無料ホームページ ブログ(blog)
mi1011.net2009年01月
mi1011.net
または私は如何にして心配するのを止めて人生を愛するようになったか
200812<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200902
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
世界最高のフットボーラーの今を語りたい
その名は、ウェイン・ルーニー!!


79968uy6.jpg


て、オマエ、何なめてんねん!!
スポンサーサイト
恐るべしユナイテッド
イングランド・プレミアリーグ第21週、
ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンvsマンチェスター・ユナイテッドをTV観戦。

強い。この形容詞しか出てこない。いやはや何というか言葉足らずで。ローマのゼロトップの完成形に触れた気分とでもいおうか、ベルバトフ・テベス・朴・クリスティアーノ・ギグスの攻撃は、五人の連携パスあり、個人技あり、と賛辞の言葉を上げればキリがない。というか、この試合、アウェーやねんけど・・・

ベルバトフ。このブルガリアン、既にファン・ニステルローイに並んだ。決定力・パスの柔らかさ・ポスト・フィジカル。見れば見るほど、本人より彼を選んだアレックス・ファーガソンという稀代の名監督がもつ、【選手を選ぶ眼】と【チームを作る脳】に感服する一方である。

朴。見劣りするぐらい下手だ。しかし、その下手を補って余りあるスタミナとポジショニングの素晴らしさ。やばいところに彼がいる。あと、体幹がぶれない。

ギグス。ベテランらしく、昔みたいに爆発的なドリブルはなくなったけど、センス溢れるパスが多い。引退をほのめかしているらしいがチームは特別な契約を用意しているらしい。それはそうだわ。だっていい選手やもん。

クリスティアーノ・ロナウド。2008年バロンドール(欧州年間最優秀選手)も、前半と後半が対照的。前半は消えて後半に存在感。俺はあまりこの選手の何がいいのか、よくわからなかったのだが、やっとわかった。テクニックには精度がないが、フィジカルとスタミナが尋常じゃない。(動画の4点目、5点目のフリーランニングを見よ!)『皆がバテてる』後半にあれだけぶっ飛ばして突っ込んで来るんだから、Dの立場でいえば一番嫌かもしれん。到底ついていけないわ。

そして、テベス。効いてるなあ、テベス。まさに中盤から最前線に絡んでいい仕事をしている。ボールタッチも柔らかいし、球離れも速い。(というか、ロナウドも速くなった)。まさに中心だった。が、しかし、これだけやれても彼は代役に過ぎない。そう、ウェイン・ルーニーの。彼は怪我をしているらしく欠場中だが、それで良かったなと思う、ウェスト・ブロムウィッチにとっては。俺は思う、彼こそが世界ナンバー1の選手だと。決定力・ゲームメイク・パスセンス・守備・闘志、すべて揃っている。そう、こんな大黒柱がいなくて5-0。

そう、0なんだな。ユナイテッドは守備も強い。ウェスト・ブロムウィッチがまともな攻撃をさせてもらっていない。ファン・デル・サールもプレミア無失点記録を更新したし。ま、とにかく、いくらバルサが強いといっても、こんな攻撃+守備では敵わん。

それでも、俺はウェスト・ブロムウィッチのサポーターに敬意を表したい。こんなボコボコ虐殺ヘッポコ試合でも、猛烈に歌うわ、ブーイングの嵐だわ、その熱意、良い。それこそが、フットボール魂也。

FT West Bromwich A. [0 - 5] Manchester U.
22' [0 - 1] ベルバトフ
40' [退場] ポール・ロビンソン
44' [0 - 2] テベス
60' [0 - 3] ヴィディッチ
65' [0 - 4] クリスティアーノ・ロナウド
73' [0 - 5] クリスティアーノ・ロナウド

wba-united
第1回ヨーグルトに狂っとるど選手権
納豆は体に良い。

んなこたーーわかってる。コーラを飲めばゲップが出るぐらい、そんなことは分かっている。問題はこうだ。そんな体にいい納豆を俺は食えない、食わない、食う気がしない。他の事はなんとか我慢しながらも達成できるが、ウンコと納豆だけは絶対に口に入れる訳にはいかんのだよ。じゃ、オマエ、どうするんだと。健康体目指すんじゃないのかと。沈思黙考すること1日、重い腰を上げて想い越す。体脂肪率12%台という我がフットサルチーム元代表のNo.8を見習って、

ヨーグルト食う。
よし。で、ヨーグルトって何?→ヨーグルト
はい、ヨーグルト分かった。わかったからには何を食うかだ。早速、1週間にわたって各社製品を食べ比べする選定作業を実施したので、報告したい。

①明治プロピオヨーグルトLG21砂糖 0 (ゼロ)
lg21.jpg

内容量 120g(60kcal)
無脂乳固形分9.5%、乳脂肪分1.4%
たんぱく質 4.3g、脂質 1.7g、糖質 11.4g、食物繊維 0.9g、ナトリウム 60mg  
           
LG21菌を配合。砂糖を使用せずカロリーを抑えながら、自然で後味のよい優しい甘みを実現したという。『ヨーグルト』の味を想像してたらそのままでした、という味。後味も触感もさっぱり。意外と食べれるものやね。それにしてもLG21、『リスクと戦う乳酸菌』とぶち上げているあたり、中高年メタボがターゲットになるという目論見ズバリやね。食物繊維も入って、炭水化物もない。俺も今度『リスクと戦う出張』とか申請しよかな。

②MEGMILK生きて届けるビフィズス菌
504873_a.gif
内容量75g(69kcal)
無脂乳固形分10.0%、乳脂肪分2.4%
たんぱく質2.8g、脂質2.0g、炭水化物9.9g、カルシウム90mg、ガラクトオリゴ糖0.16g、ナトリウム35mg

なんといっても、『カプセルに入ったビフィズス菌SP株が、生きて腸まで届く』というのが看板のプロバイオティクスヨーグルト。て、プロバイオティクスヨーグルトって何ですか。さて、実際のところやが、これがいい。何が言いかというとスプーンがいらない。茶碗蒸しのように、開けてゴクゴク飲める(おそらく食べ方間違っていると思う)ミソのカプセルだが、あんまりない。せっかくの森下仁丹とのコラボが、プチ・・・・・・・・・プチ・・・・・・・・という頻度。だから、飲んだ後にちょっと残っていたらもったいないのでそれはちゃんとスプーンで拾う。とにかく、生きて届けると言い切ることで、既存のヨーグルトは皆、腸に行く前に死んでるんだぜ、と喧嘩を売るポジティブさは買いたい。


