無料ホームページ ブログ(blog)
mi1011.net2011年01月
mi1011.net
または私は如何にして心配するのを止めて人生を愛するようになったか
201012<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201102
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Saturday Football
2011年1月29日、ボールを蹴る。今日もASGの一員として、富士通ゼネラルチームと対峙する。開始から1時間遅れて到着する。YANCIAのユニフォーム上下を着たその姿は、樽ドルか、食道を結ばれる前のマラドーナか。
タップタプですね、とヨシアキから罵られる。いつの時代も客観視は最も難しきことよ。

まあいい。この際、まあいいじゃないか。そう、そんなこと問題じゃないのだよ。悪くないレベルで走れてる。ああ、それはそう。むしろ逆の発想をさせてもらいたい。こんな樽ドルみたいな体のくせに、おまえらと同じぐらい走ってるこの厳然たる事実を、しっかりみろよ、ヨシアキ。と俺は心の中でずっと叫んでいる。叫んでいる。プレー面についてはどうだ。少しづつだけど、いいパスも出てきた。シュートまではいってないけど、ポジショニングやゲーム勘はまだまだだけど、どこで力を入れるか・抜くかの肝は思い出してきた。敵さんも経験者揃いの容赦なし連中なもんだから、闘争心を煽るモチベーション、これが途絶えることはない。

問題はそこじゃない。やっぱり、体だ。肉体だ。体のフォルムじゃない。質だ。特に強度。会場に着く前から左足の甲がやたら痛い。まあ、これはやっているうちに忘れる。途中から、左も右も足が痛くなってきた。そう、もう、足が痛いのだ。もう、なんだかよくわからんけど、足が痛い。終わった頃には、バットであちこち殴られた気分。5、6発はやられた感じ。もう、そう、翌日に筋肉痛が襲う加齢現象どころじゃない。ボコボコにやられました。なにゆえ、それほどに痛みが走るのにボールを蹴るのか。家路までフラフラすることを隠そうともしない38歳が、知る由もない。

ボールは痛い。ただただその一心のみ。そんなもんでしょ。
スポンサーサイト
Yahoo知恵袋の風景
問題のある後輩にホトホト疲れてきた。どうすればいいのやら。もちろん答えは分かっているのだが、どのタイミングでどのようにテコ入れすべきか。参考として、Googleで「問題のある後輩」で打ち込んでみる。すると、Yahoo知恵袋でこんな感じで誰かが質問していた。まさに彼は俺。悩みの共有化だ。さすが21世紀。早速読んでみる。

以下抜粋:

【性格に問題のある部下の行動・考え方を上司はどうすれば改められるでしょうか? 】

職場の部下の行動・考え方を改め、チームの一員として職務を遂行出来るようになる為には上司としてどのように指導すれば良いかについて非常に悩んでおります。

私の職場は卸売の商品調達部門であり、メーカー様より商品を買い付け、小売店様に販売をしています。私が職場で部下に与えている役割はお客様からの電話受注、問い合わせ応対と商品のメーカー様への発注・納品管理を主たる業務としておりますが、メーカー様・小売店様双方より応対に誠意が感じられないといったクレームが度々私の耳に入ってきます。部署内・他部署とのコミュニケーションにおいても部下の高圧的な言動・態度が周囲の反感を買ってしまいます。部下本人に対しては兼ねてより指導・注意を施してはいるのですが、対応に大きな変化は無く、改善の努力をしている姿も正直見受けられません。

部下の性向の特徴としては、
①自己顕示欲が強い。
②視野が狭く、狭い範囲での経験・知識で判断しがちである。
③報告・連絡・相談が苦手。
④対人折衝スキルが低く、高圧的な物言いが目立つ。
⑤自己防衛的な言動・行動をよくする
などの特徴が挙げられると感じております。

部下は入社3年目の社員であり、私は指導職約3年程度の35才課長クラスです。
このような特徴のある部下に対して、納得感、公平感のある指導を施し、職務遂行スキルを上げてもらうためには
どのようなアプローチをするのが有効でしょうか?

