無料ホームページ ブログ(blog)
mi1011.net2008年07月
mi1011.net
または私は如何にして心配するのを止めて人生を愛するようになったか
200806<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200808
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Desperado
Desperado, why don't you come to your senses?
You been out ridin' fences for so long now
Oh, you're a hard one
I know that you got your reasons
These things that are pleasin' you
Can hurt you somehow

デスペラード,目を覚ましたらどうだい
もう長い間フェンスの上に腰掛けてるね
頑固者だね,君は
自分なりの理由があるのはわかるけど
君が楽しいと思っていることが
本当は自分自身を傷つけているんだよ

Don't you draw the queen of diamonds, boy
She'll beat you if she's able
You know the queen of hearts is always your best bet

ダイヤのクイーンを引くだなんて
場合によっては君は負けちゃうんだよ
ハートのクイーンが一番いい手なのを知っているくせに

Now it seems to me, some fine things
Have been laid upon your table
But you only want the ones that you can't get

ボクにはいいカードと思うのが
テーブルに並んでいるのに
君は手に入らないようなのしか狙わないんだね

Desperado, oh, you ain't gettin' no younger
Your pain and your hunger, they're drivin' you home
And freedom, oh freedom well, that's just some people talkin'
You're prisoner walking through this world all alone

デスペラード, 君はもう若くないんだぜ
節々が痛くなって腹が減ると家に帰るんだね
そして自由になりたいからだって, そう,そう言う人間もいるけどね
君ってこの世を一人ぼっちで歩いている囚人さ

Don't your feet get cold in the winter time?
The sky won't snow and the sun won't shine
It's hard to tell the night time from the day
You're losin' all your highs and lows
Ain't it funny how the feeling goes away?

冬になると足が冷えるだろ?
雪も降らないし太陽も輝かない
夜も昼も区別がつかなくなっている
気持ちの高ぶりも落ち込みもなくなっている
感情がなくなるっておかしなことじゃないか

Desperado, why don't you come to your senses?
Come down from your fences, open the gate
It may be rainin', but there's a rainbow above you
You better let somebody love you, before it's too late

デスペラード,目を覚ましたらどうなんだい
さあ,フェンスから降りてゲートを開けなよ
雨が降っているかもしれないけど虹だって頭の上にある
誰かが君を愛してくれるようにしなよ, 遅くならないうちに

(Those were the Daysより引用 訳:HideS)
スポンサーサイト
チームにまつわる考察に関するメモ
「個人の卓越したパフォーマンスが偉大なチームを作るのではない。
エゴを捨て、同じ目標に向かって団結する選手たちの力がチームを成功に導くのだ。」
フィル・ジャクソン

「集団のパフォーマンスは退嬰的な目的によっては決して高まることがない、という平明なる人間的事実である。与えられた仕事の範囲を超えて責任を取り、創意工夫を行うことを喜びとするメンバーをどうやって内部に組織的に生み出すのか、それを長であればまず考慮しなければならない。オーバーアチーブメントを支えるのは士気であり、これは数値的に表示されない。そして、「金の全能性」イデオロギーの信奉者の最大の弱点は、数値的に表示されないものを「ゼロ査定」してしまうということにある。」
内田樹

「情熱は、必ず人を承服させる唯一の雄弁家である。」
ラ・ロシュフコー

「『私が理想とする夫婦の形は、互いをさらけ出して本心で語り合い、ときには ぶつけ合って切磋琢磨していくものでした。しかし、彼は多くを語らないタイプ。徐々に彼とは 深い部分で通じ合えないと感じ始めた(宮崎ますみ)』こういう事いう女は多いが、反論するといきりたって議論にならなかったりする 。「冷静な話にならない」「言っても意味がない」だったりする。マトモな論理は通じない。 こちらが「1+1=2だよ」と言っても、 「1+1=3なのにあなたは5だと言った!」と怒る動物だ。結局私の話を聞いて!!!ってだけなんだよな。宮崎ますみは自分が見えていないのだろう。おれは、論理が通じないことで諦めた。 楽になった。」
名無し
魅せられて・・・夏
横浜vsオリックスにおける椎野茂アナの凄まじい毒舌実況
http://jp.youtube.com/watch?v=Xjue1DNIby8&feature=related

羽生大逆転で123「あれっ?あれあれ?ひぇーーー」
http://jp.youtube.com/watch?v=9qrSP6UZAjY&feature=related

あらびき団 ガリガリガリクソン 7回目(ニート漫談)
http://jp.youtube.com/watch?v=f8fuJad9EkU

神々の遊び 5回目
http://jp.youtube.com/watch?v=YnI-ivRee8A&feature=related

ジミー&さんま①
http://jp.youtube.com/watch?v=tNAMU7-ju-I&feature=related
ジミー&さんま②
http://jp.youtube.com/watch?v=WbHv2VWpiU0&feature=related
ジミー&さんま③
http://jp.youtube.com/watch?v=1JmzUA0wtXg&feature=related
猫にフリスキーモンプチですよ。豚まっしぐらですよ。
だから、太っている奴に「太る」「太る」言うなって言っただろうに。なんだ幻聴か。さてネットでこんなこと書いてた。「もう遅い」「どうせやっても無駄」なんて思わないで、今から始めればまだ間に合うかも♪

って『かも』ってなんや、『かも』って!!うるさいわ!痩せれねーんだっつーーーーーの。『かも』じゃねーよ、『かも』じゃ。2回いうったったわ。新陳代謝も急落の一途。それはもう、ゲェーッ!マジやばくね?だわ。そんなDデーまでにできるだけ痩せなければいけない。Bデーかもしれんが。ベリー・デー(腹の日)だから。で、とりあえず、いろいろみた。