③カゴメ植物性乳酸菌ラブレ
laburej.jpg

内容量90g(69kcal)
無脂乳固形分1.0%、植物性脂肪分0.1%
たんぱく質3.4g、脂質1.3g、炭水化物10.8g、カルシウム71mg、ショ糖0.73g、ナトリウム33mg、リン77mg

生きて腸まで届くどころか、そこで生き抜くラブレ菌を採用、しかも@約60億個、さらに砂糖不使用。まさに①と②のいいとこ取り。大豆中心で根本的に作りも違う様子だ。味わいはライム果汁のせいでやや妙な味。それにしても、吉永小百合を使うメーカーは例外なく強気だな。

④森永ラクトフェリン200
20080715182648.jpg

内容量120g(102kcal)
たんぱく質5.0g、脂質3.7g、炭水化物12.1g、カルシウム 130mg、ナトリウム 55mg、ラクトフェリン200mg、ラクトチュロース0.1g

なんでも国際会議が開かれるほどの材料だという、多機能たんぱく質「ラクトフェリン」。母乳に多く含まれ、生まれたばかりの赤ちゃんを守る成分のひとつと考えられているそうだ。実際の味はやっぱりヨーグルトだが、ややクリーミー。だからカロリーも少し高くナトリウムもちょっとある。それにしても、『森永乳業の技術を結集した』らしいが、地味だ。宣伝部隊は何をしている。

さあ、どれにしようかな。総合的に考えればラブレだわな。
というわけで、それでいこ。

女人禁制:メカニズムは理解しないといけない
Please note 男性のみ閲覧可
*不快な気分になられる恐れが高いため、本原稿へ女性はアクセスしないで下さい。*
*それでも読むという女性の方は、それなりの心の広さでお願いします*
2N0016438_l.jpg

さすがウッディ・アレン。下らな過ぎて、良い。そんなとこでわがままいうなて。

映画「ウディ・アレンの誰でも知りたがっているくせにちょっと聞きにくいSEXのすべてについて教えましょう」より
新世紀エヴァンゲリオン
苦節4年、ようやく鑑賞終了。

実は、製作者の意図(というか謎解き)は下のリンク先で知ってしまっていた訳で、その意図をなぞるような形でレンタルの回転に影響を受けながら途切れ途切れに鑑賞を続けてきた。(結論をいえば、主題歌『残酷な天使のテーゼ』の歌詞とその間に流れる絵が語っているといって過言ではない)。

EVANGELION(新世紀エヴァンゲリオンについての考察、謎解き、解釈)

さて、手品のネタはわかった。問題は、その手法だ。

議論の的になったといわれる最終回には、特別に驚きはなかった。むしろ、監督が混乱に次ぐ混乱を演出して完成した結末がどうこうではなく、まず、ストーリーの途中で唐突に『ロンギヌスの槍』というモノが登場し何故か宇宙まで届いてしまったことから俺の中でこの作品は乱れ出した。唐突という次元じゃない、話を真剣に見るのがアホらしくなったというか、噛み合わなくなった。これは、使徒という敵キャラが何故現れるのか、という次元じゃなかった。挙句に、その『ロンギヌスの槍』、宇宙に行ったまま、帰って来ない。投げっぱなし。意味合いが軽過ぎる。そう、軽過ぎるのである。

この軽さは単に槍だけではなかった。引き篭もり系で突発的に感情を爆発させる少年の主人公はいかにもな思春期のステレオタイプに仕上がっているんだが、なんというかずっとヒステリックで成長している気がしない。彼の成長を見せ、彼の苦悩の軌跡を描くことで、主題歌の歌詞にリンクしてくるはずなのに、ストーリーの展開では見ることもなかった。おかげで、それらすべてが、最終話とその前でてんこ盛りモリモリ特盛りにストーリーに乗ってしまい、ストーリーすら見えなくなってしまった。

世界観も同様だ。結局、面白いかなと思ってたらそんな感じだし、リアリティを追求しているようで、都合だけは良い設定(毎回ボコボコに破壊されまくりなんだが、割とすぐに直ってたり。あれだけ破壊されたら1年は補修にかかるんじゃないのかね)。終いには、ベートーヴェンの交響曲第9番4楽章とかかかったりするけどマッチしてない。

で、とにかく、この作品の主人公はいろいろと病んでる(みたい)。その主張度合いは激しい。しかし、その割には、その質は特別なものではなく、よって特別に不幸という感じに見えない。そう、誰しもそれぐらいのダークな部分を持って当たり前だろうし、そうした部分をうまくやりくりしながら大人になるんだろうよ、と思いつつ、若いからこそそれらの問題は『生きるか死ぬか』と解釈し立ち向かうことから始まるのもわかる。しかしだ、それをただ開けっぴろげに出してガチャガチャしているだけにしか見えないのだ、残念ながら。もっといえば、解決策のきっかけを与える存在ともいえる、本来あるべき大人のキャラクターが実はこの作品にいない。その役割を実践すべきキャラクターとして、主人公の父親が存在するものの、実はコイツがまったく大人ではない。自分のやりたいことをやる。強権的に従わせる。おかげで暴れ馬がアチコチで走り回る。『かまってかまって』ちゃんの図式。わかった、大人ではない。母性だ。ここには圧倒的に母性がない。誰一人、受け入れる姿勢がない。もちろん、それが監督の意図によって成されているのだが、その目的がわからない。

ガンダムのラストシーンを思い出す。アムロは泣きながら戦友のいる船に戻った。皆が受け入れようとした。戻る場所がそこにその瞬間に出来た。一方でエヴァンゲリオンのラスト。主人公の周りを登場人物が立ち、拍手する、『おめでとう。』と。この『おめでとう』は何への祝福なのか。大人の仲間入りなのか?ではその登場人物たちはすでに大人といえるのだろうか。それはポーズに過ぎはしないのか。また、関係性があるようで、『おめでとう』という言葉がもつ、何か場面に合わない、ある種の遮断の性質を感じるのは俺だけだろうか。

つまり、全体を覆うものが、こう、なんというか・・・

要するに、製作者が好きなものをガンガン放り込んで出来上がった鍋で、後始末は適当。そんな印象を受けるので、とてもじゃないが、何度も観たいと思うようなものじゃない。とにかく乱暴な作品、子供のような作品である。ガッカリする。ただ、そうした意味でいえば、ある種、世の中をそのまま反映させているのかもしれない。

