無料ホームページ ブログ(blog)
mi1011.net2010年01月
mi1011.net
または私は如何にして心配するのを止めて人生を愛するようになったか
200912<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201002
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
手打ちうどん釜福(愛媛)
『リーマンの食べ歩きブログ』化に歯止めが利かない。

今日は愛媛だ。愛媛といえば四国。四国といえば讃岐うどん。だいたい、四国だったらどこでも讃岐うどん。香川じゃないけど讃岐うどんなのが四国の定石。だから、昼飯もうどんに走りがち。今日もそんな日。車でメインの道路を走っていると、見つけた、うどんや。

CAKP7VAC.jpg

こんな体。
店内はカウンターにテーブル、奥に座敷。昼時だから人もそこそこに多い。オーダーを取りにくるのはおばーちゃん。大将は絵に描いたような無骨で男っぽいねじり鉢巻の旦那。黄色と黒のメガホン、真弓のカレンダー、甲子園の写真がみえるので、ジャイアンツファンではないことだけはたしかだ。

鍋焼きうどん大盛りをオーダー。¥800.安い。

CAW0AVQ2.jpg

牛肉もうまいが、はんぺんも白葱も手作りの玉子焼きもうまい。出汁も柚子がきいてる。ボリュームも満点。
しかし、なぜだか、うどんはのびのび。箸で簡単にぶちぶちきれる。うん、これは讃岐じゃないね。
でも個人的には全然OK。なぜならうどんだから。

釜福
愛媛県西条市朔日市215-3 0897-55-7277
スポンサーサイト
カフェレスト風良里(高知)
日替わりランチを頂く。
89798468752.jpg

・鶏団子の和風煮
・えびカツ
・ご飯
・クリームシチュー風スープ
・キャベツの柚子和え
・マッシュポテト
・サラダ
・だし巻き玉子
・イチゴ&オレンジ
・ホットコーヒー

これだけ食って¥895.‐大変おいしゅーございました。

〒783-0052 高知県南国市左右山102-1
TEL 088-880-8112 FAX 088-880-8115
http://www.furari.com/caffe.htm
ひらけ!イケイケダンダン
電車のつり革広告。
VERYだったか、おそらく女性誌だったと思う。実に怪しげなキャッチフレーズをそこに見る。

”イケダンの隣に、私がいる!”

・・・・、

イケダン?

早速調べた。いわく、イケダンとは「イケてるダンナ」の略で「仕事をバリバリこなしながらも家族をおろそかにせず、妻や子どもを大切にしている旦那様」と定義付けられているそうだ。しかも「外見がイケている」「ファッションにも気を抜かない」という条件もプラスされる様子だ。



・・・・、
完璧じゃないかイケダン。

って、そんな奴いねえええええええええええええよ。だいたい、仕事バリバリやってる時点でメタボになってつきあいでヘナヘナになるっつーーーーーの、馬鹿女が。しかも外見もイケてるて、絶対外で女作っとるにきまっとるやろ、どアホが。つーか、オマエラら、自分のこと必死でやれや!!旦那のことガチャガチャ言う前によ!!!!くそばばあ、ぶん殴るぞゴラ!!!!と、股間と脳髄をいきり立たせることは容易なること。大阪府池田市在住の俺としてフナムシの心意気でそこは初心に帰り、「イケテル池田のダンディな旦那」、略して『イケイケダンダン』になれるよう、この無限メタボ地獄から一刻も早く卒業しなければいけない。そのために腹が減っては戦は出来ぬから、得正のカレーうどんとか食うことにした。そういえば、昔、同期で畑段(ハタダン)という女子がおった。彼女は元気にしてるんだろうか。
ポルチーニ茸のパスタ Reprise
ポルチーニなのか、それともボルチーニなのか。
前回の出来に責任もてなくて、もう一度作ってみる。
今回は、レシピを見ずに完全なる我流で試してみたい。そう思う37歳。

①アーリオオーリオする。
②ベーコンを炒める。前回パンチェッタをふんだんに採用したものの、そのあまりの高額ぶりに今後の頻度に大きく左右しそうと判断したため、ベーコンでどこまで代用できるか、確認してみたい。
③マッシュルーム・まいたけ・えりんぎ・パセリを刻んで、②に投入。白ワイン少々とバター小さじ1を入れて、さらに炒める。
④ええ感じの頃に、戻したボルチーニ茸と、戻し汁・生クリーム・パルメジャーノチーズ・あらびき黒胡椒を投入。しばし煮込む。

翌日
⑤ソースに火を入れ、もう少し煮詰める。
⑥茹でたパスタに合える。

結果
CA3OLG9L.jpg

・・・・いかんともしがたい味だ。ソースの色は問題ないはずなのに、何かがおかしい。決定的に味が薄い。元々こんな味なのか、いや、そんなわけはない。しかし、何が足りない。塩?ベーコンではイマイチなのか。それでもポルチーニの風味は存分に味わえると思うんだけど、生クリームと白ワインがやや多過ぎたのだろうか。これは、ちょっと店に出せない。もう一度リベンジするか、それとも気分を変えるか。迷った結果、次回は後者でカルボナーラに挑戦したい。
キルフェボン京都店(三条)
そうだ、京都にいこう。
そしてキルフェボンのタルトをつまもう。

阪急河原町から京阪三条まで鴨川沿いを歩く。寒い一月の突き刺す風が心地よい。マゾかと。ピッツアサルバトーレの隣にあった、キルフェボン。テイクアウト客と喫茶客で入口が分かれている。ほぼ開店と同時に店に入る。客は他に2人ぐらい。3人テーブルが8席ほど。ショーケースにタルトが10種類ほど用意され、そのタルトを品定めするわけだ。

せっかく、京にまで上ったんだ。ニ種類食わぬは男の恥。ティラミスタルト(写真上)とコーヒー風味のチョコレートクリームタルト(写真下)と、ホットコーヒーをオーダー。

CA136MXP.jpg

食す。





・・・・・・・・・・・









自分の語彙力の限界を感じる。表現出来ない。至福の喜び、あるね。両者共に程よい甘さのクリーム。タルト生地もしっかりした味わいのあるクッキー生地。これは京まで来た甲斐あった、あるね。1枚で買って帰りたい。デブの肉体を初めて呪いたい。