●プチ断食ダイエット
テレビでもおなじみのいしはら先生が、好きな物を食べながら、からだのなかからキレイになれる、究極のダイエット法を教えます!
>これは一番ダメパターンですわ。まずね、痩せない。リバウンドする。太る。本当ね、俺のこの太った醜いボディをみろよ。ポケモンじゃーーーないんだぜ。

●ズボラ式ダイエットでみるみるヤセた!
カロリー計算にハードな運動、高額エステはもういらない。ラクラク続けられる目からウロコのダイエットでズボラな貴女もスリムに!
>基本的にズボラだから太るのよ。だからズボラにダイエットてね、もう、あれ、猫にフリスキーモンプチですよ。豚まっしぐらですよ。

●8歳「美しいカラダ」になる
キレイとハッピーはカラダの中でつくられる!正しいダイエット法、食レッスン、エクササイズで実年齢より8歳も若く見られる方法!
>えーっと、別にキレイじゃなくていいからね。まあ、キレイだからハッピーじゃないからな。8歳?28か・・・あんときもデブやった気が。

●サンプラザ中野の簡単“健幸”マニュアル
これだけやれば125歳までピンピンだ! アタマで痩せる!健康ダイエット法。24kg痩せて“健幸”になったサンプラザ中野の理論。
>被験者がサンプラザ中野というところがミソやわな。あんまり有り難味がないというか。痩せる前にメガネ外せよと。パッパラ河合とはどうなったのよと。

●男子禁制☆Hでコワい女子の噂話 SMダイエット、痩せるリップクリーム
ダイエットや健康に関する商品やお店は、みんなが興味をもっているもの。だから、そこにつけ込んで悪さを働く人も当然いるわけで…。
>SMダイエットなあ。ダイエット自体がSMやから、なんというか、ナンデンカンデンというか、頭痛が痛いというか。要するに同じじゃないのか。痩せるリップクリームて、リップじゃなくてモップだろ。
Now that’s thinking out of the box!
「自分で自分を追い込まないと何も変化は起こらない。ハードルを越えると、もっと高いハードルが待っているだけ。そのハードルを飛び越えること自体を喜びとしなければ、喜びに出来なければ人生はとてもつらい。失敗や挫折から学べるようになれば、人生の勝利者になれる。」
宮本哲也

「あなた方は勇気を持っているか おお、私の兄弟達よあなた方は豪胆であるか 目撃者のあるところの勇気ではなく、もはや見ている神もない孤独者の勇気、鷲の勇気を持っているか」
ニーチェ

「誰かが予想した未来は必ずやってこない。誰も予想しなかったことが起こる。手前勝手な浅知恵で思い付きな未来を予見した所で、何の意味もない。 では何をすればいいのか? 最悪なケースさえ避ければよい。具体的なものではなく、抽象的な未来を目指す。それだけでよい。 」
名無し

「神はいない。 耐えれば幸せがいつか来るのも嘘。耐えればとても小さな事が幸せに感じるようになるだけ。餓死しそうな時に米粒だけでも美味しいと思うのと一緒。」
名無し

正法眼蔵(岩波文庫)

I thought what I'd do was,I'd pretend I was one of those deaf-mutes.
僕は耳と目を閉じ、口を噤んだ人間になろうと考えたんだ。
J・D・サリンジャー
ほなけど、もう…、何が何やら分からんようになってね
徳島のおばはん(元嘱託職員)による6億円横領事件。逮捕前のインタビューを見た。おばはん、顔を隠して息子を信用したばかりに、とか、なんやらかんやらいうて、嘘泣きしてた。騙されたとかいう前に横領してるおばはんに、ひいいいいいいいい!タイトルはそんな彼女の一言から。

さて、今日の1曲、いってみようか。
吉田拓郎の「たどりついたらいつも雨ふり」。氷室京介のカヴァーでどうぞ。
http://www.youtube.com/watch?v=MAplxoK-DNI&feature=related

疲れ果てていることは
誰にもかくせはしないだろう
ところがおいらは何のために
こんなに疲れてしまったのか
今日という日がそんなにも
大きな一日とは思わないが
それでもやっぱり考えてしまう
アーこのけだるさは何だ

いつかはどこかへ落ちつこうと
心の置き場を捜すだけ
たどりついたらいつも雨ふり
そんなことのくりかえし
やっとこれでおいらの旅も
終わったのかと思ったら
いつものことではあるけれど
アーここもやっぱりどしゃぶりさ

心の中に傘をさして
はだしで歩いてる自分がみえる

人の言葉が右の耳から左の耳へと
通りすぎる
それ程おいらの頭の中は
からっぽになっちまってる
今日は何故かおだやかで
知らん顔してる自分が見える
真説 ザ・ワールド・イズ・マイン
この漫画は生きている。
ヌメっとした感触が視覚を襲い、台詞と状況が心を押し潰す。呼吸している。その息を臭いと感じるか、温かいと感じるか、人それぞれだろう。だが、この漫画は狂っていない。読めば読むほど、そう確信する。残酷なのに希望が沸く。

OASISのリアム・ギャラガーがモデルと思われる主人公たちが無差別殺戮を繰り返す。『~I need to be myself(♪Supersonic)~俺は俺を肯定する』と呟きながら。その留まることを知らない大きな暴力のウネリの中で、さまざまな人々が踊り、狂い、歌い、死ぬ。そんな漫画は狂っているに決まっているではないかと、貴方が言うとする。しかし、人間とは、思想とは、生活とは、命とは、人を受け入れることとは、それらの答えを今、貴方はその手の中にお持ちだろうか。誰しもそれなりの答えがあるやもしれないが、それなりに過ぎない。答えはない。乱雑な落書きを緻密に描く、その書き手の視線は常に優しい。

