座席でボンヤリとスマートフォンを眺めていた
ふと見上げると、そこに中年の女
本を読みながら立っている

その表紙が、斜め上から、俺を見つめている

なにか、いいたげだ
どうしたんだい、お嬢さん
なにか、いやなことでもあったのかい

なんでもないです 本当になんでもないんです
ただ ただ、そこに愛はありますか

といったとか、いわないとか

ef09qa83.jpg
午前3時の曖昧な頭痛
男前な後輩・O君の所有物をコテンパンに川に捨てる夢から覚めたのは、午前3時だった。風邪特有の悪寒がやってきたような、そうでもないような。頭に鈍い痛みがある。こんな時には一にも二にもバファリン。早速、2錠を口に入れ、また床につく。午前6時。なかなかどうして、重たい気分はそのままだ。会社を休みたい。着替える準備をする。しょうがない、今日はボスと面談なんだ。

なんだか衰弱してきた気がする。参った。バファリンで事足りるはずが。なんでこんなに重いんだろうか。あれ、なんだか左の歯がジンジンする。気のせいか。いや、やっぱり、波紋が広がるような感覚がそこにある。ひょっとして、歯?虫歯?それ起因?

弱り目に祟り目とはならず、面談模様は快晴。よくやってくれてると褒めちぎって頂いたおかげで、こちらは黙ってるだけでよかった。しかし、俺の肉体は既に業務に支障をきたすレベルでダウン気味。面談終了後、早退。

近所の歯医者に予約も入れずに飛び込む。診察中、『5、6、5、7』との声が聴こえる。黄信号が灯って赤点滅といったところかな。かなとか、いうてる場合か。

結果:
①虫歯1(抜くしかない)
②その横の歯が歯周病でグラグラ
③頭痛の元凶は②。神経を侵している可能性大。
④①が②を物理的に支えているので、今①を抜くと②が不安定。

結論:②の根元を治療してから、①を抜く。

応急処置で①と②を少し治療してもらう。先生の仮説通り、頭痛がふっと消えた。こりゃ、39歳、菓子馬鹿。歯医者通いの小学生時代に戻るしかないな。
The Most Beautiful Girl In The World
Could you be the most beautiful girl in the world?
It's plain to see you're the reason that God made a girl
When the day turns into the last day of all time
I can say I hope you are in these arms of mine
And when the night falls before that day I will cry
I will cry tears of joy 'cause after you all one can do is die, oh

Could you be the most beautiful girl in the world?
Could you be?
It's plain to see you're the reason that God made a girl
Oh, yes you are

How can I get through days when I can't get through hours?
I can try but when I do I see you and I'm devoured, oh yes
Who'd allow, who'd allow a face to be soft as a flower? oh
I could bow (bow down) and feel proud in the light of this power
Oh yes, oh

Could you be (could you be) the most beautiful girl in the world?
Could you be?
It's plain to see you're the reason that God made a girl
Oh, yes you are

And if the stars ever fell one by one from the sky
I know mars could not be, uh, to far behind
'Cause baby, this kind of beauty has got no reason to ever be shy
'Cause honey, this kind of beauty is the kind that comes from inside

Could you be (could you be) the most beautiful girl in the world?
So beautiful, beautiful
It's plain to see (plain to see) you're the reason that God made a girl

Oh yeah! (oh, yes you are)
Girl (could you be? )
You must be ... oh yeah!
(could you be? )
You're the reason ... oh yeah
(could)(could)(could)



武蔵野手打ちうどん 小町 (三鷹)
東京に住む大阪人はいつも泣いている。東京にはうどんがないと。

ご多分に漏れず、俺もまたいつも泣いている。蕎麦じゃない、ラーメンでもない。あのカツオと昆布の合わせ出汁の効いた汁。お菓子かと思うぐらい甘いきつね。讃岐ほど気合いの入っていないこしの麺。そんな大阪のうどんが恋しい。そんなときに出会ったのが、このお店。なんとなく入ってみる。ちょっとグレーがかった色の自家製麺だ。本来は冷水でしめたものが出てくるらしいが、熱いもの好きとしては、あつもりをリクエストする。