キルフェボン京都店(Quil Fait Bon)
TEL 075-254-8580 京都府京都市中京区木屋町通三条上ル恵比須橋角恵比須町534-18
営業時間 11:00~20:00 ランチ営業、日曜営業
監督たちの名言を集めてみた~すべてはビル・シャンクリーから~
「この世で一番辛い職業」と言われるのがサッカー監督。彼らからの言葉、呟き、嘆き、愚痴、やつあたりを、
我々は心して聴かねばならない。なぜなら、サッカーは人生そのものだからだ。

○ビル・シャンクリー(元リバプール)
・フットボールは生き死にの問題ではない。それよりももっと重要だ!
・フットボールは少年を青年にし、青年を大人にし、大人を紳士にする。尚かつ大人を子供に戻す力がある。
・マージーサイドにはイングランドのベストチームが2つあるんだ、リバプールとリバプールのリザーブだ。
・アヤックスから学ぶことなど何もない、ホームの2戦目は叩きのめしてやる!(チャンピオンズカップでクライフのアヤックスに5-1で大敗。ホームの第2戦は2-2で引分け、敗退)

○ラファエル・ベニテス(現リバプール)
サッカーはスポーツであり、スポーツでは結果を手にすることが大切なんだ。美しいサッカーなんて、コメンテーターが扇動しているだけだよ。サッカーを飯のタネにしている人間たちのね。彼らは話をするだけなのさ。いいプレーをするなんて、どういう意味なんだい?我々は良い試合をして、そして勝っている。

○ハワード・ウィルキンソン(元サンダーランド)
監督には2通りしかない。クビになった監督とこれからクビになる監督だ。

○ジョン・グレゴリー(元アストン・ヴィラ)
いいストライカーがいれば、試合に勝てる。だが、いいディフェンダーがいれば、タイトルがとれる。

○ボビー・ロブソン(元イングランド代表)
・最も重要な時間帯は、試合開始90分間だ。
・戦術は・・・ロナウド。

○テリー・ベナブルス(元イングランド代表)
結果だね。(ドイツのどこが最も凄いと思いますかと聴かれ)

○グレアム・テイラー (元イングランド代表)
人は後半のことしか覚えていない。

○ジョー・ロイル(元マンチェスターシティ)
・素晴らしいクラブだ。いささか病んでいるだけの話。(過去25年間で17人目の監督就任)
・ジョー・ロイルには是非とも頑張ってもらいたい。ゼリーを釘で天井に打ちつけるような仕事だが。(マンチェスター・イヴニングニュース紙への読者の投書)

○アレックス・ファーガソン(現マンチェスター・ユナイテッド)
・戦術の話ならいくらでもできるが、この試合は戦術で勝ったわけではない。意思だ。運もあるだろうが、ほとんどは意思の力だ。
・戦術は重要だが戦術が試合に勝つのではない。人間が試合に勝つのだ。

○アーセン・ベンゲル(現アーセナル)
・結果は重要なのではない。結果が全てだ。
・サッカーにおけるテクニックとは、作家の持つボキャブラリーに似ている。ボキャブラリーが豊富だからといって作家としての才能があるとは言えないが、ボキャブラリーが少なければ優れた小説を書けるわけがない。
・オーウェンは完璧なストライカーだが、ルーニーは完璧なプレーヤーだ。
・小倉もフリーならストイコビッチだ。だがサッカーには常に敵がいるんだよ。
・代表監督はマゾヒストでなければ務まらない。

○テレ・サンターナ(元ブラジル代表)
・今のチームはどこもサッカーをプレーするよりも、相手のプレーを中断、中止することばかり考えている。
・負けたのは我々の得点がイタリアよりも少なかったからだ。(82W杯、イタリアに敗戦を喫して)

○ルイス・フェリペ・スコラーリ(元ブラジル代表)
あの変な髪形を見て、彼の怪我は心配ないと思った。(2002年W杯ロナウドについて)

○マリオ・ザガロ(元ブラジル代表)
・美しいフットボールをやって負けるよりも、ひどいフットボールをやって勝つ方がいい。
・私はペレと一緒にプレーしたんじゃない。ペレが私と一緒にプレーしたんだ。

○ドゥンガ(現ブラジル代表)
我々のやっているサッカーはとてもシンプルなものだ。相手がボールを持ったときはボールのラインよりも出来るだけ多くの人数が自陣にあるようにする。そして我々がボールを持ったら各自が自由に動き回るというものだ。

○ペリクレス・シャムスカ(元大分トリニータ)
名選手はいらない。私が彼らを名選手にしてみせる。

○パウロ・アウトゥオリ(元鹿島アントラーズ)
サッカーは5つの要素から成り立っている。1つが選手、2つ目が現場スタッフ、3つ目がフロント、4つ目がレフリー、5つ目がメディアだ。この5つの要素からサッカーというスポーツが構成されている。1つ目の選手と連動して係わり、醍醐味を増すのがサポーターだ。それが6つ目になる。この中で、周囲から分析され評価されるのは選手とスタッフで、それ以外が評価されないのはおかしい。日本サッカー向上のためには全てが評価されなければいけない。

○オズワルド・オリベイラ(現鹿島アントラーズ)
・10年後、大岩は白髪が増えているだろうし、岩政はビール腹になっているだろう。 田代はヘディングのしすぎで頭が瘤だらけで、野沢は怪我だらけの足を勲章のように誇っているかもしれない。 内田は引退試合をするような選手になっているだろう。 そんな君達が、10年前に自分たちが成し遂げた劇的な優勝をきっと思い出す。 まさにその日が今日なんだ。みんなで歴史を作るんだ。
・さとうきびを食べながら笛は吹けない。

○ヘネス・ヴァイスヴァイラー(元1.FCケルン)
たしかに誰でも監督になれる。だが良い監督は少ない。

○ジョバンニ・トラパットーニ(現アイルランド代表)
・これまで出会った最高のストッパーは妻のパオラだ。
・私の選手たちには、私の言った通りのことをする自由がある。

○マルチェロ・リッピ (現イタリア代表)
・私がナンバーワン監督だって?とんでもない。私は単に、”ナンバーワンチーム”の監督にすぎない。
・モリーニョの姿に自分自身を見た。彼は私と同じように、革新的でも保守的でもないが、恐ろしいほどに実践的な監督だ。
・絶対にあきらめるな。俺たちはユベントスなんだ。(ユベントス監督時代、01-02最終節ハーフタイムにて)

○アリーゴ・サッキ(元イタリア代表)
・家を建てる人は、家を壊す人よりも高いレベルの知性を持っているはず。
・11人が1人のように動かなくてはいけない。
・騎手になるのに馬である経験は必要ない。