抗うな。受け入れろ。すべては繋がっている。
そう叫んでいる。
51kniyKODrL__SL500_AA240_.jpg
キングダム
友人M本氏からの推薦図書として紹介を受け、最新刊まで読んだ。また漫画である。

舞台は中国・春秋戦国時代。大将軍を目指す少年・信と後の始皇帝となる秦王・政の物語。思い出したのだが、本宮ひろ志の『赤龍王』をご存知だろうか。そう、秦末期から始まり劉邦と項羽のあれである。あの『赤龍王』は始皇帝の死から始まる。鷲鼻で威圧的なオーラを纏い圧倒的な存在感の帝王。それが始皇帝。それが死からではなく生;その若かりし日々を、一武将の主人公と共に過ごす形式を取ったことで、このストーリーの根幹は画期的だといえる。

ところが、大将軍を目指す信がそんなに強そうに見えない。もっとはっきりいえば、魅力的じゃない。にもかかわらず、死なない。それが神懸り的ではないから死なないことに戸惑う。神懸り的に死なないといえば、新井英樹の『ザ ワールド イズ マイン』のモンちゃんが両手を広げてピストルの弾の中をすり抜けていくシーンにつきる。あれほどのカリスマ性がないと表現できないものなんだが、信の場合、神が懸かっていない。だからガッカリである。秦王の政もしかり。常に眼が開きっ放し。いくらカリスマのある役柄とはいえ、極端過ぎる。

さらにひどいのは、特に序盤、敵を倒せばさらに強敵が出現する、いわゆる『ジャンプのインフレ』現象が発生しているので、表現が実に軽い。せっかくの壮大さがヘナヘナだ。男塾とか星矢かと思ったほどだ。また、カオスな春秋戦国時代を表現するのであれば、ばったバタバタバタバタ人が死にまくるのは悪くないのかもしれないが、あまりにもデフォルメされ過ぎて、心の機微や微妙な駆け引きの欠片もないようでは、食傷気味になるのはいたしかたない。要するに、題材の割に粗雑。

なんでも、作者はこの漫画が初めてのストーリー漫画だという。なるほど、大人の題材(大河ドラマ・戦略)を使いながら子供騙し(ジャンプのインフレ)を取り入れるあたり、まるでヤングジャンプやなと思っていたら、本当にヤングジャンプ連載と知って笑った。つまり、作者が悪いのではなく、明らかに編集者が悪い。たしかにヒットもしているらしいし、ある程度ヒットしないと本当にしたい内容も出来ないだろう。事実、10巻を超えてようやく『武力だけではない』攻め方を提示しつつあるので、これからに期待したいところだが、それまでの展開は読者を限定した感が強く、自分の持ち物なら即ブックオフ直行だなと思った次第である。

キングダム(原泰久著 集英社)
619g11yTjOL__SL500_AA240_.jpg
ラーメン、つけ麺、僕バケツラーメン
友人KSKに会った。そして、また言われた。
『mi1011さんはね、痩せたらイケメンなんだから。黒ヒョウなんだから。』

おい。なんだ、それ。

まず、何故『痩せたら』という仮定法を使うのか、君は。その時点で=でもなく≒でもなく≠じゃないか。その≠の裏には、デブはダメ人間というメッセージもひた隠しにされているじゃないか。ハゲただけでその人間の所有物すべてに『ハゲの』という枕詞がこびり付くぐらいの否定と同等に近いメッセージじゃないか。だから、ここは『痩せて(も)』といわないと社会人失格である。誤解を生む文章にはくれぐれも気をつけて欲しい。

次に、『痩せ(たら)』って、『たられば』じゃないか。「結局『たられば』だけどね。」の『たられば』じゃないか。歴史のifを検証したところで何ら現実に対峙してはいないように、例えば、大化の改新が全て失敗していたらとか、日本が鎖国を続けていたらとか、太平洋戦争で最初の真珠湾攻撃が失敗していたらとか、そんな『たられば』いうたって、しょうがない。むしろ、虚しい。さもしい。

さらに、そもそもイケメンてなんだ。メンて、面じゃないのか。体重の増減と面は関係性があるというのか。面は問題ないんじゃないのか。問題は面の下のアゴのたぷたぷ感と横への広がり、さらには大蛇が腹の周りでぐるぐるまわっているだけに過ぎないわけで、面はいいのであればそれはイケメンだろがと。

最後に、なんだ、よりにもよって黒ヒョウて。本当は黒豚ていいたいのか。こんがり肌のチャーシューか今この瞬間。そら、合宿行きゃこんがり肌にもなるさ。それで日陰でストレッチしてりゃ野良猫チックかもしれんが、猫は猫でもオヨネコぶーにゃんだろ、普通。腹減った、なんかくれ。優しい声より芋がいい。

ラーメンいこ。
debu.jpg
なんか
甲子園で有名な佐野日大高校の『佐野』にいる。栃木県だ。ここは、そもそも日本全国で最高温度を記録した土地の近くらしい。やけに暑いのはそのせいか。

淡路島の合宿を終えたのが昨夜8時。東京に今朝6時に到着。朝9時に栃木県の佐野。コーヒーでも飲めるところを探してみたが、そんなものはない。開いてるのかと思ったら『開店は11時30分です』と
大阪人が聞いたら『おまえ商売やる気ないやろ』と一蹴しそうな対応だ。もういい。暑いけど、コーヒー買って駅前の噴水の前でパソコンを開く。