このアニメこそが『今の世』であると。つまり、母性なき世を生きよということか?
毎度おなじみ流浪のメタボリック、mi1011である。

有酸素運動(ウオーキング・マラソン)してから無酸素運動(筋トレ・ダッシュ)しようと思ってたが、違うらしい。筋トレを週3日(※毎日は逆によくないらしい)し、基礎動作での代謝を高めるほうがはるかに運動より良いらしい。それでウオーキングをすべきらしい。と、友人KSKからもらった『一生太らない体の作り方』に書いてた。よって、本日より修正。

玉葱と鯖では、血液サラサラ効果が高いのは前者だと思っていたら、後者で、しかも10倍以上の違いがあるらしい。と友人ECHOさんからもらったメールに書いてた。よって、本日より修正。玉葱も取りつつ、鯖のヘビーローテーション。
女人禁制:企画は大事である
Please note 男性のみ閲覧可
*不快な気分になられる恐れが高いため、本原稿へ女性はアクセスしないで下さい。*
*それでも読むという女性の方は、それなりの心の広さでお願いします*
2N0016438_l.jpg
                     

日常に潜む非日常。

映画、文学、良質の旅番組、音楽の世界。挙げればキリがない。AVもその一つ。綺麗な女優をみるならAVじゃなくて一般作品で好きな女優を見た方がいい。決して交わることがない女性と擬似恋愛・擬似性交を行なったり、誰にも言えない心の闇の奥の、場合によっては意識すらしない趣向を刺激したり充足させる。シンプルな目的は抜かせること。ただその1点のみに特化。だからこそ、数多あるニーズに応え、産業として成り立つ。

中でも、単に性交に限らず、既存媒体では考えも付かない、馬鹿馬鹿しくも男の妄想世界にれっきとして存在する、アホなシチュエーションを描くことも、AVの仕事の一つに挙げても異論はないだろう。いわゆる、企画である。では、どのような作品に企画力を感じるか、簡単なサンプルを二つ挙げたい。

1)ムラムラした時、したい所で、誰とでもセックスが出来る方法!!

男のベクトルは常に外側にある。だから男は社会に従属し、社会に迎合する。そして、男の欲望は限りなくシンプルだ。そんなベクトルと欲望を繋げてみたのがこれ。妄想ではなく『法律で決まった事』で特殊なカード(少子化により優良精子保持者に与えられる子作りカード)を相手に見せるという設定が肝。分かりやすい傍若無人さと野蛮さとシンプルさこそが、男の本質なのかもしれない。と思わせるに十分。

http://www.dmm.co.jp/mono/dvd/-/list/=/article=series/id=72297/

2) これが限界ギリギリ露出街中潮吹き アクメ自転車がイクッ!!

これを考えた奴は間違いなく天才だ。先に述べたようにユーザーはAVに『作られた非日常』を期待する。しかし再生すると自転車。自転車。それは典型的な日常そのもののシンボルではないか。しかも、数ある移動手段の中でもコストがかからず、誰しもが生活で使う・あるいは使っていたことがある代物。日常でないか、この時点でユーザーは日常にいる。ところが、ここが凄い点で、日常というベースの中に、ありえない改造自転車+女優の組み合わせで非日常の素を作り出し、かつ、その自転車が動けば動くほど、ユーザーは日常の中に非日常を見出していく。日常と思ったものも実は計算されつくした非日常だったわけで、気が付けば、目撃者であり同行者であるユーザーが非日常を作り上げる共犯者となるのだ。この構造は本当に凄い。

http://www.dmm.co.jp/mono/dvd/-/detail/=/cid=1sdms103/
ツァイトガイスト【時代の精神】
『俺は嘘をつかない』

嘘ばっかりついている人間が口にするセンテンス。
『俺は嘘をつかない』
聴く人間は反論する。『オイ、それが嘘だろ』と。
何故なら、その人間がやってきたことが嘘ばっかりであることを知っているから。

では、知らなかったら?
『俺は嘘をつかない』
言葉はそのまま飲み込まれていくだろう。

この映画はドキュメントだ。3部で構成されている。
第1部 The Greatest Story ever told~史上最高の物語~で
宗教がいかなるものか、キリスト教が実はエジプトの太陽神の話が
元になっていること、いろんな国の神の話が元になっていること、
宗教が何のためにあるかを問う。

第2部 All The world's A Stage~世界が一つの舞台に~
9・11はテロでもなく、時代転換でもなく、陰謀でもなく、政策だった。
それを覆す理由がもはやどこにもない。

第3部 Don't mind the man behind the curtain~カーテンの裏の男は気にするな
金融とは、FRBとは、大恐慌とは、戦争とは、アメリカとは、世界とは。
アメロ?チップ?60年後?未来は?

ここまで観る者の足元を揺さぶる映画も、そうはないはずだ。
真理かどうかが問題なのではない。
真実しかない世界などないことに気付かないことが問題なのだ。
そう、最後にこの映画は貴方に問う。
目は開いているのか、閉じているのか、それとも、そのままでいいのかと。

お暇な方は是非観てほしい。
お暇じゃない方は暇を作って是非観てほしい。

http://jp.youtube.com/watch?v=-_eLaY-fQgE
http://www.zeitgeistmovie.com/
ect.jpg
なぜ、白ヤギの手紙は黒ヤギに読まれなかったのか?
デブだからさ。

驚いている。体調に。どうしたものかと。
胸の違和感は重くのしかかっているものの、言い表せない軽さがそこにある。それが何かと尋ねらたら、神は来たりてのたまふはずだ。『それって健康』と。健康とは、食事コントロールと運動調整を運命で掛けたもの。遅まきながらでも、クッキリしかも体が染み込んで散々痛い目にあって認識できただけでも、良かったと思う。

また、今までは『何かを削らないと』という発想だったが、これからは『何が足りないか』という発想が重要であることも、今まさに刺青の如く肉体に刻まれた次第である。

あとは、どこまで追求できるか、どこまで続けれるか。

(マイルール)
○魚・野菜を中心に、たまに肉。炭水化物、高コレステロール、塩分過多は避ける。
○コーヒーは1日1杯、チョコ・アイス謹慎処分。
○1週間に1食のみ好きな飯を食う以外は全てこれ
○1月は足腰、2月から腹筋。
○目標は2ヶ月間継続。
○目標数値は2ヶ月後に73kg、体脂肪25%を切る。