○ファビオ・カペッロ(現イングランド代表)
・ひらめきや創造性とは、言葉を変えれば単なる『意外性』に過ぎない。
・サッカーとは極めて単純な競技に過ぎない。とすれば、単純にプレーすれば誤ちは回避できる。
・私のチームに必要なのは、シーズンを通して安定感のある選手だ。継続性の欠如は、致命的な欠点となる場合が多い。
・勝つことが私の興味の大部分。残りは哲学でありポエムであり無駄話だ。
・モダンフットボールにファンタジスタの居場所はない。
・監督の仕事はワイン作りに似ている。その時手に入るブドウから最上のワインを作らなくてはならない。
・私の指示に従わない者は、2度とフィールドの芝を見ることはない。それだけのことだ。
・すべて私の4-4-2を実践するために選ばれた者たちだ。
・ディアゴナーレ※にはわずかな狂いも許されない。(※…相手にボール奪取を許した時に、すぐさま第一チェックに転じる選手を起点とした、フィールドの対角線上に並ぶ守備形態)
・選手が結果を出せれば私は嫌われても構わない。
・私がチェックするのは、優秀か否か、日頃から弛まぬ努力を行なうものか否か、または故障しているかいないか、だけだ。

○カルロ・アンチェロッティ(現チェルシー)
・もちろんゴールが決まっていれば試合はもっと魅力的でわくわくするものになったことだろう。でもサッカーには他にもたくさんの要素がある。
・当然だよ。FWは技術を、DFは肉体を、MFは頭脳を使うポジションだからな。(現役時代にMFだった監督が多いことについて)
・レアルマドリードに勝つ方法は一つしかない。レアルマドリードのように攻めることだ。

○カルロ・マッツオーネ(元ボローニャ)
・ネドベドもヴィエリもトッティもいらない。バッジョだけで十分さ。
・テクニックに疲労は存在しない。

○チェザーレ・マルディーニ(元イタリア代表)
サッカーに古いも新しいもない。あるのは、ただ良いサッカーと悪いサッカーだけだ。

○フース・ヒディンク(現ロシア代表)
・体には出来ることが沢山ある。メンタルがそれを妨げない限り。
・監督の役目というのは、映画監督に似ているんだ。映画が完成して成功となれば、あとは役者を祝福してあげるんだ。
・戦ってほしい。苦闘してほしい。それを求めていってほしい。
・確信から出る勇気にこだわるならブラジルに対しても充分互角にいける。
・自分に投資することを惜しむな。さもなくば、君の成長は止まってしまう。

○セサル・ルイス・メノッティ(元アルゼンチン代表)
・"技術"、"知性"、"勇気"だ。(フットボールに重要な要素は何か、との問いに)
・サッカーが進化するのではなく、サッカーをやる人が進化するのだ。

○カルロス・ビアンチ (元アトレティコ・マドリー)
・自分に敬意を表してもらいたいのなら、選手にも敬意を払うべきだ。
・勝手だと思われるかもしれないが、この勝利は2年前に死んだ私の愛犬に捧げる。(01年チームが3冠達成して)

○ダニエル・パサレラ(元アルゼンチン代表)
勝利は全ての国民のもの、敗戦は監督一人の責任。

○オズバルト・アルディレス(元清水エスパルス)
代表監督というのは、総理大臣の次に嫌われる存在だ。

○ビエルサ(現チリ代表)
自分はこれまで2万5000試合のビデオを分析したが、サッカーの歴史上戦術というものは28種類しかなく、そのうちの19種類は守備的なもので、残りは攻撃的なものだ。

○スチュワート・バクスター(元サンフレッチェ広島)
・私は選手に山を描けと命じることが出来ても、どんな山を描くかについて指示することは出来ない。
・我々は必死で家を建てようとする。相手はそれを壊そうとする。壊す方が簡単に決まっている。

○ギ・ルー(元オセール)
私のような老いぼれが、若手中心のオセールを理解できるはずが無いだろうですって?いやいや、私は彼らの成長を誰より願っていますし、だからこそ夜も眠れないほどに彼らの為の最善の方法を考えているんですよ。

○アルベール・バトゥー(元フランス代表)
監督の本当の仕事は、プレーについての完璧な知性を持つことではなく、それを選手に伝達することだ。選手は問題を解決しなければならない当人で、監督は彼らに、そこに達する手段と可能性を与えるのが望ましい。監督のアイデアが選手たちのものとなり、彼らが一方的な押し付けに従っているのではなく、選手自身の原則に従っているという感じを持ってプレーする、そうした段階にまで選手たちに確信を持って説得できるとき、監督は賭けに勝つのである。

○ディディエ・デシャン(現オリンピック・マルセイユ)
選手への説得力という点では若い監督のほうがいいと思うよ。今のサッカーと20年前のサッカーでは違う。引退してから時間が経てば、ピッチ内の事情から疎くなるものさ。選手たちが、どんな感覚を持ってプレーしていたかも分からなくなる。

○フランチシェク・スムダ(現KKSレフ・ポズナニ)
私はイタリア料理が大好きであり、シチリア島でのバカンスも素晴らしかった。だが、そのことが19日の試合に影響を与えることはない。

○ロバノフスキー(元ディナモ・キエフ)
フットボールに革命はない。もしあるとすれば、それは唯一74年のオランダ代表だけだ。

○テリ―・べナブルズ(元オーストラリア代表)
これがフットボールだ。(圧倒的優位に試合を進めながら土壇場でイランに追いつかれWC出場を逃した試合後)

○ホセ・アントニオ・カマーチョ (元スペイン代表)
監督は、2回解任されなければ名監督とはいえない。

○ジュゼップ・グアルディオラ (現バルセロナ)
・サッカーは、重要でないものの中で一番重要。
・パスより速いドリブルはない。
・サッカーって、あらゆるスポーツの中でも最も頭の使うスポーツだと思うんですよ。僕が実際にプレーをしているとしましょう。ゴール前30m地点にポジションを取る。味方が攻撃に移る。僕はその時、まず360°見渡し、味方と敵に陣形を頭に入れる。ボールをもらう。そして、ボールをきちんとコントロールするために、視線を足元に落とす。この時点で、先ほど見渡したときに頭にインプットした情報を元に、プレーに移る。しかし、プレーに移ったときは、既に先ほどとは情景が変化している。つまり情報の再整理です。そして再整理した情報を頭で組み立てて、的確なプレーを選択する。しかも、その選択肢は無限にある・・・ これらをわずか1,2秒の間にこなす。それを90分続ける。いかにサッカーが知的なゲームかわかるでしょう。