なんか くだらない 俺、何やってるんねん。
なんか急に何もかもやる気がなくなってきた。
Sunday Football~35歳で合宿~
ウェルネスパーク五色GOGOドームをご存知か。このドームは、兵庫県洲本市五色町、いわゆる淡路島にある。一つ賢くなったことだろう。我々は、そこにいた。YES、1泊2日の合宿である。参加者は、監督、代表、俺、女性メンバー3、その女性メンバーの家族、マネージャー。都合、6名である。え。都合6名なんかい。レギュラーは!?参加出来ないとな!?え、えー。ま、まあいいでしょう。いやあ、それにしても疲れた。

20日午後1時 代表に迎えに来てもらって車で出発。
    午後4時 屋内コートに到着。外でストレッチと簡単なパスウオーミングアップ
    午後6時 2人一組でのワンツーパス。キック精度の練習
    午後7時 7m×7mで4対4の戦術練習
          (味方との距離感、パス動作のスピードアップ、3人目の動き) 
    午後8時 ゴールを設定して4対4
    午後9時 終了、ウェルネスパーク五色の天然温泉「ゆ~ゆ~ファイブ」へ
    午後10時 コンビニでラーメン買って、マネージャーのおばあちゃん宅へ
    午後11時 熱中症でダウン。そのまま寝込む。

21日 午前10時 起床、散歩
    午前11時 バーベキューの準備
    午後 2時 バーベキュー開催、焼きソバ担当。
    午後 5時 後片付け、解散
    午後 8時 監督に送ってもらい帰宅
    午後 11時(予定) 東京へ夜行バスに乗車

さて、練習の成果についてだが、我がチームの戦術の3本柱が整理された気がする。それは、いわゆるEUROで優勝したスペイン代表のような、個人で打開するのではなくチームで打開するスタイル、突き詰めれば究極の理想系を追い求めるため、まずは、味方との距離感を意識することで攻守共に連携を意識させるベースを作る。次に、ドリブルを一度横に置いといてまずはパスを重視し、パスを出した後に動く癖をつけさせる。さらに3番目に3人目の動きを入れて効果的な攻撃を作っていく。7m×7mでは後半ぐらいにそのような動きも出てきつつ、思っている以上に良い感触を受けたが、これがゴールを設定した瞬間、スッカラカンに元に戻ってしまった。思うに、もっともっと7m×7mエリアでの徹底した練習を繰り返すほうがよいのかもしれない。
おばちゃんちのカレー
1/4世紀ぶりにおばちゃんちにお邪魔した。

お袋には3人の姉妹がいて、そのうちの1人がこのおばちゃん。彼女には二人の子供がいるものの、二人とも女で(今では共に立派なお母さん)、余計に男の俺を我が息子のようにいつも心配してくれた。だからこそ、どうしても離婚の話をきちんと面と向かってしておきたかったから、家にお邪魔した次第である。

そういえば、初めてこの家を訪ねた時、カレーをご馳走になった。鮮烈な記憶はその味だ。一口食った。刹那が走った。ただ走るだけじゃない。爆音たててSL級の黒煙を上げて走った。かつて経験したことがない衝撃が、その姿は勝鬨の軍勢か。一瞬にして空になったコップは白旗以上の降伏の証か。

「辛い!辛い!!辛い!!!なに食ってるんだ、この家!」

ちびっ子はひょこっと椅子から降り、麻痺する舌を押さえながら台所に走り、パッケージの文字を頭に刻んだ。【ジャワカレー辛口】。カレーはバーモントじゃないのか。馬鹿な。常識が崩れ去りし時、新大陸が霞んで見える。この家は大人だ、大人たちの家なんだ。大人たちの家では、大人は辛い味を食えるのだ。

あれから1/4世紀が過ぎた。大人になって、あの「大人の免許皆伝」の味と再び相打てるとは、人生も味わい深いものだな。あの辛味も離婚の味よりは甘いのかな。そう微笑みながらテーブルに目を移すと、

丸太のように積まれた、揚げたて春巻。
よろしくメタボリック
再び、体重計に乗った。

「またか、おまえ」と溜息突かれそうで、『どうせ書くネタがないんだろう、あ!?』と鋭く厳しいご指摘を
受けそうなことを隠すつもりはない。本当にネタがない。ない時に書いている時ほど気が抜けている時は実はなくて、本当に適当に、こちょこちょ言葉を選ぶこともなく、徒然なるままに文節を繋いでいるだけに過ぎなくて、ある種の無防備さがカオスとパンクとアバンギャルドを産み出して、意外とこっちがいいんじゃないという感じもなくはない。最高傑作じゃと豪語している時よりも、なんか適当に見繕いましたという方が料理がおいしい感じに似ている、とでもいおうか。

さて、体重計に戻るぞ。さあ、どれぐらい差してるか。
ぶ。ぶぶ。ぶぶぶ。ぶぶぶぶぶぶぶぶぶっぶぶぶぶぶぶぶぶぶぶぶぶっぶぶぶぶ77.7。
デデデデデーデデデーーーーーーーーーデデ

まだ80に近い。YES!池中玄太!!体重YES!顔もYES!!みたいな西田敏行フリークがこの国の20代後半から30代前半という結婚意識の女性層に一体どれほどいるのかといえば、おそらく2人を超えることはないだろうと、容易に想像は付く。全国データである。つまり、痩せない限り、このアゴなしの人生、再婚どころか、彼女すら危うい。

さ。ラーメン喰うか。
symbol_convert_20080719000920.jpg
トルネード、お尻、侍
同時代に生きれて良かった。野茂ありがとう。本当にありがとう。
  yurf98yu98.jpg