(参考)mi1011/ある一日の食事&運動

05:00 起床、豆乳摂取。朝食準備。シャワー、着替え、髭剃り、水やり、掃除。

05:30 朝食摂取【米、おかず、玉葱スライス、ひじき(orほうれん草)、リンゴ、青汁、ヨーグルト他】、薬
ddddImage106.jpg
06:20 電車

07:00 徒歩(40分=約6,000歩)

07:50 出社。家で煮出したユーワの焙煎イチョウ茶葉100%(500ml)を飲む。

12:20 昼食

18:00 会社を出る、夕食摂取(心斎橋食堂、米抜き¥1,000未満)、徒歩(40分=約6,000歩)
Imagdadadadae105.jpg

20:00 翌日の用意、買出、読書、TV鑑賞

22:00 就寝

>本日の体重75.3kg、体脂肪28.3%
孫の風景
孫に絡むようにオッサンが俺に絡んでくる。復帰早々困惑する日々。

『ちょ。ちょっとちょっと。これ、このメールみて、このメール。ええ感じで進んでるやろ。』
『あれや。俺が倒れても誰も悲しまんやろ。』
『新しいカタログできたで、みて。ほら、このデザイン。ええやろ?どう?ええやろ?』
『あ、さて。あ、さて。さては南京玉簾と。』
『雑誌、読んでいい?あれ、ない。ない。あれどこや。あのiPOD分解した記事が載ってるやつ。』
『家に帰ったら暇やろう、オモチャやろか?』

今日も、山田雅人の競馬ネタみたいなウザさのオッサンなのであった。
善意の風景
人は皆、痛んだ人間に優しい。社内で会う人が皆、俺に親切だ。なんと素晴らしきヒューマンラブかと、泣きながら俺は今猛烈にキーボードを叩いている。この頂いた気持ちを大切にして、これからは、

『それが年上に対する態度か』と怒られたり(実話)、

『給料泥棒』となじられたり(実話)、

『もっと働け』と命令されたり(実話)、

長期休暇後に復帰したら転勤を突然言い渡されたり(実話)、

『ポテチ食いながら会議で発言しないで下さい。』と注意されたり(実話)

『このフナムシ!』と脱いだばかりの靴を投げつけられたり(日常)、

面白くないんじゃと嘲られたら(日常)、

『っ。』

と呻きながら胸を押さえようかなと思ってる。
Imagezaa104.jpg
YOUごはんまだ?
どうも、ICHIGOちゃんです。

さて、朝10時に大正でフットサルの練習見学しに行ったはずが、午後4時半まで天王寺の喫茶店で声がなくなるまでどうでもいい話をしていたのは、何故なんだろうか。

さて、食事を夕方(18:00~19:00)か以降かで比較したら、細胞の関係で前者が圧倒的に良く、体重軽減にも良いと放送していた。早速やってみている。たしかに夜に消化が進み、就寝前には腹が減りかけ、寝起きに飢餓が待っている。75.9kg。素晴らしい。が、ここからが問題だ。出社するようになれば、OFFが17:30。会社~梅田徒歩計画を考慮すると、直進最短帰宅で19:00。準備を含めると19:30。そこで小生は考えた、とりあえず、17:30以降に外出して心斎橋食堂で飯を食いに行く。あとは、残業するか帰宅するか屁こくか。万事順風也。ん?

さて、リハビリ担当医から体力測定結果の面談があった。ドクターの言い分をラフに表現すれば次の通り→『まあ、大概の事は出来るやろうけど、さすがにフットサルとかの団体競技って心拍数測れないしなあ、正直、うちもあんまり責任とれんしなあ、まあそのへん自分がしんどい思ったらやめる方向でいったらええんとちゃうかな、あ、でも、もう1回いうけど、大概は出来るで。あと、永遠に運動せなあかんで。自分。倒れてるんやから。知らんで。』さらに、今日から5階でのウオーキングリハビリから、4階のインストラクターと体操リハビリと自転車こぎというメニューに1ステップアップ。自分で心電図センサーも取り付けするよう自立も促されつつ。

さて、というわけで、フットサルを再開・・・したい。
本日より復帰の風景
俺のリタイヤ。俺リタイヤ。リタイヤの俺。

いまさらだが、東京の支店でちょっとした話題になってたらしい。て、ちょっとか。ちゅーか、今、大阪に勤務しているのに、ホームで話題になってなかったんかい。まあいい。

とりあえず、関係各位にメールして本日復帰すると連絡したら、総務部から『復帰時期はこっちから連絡するから、リハビリとかそのへんは自分で説明しろよ』といわれて、理解に苦しむ仕事の振り方に苛立ちを隠せなかって即・心臓がきしみだしたので、これは不味いということで我慢して文面を以下のように考えて、掲示板に出すことにした。

関係各位
○○○○○○○○チーム mi1011です

年末に急性心筋梗塞で手術・入院しておりましたが、
本日午後より復帰することになりました。

リハビリも順調に進み、基礎体力もだいぶ復活してきました。
今後、診察を重ねながら、しばらくは毎週金曜の午前中に半休を頂いて
リハビリを実施していき、体力の復調具合によって頻度を延ばしていきたいと思います。
(リハビリの参考期間は約5ヶ月といわれております)

各方面よりお気遣い頂きましてどうも有り難うございます。
今後もいろいろと御迷惑をお掛けしますが、ぜひ宜しくお願いできますでしょうか。

以上、取り急ぎお礼とご連絡まで。

ぬん。
何書こうかね
トマトスープ、ひじき、玉葱スライスのマリネ、焼鯖、豚足、米、
以上が今日の夕ご飯。





体重、ふえとる。



はぁ
20070608_309706.jpg

なんか哀しくなってきた。もう笑おう。みんなで笑おうじゃないか。さあ、泣きながら笑おうや。





I Scream, You Scream, We All Scream for Ice Cream
やっと寒いと唸る冬。冬眠しつつ、本を読みながら、高校サッカーに喜ぶ。さて、近況ブックリストを挙げていこうかね。あ。本題は適当で。

・COURRiER Japon2月号
特集は”日本人化”するインド人の暮らし。特別付録はオバマ勝利演説。この雑誌は本当に面白い。社会人すべてにお奨め。

・迷惑な進化(NHK出版)
ニューヨークの進化医学研究者シャロン・モアレムによる遺伝子に関するお話。なぜ病気の遺伝子は受け継がれていくのか。読み難いけど新しい世界観が見える。