○デットマール・クラマー(元日本代表)
・サッカーは人生の全てを含む。
・サッカーはトイレのサンダルと同じだよ。トイレで用を済ました後、サンダルをそろえておかないと、次に使用する人はどうなる? サッカーは思いやりだよ。パスを受ける人の立場になって受けやすいボールを出すことから始まるんだよ。これから何十年も続く君たちの人生も一緒だよ。人を思いやる気持ちを大事にしなさい。
・勝ったものには友人が集まる。しかし本当に友人が必要なのは、負けた時であり負けた者だ。

○岡田武史(現日本代表)
・サッカーは理論的に物事を考えていかなくてはならないんだけど、最後は思い切りがいる。その思い切る精度を高めるために、自分は考えて考え抜くんです。
・サッカー記者が言うようなことは、全部一度は考えたことがあるものばかり。一つとして役に立ったものなどなかった。
・私は、ここにいる誰よりも、日本代表が勝つためにどうするべきかを考えている自信がある。あなた方は、自分で何もせず誰も責任を取らない。私は、自分でやって自分で責任を取る。

○パウロ・ロベルト・ファルカン(元日本代表)
何故日本の監督は選手に動き方の指示をする。何故日本にはミスすると怒るプレイヤーがいる。 選手は一人の立派なプレイヤーである。 たとえ幼稚園生であってもだ。 もしトラップミスがゴールしたらそれはミスではないだろう。それは選手が考えてプレーしたかもしれないからである。サッカーにミスはない。周りが言うからそれはミスになるのだ。サッカーは遊びと一緒だ。遊びにミスはあるか?日本人はナイスプレーと褒める言葉をもっと使うべきだ。

○マット・バスビー(元マンチェスター・ユナイテッド)
成功は確かに喜ばしい。しかし、勝利した試合に浮かれているだけでは何かを成し遂げたとは言えない。名誉のための勝利に価値はないが、全力を尽くしたのなら敗戦を恥じる必要はない。私にとってフットボールはロマンであり、ミステリーであり、詩にも似ている。人生そのものなのだ。時を越えた魔力を持つ永遠のスポーツと言ってもいい。

○ジョゼ・モウリーニョ(現インテル)

・私を、傲慢な奴、と呼ばないでほしい。しかし、私はヨーロッパ・チャンピオンだ。自分のことはスペシャル・ワンだと思っている。

・私は常に勉強している。あなた方はいつも時代遅れだ。

・ アーセナルと戦うチームの戦い方を見て欲しい。彼らは自分たちが勝てると信じていない。信じていないのだ。(チェルシー就任前、最強を誇っていたアーセナルに関して)

・どの試合にも勝者のメンタリティーを持ち込む事から着手しなければいけない。試合に勝てなくても、せめて良いプレーをするよう求める必要がある。もし負けても、楽しませれば批判される事は無いから。

・最悪な気持ちになるのは、こんなビッグ・マッチで君たちはすごい活躍をするチャンスがあるのに手をこまねいているからだろう。勝とうが負けようがそんなことは問題じゃない。やってみようとしないことが最悪なんだ。(ライバルとの試合にてハーフタイム中)

・重要なのは自分の意見を持つこと。そして、批判されることを恐れずに意見をいうことだ。 一般大衆から尊敬される方法はいくらでもある。私たちを深く理解してくれている人になら本当の尊敬を受けることが出来る。そうでない人々は私達のことを曲解するかもしれないが 私たちを知ってくれている人なら間違った理解をする恐れは髪の毛一本ほどもないのだ。

・手本は必要ない。自分自身に集中する方がいい。1つの試合に負けたからといって簡単に信念を変えることはない。それこそが才能だ。

・相手チームの感情など知ったことではない。私はチェルシーを勝たせるためにやってきた

・優勝した昨シーズンよりも選手たちを誇りに思っている。彼らは素晴らしいパフォーマンスを見せてくれたヒーローだからだ。

・私は特別なクラブに来た。偉大な監督になる目標を忘れることはないが、特別な人間にはなりたくない。私はジョセ・モウリーニョになりたいだけであって、いつも同じように情熱を持って、モチベーション高くやりたいだけだよ

・我々は強いチームを作り上げているし、新戦力を何人も獲得する必要はない。私は量より質を重視する。私は革命家ではなく、何かを革命したいとも思わない。私はとても明確な考えを持っている一人の人間にすぎない。これは大事なことだと、私は思っている。私の人生哲学はサッカー哲学に似ている。それは正直、率直、明確、そして野心的であるべきということ。私はこれらの特徴を絶対に失いたくない。

・この試合に選手として出場できなかったのは、私の人生で最大の損失だ。この試合でプレーするには強い精神力が必要になるだろうが、選手たちと同様、私も血を流して戦っていたと思う。

・サッカーは私の人生そのものだよ。いつも人生のそばにあった。例えば、私が生まれた時に父親はグラウンドにいたし、私の娘が生まれたときに私はグラウンドにいたんだ。サッカーはそれだけ重要なものだよ

・人生の中で全てにおいて優れていると呼ばれるような規則はないよ。私は14、5歳の時、良いサッカー選手だったが、その後大学に進学し、2つのオプションが私にはあったんだ。どこにでもいるようなサッカー選手になるか、凄い監督になるか。その中で私は2つ目のオプションを選んだよ」

・私がレアル・マドリーを率いるために、この世に生を受けたかは分からない。ただ、フットボールの監督をするために生まれたのは確実だ。私は挑戦が好きなんだ。

・PKを外せるのは、PKを蹴るだけの勇気を持った選手だけだ。その意味で、わたしがPKを失敗することはないだろう。

・自分が世界一の監督だとは思わない。しかし、私以上の監督がいるとも思わない。

>ズラタン・イブラヒモビッチ「俺はモウリーニョのためなら殺人だって犯すよ」

>ヴェスレイ・スナイデル「彼と共に過ごす1シーズンは、他の監督との10 シーズンにも値するほど内容が濃い。
彼の話は人々の心を惹きつけて離さない。彼は選手の意欲を最大限に引き上げることができる指揮官だ。」