1991年 17勝11敗1セーブ
防御率3.05 最多勝 最多奪三振 6試合連続2ケタ奪三振(プロ野球新記録)
1992年 18勝08敗 防御率2.66 最多勝 最多奪三振
1993年 17勝12敗 防御率3.70 新人王 最多勝 最多奪三振
1994年 08勝07敗 防御率3.63
開幕戦で8回までノーヒットノーラン 1試合個人最多与四球16(プロ野球新記録)
95年からメジャー移籍
1995年 13勝06敗 防御率2.54
新人王(日米両国で受賞したのは野茂だけ) 奪三振王 オールスター
1996年 16勝11敗 防御率3.19 ノーヒットノーラン
1997年 14勝12敗 防御率4.25
1998年 06勝12敗 防御率4.94 日本人メジャー1号本塁打
1999年 12勝08敗 防御率4.54
2000年 08勝12敗 防御率4.74
2001年 13勝10敗 防御率4.50 奪三振王
ノーヒットノーラン(両リーグでのノーヒットノーランは
ノーラン・ライアン以来メジャー史上4人目。21世紀最初のノーヒッター)
2002年 16勝06敗 防御率3.39
2003年 16勝13敗 防御率3.09
NOMOベースボールクラブを設立、オーナーに就任
2004年 04勝11敗 防御率8.25
2005年 05勝08敗 防御率7.24
日米通算200勝 NOMOベースボールクラブ、全日本クラブ選手権で日本一
2006年 登板なし 
2007年 登板なし
ビジネス英語講座の風景
商工会議所主催のビジネス英語講座を受けている。

夕方6時半に始まり、夜8時半に終わる。¥32,500を払えば、このレッスンを7回受講できる。元々会社負担3割・自己負担7割の予定だったが、『チームの皆に講義内容を説明する』ことを条件にチーム負担、いわゆる全額負担をしてもらうことに成功した。

でも素直には喜べない。『チームの皆に講義内容を説明する』必要があるのだから、ただ受けたでは話にならない訳で、最低限理解しないと、ただでさえ給料泥棒なのに給料穀潰しとか給料フナ虫とか罵倒されたら言い返せない状況に陥るから、それは最低限避けないといけない。当たり前のことだが、やるといったからにはやるしかない。

さて、受講生も40人を超え、教室も広い。センセイは阪大の教授。ところが、この人が面白い。ビジネス英語を言語学的にアプローチするという。実際そんなアプローチなので、合点がいくことが非常に多い。暗記一本ではなくその下地(由来や構造・思想・文化)が分かれば、そういうことかと心で理解できる。勉強が楽しくなる。また、英語を勉強しながら日本語(あるいは日本の文化)の勉強にもなる。実に素晴らしい。

例えば、こんな話。

ビジネス英語で『高い・安い』はexpensive、cheapを使わない。high、lowだという。expensiveは『手も届かんし金もめちゃかかるで』、cheapには『安っぽい』というニュアンスがあるからだという。(ECHOさん、合ってますかね?)

ここからの展開が面白い。
値段はhigh&low。地位もhigh&low。ところが、日本では地位において高さ(high&low)だけではなく横の幅もあるという。『俺の右に出るものはいない』『左遷』とか。これは何故か。それは昔、宮中では名札を吊るしていたらしいけどそれは右から順に吊るしていくものらしく、右にいけばいくほど偉い。だから偉くなり過ぎると『右にいるものがいなくなる』逆に、だんだん真中から外れて左にいく、いわゆる左遷というわけ。ビジネス英語の高い安いからこんな話に展開するのだから、飽きさせない。もちろん、こんな話ばかりしてると時間がいくらあっても足りないので、ツボをいろいろと教えてくれるわけで、通常120分もあれば安眠に陥りがちだがさにあらず。有意義極まりない。

オチ?ない。勉強だけ。
メタボリックが止まらない
『離婚ですか・・・太ったからスか・・・』(M井氏談)との噂が飛び交うほど、デブ化が加速している昨今、いかがお過ごしか。

親戚のおばちゃんに会うぐらいひさしぶりに、体重計に乗た。もう、乗ったではない。『のた』。
78.9kg。あと1.1で80か。そうか。うん。そうだな。えーっと4年前は55。25増量ね。単位はkgね。本じゃなくてキログラムね。もう、なんでこうなっちゃったのよ、俺。と、チョコアイスを喰いながら考えてみる。
このチョコアイスが最近ヒットしてて、実際なかなかなくてデイリーヤマザキでしか売ってないんやけど、チョココーティングにチョコ味のラクトアイス。ロッテが最近出してたガーナチョコのアイス版に近い触感なんですわ、これ。まあ、すぐ競合が出てくるあたり、アイス業界も夏場を迎えるに当たって日々死闘ですな。

そうそう、なんで太ったか、やな。もうね、ええんちゃう、そんなん。
いろんな意味でガリガリガリクソンやけど。
7月15日午前9時25分、離婚。
他人と共に生きる作業は難しい。

何せ他人だ。価値観も発想も癖も感覚も違う。それが他人。
思うようにならぬ相手によって人間は磨かれ進歩向上していく。
価値観を認め、協力する。言葉に変換すると簡単に終わるが、実に難しい。
ただ、それがいくら困難であっても続けれるだろう。
その作業によって生まれるものに価値を見出すことが出来れば。

その先にあるものとは、新しい未来。
だから、未来のための今を見つめる。
その立ち位置の向こう側に、俺の価値はあるのか。
なかった。必死で探したが、そこになかった。
だから、この短く濃い日々を乗り越えて、新しい道を選ぶことにした。

今後×の呪縛も受けることになろう。押し殺してきた思いもある。
それらもまたすべて飲み込んで生きることにした。

緑の紙を役所に出し、40分後受理された。
離婚が成立した。
Sunday Football~夏の夢遊病者~
夏の太陽が燦々と輝くフットメッセ大正の午後3時。暑い暑い暑いと表現しても、実際どれだけのホットネスと感じていたか、伝わりきれないものがある。今回は事実を時系列に沿って表現してみた。