・走ることについて語るときに僕の語ること(文芸春秋刊)
盟友Gからのプレゼント。村上春樹による趣味(マラソン)にまつわるエッセー。村上春樹のあの軽妙で奇妙な文体が妙に重く感じるのは、「今」だからだろうか。「今」だからだろうな。

・メメント・モリ(情報センター出版局)
藤原新也の写真集+詩。死を想え。ニンゲンは犬に食われるほど自由だ。

・あぁ、阪神タイガース(角川書店 新書)
野村克也著。さすがノムさん。『「自分が勝ち星を挙げることがチームに貢献することになる」よくそんな発言をする選手がいる。(略)ヒットを打つことが、勝利投手になることがチームに貢献することになると考えること自体は間違いではない。「個人記録を伸ばすことでチームに貢献する」という考え方が、間違っているのである。「ヒットを打つことが、勝利投手になることがチームのためになる」というのと、「チームのためにヒットを打つ、勝利投手になる」というのは、明確に違う。野球は団体競技である。チームで戦うわけだ。』そうなんだ、その通りなんだ。

・人はカネで9割動く(ダイヤモンド社)
思惑を上回るか下回るかによって、お金は生き死にが決まるとな。要するに、もっと考えろということやね。

・合気道とラグビーを貫くもの(朝日新聞社 新書)
またしても内田樹。今回は元神鋼ラグビーの平尾剛との対談集。数値ではなくコーチングでもなく、もっと肉体と会話しろと。会話するのは俺。俺のOSをどんどん書き換えていけと。武道的スポーツのすすめ。

aj.jpg
HEY BULLDOG


Lennon/McCartney

Sheepdog
Standing in the rain,
Bullfrog
Doing it again
Some think that happinness is measured out in years
You don't know what it's like to listen to your fears

Child-like
No one understands,
Jack knife
In your sweaty hands,
Some think that happiness is measured out in miles
What makes you think you're something special when you smile

You can talk to me, if you're lonely you can talk to me

Big man
Walking in the park
Whigwam
Frightened of the dark
Some think that happiness is measured out in you
You think you know me but you haven't got a clue

You can talk to me, if you're lonely you can talk to me

雨の中に立つ牧羊犬
同じことを繰り返すウシガエル
旅した距離によって幸せの度合いを計ることもある
君はどうして自分の笑顔が天下一品だなんて思うんだい

誰にも理解できないくらい子供っぽくて
汗ばんだ手にジャックナイフを握りしめる君
年齢によって無邪気さの度合いを計ることもある
君は自分の内に潜む不安に耳を貸すことを知らない

僕に話せばいい 僕に話せよ
話し相手になってあげる
寂しいんなら僕に話しかけろよ

公園を散歩するでっかい男
闇をこわがるテント小屋
君を基準にして孤独の度合いを計ることもできそうだ
僕を知ってるはずなのに どうしていいかわからないんだろう

僕に話せばいい 僕に話せよ
話し相手になってあげる
寂しいんなら僕にはなしかけろよ
りはびる36
復帰に向けてカウントダウンが始まった。

40分歩いて病院に着いた。歩き過ぎた。脚、痛めた。リハビリに来るのに脚を痛め、痛めた脚でリハビリをする。いとおかし。30分歩く。結局、歩き過ぎは心臓が大きくなるのでやめておくようにと笑顔で
たしなめられる。帰りはさすがにバスに乗った。しかし、リハビリ初日に感じた、あの胸の嫌な感じがだいぶ払拭され、気分も落ち着きだして、いい気持ち。

食事制限はないようで、ある。つまり、自分次第だ。いろいろ調べてわかったことがある。塩分の多い食物については、最悪はコンソメの粉末らしい。即席麺や漬物や梅も多い。干物系も駄目。但し、お店のラーメンはそうでもない様子だ。チーズはパンと同じくらい。コレステロールは、最悪はご存知卵黄。自分の生活にあてはめて、どれやねんと思っていたら、わかった、俺が倒れた理由が。チョコである。心筋チョコ梗塞である。

では、逆に血液サラサラにするには、何を食すべきか。いずれも友人からの情報だが、①イチョウ茶葉のお茶②豆乳。早速、①はネットで購入、②はもう飲んでる。さらに、玉葱のスライスも良いらしいので、これも採用。あと、魚系。おかげで毎日ダイエーでさかなのテーマを聴きながら刺身を物色中だ。

十分な運動に健康食。これで体重75・血圧120-80ラインを打破して、2月6日の診察で薬を減らしてもらえるよう頑張るしかない。
焼肉食べたいわ。ほんま。つけ麺も食いたいわ。ほんま。大勝軒いきたいわ。ほんま。ってほんまって何回いうてんねん。
昨日、派遣村で寝てる夢をみた。

さて、今でこそビデオ録画がサッパリ分からなくて元妻に質問する俺だが、その昔、あれはVAIO全盛期、「なんちゃってデジタルキッズ」と会社で呼ばれたもんだ。会社かい。とにかく、取説を如何に読まずに使いこなすか、これが「キッズ」の最低限ルールなもんで結局スペックをフル活用することもなく、次のモデルが出てきてメーカーに踊らされるという、いわゆる、アホな客だったわけだ。あの頃が懐かしい。

そんな、昔は良かったデジタルキッズが、今や、なんちゃってどころじゃなくて深刻に命が懸かるメタボ改め、心臓70%稼動の男だ。笑い話にもならん。まず、俺が何をやらないといけないかといえば、俺が俺を知ることから始めることと申し上げても異論はあるまい。そう、体重・体脂肪・内臓脂肪・・・
そうと分かればいつも行動だけ速い、どっちかというとその速度だけを競っている観のある俺は、すぐにアマゾンで、OMRON 体重体組成計 カラダスキャン HBF-354IT を買った。
51V4VNNWX9L__SS400_.jpg

この右上をみてほしい。なんと、これは万歩計である。だからなんやねん。いや、やねんちゃうねん。
この万歩計が体重計についている。だからなんやねんと。ちがう。なんと、これ、データを送信することも出来る上、体重計のハンドルにセットも出来てデータを出力することも出来る。どうだ、凄いだろ!!嗚呼、凄い。これは凄い。めちゃくちゃ凄い。どうよ、これ、もっと驚けよ。凄いやろ。うん、凄い。使わないけどね。