>ハビエル・サネッティ「偉大な指揮官であり、彼は僕らを飛躍させてくれた。」

>デヤン・スタンコビッチ「まず、これだけは言いたい。モリーニョは“アンビリーバブル”な人間だ。(中略)
モリーニョは僕が今まで出会った監督の中で、全く別のカテゴリーに属する人間なんだ。」

>ディエゴ・マラドーナ「私が理想とする監督」



>マルコ・マテラッツィ「彼はオレたち全員を兄弟にしてくれた。」
Hello Goodbye
You say yes, I say no
You say stop and I say go go go, oh no
You say goodbye and I say hello
Hello hello
I don't know why you say goodbye, I say hello
Hello hello
I don't know why you say goodbye, I say hello

I say high, you say low
You say why and I say I don't know, oh no
You say goodbye and I say hello
(Hello goodbye hello goodbye) Hello hello
(Hello goodbye) I don't know why you say goodbye, I say hello
(Hello goodbye hello goodbye) Hello hello
(Hello goodbye) I don't know why you say goodbye
(Hello goodbye) I say hello/goodbye

Why why why why why why do you say goodbye goodbye, oh no?

You say goodbye and I say hello
Hello hello
I don't know why you say goodbye, I say hello
Hello hello
I don't know why you say goodbye, I say hello

You say yes (I say yes) I say no (But I may mean no)
You say stop (I can stay) and I say go go go (Till it's time to go), oh
Oh no
You say goodbye and I say hello
Hello hello
I don't know why you say goodbye, I say hello
Hello hello
I don't know why you say goodbye, I say hello
Hello hello
I don't know why you say goodbye, I say hello hello

Hela heba helloa
Hela heba helloa, cha cha cha
Hela heba helloa, wooo
Hela heba helloa, hela
Hela heba helloa, cha cha cha
Hela heba helloa, wooo
Hela heba helloa, cha cah cah (fade out)

Lennon/McCartney


不機嫌なオカズ
納豆を食うことにした。一日に一度。

元々、「あんなもんは、スカ○■な 人間が(以下略)】という風情で毒づいてた。罵詈雑言喰らわせてた。そもそも、なんだあのルックスは。なんだあの醸し出す空気は。いるだけで気が重くなる。清廉潔白・青春時代から程遠い、粘々感。AVそのものじゃないか。あんなもんはAVだ、AV。だから、俺はずっと一定の距離感を置いて生きてきたんだ、納豆とはな。で、一度だけ食ったことがあって、それが前の奥さんが「騙されたと思って、食べてみ」といわれたから食ったら、本当に騙されたんだわ。ルックスも存在感もひどいが中身もひどい。どんだけ屈折した愛情やねんと思ったコイツはと。

だから、もうええわと思ってたんやが、どうにもこうにも、やはり外食も多く、いつもいつも魚や野菜を摂取しづらい環境にあるからして、どうにかして、もう少し体を労わらないと、俺の人生が40代で病院再送りになってまうわけで、それはそれでもちろん本望ではないし、かといって、食べたいものももっと食べたいわけだから、ここはひとつ、昨日の俺を超えるしかない。

早速、スーパーで一番小さいミニミニ納豆パックセット(3個入り)を買い、食後に開く。やっぱり、ルックスがひどい。グロい。こんなん、誰がいったい考えたんやろうなあ。箸でかき回す。言葉を失う粘り。うわ、これはひどい。こうしてブログに書くために思い出すだけで、失望しそう。もっと正直にいおう、吐きそうで嗚咽しそう。で、何の役にも立っていなさそうなタレをかけて、口に入れる。実に触感が凶器だ。これは、もう、なんというか、あれだ、あれ。死ねってずっと耳元でいわれてる気分になってきた。ソドムだな、これは。うん。とにかく、ちびちび食ってると、人生の中でこの地獄の時間が長くなっていく一方であり、それは本来の目的である天国へのストロベリータイムを増やせという計画の真逆だから、意を決して口に入れるしかないので、全部カップの中のものを口に移動させる。そして、咬む。また失神しそうになる。鼻から、耳から、眼から出て、それぞれの豆が競い合って出てくるような気がするのは何故なのか。こんな苦痛を飲み込んで俺は俺を超えようとしているわけだ。これで明日事故死したら、悔やんでも悔やみきれんね。
恋は遠い日の花火ではない。花火のように咲く太陽だ。
離婚の理由は方向性の違いだった。
ならば思い悩む必要はない。悩むことがあるのはなぜか。
方向性を変えればよかったんじゃないのか。
その解が見つかった。ただひたすら好きや。そう思っていなかったからだ。

好き過ぎて途方に暮れる気持ちがあれば、いかなる状況であっても、何年経っても、なんとかしようとしただろう。心は折れなかっただろう。ほどほどの恋愛感情や無難さ・まとまった条件ではなく、ただひたすらに押しの一手で彼女と共に逝こうじゃないか地獄でも、と投げやれる気持ち。それがあれば別れるという選択肢を思い浮かべなかったんじゃないだろうか。そう、離婚の対象となった相手の姿こそが、投げやれない自分の投影された姿だ。条件のいい相手がいるのではない。相手は自分次第。その自分をつき動かす動力そのものは、理屈では測れない動物的嗜好か。

結婚は、恋愛とは違うわけではなく、かといって、現実そのものでもなく、条件に沿った妥協の産物でもなく、ただひたすらに二人で生き抜く決意表明に過ぎない。手をつないで同じ方向を進んでいくことが結婚というのなら、手をつないでいたいという気持ちが「好きや」という感情か。そんな気がしている。

ところで、30代でバツイチ同士の恋愛は猛烈だ。気が狂いそうに楽しい。酸いも甘いも知った。知りたくも無かった苦味も味わった。お金もそこそこ。飯食う場所もそこそこだ。仕事もしてるからメリハリもある。落ち着いてる。てらいがない。だから思ったことを思ったイメージで伝えれる。相手のキズの痛みが想像できる。これを脂が乗ったといわずして、何が乗ったというのか。しかし、現実も目の前にある。くっきりとそびえ立っている。むしろ、その前への一歩すら始まってもいない今。年齢のリスクもある。心の変化や揺れもある。理不尽もある。不景気だ。親も年老いた。この先にいかなる保証書も添付されていない。そうした四方山で世知辛き現実を覚悟することは大事だ。それ以上に、今この一瞬を積み重ねていくことこそ、生きる意味ではないだろうか。