2012020511440000_convert_20120206125302.jpg

お店のおばちゃんいわく、あつもりにすると少し麺が柔らかくなるらしい。たしかに少しはそう感じる。まあ、ただ、なんだろうか、このけだるさは。ちょっと、ねちょっとしてる。悪くはないんだけど、よくもない。こしはあるけど、・・・。つゆはやっぱり、東京仕様。嗚呼、まあ、それを責めるのは野暮というものか。出汁が恋しいわ。かき揚げ。生ヤケを気にしてか、少し揚げ過ぎのきらいあり。なんだか、ちょっと焦げてる。

11時半開店ジャストに店の前にあるメニュー表をみていたら、メガネをかけた大将がお店から出てきた。しかし、俺には一瞥もくれず、無視して通過。あー、こうしたスタンスも、東京ならではなんだけど、まあ、ちょっと商いが分かってないんやなあと思った。そんなでだしだったからか、かなり採点も厳しめになるのは、感情が支配する人間であるがゆえ。どちらにしろ、今の段階でリピートなしと断定するのは少々酷か。次回はカレーうどんにチャレンジして、東京うどんリストにいれるべきかを考えていこう。

2012020511310000_convert_20120206125246.jpg


武蔵野手打ちうどん 小町 (こまち)
TEL 0422-76-2258 東京都三鷹市上連雀2-3-7
交通手段 JR三鷹駅徒歩5分(三鷹通り沿い) 三鷹駅から349m
営業時間 11:30~14:30 17:00~22:00 日曜営業

30年くらい前の話だけど
トッポジージョがイメージキャラクターになっていたお菓子で、グリコのコロンみたいな感じのやつ。形は割と球体で、生地質はラングドシャぽいような、ビスケット生地のような。中心にクリームが充填されてるのが肝。で、そのクリームが妙にうまくて、小さい箱に入っていたんだけど。しょうもない、フレーバー替えてるだけの菓子を出すぐらいなら、あれ、また売らないかなあ。って、そもそも、このお菓子をどれだけの人が覚えてるかという話でもあるけど。

ところで、トッポジージョのトッポってイタリア語でネズミなんだって。へーやね。
それじゃ、トッポミッキーとかドブトッポとか、いうんやろうね。へーやね。
それで、ラングドシャってフランス語で「猫の舌」なんだって。へーやね。

昨日よりもかしこくなった気がする。
My cherie amour
ラララ・・・

僕の大事にしてきた愛
夏の日のようにすばらしいんだ
僕の大事にしてきた愛は
天の川くらい離れてる
僕の大事にしてきた愛
僕が敬愛する素敵で小さな女性
君は僕のハートをときめかせる唯一の人さ
どれだけ君を僕のものにしたいって望んだだろう

カフェでも
人ごみの通りでも
僕は君のそばにいる
だけど君は僕に気がつかないんだ
僕の大事にしてきた愛
どうして僕を無視できるのか話してくれないか
その後ろで僕は少し微笑んでた
どれだけ君を僕のものにしたいって望んだだろう

ラララ・・・

多分いつか
君は人ごみの中で僕を見つけるだろう
多分いつか
僕が君のほんのわずかな暗い影を分け合うだろう
おお、大事にしてきた愛
僕が敬愛する素敵で小さな女性
君は僕のハートをときめかせる唯一のものさ
どれだけ君を僕のものにしたいって望んだだろう

ラララ・・・


La la la la la la
La la la la la la

My Cherie Amour, lovely as a summer's day
My Cherie Amour, distant as the Milky Way
My Cherie Amour, pretty little one that I adore
You're the only girl my heart beats for
How I wish that you were mine

In a cafe or sometimes on a crowded street
I've been near you, but you never notice me
My Cherie Amour, won't you tell me how could you ignore
That behind that little smile I wore
How I wish that you were mine

Maybe someday you'll see my face among the crowd
Maybe someday I'll share your little distant cloud
Oh, Cherie Amour, pretty little one that I adore
You're the only girl my heart beats for
How I wish that you were mine