なんかキチガイ動画を載せたい気分なので。

風Ⅲ
朝9時にむりやり起こされたら雪が降ってるじゃないか

Imrage128.jpg
(写真)外は寒い。俺は太い。

清荒神に厄払いに行く予定だったが、元々厄もなければ体力もないので、
予定はキャンセルにして僕は風呂に入った。

こたつで本を読んだり寝たり寝たり寝たりしているうちに
腹が減ってきたので、水で飢えをしのいだ。

やっぱり実家は寒い

Imadge129.jpg
(写真)おやつの水
ERIC the KING
1994年5月26日、貴方は何をしていたか、ご記憶か。

俺は神戸ユニバー記念競技場にいた。 土砂降りの雨だった。キリンカップだった。アメリカワールドカップ最終予選でブルガリアにロスタイムでぶち込まれて沈んだフランス代表とオーストリア代表の試合だった。スコアは1-0。大雨でパスなんて通りもしないような状態だったが、それでもフランスが試合を支配していた記憶がある(しかしゲームとしては何も観るべきものがないのも事実だった)。何度、あの豪雨を恨んだことか。唯一の得点者、その男、エリック・カントナ。ゴールした彼は客先に向かって両手を挙げた。大雨で日本代表も絡まず山奥でやるような試合に来るのは、完全サッカーバカだけなんだが、そのバカ観衆たちはその姿に歓声を上げた。すると、またカントナは両手を挙げた。異国で、こんな試合で、こんな天候なのに。ちょっとした感動だった。今でも思う。カントナこそ偉大だ。

「無駄なシュートなんて一本もない。」
「世間では普通と違う人間を異常と呼ぶ。私はそう呼ばれることを誇りに思っている」
「監督やチームメイトが何を言おうが関係ないね。興味がわかない。」
「打て。」
「フットボールで最も重要なのは、集団として何をするかだ。個人として注目を浴びたいなら、私はテニスをやる。あるいは素敵な女性をパートナーにして混合ダブルスをやる。」

「確かにカントナには数えきれない程の欠点がある。彼は人の指図を受けない人間だ。しかし、彼が我がクラブにもたらした最大の功績は、完璧を目指すならトレーニングを疎かにするなということを思い出させてくれたことだ」アレックス・ファーガソン

マンUではクラブファンが選ぶ「20世紀を代表する選手」に選ばれた。圧倒的な存在感と重戦車のような体でピッチを駆け回り、相手選手を威圧。しかしそのボール捌きは天才的で、技術的には完璧に近かった。これだけなら他にも優れた選手はいるが、カントナをカントナたらしめたのはその類まれなるイマジネーションであった。ピッチ上で彼に不可能は無く、彼の頭の中で試合をしているような、それほど他の選手に影響力のある選手だった。ユニフォームの襟を立てる着こなしは、彼が元祖といわれる。
以上、エリック・カントナ(Wiki)より抜粋

この「ドヤ顔」をみよ。
ひとつ、フットボールについて考えてみた
炎のような勇気も、屈しないプライドも、眼も当てられない争いも、夢の香りも、言いにくい弱みも、貴方のいいたくない悩みも、悪魔の戯れも、突然のオーガズムも、犬も、一か八かの戦術も、天国から地獄へ落ちるスピードも、未来への気付きも、計算しない抱擁も、何気ないかわい気も、路上の辛さも、重力が認めた無回転も、春夏秋冬も、隠し通す暴力も、分かり合えない議事録も、アウェーの洗礼も、止めることが出来ない自己憐憫も、スペースも、座席の傾斜も、せせこましいビジネスも、血も、わずかな俺の自慢も、無という瞬間も、今を戦う者も、見上げるとそこにある空も、詩人も、引き取り手が見つからない不安も、ふらりと立ち寄る夜も、魅了される罵声も、艶かしいルーレットも、別れも、難しい選択も、軽々しい戦略眼も、黄色と赤の言葉も、ひまわりも、介錯も、百年に一度の無邪気も、予約席も、You Never Walk Aloneも、努力で作られた結晶も、永遠の一瞬も、点差が生み出す険しさも、肩車も、荒々しい語彙も、豚の骨も、旗揚げされたミーハーも、闇も、別れの溜息も、透明な計画も、肩を抱く天使も、つぶらな詐欺師も、鳴り物入りの新人も、時間の約束も、形になった信念も、泥棒も、抒情詩的な睨み合いも、よくある伝説も、観衆の雪崩も、突き抜ける風も、呼吸も、へたくそも、外れた天気予報も、運命も、とっておきの負け惜しみも、愛だの恋だのも、王様のパレードも、地平線も、仕掛けのないトリックも、今年の契約書も、文字に描けない表現も、50円引きも、やり場のない哲学も、海の青も、人の命も、歴史を背負った名前も、銀の紙ふぶきも、視点と論理も、この世で一番辛い職業も、やる気のないポーズも、汚い過去も、鍵をなくした金庫も、やせ我慢する痛みも、物理学者の興味を沸かせるFKも、キャプテンマークの「C」も、惨めな帰り道も、天才画家の売れないスケッチも、「Some people think football is a matter of life and death. I assure you, it's much more serious than that"」も、1986も、ストッキングに隠した掛け金も、誰も近寄らせない苦しみも、近所の眼も、見えないオフサイドラインをくぐり抜ける狡猾さも、無理な体勢も、聴いたことがないリズムも、祈りも、茶色のユニフォームも、無機質な汽笛も、湧き上がるベクトルも、信じられない跳躍も、運も、雪にも夏の暑さにも負けぬ丈夫なからだも、コピーしたアイデアも、白紙の台本も、ゆりかごも、ためらわない握手も、札束の皮算も、それぞれの解釈も、子供も、揺れるネットも、簡単な怒りも、圧倒的な才能の前にひれ伏す思い切りも、曲芸も、乾坤一擲も、緻密な間違いも、来る光も、手の使い方も、止め処もない悲しみの果てにある笑いも、「POR UNA CABEZA」も、靴磨きも、虹のようなカーブも、響き渡るタックルの衝突音も、汗も、靴ヒモのジンクスも、明日も、たまにしか見せない技術も、声も、ステンドグラスの色彩も、軌跡も、誰も知らなかった沈黙も、心に立ち寄る紳士も、偶然に出会ったパスも、湧き上がる熱情も、神も、今出来上がったばかりのストーリーも、忘れられない日付も、やがて来る朝も、すべてフットボールの中にある。