14:10 現地到着。即、着替え。

14:15 ストレッチ開始。アスファルトが『焼きソバを作ります』と叫んでいる。座れない。
     日陰を探し出し、寝転んで両脚の腱を伸ばす。野良猫である。

14:40 ストレッチ終了。アクエリアス(500ml)を飲み干す。

14:45 1回目の水浴び。コートに入り、代表とパス練習。

15:10 2回目の水浴び。2本目のアクエリアス(500ml)を買って飲み干す。
     練習開始。パス&シュート練習。

15:40 3回目の水浴び。3本目のアクエリアス(500ml)を買って飲み干す。
     どこぞのグループからゲームを申し込まれる。      

16:10 4本目のアクエリアス(500ml)を買って飲み干す。
     息の合わないゲームで息上がる。      

16:30 5本目のアクエリアス(500ml)を買って飲み干す。
     息の合わないゲームで干上がる。4回目の水浴び。

16:50 5回目の水浴び。『まだいけますか』といわれて、ラスト1分だけ出場。
     何の役にも立たない。      

17:20 駅まで歩く。『がりがり君』と6本目のアクエリアス(500ml)を購入。

監督。当方35歳のメタボリックですが、合宿を生きて帰れるのか、不安です。
ナイス2アシスト記念;問いたい。君は二川孝広を知ってるか?
A代表よりも熱いJリーグで、そこでどこが一番攻撃的かといえばガンバだが、そこの10番が誰かといえば・・・・二川!二川孝広だ!!わかったか!!!昔は久保竜彦だったけど、今は胸を張って二川孝広熱烈応援団として啓蒙活動に勤しみたい日曜の昼で悪いか!!
photo10.jpg

○名前 二川 孝広(ふたがわ たかひろ)
○誕生日 1980年6月27日 、出身地 大阪府高槻市
○身長・体重 168cm 63kg O型
○ポジション MF 背番号 10
○利き足 右足 (24.5cm)
○プレースタイル
小柄な体躯をカバーして有り余る華麗なパスセンスと、難しいボールも簡単に捌ききるテクニックを持つ。サッカーの基本である「止める、蹴る」がきっちりできる、お手本のような選手。パス、トラップ、ドリブル、シュート、運動量、広い視野など、全てにおいて高いレベルの技術を持つ。最近は攻撃意識も上がりゴールが増えている。基本ポジションは中央のミッドフィルダー、サイドアタッカーやボランチの位置でも高レベルでプレーできるユーティリティープレーヤー。クラブの中盤を構成するチームメイトたちとの細かいポジションチェンジをこなしながら、裏のスペースへと飛び出すチャンスを逃さない戦術的な嗅覚の確かさも併せ持つ。
(Wikipidiaより)
http://jp.youtube.com/watch?v=qtSHwHlLMqI

○エピソード
・サッカー有名校からの誘いを待ったがなかったので「ガンバでええか」と思ってセレクション受ける。
・セレクションに面接がなくてほっとした。あったら絶対滑ってると思っている。
・ユース時代監督から「なんでしゃべらないんだ?」と不思議がられた。
・少しでも喋れるようにしようとユース監督からキャプテンを命ぜられるが、練習後の反省会で「「キャプテンなんかないか?」と聞かれても毎回「ありません」で押し切った。代わりに副キャプの大黒が毎回喋った。
・サッカーのプロになることには確信があった。
・トップに上がってからキャンプで松波と同部屋になるも押入れに引きこもる。
・松波が「口は重くてもパソコンなら」と松波のサイトの日記になにかメッセージを書くようパソコンの前に座らせるも固まって何も書かず。松波日記に「・・・」の文字?が・・・。
・遠征のとき、みんなで花火をすることになったが、「エエわあ、部屋おるわ」とひとりでテレビを見る
・監督から背番号10番を薦められるも固辞。「契約更改させないぞ」と脅されて仕方なく10番を背負う。
・その年の目標ゴールを聞かれて「5」と答えたが監督から「背番号!」と脅され仕方なく「10」に訂正。 結果は5ゴールで「自分的には満足」
・デコと同じ赤いスパイクをオーダーして履いていたが「目立ちたいの?」と聞かれ封印。
・ラジオに出演。無口のあまり放送事故寸前場面が何度もありパーソナリティーを何度もあわてさせた挙句、最後に番組の感想を聞かれ「ゲームコーナーは盛り上がりました。」と発言、パーソナリティーを「私の立場が・・・」と絶句させる。 
・スポンサー訪問に行ったら父親が働いている部署だった。OLさんから「二川さんの息子さん?」とささやかれて恥ずかしがる。
・小池さん並にラーメンをこよなく愛する男。ラーメンはカフェでお茶するようなもの、らしい。
・05シーズン中のインタビューで「10番はいつでも譲ります」と明言  
・ひっそりこっそりがモットー。「引退試合などは無し。長くやってひっそりこっそり引退したい」 
・選手名鑑の選手紹介欄に「愛らしい笑顔がまたいい」と書かれたことがある  
・ファン感謝デーのジェスチャーゲームでお題「バイオリン」が当たった時、必死でバイオリンのジェスチャーをするも、皆面白がってわざと答えないので延々無表情で透明バイオリンを引き続けた。
・合宿のとき、ひとりでひっそりと段ボールで土手を楽しそうに滑っていた
・どんなことでも3つ願いが叶うとしたら何? 1.楽して暮せる 2.明るい家庭を持つ 3.長生き  
・サッカー引退したらどうなるんやろうって不安ですね…。と発言。 
・中東遠征はスーツケースがなくて布のショルダーバックでいって重かった。  
・初の代表選出後、帰国報告に球団社長を訪れ挨拶。「普通にしゃべってた」と社長を感激させる。
・ポイ捨てに関してはうるさい
・やべっちFCで、中村俊輔に「二川君とは喋ってない」などのエピソードを3週にわたり放送される。
・イヤーブックの写真はこだわりで毎年笑い方を変えてるらしいが、本人にしか分からない
・お兄ちゃんはそっくりと言うよりそのまんまである
・鍋好きで有名だが、具は通販で買っている
なぜに、ゆえに
朝から晩まで掃除に明け暮れる。整理・雑巾がけ・洗濯機・掃除機・整理・雑巾がけ・掃除機・掃除機・整理・整理・整理・買出し・整理・整理・買出し・整理。