それに対するベストアンサーが・・・

「はっきりいってこんな人やめてもらいましょう。給料もらっていて注意されても治らない。ばかは死ななきゃあ治らない。こんな人はこの不景気にいらない人間です。会社が生き残るためにはいりません。あなたが言えないのならあなたがやめるしかないですね。世間は不景気なんですよ。こんな給料泥棒いらないでしょう。お客様からまた苦情の電話がはいった。今度は総務に直接訴えるぞといわれた。と言えばすこしはこたえるでしょう。でも基本的にこいつはいりません。あなたもばかは相手にしないほうが身のためですよ。」

どこが知恵袋やねん。
春のからっ風
春だというのに 北風にあおられ
街の声にせきたてられ
彼らにあわないから追いまくられ
さすらう気はさらさらないのに

誰が呼ぶ声に答えるものか
望む気持ちとうらはら
今はただ すきま風を手でおさえて
今日の生き恥をかく

何でもやります、贅沢は言いません
頭を下げ、わびを入れ
すがる気持ちで仕事をもらい
今度こそまじめにやるんだ

誰が呼ぶ声に答えるものか
望む気持ちとうらはら
今はただ すきま風を手でおさえて
今日の生き恥をかく

言葉が足りないばかりに
相手に自分を伝えられず
分かってくれない、まわりを恨み
自分は正しいと逃げ出す

誰が呼ぶ声に答えるものか
望む気持ちとうらはら
今はただ すきま風を手でおさえて
今日の生き恥をかく

作詞:泉谷しげる 作曲:泉谷しげる
春のからっ風

春のからっ風
すんぴょう
川島 7.0 PKよかったけど、岩政とかぶったりして、なんか怖かった
岩政 5.0 空中戦いいけど、1対1弱い ほんまにプロか
今野 5.5 小さいながらも安定感はある 
長友 7.0 よく走ってた
内田 5.0 遅い
遠藤 6.0 リズム取ってゲーム読んでた
長谷部 6.5 守備に集中 
香川 4.5 プレイが幼稚。メッシには程遠い。
本田圭 7.5 よくやった とにかくよくやった
岡崎 6.5 献身的な走りとプレイ ワールドカップからぐんぐん成長 
前田 5.5 まだチームに馴染んでない
細貝 6.0 蹴る前から走りこむいいつめ

ざっけろーに:5.5 交替のカード使えなかった。さらに後半の方が駄目だった。
温暖化が加速している風景
頭がおかしくなりそうなぐらい、寒い。ここはスキー場ではなく、牧場でもなく、山奥。山奥のお客さんの工場。岩手、盛岡。わんこそばの代わりに牛乳。寒すぎると、人間て動かなくなるとかいうけど、実際は違う。どちらかというと、ウヒーとかファウーとか奇声を張るもんさねえ。なんなの、このマイナスの世界て。ニュースをみたら、最高が2℃。最低が-10℃。10℃。マイナスの10℃ですよ。これ、ええー、そら寒いに決まってるやろ。俺、急性心筋梗塞になった人間やで。気温の変化は命取りやで。って、すでになってるけど。
温暖化進んでるよねー、懐が温暖化進んだらいいのにねーーーーーー

うひいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい
ひさしぶりにボールを蹴ってみた

3年ぶりに武蔵溝ノ口の体育館に来た。フットサルのゲームをするためだ。1年以上も体を動かしていなかったから、あんまりだろうなと思っていたが、日頃のウオーキングの成果か、走ろうと思えば走れる。あとは、実際にボールの感触であり、ゲームでの動き方。やっぱり、ボールは心もとない。強く蹴ると、右足首に意味不明な痛みがある。まあ、ポンコツにはポンコツなりに体を使えばいいだけか。ゲームを重ねるうちに、ロングシュートも決まったり、アシストで出来たりして、割とまだいけると実感できて、安心した。翌日、やっぱり日頃動かさない部位の筋肉は張っている。鈍い頭痛もあったりする。やっぱりポンコツだなと思った。
王子の風景Ⅱ
片山元気という人と会った。めっちゃしゃべらない人やった。
王子の風景
関係会社で不幸があり、チームでお通夜に参加することになった。