信じて頂いてかまわない。
猫はこたつでI can say goodbye
ベイベー、悲願成就は目前だ。

体重76kgを切りそうだ。ようやく、山は動き出したベイベー。そんな若干右斜め上のベクトル旦那の俺ベイベーが、退院最後のミッションである体力測定に臨んだ、畜生。

体力測定の概要を説明しよう。左手に血圧計、口と鼻に呼吸マスク、上半身に10箇所の電極をつけて、自転車に乗る。そして、負荷がどんどんかけられていく中、こぐ。ロッキー4のどら子のような最新科学の集大成的な風貌。リタイヤ宣言したら測定終了の1回こっきり。

結論をいおう。プロセスを説明するのが面倒くさい。20代後半の体力だそうだ。看護士が「恐るべしフットサル・・・」としきりにつぶやくその横で、脇から出た汗が気になってしょうがなかった36歳。

20代後半の体力に60代の血管?
暴発必至の内田裕也ベイベー。
退院する男
心はギャル曽根、体は中曽根。

失礼。

シャバの空気はうまい。しかし、毎週のリハビリはうまくない。5ヶ月間も続くから更にうまくない。
いつも側におった、ラーメンとも、焼き鳥とも、焼肉とも、チョコとも、生クリームとも、つけ麺とも、
しばし袂を分かたねばなるまい。これは、五臓六腑・臥薪嘗胆・七つの海を覆うほどにうまくない。

うっ なっ!? と・・・翔べぬ!! あ・・・脚が!! うっく!!

鳳凰すでに翔ばず!! 


貴様は翼をももがれたのだ!!
勝負あったな!!

フッククそうか・・・ 鎧もはがれ翼までもがれたというわけか!! 


だが!! 

俺は聖帝サウザー!!南斗六星の帝王!!

ひ・・・退かぬ!!


媚びぬ省みぬ!!


帝王に逃走はないのだーー!!



91DE8940.jpg
ブルースにハンバーグ
とっかえひっかえ、看護士がかわる。営業マンにもいろいろな種類がいるように、看護士もまたいろいろだ。オッサンみたいなのとか、眼も合わさないのとか、適当極まりないのとか、エトセトラ。今日午前の担当看護士は親切だ。いろいろと心配してくれる。だからついつい適当に世間話をしているうちに、自分の心電図がみたくなったので、初めて見せてもらった。

医療ドラマで見受けられるような、プラス側のパルス波形。ぴっこんぴっこんというアレ、あの、「先生、患者の波形が止まりそうです!!」というアレ、
ではない。
逆である。逆波形。マイナス側にパルスしている。これは一体どうなっているのやらと聴いたところ、
心筋梗塞にやられた心臓はこんな感じらしく、要するに壊死しているので通常の心臓よりも貧弱らしい。しかも、この波形は二度と戻らない。よって、本当に以前の運動が出来るかは未知数で、リハビリの推移で主治医との相談になるという。ああ、こんな波形じゃ昔みたいなプレーは出来ないのか。
これが本当のマイナス志向・・・お後がよろしいようで。

わーい、昼飯、ハンバーグやで
Image127.jpg
草原のマルコ
椅子を相手にストレッチする、
そんな俺の横で同じようにストレッチしているのは爺。

昨日測定して判明した自分の歩行速度に合わせて点灯するランプが埋め込まれた
最新式トラックを歩く、そんな俺が横を抜くのは爺。

慣れない自転車をこぎながら目標回転に注意する、
そんな俺の横でこいでいるのは爺。

運動後に血圧を測定する、そんな俺の前で
先に血圧測定して俺を待たせているのは爺。

ここで一句 見渡せば 花も紅葉もなかりけり



作詞/深沢一夫 作曲・編曲/坂田晃一 歌/大杉久美子

はるか草原を ひとつかみの雲が あてもなくさまよい とんでゆく
山もなく谷もなく 何も見えはしない
けれどマルコ おまえはきたんだ アンデスにつづく この道を
さあ出発だ 今 陽が昇る
希望の光両手につかみ ポンチョに夜明けの風はらませて
かあさんのいる あの空の下 はるかな北を めざせ

小さな胸の中に きざみつけた願い かあさんの面影 もえてゆく
風のうた草の海 さえぎるものはない
そしてマルコ おまえはきたんだ かあさんをたずね この道を
さあ出発だ 今 陽が昇る
行く手にうかぶ朝焼けの道 ふくらむ胸にあこがれだいて
かあさんに会える 喜びの日を はるかにおもい えがけ
仔象の行進
一月も既に5日が過ぎている。

年末に発症してから2週間が経ってようやくリハビリの舞台に立てた。いわゆる「仕事始め」改め「リハビリ始め」。これはこれでようやくというか、タイミングよいのか悪いのか判断つきにくい気分だ。安静期間が必要以上に長過ぎたから。体が弱っている、それを深く感じる。だからといって沈思黙考している場合でもない。始めないと。

院内にあるリハビリセンターで、基礎データ収集が始まる。上半身に8つのコードに繋がった電極をつけ、右腕には血圧計、左前のモニターに心電図、そして目の前にロードランナーと親切なトレーナー2人。

歩行・分速80m×30分。心拍数140で運動ストップすることを目標に、坂道かつ通常のジョグレベルでランニング。予想通り、脹脛やハムストリングに金属板のような痛みが張り付く。こないだ梅田まで歩いていたのにもう筋肉が落ちている現実に頭を垂れる。しかし、脚は止めず、かろうじて無事にメニューを消化する。

診断としては問題なく運動耐容能は良好で心臓リハビリ参加OKが出る。

実施計画書を頂き、病室に戻りながら読んでいると、週1回フットサルとメモ書きの横に
「心疾患予防としては回数不足」とのコメントあり。

どうやら、神は俺にアクティブさをひどく要求されているご様子だ。
オシム帰る
別れのない出会いはない。しかし、出会ったからこそ別れがある。それでいて、いい出会いはいい別れになる。いい別れ、それは「もう会えない」悲しみと「また会いたい」希望が心の中で寸分狂いなく重なった瞬間だと、俺は思う。

リハビリを終えたイビチャ・オシム前サッカー日本代表監督が昨日、成田発の航空機で自宅のあるオーストリアに帰国した。 空港には約300人のファンが駆けつけ、帰国を惜しんだ。氏は日本サッカー協会とのアドバイザー契約を更新せず、帰国して静養する。