ところで、我が家の菜園なんだが、大変困った事態に陥っている。まず、4種類のサラダを入れたプランターに有機肥料をやったところ、入れ過ぎたのか、見事に殲滅。絶句である。肥料が枯れさせたのか、他の用件なのか、把握できない。ぐれた子供を更正する心境はこんな具合なのだろうか。さらに悲劇は続き、自慢のバジル鉢の一つが、殲滅。おいなんでやねんと。これも、日当たりが悪いので、場所を強引に変えてやったら、見事に枯れ山水。

ちなみに、眼が出たバジルを1本、お袋が持って帰ったのだが、それを先日実家で確認した。驚いた。本当にデカくなっている。漲る日光と、田舎の土。やっぱりこれにまさるものはないということか。生き物にとって環境とは本当に大事なんだと、ベタながら痛感した。マンションのベランダと田舎の畑。時間は同じなのに・・・

結局、唯一の生き残りであるバジルと、新たに植えたサラダセットに集中していくことにした。
だからどうした。と。

私の一日
こんな一日だった。
img_ac84c279ccffd42a48dca4c7f8ad8fcf_20080710.jpg


http://sk2w.jp/1day/
たたみかけるデブ
こないだフットサルの練習を終わって、代表がふと言った。
『ところで、最近また太ったんちゃう?ブログで痩せるとか言うてへんかったか?』

あ。と思た。

また忘れてる。ますます太ってる。特にこの1ヶ月で内山君が武蔵丸になるぐらい膨張している。特に下腹部は眼も当てられない、グロテスクという表現も嘆かわしいほどのビフォーアフターである。妊娠何ヶ月目かと。その子はダミアンか。何故だ、この多重債務者のような体重管理。嗚呼、負のスパイラル。そう、こんな場合は、まずは時系列に沿って自分の心境をきちんと確認する作業に限る。

①『今日は昨日よりも痩せるぞ、明日のために』(宣言は常に勇ましい)
②自然の摂理に従って、腹が減りだす(人間は動物である)
③『あー、すげー腹減った』(弱音を吐くのも、またこれ人間也)
④『いや、ここは頑張りどころやろ。』(魂、焦がして)
⑤もっと腹が減る。(人間は獣である)
⑥『あー、ものすげー腹減った』(頑張ったよ、おまえ)
⑦『えーっと、ラーメンセット。あ。メン大盛りで。』(     )
⑧腹いっぱいになる。(人間讃歌、人生万歳、LIFE IS BEAUTIFUL)

以下ループ

わかった。⑦でトリップしてるわ。イデオロギーも記憶も経験も知恵も美意識もすべて飛んでる。デジタルな削除どころの話じゃなくて、『まあそれはそれでおいといて、食べるか』という体だ。今後は、⑤に入る前に飯を食うと。・・・それって普通ではないか。痩せたい→普通の生活=負債を抱えたまま生活→デブ。結論、結局デブだ。ということは、どこかで無理をしないといけないので、⑥~⑦のスパンを延長に継ぐ延長することで、大盛り食っても負債が減るのかな。そう、まず大盛り食うなといいたいんだよ、俺は。もう、年なんだし。若気の気分でオーダーするなといいたい。だいたい大盛り食って後で毎回後悔しているんだろう、おまえはといいたい。しかし、もう一人の俺は、『大盛りしないと、足りないんじゃないのか』っていうんだから、これまた困った話なんだ。戦わないといけないのだ、いちいち。

とりあえず、デブからの卒業は並大抵ではない気がしてきた。まあ、夏だからいいか。
c203820a.jpg
吹上庵(鹿児島)
鹿児島に日帰り出張である。
同行者のM本氏からのご推奨で、昼食は鹿児島らしく県内そばチェーンである吹上庵で取ることにした。
Image060.jpg

1)豚しゃぶ味噌付け(¥450)
Image063.jpg

鹿児島といえば黒豚。その冷しゃぶを味噌をつけて白ネギと合えて喰らう。豚肉がやわらかい。贅沢である。

2)天ぷら板そば(¥900)
Image064.jpg

このお店の看板。蕎麦は山芋100%。天ぷらは海老2匹とかぼちゃ。揚げたてが嬉しい。また、つゆが独特で、わさびを入れたにもかかわらず、相当に甘い。まるで甘ダレのようだ。(九州では割とポピュラーな味らしい)。そしてなんといっても強烈なのが、量である。軽く2人前は下らない。蕎麦屋で腹がひきちぎれそうと泣き言を漏らすこと自体、非常に珍しいといえる。しかし、こんだけあって¥900。安過ぎる。

空港バイパス店 TEL0995-42-5400
切ないリクルーターRETURNSの風景
『来週月曜まで待ってもらえませんか』そんな総務部へのお願いが伝わったのか、月曜に履歴書が届いた。前回と比較する。ダメ、変わっていない。文面にはこう付け足してある。自分なりにどう書いたらよいか考えたが、俺の文章の方が、自分の考えをより簡潔にまとめられると思ったので、殆どそのまま使ったとのこと。