彼女ができた。お見合いで知り合って一度はご縁がなかったと思ったが、彼女と切れなかった。切れない何かがずっとあった。その後にかかわるうちに、気づけば、考えが変わり、心も変わり、生活が変わった。彼女がごちそうなのか、野獣なのか、そんなことはどうでもいい。不幸を呼ぶのか、あげまんなのか、それもどうでもいい。長続きするか、あっさりと終わるのか、そんなことを考える暇もない。彼女がいない世界が想像できなくなっただけだ。

それでいいじゃないか。
送別の風景
この盃を受けてくれ 
どうぞなみなみつがしておくれ
花に嵐のたとえもあるさ
さよならだけが人生だ

訳:井伏鱒二

ubryo.gif
Air on the G String
G線上のアリア
by Jacques Loussier


  


  
487231263_e55ff43845.jpg

きまじめになってはいけないぞ。死守せよ。だが軽やかに手放せ。
ピーター・ブルック
One Sweet Day
ごめんね、一度も言わなくて
私が言いたかったことを伝えきれなかった
今となってはあなたを抱きしめたくても遅すぎる
あなたは行ってしまったから
あんなにも遠くに

今まで想像したこともなかった
あなたの笑顔がない人生なんて
私の声は届いてると感じるから
私は生きていけるの

あなたが天国から私を照らしてくれていること分かってるよ
これまで失ってきた多くの友人と同じように
そして結局私たちが一緒になることも分かっている
ある素敵な日に

あなたに一度も見せなかった
あなたがずっといると思っていた
あなたの存在が当たり前だと思っていた
でもいつもあなたが大切だった
私たちが分かち合っていたあの愛が恋しいよ

あなたが天国から私を照らしてくれていること分かってるよ
これまで失ってきた多くの友人と同じように
そして結局私たちが一緒になることも分かっている
ある素敵な日に

太陽は二度と同じように輝かないけれど
私はいつも明るい明日に目を向けるよ
神様、私が眠りにつくとき
いつも聞いてくれてることを知っているの
私の祈りを!

あなたが天国から私を照らしてくれていること分かってるよ
これまで失ってきた多くの友人と同じように
そして結局私たちが一緒になることも分かっている
ある素敵な日に

ごめんね、一度も言わなくて
私が言いたかったことを伝えきれなかった

Sorry i never told you
All i wanted to say
And now it's too late to hold you
'cause you've flown away
So far away

Never had i imagined
Living without your smile
Feeling and knowing you hear me
It keeps me alive
Alive

And i know you're shining down on me from heaven
Like so many friends we've lost along the way
And i know eventually we'll be together
one sweet day

Darling, i never showed you
Assumed you'd always be there
I took your presence for granted
But i always cared
And i miss the love we shared

And i know you're shining down on me from heaven
Like so many friends we've lost along the way
And i know eventually we'll be together
One sweet day

Although the sun will never shine the same
I'll always look to a brighter day
Lord i know when i lay me down to sleep
You will always listen as i pray

And i know you're shining down on me from heaven
Like so many friends we've lost along the way
And i know eventually we'll be together
One sweet day

And i know you're shining down on me from heaven
Like so many friends we've lost along the way
And i know eventually we'll be together
One sweet day

Sorry i never told you
All i wanted to say

by Mariah Carey and Boyz Ⅱ men

ポルチーニ茸のパスタ
初挑戦。

①ポルチーニをぬるま湯で戻す。
②いつものアーリオオーリオを作る。
③パスタ(フェトチーネ)を茹でる。
④②でパンチェッタを炒める。
⑤戻した①、戻し汁、生クリーム(100cc)を入れる。
⑥煮詰めた⑤に茹でたパスタを入れる。彩りでパセリも少々。黒胡椒も忘れずに。

完成。お好みでパルメジャーノを入れても良し。
CAF41Y1E.jpg
うーん、ソースは悪くない。しかし、麺が多過ぎてやや薄味に。
逆に、麺少なく、具材にマッシュルームやまいたけ・玉葱を追加させてみれば
かなりいい線いくかも。とにかく、ソースは悪くない。


高級きのこポルチーニは、イタリヤ版マツタケとも言われ、香りが素晴らしい食材。適度な塩気があるので、塩・胡椒は味見をしながら加える。生クリームは風味を損なわぬよう、煮立てないことが大切。フェットチーネのゆで汁を加えて加減するといい。 ちなみに、「ポルチーニ」は仏語で「セップ」日本語で「ヤマドリダケ」と呼ぶキノコ。30cmサイズもあるという。生のポルチーニは最近中国産が入ってきているという。歯ごたえは生の方がいいが、味は乾燥した方が美味という。専門店ネット(ベリッシモ)で買うか、百貨店や輸入食材店のイタリアコーナーで次の条件で「乾燥ポルチーニ」を買うのがいいらしい。

1.「見栄え」にこだわらないこと
高級品ほど、「カサの部分(白い部分)」をたくさん入れているが、料理に使って実際においしいのは「黒い部分」の方。なるべく色の濃いものを選ぶ。

2.戻し汁の「色」が濃く「香り」が強いほどおいしい
椎茸同様、ぬるま湯で戻して使うのが基本。その戻し汁が真っ黒になるほどダシが出てくるものが美味。香りもよく出る。「おいしい乾燥ポルチーニ」は置いておくだけで強烈な香りがする。

3.「戻し過ぎ」に注意
戻し過ぎはフニャフニャになって食感が楽しめない。パスタなどに入れるときも、長時間火にかけないほうがおいしい。

4.「戻し汁」の最後のほうは使わない
キノコ類は洗ったら風味が落ちてしまうので、商品に砂が混じっていることがあるので戻し汁の最後のほうは使わず、捨てたほうが懸命。紙で「ろ過」してもいい。
女人禁制:AV OF THE YEAR 2009
Please note 男性のみ閲覧可
*不快な気分になられる恐れが高いため、本原稿へ女性はアクセスしないで下さい。*
*それでも読むという女性の方は、それなりの心の広さでお願いします*
                      憂鬱と理想

