無料ホームページ ブログ(blog)
mi1011.net2010年05月
mi1011.net
または私は如何にして心配するのを止めて人生を愛するようになったか
201004<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201006
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
幸福論

本当のしあわせを探したときに
愛し愛されたいと考えるようになりました
そしてあたしは君の強さも隠しがちな弱さも汲んで
時の流れと空の色に
何も望みはしない様に
素顔で泣いて笑う君にエナジイを燃やすだけなのです

本当のしあわせは目に映らずに
案外傍にあって気付かずにいたのですが
かじかむ指の求めるものが見慣れたその手だったと知って
あたしは君のメロディーやその
哲学や言葉 全てを
守る為なら少し位する苦労もいとわないのです

時の流れと空の色に
何も望みはしない様に
素顔で泣いて笑う君のそのままを愛してる故に
あたしは君のメロディーやその
哲学や言葉 全てを守り通します
君が其処に生きてるという真実だけで幸福なのです

作詞:椎名林檎 作曲:椎名林檎

スポンサーサイト
アウトレットの風景
商談室を出たら、棚があった。
値札がついていないが、商品らしい。

「これ、アウトレットですか?買えるんですか?」
「そうですよ。買えますよ。どれでも100円。」
「え。100円?」
「このロールケーキは冷凍したら結構日持ちしますよ。」
「(無視)このスポンジケーキとバームクーヘンください。」

500円玉を担当に渡す。1分後にお釣りを頂く。
「ついでに、もう1個とっていってください。」
「じゃあ、お言葉に甘えて。」

2010052515290000.jpg

実にうまいことはいうまでもない。
もういくつ寝ると、ワールドカップ南アフリカ
差し迫っている。何が?ワールドカップが。
この期に及んで監督を変えろとか、監督を変えろとか、監督を変えろといってるのは
愚かな行為であり、我々日本国民としては、ただ乙女のように祈るのみであることを
もう一度認識すべきだ。

さあ、祈ろうじゃないか。何を?

①退場
FOOTBALL IS LIFEではない。LIFE IS FOOTBALLが正解。
何がいいたいか。何が起こるか分からないのが人生であり、理不尽がそこかしこに
戯れているのがフットボール。皆、忘れていないか?100%勝ちが決まっている試合なんぞ
ないのだ。100%負けが決まっている試合もない。それなら、最初から試合なんてしなければいい話だ。
分かるか。試合に何が転がっているか。それはボール、理不尽、プレーヤー、神。
だから開始5分でエトーが赤紙もらってしまったり、前半終了直前にスナイデルが首を横に振りながら
ピッチを去るかもしれない。何が起こるか分からんのだよ。一人抜けるとどうだ、俄然、空気は変わる。
そうしたものも含めてのゲームであることを忘れてはいけない。

②偶然
何故、アメリカではサッカーではなく、アメフトが最も盛んなのか。
答えは簡単だ。強いものが勝つからだ。翻って、サッカーにとって勝者とは何か?
ベッケンバウアーの言葉通り、勝つものが強い。仮に90分攻め続けてもゴールネットを揺らさず、
インジュリータイムの20秒でコロコロと自陣ゴールにボールが入れば、それで負けなのだ。
合理性の欠片もない、理不尽そのもの。それがフットボール。だから、多くの人々を魅了するわけだ。
何がいいたいかって、たまたま蹴ったロングボールがピッチの打ち所が悪くて、そのままGKを超えて
ゴールする可能性を忘れてはいけないということをいいたかった。

③体調
どんなに素晴らしいタレントも、どんなに素早い脚力も、どんなに言葉を失うようなトラップでも、
プレーヤーのお腹が痛かったら、そんなプレーは出来ない!!
安部譲二に代わって言ってやる、「そういうこと!!」
プログラム値が90超えていても紫色の下向きベクトル↓の選手の、使えないこと、使えないこと。
ウイニングイレブンで証明された事例だ。もう、これで分かっただろう。みんな、腹をこわせ。