見たかったな、オシムが率いるA代表が躍動する姿を。本当に見たかった。強豪の欧州や南米という列強に、尊敬しながらも屈服することなく、日本の代表としての能力と智恵と誇りをすべてぶつける姿を。悔いという概念の欠片がないほどにぶつける姿を、見たかった。

オシムの空港での言葉は次の通り。

「今まで私は自問自答してきました。私自身、日本で何事かを成し遂げたのだろうかと。 その答えはいまだに出ていませんが、今日この時この場に私を見送りにきてくれたたくさんの人々がいることで、そんなことは考える必要がないと思い直しました。 何かを成し遂げたかを自問するより、私が日本の人々から受け取ったものを感謝し大切にしてゆくことの方がはるかに重要だということです。 私は人生の中で数えるほどしか泣きませんが、きょうはそのうちの1つ。 感情をコントロールするのが難しい。とてもうれしい。 東京オリンピックの時から積み重ねた日本への想い、皆さんの支えに 心から御礼を言いたい。ありがとう。」

こちらこそありがとう、オシム。
ヨシアキがやってきた
東京からヨシアキがお見舞いに来てくれた、2冊の本を持って。


aImage124.jpg
1冊目。これは辛い。

aImage126.jpg
2冊目。これはひどい。
女人禁制:匠を知る
Please note 男性のみ閲覧可
*不快な気分になられる恐れが高いため、本原稿へ女性はアクセスしないで下さい。*
*それでも読むという女性の方は、それなりの心の広さでお願いします*
                       2N0016438_l.jpg
               
『ダーウィンが来た!』を観るのが人生唯一の楽しみの、俺。

入院して早2週間が過ぎようとし、冬を迎え、俺は偉そうに個室にいる。そして俺は心臓が弱っている。だから軽度の運動、それが一段の階段ですら鼓動を意識せざるを得ない。たった一段ですら。しかも、ふと出入り口をみると、看護士がスナイパーのように覗いていることがある。それが仕事なんだから仕方がない。トイレに何かを持ち込もうとすると、巡回の看護士に眼をつけられる。これらの物理的状況から、ある一つの結論が見いだせれることだろう。

オナニーできない。

さて、出来ないなら出来ないなりに、退院後のことを考えて、あれやこれやとリサーチすることは出来る。以下が最近のお気に入り。キーワードは『匠の技』

佐伯奈々:童顔に大柄・ナイスバディ。声は色気がないものの、タフ&ヘビーなプレーも楽しくニコニコこなしてしまう。松坂大輔の適応力である。

雪野ひかる:参った。本当に参った。ディープスロートのオンパレード。絡みよりも深み。この縦の動きは不世出。俺の物差しではそのスケールは計れない。そんだけデカイのにお腹一杯なのに胸もでかい。三球三振。野茂英雄のフォークとストレートである。

星優乃:縦の変化が雪野であれば、横の変化は彼女。蛇か、おまえは。なんでそこまで曲がる。ありとあらゆる力学をゴミ箱に飛ばす。恐るべき、タン。絡まなくていい。お腹一杯。伊藤智仁のスライダーである。

佐倉あやめ:彼女を知らずに尻を語ってきた自分の青さ加減にいらつく。童顔・ペチャパイ。だが、この女、暴尻につき。なんでこんなに引き締まっとんねん。その答えは本編にあった。暴れん坊騎乗位。尻が男を食ってる。西本聖のシュートである。

美優千奈:キレイではない。スタイルはよい。限りなく普通である。しかし、エロいとは何か。彼女が語っている。なんというか、女がみて一番わからない、『男が理屈なく好きな』女が、ここにいる。しかも大阪弁である。門田博光のスイングである。

神谷姫:AVにとって何が一番大事なのか。つきつめればAVとは何か。論点をかえる。料理にとって何が大事か。味か?違う、匂いだ。ではAVとは?声だ。顔はたしかにキレイだ。それ以上に声で負ける。これもまた女優と呼ばれるゆえんか。稲尾和久のコントロールである。
I´m Waiting For The Man


Velvet Underground - I´m Waiting For The Man

I'm waiting for my man
Twenty-six dollars in my hand
Up to Lexington, 125
Feel sick and dirty, more dead than alive
I'm waiting for my man

Hey, white boy, what you doin' uptown?
Hey, white boy, you chasin' our women around?
Oh pardon me sir, it's the furthest from my mind
I'm just lookin' for a dear, dear friend of mine
I'm waiting for my man

Here he comes, he's all dressed in black
PR shoes and a big straw hat
He's never early, he's always late
First thing you learn is you always gotta wait
I'm waiting for my man

Up to a Brownstone, up three flights of stairs
Everybody's pinned you, but nobody cares
He's got the works, gives you sweet taste
Ah then you gotta split because you got no time to waste
I'm waiting for my man

Baby don't you holler, darlin' don't you bawl and shout

I'm feeling good, you know I'm gonna work it on out
I'm feeling good, I'm feeling oh so fine
Until tomorrow, but that's just some other time
I'm waiting for my man

俺は男を待ってるんだ
26ドル握りしめて
レキシントン125を上がって、
気分が悪くて病気みたいだ、生きるより死んでるほうがまし
俺は男を待ってるんだ

ヘイ, ホワイトボーイ, アップタウンで何をやってる?
ヘイ, ホワイトボーイ, ここらで俺たちの女を追っかけてるのか?
申し訳ない旦那, そんなつもりは全くないんだ
俺はただ、俺の友達を探してるだけなんだから
俺は男を待ってるんだ

奴がやって来た、上から下まで黒づくめ
PR靴と麦藁帽子をかぶってる
彼は決して急がない、彼はいつでも遅れてくる
君が最初に学ぶべきことは、君は待たなくちゃいけないってことだ
俺は男を待ってるんだ

ブラウンストーン(を正面に用いた)の家に上がる,階段で3階まで上がる
みんな君に気がつかない、誰も君を気にしない
彼は仕事を片付ける, 甘い味わい
その後君は、すぐその場を離れる,無駄なことに使ってる時間はないから
俺は男を待ってるんだ

ベイビー おまえは騒がないだろ、ダーリン 怒鳴りも叫びもしないだろう
俺はすごくいい気分、なんとかうまくやっていけるさ
すごくいい気分なんだ、俺はとても素晴らしい気持ちだ
明日までは、でもそれはいつか他の時間
俺は男を待ってるんだ
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。