催事場をあとにして帰宅の途につこうと思ったが、「まだ7時だし、1時間だけいくか」とボスの一声で、チーム5人全員でそのへんの居酒屋で一杯飲むことにした。1時間だけといって1時間で終わることはあるわけがない。ならば、3時間ほどとかいえばいいのになと思うが、そんな発想は俺がノンべじゃないからか。とにかく、俺はウーロン茶を持ちながら、5人で飲み始めた。

どうでもいい感じで始まった会だから、話題は必然的にどうでもいい。下ネタかどうでもいい会社ネタかの二択だ。韓国人はパピプペポの発音が多いからコーヒーをコピーと発音するとか。アフリカのコンドームは信用できないとか。

すると、その流れで、問題の多い後輩が口を開いた。
セックスフレンドが3人いるという。34歳と28歳と20歳だという。
週1.5の頻度で会ってるという。

まず、その1.5の0.5ってなんやねんと思いながらこんだけ仕事で迷惑かけてなんやらかんやら人が走り回ってるのに、こんなこというたら、買った顰蹙がさらに高騰していくだろうに。それにしても、なんでこんな人間に3人もおるんやろうかと不思議でしょうがない。実際、彼女もポンポン出来るわ、写真見せてもらったら鬼のようにかわいいわ、そんなかわいい彼女がいるのに浮気をしてふられたりしてるが、そもそも、なんでこんなかわいいねんというものをみせてもらった過去もあるから、もう何がええのか。さっぱり分からない。俺が感じない何かがあるんやろうか。じっと観察する。じっと。じっと、じっと・・・・。ない。軽い。薄い。うーーーーん。・・・女って何をみてるんだろうかね。ほんまに。なんやらかんやらいうけど、結局その瞬間しか考えてないんだろうね。

違う方向のブルーで、お通夜をあとにする。
生類憐れみの家
愛犬ルークの夜鳴きが止まらない。

もちろん何の策も打たない訳じゃない。散歩に引きずり回してフラフラのクタクタのヘロヘロにしてからハウスに入れて、そのハウスの上に2枚の毛布をかける。引っ越してきたばかりの近隣からの苦情を出来る限り考慮する。そんな努力はいとも簡単に無になるもので、ワンワンワオーーンと高音バリバリで鳴いて鳴いて、俺も泣いて、もう、どうします?どうします?と。これは朝方まで続き、むしろよく近所の人はクレームをたてに来ないなと。なんて我慢強い人々だろうと。たしかに、引越し早々にすべてを見越してお土産を一軒づつ手渡して先に謝る戦法、いわゆる、「どうもすいません」作戦なのだが、それが効いているのか。単に音が聴こえてないのか。そんなわけはおそらくない。

ある夜、あまりにもギャンギャン(おそらくそう聴こえているのだろう)いうから、暗い部屋にあるハウスに向かい、被されたカバーをとって、「ルーク!駄目!駄目」(※ネガティブな指摘や怒りの表現は駄目で統一しなければならないという)と、こっちの方が近所に聴こえるんじゃないのかというレベルで叫んだところ、見事、ルークもビびり倒した。しばらくはシュンとなる。そこに嫁から「褒めて育てないと駄目よ」と駄目出しを受け、なんで俺が怒られてるねんといいたい気持ちをぐっとこらえて寝る。いや、うるさくて寝れない。