④アクシデント
エルビス・コステロは言ったもんだ、「ACSIDENT WILL HAPPEN」と。
そう、思いもかけずに起こる。思ってなかったら起こる。
圧倒的に攻め立てられ、あーもー駄目、絶対ゴール割られる、決定的なシュートが放たれたーーー
と思ったら、停電。
もちろん、すぐにボールはかき出してどこかしらに蹴り飛ばし、むしろ、倒れて左足あたりを押さえておけばいい。
どんなに抗議されても、フリーキックから再開だ。

⑤天変地異
貴方は雪のトヨタカップをご存知か。マジック・マジェールのFCポルトだ。
素晴らしい技巧的フットボールが見れるなと全国のコアサッカーファンが楽しみにしてたら、
ボールが試合中にパンクするほどの豪雪。おかげで、東北の農協のオリエンテーションみたいな様。
忘れてはいけない、我々は天の下でボールを蹴ることを、カエルが落ちてくることも可能性としては
なくもないことを。

さて、他に何か。
クリスピークリームドーナツ(心斎橋)
心斎橋で、一日中、長蛇の列が出来ている場所があるという。そう、あのクリスピークリームドーナツの大阪進出だ。
「ああ、あの甘ったるい奴か」食べたことがなくても想像はつく。そこに、妻から「あのオリジナルは食べてみたい」との指導を頂いた限り、これをそのまま忘却の彼方にスルーするには、勇気が少々いる。「オマエは全然私の言ったことをまるで記憶していない」とお叱りと駄目男の烙印を押される。すでに押されているが、さらに重ねてしまう。これは避けることが出来ないながらも、そのプロセスを評価してもらう方向で落としどころを見つけるしかない。

仕事を片付け、心斎橋の某所に向かう。意外と待ち人の列は短い。さすが大阪、もう飽きたんだな。最後尾の看板をもった警備員のそばにいくと、「整理券を入手してください」とのこと。はて、整理券はどこで発券されているのやら。
「あの信号の左側に列がありますので、そちらで。」「あの信号って、あれですか?」「違います、あの二つ目の信号です」二つ目の信号?御堂筋沿い?指示通りに進むと、ずらーーーーんと並んだ列。これは時間がかかるわ。
しょうがないからその最後尾に位置どる。そこに、パネルをもった店員が現れてこういった。

「個別でご購入の方は緑のチケットをお渡しします。オリジナル12個入りもしくは12個入りセットをご購入の方は
優先的にお店に進んで頂き、黄色のチケットをお渡しします。どちらになさいますか?」

資本主義である。ようさんこうてくれる客は待たなくてよい。けちで金のない客は死ぬまでまっとれというわけか。
しばし考えた。これ12個を二人で食えるか?食えない。別々12個でも無理。ならば待つか。そうするか。
後からやってきたのに、手を上げて12個セットを選ぶ客がとっととお店に向かう後姿を見るにつけ、資本主義の本質に触れた観あり。そう感じながら、御堂筋の、ただの道でドーナツ目当てで37歳なのに列に混ざって立ちながら暇つぶしにナンバーを読んでると、二人組の若い女がやってきた。そう、大阪の若い女。頼んでもいないのにキャーキャー騒ぎながらやってきた。いかにもアホそう、ではなく、アホ。ところかまわず、キャーキャー。箕面の猿でも警戒心ぐらいはあるもんだ。奴らにはそれすらもないらしい。さらに頼んでもいないのに、カラオケで何を歌うか大声で相談した上、そのフレーズの練習を始める、俺の後ろで。バカというものは例外なく歌いだすものだとは知っていたが、60分後にそいつらの歌の好みを把握できるとは想像できなかった。買ってかえったドーナツはいまだ我が家の台所にあるけれど。

Osaka.jpg
オスピー
オカマとゲイとニューハーフの違いについて、妻と真剣に話す。

総称としてオカマがあって、女装するのがオカマで、女装しないのがゲイで、女装して改造したのがニューハーフなんじゃないかなと、そろそろ話のまとめに入りそうになった時、妻が唐突にこう言った

「オスピーはゲイなんかな?」


オスピー?