あんなこといいな、できたらいいな
あんな夢・こんな夢いっぱいあるけど、
2010年が始まった。
忘れないうちにかいておこう。

ちなみに2009年に鑑賞したもので、2009年にリリースされた訳ではないので
その点はご了承願いたい。

○密室フェロモン4 森下さやか
しっかし、凄いわ、このフェロモンは。

○極太FUCKvol.3 華島彩
いいリアクション。いーリアクション。

○兄嫁奴隷 川上ゆう
Mが売りだがSもうまい、どちらも出来る真正の女優。いや、本当に演技うまい。

○終わらないフェラチオ 妃すみれ
これはいい熟女作品。神は細部に宿るね。

○妻、汚れたカラダ 優木夏
言葉って大事。それでいて下半身ムチムチって大事。

○ビン感BODYでおねだりSEX 真木あんな
演者か天使か。光をみたね。

○アナルアクメ耐久ファック 加瀬あゆむ 大石もえ
おかわり自由過ぎ。圧倒的やね。

○WATER POLE 25 AYUMU
声だけでご飯4杯。

○アメスク08 河本愛
若さは凶器やね。反応は派手じゃないけど、なんかいい。

○超舌ディープスロート 真咲南朋・青空のん
音、無限。
すべての離婚経験者に捧げるポエム
離婚届を渡された。

と、悪友が電話を掛けてきた。

売り言葉では何度も出てきたらしいが本当に署名された現物を渡されたことは初めてで
本人は相当に大変なことになったと認識しているという。

大変やな。

と、電話を切ろうとしたけど、それはあまりにも冷たいので、再考。
要するに、オマエはどうなんだということだ。
オマエが続ける価値があると思えば破れ。
続ける価値がないと思えばサインしろ。
ただ、それだけのこと。ただそれだけのことなんだけど、
なかなか決めきれない。是又真理。

しかし、他人の別れる・別れないという話を聴いてて思うのは、
何も別れなくてもええやろうというシンプルなものだ。俺からすれば、ある部分
うらやましくもある条件や既成事実もあったりする訳で、まだまだ頑張れよという気もしないでもない。
残念ながら当事者ではないので、これ以上の考察は出来ないんだが、
結局、人間関係は言葉による構築がほとんど。お互いにきちんと向き合って、思いを言葉にきちんと
のせていたかということだ。それは思い込みや一方的なものではなかったか、確認してきたか。これは自省も含めて。
そのプロセスを通らないと、いつまでたっても他人とのありとあらゆる問題(軋轢や衝突)は発生し続ける。

もうひとつ。自分が他人によって対応を変えたり、性格が変わっていくように、他人もまた自分によって変わる。
そうさせた・そうなった化学反応の片割れは、紛れも無く己自身であることを忘れがちだ。

それにしても離婚という行為は、その決意・計画・実行そのものの困難さが強調されるが、
むしろ、その後の生活や価値観の中で重くのしかかってくる。恥ずかしさというよりも罪悪感に近く、そして重く。
もっとできたかもしれない、もっとやれたのに。逆もある。もっとしなければよかった。やらなければよかった。
結婚しなければよかった。とか。それでも結婚してよかったとか。そうした思いがどこかに残ってはいないか。
いや、間違いなく残る。どんなに心を一掃しても残る。なぜなら、結婚していた時間だけは残ったままだからだ。
33から36までの時代(俺の場合)だけを削除することは出来ないのだ。だから後悔は常にそこに居座ったままだ。

後悔とつきあえる覚悟が出来ているなら離婚したほうがいいかもしれない。
案外覚悟したら後悔のある人生って味があると思うが、
さあ、どうするか。んなこたぁ各自勝手に考えてくれ。
さくらぐみ(赤穂)
頭に来た。

さくらぐみというレストランに行った。ナポリピッツア協会92番目の店ということで、日本国内では有数のピザ店。真のナポリピッツアと海鮮ナポリ料理を売りにしているわけだが、予約もなかなか取れないという、いわゆる、超人気店だ。17時か19時に予約を入れるわけで、つまり店側からしたら二部構成というわけだ。とりあえず、兵庫の端の端まで車を走らせて、17時に店に入る。お店のキャパは20人入るか否か。席と席の間隔が狭い。まあ、それはいい。コースはシェフにおまかせ。@¥5,500。値は張る。

メインのピザが来た。
CARQP3IX.jpg
うまい。たしかにうまい。このモチモチ感はどこでも食したことがない。

しかし。メインの魚を食べていたときのことだ。
こちらが食べているのに、無言で違う皿にかえる。書いてる意味がわかるだろうか。
要するに、その皿が必要だからなのか、食ってたものを勝手に小皿に移しかえてきた。唖然である。
失礼にも程があるというものだろう。さらには、19時の部の準備で、とにかくあちこちのテーブルをセッティングするのはいたしかたないんだが、ナイフとフォークをがちゃがちゃがちゃがちゃ音をたててセッティングするわけで、その中で食事する側としては、こんなに不愉快極まりない店の態度というのは経験したことがない。せめて一言二言あるのが当たり前。一体全体、このお店はどういうつもりなんだろうか。うまいもん食わせてやってるだろう、そんなつもりか。店員に対する教育がなっていないとかの次元じゃないね。内容もひどいものだった。お世辞にも5,500の値打ちはなかった。メインもグリルなだけ、オードブルも手抜き丸出しだ。それでも我慢してたが、ここまでひどいと、どうしようもない。食事に金を払うというのは、味だけではなく、食する行為そのものに金を払ってるわけだ。店を出るときに、店員のありがとうございましたーって声が後ろから聞こえたが、実に空々しい。

金を払ってこんな愚弄された気分を味わう。うーん、最高やね。
二度といかないどころじゃない。こんなところには絶対にいってはいけない。

http://www.vera-pizza-sakuragumi.co.jp/
無限の風
強い風 止まない風 小石を 転がす風
大地に 一人の影 遠くを 眺める影

白い羽根 背中に羽根 嵐を 巻き起こす羽根
あいつは 無限の風 雲を 蹴散らす風

瞳はギラギラ 身体はザラザラ
太陽の下で 光の中で

荒野の上に立って 砂漠の上に立って
花のように咲いて ダイヤのように輝いて
荒野の風になって 砂漠の風になって
確かに土を蹴って どこまでも飛ぶのさ
あいつは風 口笛を吹きながら

強い風 止まない風 白い羽根 折れない羽根 
追い風 無限の風 大陸を 動かす風

頭はグラグラ 陽炎ユラユラ
太陽の下で 光の中で

荒野の上に立って 砂漠の上に立って
花のように開いて ダイヤのように瞬いて
荒野の風になって 砂漠の風になって
遥かに手を伸ばして 空に叫ぶのさ

あいつは風 あいつが風 リズムをとりながら 太陽を背負って

作詞・作曲:奥田民生

戦争前も、戦争後も、
毎日新聞で、福岡県の町内会や市町村振興協会による副知事への裏金接待疑惑が出ている。
視察目的で旅行してコンパニオンよんでドンちゃん騒ぎというやつだ。