ルークもルークで、あまりにも鳴き過ぎて今「翼が折れたエンジェル」を歌わせたら、ええやろうなというあんばいだ。だからいい加減あきらめてほしいんだけど吼えをやめない。
瀬川(築地)
朝礼で紹介された。ようやく、東京への転勤が完了だ。早速、築地の某社へ先輩と参る。人生初築地。折からの不況でも、人は多い。盛況だ。お昼時だということもあって、どこも呼子の声がよく響く。寿司もええなあ、練りもええなあ、どこにしようか。決断を先輩に任せ、どんぶりでいくことにした。

えーと、どんぶり、どんぶり。道沿いにどんぶりやがあった。二人でそっと入ると、ほぼ同時に他に2組が入って、キャパ6人が一度に揃う。トイトイだ。壁に貼ってあるメニューは、まぐろ¥800、今だけ丼¥900、大盛り¥1,000。どうやら、今だけ丼はもう売り切れらしい。それでは、まぐろ丼大盛りをオーダー。他の5人もオーダー。大将、一度に6人分を作り出す気構えのようだ。どんぶりひとつひとつお湯を通して温めては酢飯を細かく入れている。というか、細かすぎる。早く入れろよ、とだんだんいらいらしてきた。ようやく6人分、どんぶりに米が入った。すると、大将、今度は、どんぶりについたお湯の水滴を一つ一つふいていく。って、6人分あるっつーの。早くヅケのせて渡せよ。なかなかヅケ出てこない。ようやく出てきた。これまた丁寧に一枚づつ一人づつ重ねていく。気持ち、他の客も苛立ちからの沈黙か。やっと、ヅケがのった。さあ、めしあがれ。じゃなくて、今度は、大葉のきざみとガリを乗せ始めた。いつになったら俺はまぐろ丼に出会えるのか、おーい、まぐろ。


ようやく、出来上がり。
2011011312330000.jpg

ヅケ、うまい。大盛りだけどそんなに多くない。ちょうどいい。なんというか、変な味がしない。変な感じがない。だからうまい。いいマグロなんやろうなあ。漬けのたれも秘伝なんだろうな。やっぱり、うまいものって、細部に神がやどっている。こんなんが1000円で軽くカウンターで食えるところが、まさに築地ならではやね。

2011011312380000.jpg
街が泣いてた
Oh My Good-bye Town
住みなれた街
想い出という甘くからい味は
忘れはしないけど

Oh My Good-bye Town
愛した女が居る
ただそれだけが気がかりで
別れせつなくさせるのか

※Oh.もうさよなら 俺の街よ
そうと決めたはずの俺だった
Oh.もうさよなら俺の女よ
淋しそうに街が泣いてた※

Oh My Good-bye Town
あたたかくなれ
過ぎた日さえ せつな気に
想いは遠く はなれても
My Good-bye Town
愛した女だけは
涙見せず 生きてほしい
最後の俺のわがままを

(※くり返し)

街が泣いてた


作詞:伊丹哲也、作曲:伊丹哲也。
伊丹哲也 SideBySide
万物は変換する
2011年が始まった。四柱推命の先生によれば、10年に一度の変換があるという。何をもって変換というのだろう。

先日からうちの一員になっているダックスフントのルーク。俺が歩けば歩き、俺が寝ればそばで寝る。トイレにいけば切ない表情を浮かべ、散歩に出せば、共に歩きたがる。思わず、ダックスフントの歴史からなんやらかんやら調べて、他の犬をみるや吼え倒すコイツをいかに再教育すべきか、途方に暮れる。ただいえることは、こいつはもう、どうしようもないぐらいに俺を愛している。

一方、もうすぐ知り合って1年になる妻。俺が歩けばプイとよそを向き、俺が寝ればモバゲーで徳川家に貢献する傭兵になり。トイレにいけば「あとがクサイ」という苦悶の表情を浮かべ、とっとと寝る。どうやってコイツをいかに再教育すべきか、と妻は考えている様子だ。途方に暮れる。ただいえることは、こいつはもう、どうしようもないぐらいに俺を愛しているということはないだろう。

こういう変換なのだろうか。

1292481714352.jpg
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。