オスカー・ピーターソン?へえ、意外とジャズに詳しかったんやな。
2007年に亡くなったジャズピアニストやで。

「いや違うよ。おすぴー。」
「おすぴー?」
「おすぎとピー子。」

そんな略し方ってあるのか。「テレビで、おすぴーと爆笑問題がー、とかいってたよ。」
その発想で考えると、他にもこんなんあるんちゃう。

・トムジェー
トムとジェリーね。使用例:「あいつら、トムジェーだね」

・サイガー
サイモン&ガーファンクルね。使用例:「あいつらのハーモニーは、サイガーだね」

・ウチクー
内山田ひろし&クールファイブ。使用例:「あいつら、誰?ウチクーだね」

・コッチャー
こってりラーメン&チャーハンセット。使用例「あいつの濃さは、コッチャーだね」

・チャンシー
ちゃんと仕事しろよボケの略。使用例「あいつ、チャンシーだよ。」

・こづむー
小遣い制になって虫の息の略。使用例「最近、こづむーでさ。」
鉄子の食卓
妻は鉄子だ。

鉄ちゃんではない、女性の鉄道ファンの俗称、鉄子だ。
特定車両に限るけど、その想いは計り知れない。

9000系という車両が、阪急電鉄にはある。
妻はその9000系が大好きだ。
漆色の光沢、濃い緑色のシート、音を感じない扉の閉まり、静かな加速音。

9000系が目の前に現れると、妻のテンションは変わる。
9000系に乗ると、妻の目が変わる。
駅長室でいつ走るのか問い合わせをしている女がいれば、
それはきっと、うちの妻だ。阪急の京都沿線では普通、
宝塚線ではちょっと珍しい、神戸線では相当にレアだと、
各沿線での稼動状況まで把握している。

そんな鉄子がいう。今日、度肝抜いたと。
9000系が走っていたので目で追っていたら最後尾が7000系だったと。
妻は食卓で熱弁する。こんなことあっていいのか。不釣合いにも程がある。
もっと自分の価値を見極め、自分を大事にしろと。
まるで、イケメンがぬいぐるみをもっているようなものだと。

俺は静かにご飯をお代わりする。
キ・ツ・イ
第9地区~District 9~(2009/米=ニュージーランド)

胸焼け。
最近の映画をみてると、もう若くないんやな。と思う。
初っ端から中盤にかけての描写のえぐさについていけない。
さすがにこの流れでいったら、ただのグロで終わるところで、ストーリーもようやくみえて
ところがみえるとあんまり面白くない。要するに、風呂敷を広げ過ぎて、それ相応のオチが光らない。
逆に言えば、それぐらい、初っ端の入りから中盤までのトーンは凄い。

とにかく、もう俺は若くないわ。
ハチ公物語が一番ええわ。

製作総指揮 ビル・ブロック / ケン・カミンズ
製作 キャロリン・カニンガム / ピーター・ジャクソン
監督 ニール・ブロムカンプ
脚本 ニール・ブロムカンプ / テリー・タッチェル
撮影 トレント・オパロック
美術 フィリップ・アイヴィ
音楽 クリントン・ショーター
衣装 ディアナ・シリアーズ
出演 シャルト・コプリー / デヴィッド・ジェームズ /他
粗筋 正体不明の巨大宇宙船が突然南アフリカ共和国に飛来。乗船していたのは栄養失調気味のエイリアン。彼らは難民としてヨハネスブルグにある第9地区の仮設住宅に住まわせることになった。それから28年の月日が流れ、野蛮で不衛生な彼らが住みついたそこはスラムと化していった。