都会で働くビジネスマンやOLからすれば、なんという「悪」という印象があるやもしれんが、
地元消防団に在籍していた身分から申し上げれば、田舎とか役所とか町内会なんて、こんなのは普通である。
もちろん自慢しているんじゃないが、こんなことは当たり前に行なわれている。誰も表立って言わないだけだ。
誤解を恐れずにいえば、これがしたいのだ、野暮なことをいうなというのが、彼らの本音じゃないだろうか。
あるいは、「しくりやがって」といったところか。

組織や町から捻出した裏金を使って遊ぶ。自分の身は切らない。
集団でやれば怖くない。それでいて遊びたい。まあ、なんというか、都会は欲にまみれているというが、
俺からすれば、田舎こそ欲にまみれている。都会はまだ自己責任が効くだけマシ。それすらないんだから
エスカレートするし、限界もない。ただただ、流れる蜜に群がる浅ましき豚よ。それでいて、首謀者を上げられないように、
出来る限り大人数で参加させて、みんな悪くないという構図を作る。あるいは、みんなが悪いと。

戦争前も、戦争後も、日本は日本。

一生懸命やった祭りも、結局その献金がそのまま消防団の「交際費」として落とされていた。
己も加担していたかと思うと、本当に残念でならない。情けない。

彼らは今年も「旅行」に出かける。もちろん全員参加必須で。
辞令の風景
年始恒例の朝礼が始まる。
俺の出向が発表される。

いつもは集合場所となる1階広間の一番隅の隅で鼻糞をDIGしてるのに、何故か、今日だけはうちのボスが珍しく集合時間よりも早くいこうとする。なんか変だな、なんか変だなーーって思ってたら、すーーーーーーっと集合場所のどセンターラインにポジションを取っている俺。

はっ

と振り返ると、次の部署(出向会社)の、まさに次のボスとなる人物が立っている。

あれあれあれ、なんかおかしいなー、なんかおかしいーなーって思ってたら

あー、あけましておめでとうございます
これからいろいろとお世話になりますが宜しくお願いします

って、その人に話しかけている。入社後初めて。
あれれ、おかしいなー、その人も同じ感じで挨拶してくる。
二人で何故か半笑いしている。凄い半笑いしている。

そら、そうだわ。まず、向こうからしたらこんな37のオッサン、得体が知れないわ。しかも、やたらめったら適当な部署で適当にやってきた、適当OF適当なオッサンをいきなりお上からいわれて面倒みるんだからな。で、俺は俺で、実はこのニューボスがよくわからない。まず、おそらく同い年だと聞いてるんだが、俺よりも後に入ってきた中途採用。子供も3人いるという。いつも気難しい顔をして愛想がいい方ではない。たっぱもある。血の気も多いらしい。かたや、デブ&デブでバツイチ。こどもなしどころか、子種もないのではないかと噂も絶えない、若き急性心筋梗塞患者でエロDVD愛好家。あまりにも好対照な二人。


なかなか感慨深いな、なんか感慨深いなーーーーーーーーーーーって悦に浸っていたら、
発表、終わってた。
平凡そうな立ち上がりの風景
5時起床。乱れた毛布を伸ばしてベッドメイキング。

30品目のサラダと、コレステロールを抑えるヨーグルトを食う。常飯だ。

歯を磨き、ヒゲを剃り、体重計に乗る。75.7kg。大増量である。シャワーを浴びる。

5時50分の電車に乗る。DSを出して英語ソフトのルーティンをこなす。

外は闇、月明かりが眼に入る。丸ビルの時刻表示は6時23分。

ストレッチを意識しながら御堂筋を下る。

2010のシーズンが幕を開ける。今年は大変だろうな、そんな気がする。

月はまだみえている。
そろそろ年賀状でも書こうかなと思ったけどやっぱりやめた的天皇杯
全然書いてない。いまだ。
こんなときはガンバ天皇杯連覇でも祝っておくか。

まずは、中盤でのパスワークからの遠藤の個人技。

やればできるやん。代表でももっと切り込んで打てよ。でも何がいいって、中盤でパスもらいーの、すぐリターンしてリズム作るくだりと、遠藤のシュートすると見せかけてドリってDのタイミングをづらした場面やね。リターンパスがあるチーム、好きです。やっぱり無駄なパスって重要やな。

続いて、追加点。カウンターアタック、完璧。明神のナイス運び(体を預けーの、サントスー抜きーの)から、二川→遠藤→二川。


明神の頑張りが素晴らしい。さらに、きっちり外を走ってる遠藤、そして中央(最短距離)のポジション取り完璧の二川。ガンバというチームは、二川・遠藤・ルーカスという3人の将軍が共存共栄して、かつ、他のプレーヤーもそこに賛同していくところが凄い。橋本の存在も大きいし、ラインを上げた攻撃的ディフェンスも大きい。いいチームになったなあ。

いやあ、フットボールって本当にいいですね。
Here, there and everywhere
よりよい人生を送るため
愛する人にここにいてほしい

ここで 二人して日々を重ねていく
彼女が手を振るだけで僕の人生は変わる
そこに働く不思議な力を否定できる人はいない

あそこで 彼女の髪に指をからめ
二人ですばらしい未来に思いを馳せる
誰かが話しかけても 彼女はちっとも気づかない

どこでも彼女にそばにいてほしい
いっしょにいれば何も心配しないですむ
彼女を愛するということは いつも彼女を必要とし
愛を分かちあうということ
どちらもがこれを永遠の愛と信じることだ
彼女の瞳を見つめながら 常にそこに映っていたいと願う

どこにいようと僕がいっしょだ
ここでも あそこでも どこにいても

To lead a better life
I need my love to be here

Here, making each day the year
Changing my life with a wave of her hand
Nobody can deny that there's something there

There, running my hands through her hair
Both of us thinking how good it can be
Someone is speaking but she doesn't know he's there

I want her everywhere
And if she's beside me, I know I need never care
But to love her is to need her everywhere
Knowing that love is to share
Each one believing that love never dies
Watching her eyes and hoping I'm always there

I will be there and everywhere
Here, there and everywhere

作詞・作曲 ジョン・レノン&ポール・マッカートニー

1st,Jan,2010
HAVE A HAPPY NEW YEAR 2010

I am very grateful to you for the kindness
you showed me last year.

Wishing you a great year to come.


PIM0038.jpg


From mi1011
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。