La la la la la la
La la la la la la

今一番読まれるべき本
出会いは、たわいのないものだった。

ある時、前の部署の先輩のPC画面が見えた。そうしたら、こんなタイトルのメールがあった。『ビジネス知識源」。気になって、そのタイトルを調べてみた。無料のメルマガだ。早速、登録してみる。以来、かかさず、時には斜め読み、時にはゆっくり、時にはわーっと読む。やがて、筆者である吉田繁治が豊中に住んでるという親近感も一理あるけど、それ以上に、メルマガだからだとかじゃなくて、その文章が非常に理知的かつ信用できてしかたがない。変な感情が入っていない。いや、もちろん、私見は入ってるけど偏見じゃない。そんな著者が本を出したから、もう急いで探して手に入れる。

『国家破産:これから世界で起きること、日本がただちに行うべきこと』
著者:吉田繁治
http://www.cool-knowledge.com/

400ページもある経済・金融に関する書籍。といえば、肩肘が入るもんだが、実際、読んでいて大変だ。アマゾンのレビューでは、「これを読んで日経がよく分かるようになった」とかあったけど、たしかにそうだ。たぶんよくわかる。ただ、俺の理解度は現時点でも10%いくかいかないか。1ページの濃度、否、一文のそれたるや。おかげで、ゆっくりゆっくりゆっくり、まだ読んでる。おそらく、あと通算3回ぐらい読まないと、30%ぐらいまで理解できない気がする。話はづれるが、つくづくこんなに頭のいい人間がいるんだなあと感心してしまう。さらに驚いたのは、そんなに頭のいい著者が明かした習慣だ。

以下メルマガより抜粋

紀伊国屋渋谷店は、学生の時間をもてあまし、1日数時間を費やした書店です。大学に行くより、ここで、手当たり次第いろんなジャンルの本を読むことが多かった。30代後半まで、1日1回、書店に行くことを欠かしませんでした。本や雑誌を読むことしかしなかったと言ってもいい。「習慣」のない人から見れば、変でしょう。これが、自分にとって自然でした。記憶は、ほとんどが活字からのものです。本の中で、いろんなことを経験したと言っていい。書くことを始めたのは、30代後半からです。

ひとつのジャンルで、めぼしい本の20冊くらいを買って読むと、ほぼ基礎が分かるようになる感じです。「本を20冊」は、いまも変わらぬ方法です。難物の「デリバティブ」の理解でもこれでした。ゴルフも、20冊でした。公式ハンディはなぜかうまくゆき、6です。大切なことは、基礎的な本の20冊の前に、やめないことです。冒頭だけ見て、面白くなく、読めない本がたぶん80%はあります。そのうち、合う本が見つかります。それを、じっくり読む。たった1冊、しっかりした内容の本を読了できれば、第一ステップが成功です。読めないものは、惜しがらずやめて、他の本を買えばいい。本はどんなに大量に買っても、安いものです。合う本に遭遇して読むとき、「あぁ、これだったのか」という知識がつくことが自覚できます。肝心なことは、持続する習慣です。

稀代(きたい)の大学者だった本居宣長が言うよう、「日々、たゆまぬこと」。他に、方法はないと断言します。

以上、抜粋終わり

そりゃ、2、3冊はある種の類の本は読む。しかし、20冊だ。驚きと納得。やっぱり、偉大な人間は活字中毒だな。

そうそう、肝心の本のレビューに戻そう。危機感を煽るような表現はない。目の前にある数字と、現象。著者はひたすらにこれらのみを追い、そのつながりを綴ってる。だから、ものすごい説得力だ。今、日本で、世界で何が起こっているのか。この先、どうなっていくのか。稀代の数字の表現者は、トリックを使うことなく、ただその絵を見せる。遥か遠くまで。妙な楽観論は不要。ただ、この先、どうなるのかを知っていれば、それなりの対策とそれなりの気構えが出来ると思う。その意味において、すべての人が、読むのに苦闘(本当に)してでも、読む価値があると思う。今。ちなみに、アマゾンでは売り切れらしい。だろうな。圧倒的やもん、内容が。
世知辛きスイーツ
江崎グリコが北海道限定で1月10日からサンドショコラ「ビッテ」というものを発売しているらしい。

bitte_1366_768_02_convert_20120131154439.jpg

あれ?







9310072000282L_convert_20120131154716.jpg








bitte_1366_768_02_convert_20120131154439.jpg

いえ、なんでもないです。




copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。