Raindrops
In a desert you're standing
A silhouette in motion
On the glory afternoons in June I need you

Just like raindrops, just like raindrops
You feel so good upon my lips
Just like raindrops, just like raindrops
Even though you're a million miles away

There's a space out there
And then when we can move
On the glory afternoons in June I need you

Just like raindrops, just like raindrops
You feel so good upon my lips
Just like raindrops, just like raindrops
Even though you're a million miles away

Just like raindrops, just like raindrops
You feel so good upon my lips
Just like raindrops, just like raindrops
Even though you're a million miles away

You taste so great on my lips
You taste so good on my lips
Your moisture drips upon my lips
Just like a waterfall straight through the heart of me

Raindrops, raindrops
Raindrops, raindrops
Raindrops, raindrops
Raindrops, raindrops

Just like raindrops, just like raindrops
You'll feel so good upon my lips
Just like raindrops, just like raindrops
Even though you're a million miles away

Just like raindrops, just like raindrops
You'll feel so good upon my lips
Just like raindrops, just like raindrops
Even though you're a million miles away

When I want you I'll follow you
I'll follow you
When I want you I'll follow you
I'll follow you

by Basement Jaxx

PIGS問題を語る
ギリシャで公務員が暴れている。欧州連合、EU。一蓮托生の経済、共通通貨。その足をひっぱりまくってるボコボコ経済国家が、ポルトガル、アイルランド、ギリシャ、スペイン。頭文字を取ってPIGS。平たくいえば豚野郎というわけだ。こうした侮蔑を国家レベルで浴びせている一方、東洋の島国のとある一組の夫婦でも、PIGS問題が取り立たされているわけだわ。

今月の食費とつい先週に決定したばかりの妻の小遣いを、銀行でおろす。2つの封筒に入れ、家に帰る。やがて妻が買い物から帰ってくる。封筒を持って、おかえりマイハニーと廊下を走って玄関の妻にたどり着いたら、妻が呟く。

「ほんまに豚みたいやな。」

おまえもだろと髪の毛掴んで取っ組み合いをしたい気持ちを抑える。残念ながら、俺にはそんなに力はない。度胸もない。性欲はある。そんな俺に出来ることは媚びることだけ。

夕食を終え、団欒をする。どうだいハニー、小遣いを何に使うんだいスイートハート、と、恩着せがましく俺が支給者だぜベイベーとさりげなく主張したところ、食費がこの予算で足りるわけねーだろとか、小遣いがこんだけで足りると本気で思ってるんのかボケとか、一体全体どうやって収支を管理してるのとか、いくら使ってるのお菓子にとか、だから買ってこなくていいからお土産なんてとか、要するにお前が食いたいんだろとか、パンドラの箱をおもちゃ箱のようにひっくり返すボタンを押してしまったもんだから、蓋することも忘れ、ただただオシメも自分で着けれない哀れなジジイのように、俺は空をみる。天井しかみえない。夜だし。屋内だし。封筒をもっていたことすら忘れるほどに。わかった、もうわかった。みなまでいうな。ここに大政を奉還する。社会人になってから享受してきた「俺の財布は俺が使う」ドクトリンを放棄する。全権委任する。これでいいだろ。ところで、マネージャーというのは、ビジョンを掲げるのが仕事じゃない。お金をどう使うかを決めるのがマネージャーだ。その点において、妻は俺のマネージャーになった。上司になった。最高司令官になった。ちがう、根本的にパラダイムシフトが変わったのだ。自民党から民主党へ。江戸から明治へ。ああ慶喜公の心中、察するわ。エドガペリーニノットラレタ。背が自然にCの字に収縮していく俺に、渡したばかりの封に手を伸ばし、最高経営責任者が高らかに言い渡す。

「じゃあ、今月のお小遣いね。はい。」















348608_piggy_bank_2.jpg
「おやつ、買えね。」





Star Guitar
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。