返信は歓迎したいが、内容には同意しない。一歩間違えれば『どないなっとんねん』と書類を真っ二つに割っても悪くはない。履歴書を直すことが目的じゃない。彼自身で自分・仕事のことを考えて、試行錯誤してもらうことが目的なんだ。暴れたらどこかしらに痕跡が残るだろう。それを紙の上に見つけられないから、同意しない。そしてなにより、9日が過ぎてこの内容。もう、履歴書はそれでいい、但し、9日間何故返事しなかったのか、何故何も変わっていないのか、その理由を教えてくれと請う。

2日後、大変申し訳ないと返事が来た。頑張ったがアイデアが浮かばず悩んだと。友人や学校の先生に自分が書いた文を読んでもらったりしたと。書いた文章と俺のを比べたが、俺が勝っていたと。他社の内定者懇談会も入って返信が遅れたと。内定取ったけど、うちとの関係を断とうという考えはないと。

総務部に事情を説明し2次試験の用意をお願いし、最後に彼に次の文章を送った。

~途中引用開始~
今回履歴書を書き直す作業をお願いし、結果的に、貴方は私の文章をそのまま選ばれました。貴方は学生、私は社会人13年目。そして、年齢も同じだけ私は上です。文章の優劣でいえば、私が勝るのは極めて当然です。だから、貴方は私の文章をそのまま選んだ。

・・・本当にそれで宜しいですか?私が優劣を求めて貴方に作業をお願いしたのではないことは、理解頂いていると思います。考えて考えてジタバタして自分の言葉を吐いてほしい。そう思っていました。だからこそ、貴方の苦闘の痕跡を原稿の上に残してほしかった。おかしいはずですよ。例え経験が勝っても、わずか1枚の書類と延べ6時間の面接で、貴方よりも貴方を表現する。そんなことは、本当はないはずです。

その答えはすぐに出ないと思いますが、それでも、もっと探して下さい。もっと苦闘して下さい。何故このような話をするかといえば、我が社は決して大きな企業ではありません。他社さんのような大きな枠組みがあって、そこにぶら下がるような人材ではありません。one of THEMではないのです。我が社が望むのは、我が社を共に創っていく気概のある人財です。貴方のために会社があるのではない。会社を創る、その中で貴方が成長していくのです。本当に貴方次第の会社なんです。だからこそ、普通では困るのです。もっと自問自答して下さい。間違いや失敗を恐れず、志をもつ。そのようになれるには、少なくとも軸をもつことです。それは貴方にしかない軸です。どうやってその軸を作るのか。それが上記に書いた問いの答えを探すことです。自分は何者か。働くってなんだ。何を大事にして生きたいんだ。と。

2次試験・最終試験で私の書いた【原稿】をそのまま使っているようでは、採用になったとしても貴方の将来性を私は感じることはないでしょう。最初の【原稿】ではダメ、私が書いた【原稿】もダメ。では、どうするのか。それは貴方がすべて飲み込んで貴方の言葉を捜し続けるべきです。優劣や正解はわからないわけなんで、恐れてはいけません。会社に入れば、学校のように正解があることは極めて少ないんですから。

貴方が13年後に今の私を抜く人財になっていることを心から祈っています。それじゃ
~途中引用終わり~

これだけいっても何も変わらないなら、ダメかな。
夏だ一番、消防祭り
日曜の昼1時といえば、『新婚さんいらっしゃい』だろ。でも昨日は見れなかった。召集がかかったから。

半年に1度ある【半夏生の点検】なるもの。毎度の事ながら内容を聞かずに出席と返答。集合したのは18名。いずれの面々、どうもテンションが低い様子だ。聞いたところ、①地域の貯水ポイント・消火器保管ポイント・土嚢保管ポイントの周囲の草刈をする②いずれの作動チェックをする③寺の前の貯水池から水を抜いてドブさらい④通常業務(放水確認)、以上四大事業をこの炎天下にやるから、らしい。たしかに、朝からやればまだ救われるのかもしれないが、いかんせん、すでに汗が流れている。

早速、班分けし、川近くの土嚢ポイントに急行。草、ぼーぼーである。二人は電気草刈を、俺は鎌で、雑草を刈る。のち、土嚢に被せたブルーシートを交換。要するに、災害時にストレスなく土嚢を出せる状況にするわけだ。と、こんな感じで計7箇所を草刈。草刈は実にパフォーマンスの割に生産性のない作業である。しかも、暑い。軍手はちょっととしたオカルト映画ばりに引っ付き虫で占領され、手で汗も拭けない。おっと、Tシャツで作業してるんじゃないぞ、制服だぞ制服。長袖の制服に帽子被って長靴だぞ。日焼け対策ばっちりじゃないか。露だく最高。鎌。鎌ってどうやって使うの?と聞いたところ、「人を切るみたいに切ってくれたらいいよ」うん、わかった。咽喉元をこうザックリというイメージね。この野郎!この野郎!この野郎おおおお、うん、仕事進むわ。

結局③は別班が片付けれてくれ、④で放水をしたりと、ようやく4時に終わった。では解散、とはならないわけで、それから焼肉大会が始まる。上等の肉を焼きそばのように食う。ビールサーバーまで持ち込んで飲んでるんだが、いかんせん暑い。消防車のあるガレージで炭をたいてやってるんだから、空気滞留してサウナである。だから乾杯といった瞬間に、もうすでに杯が空いている。おかわり。暑いんだから。だから、ウコン飲んでても30分でへべれけになって集会所前(道端)で寝る。ふと、このままでは夜中までつきあわされるなと思ったので、開始僅か1時間で、用事があるので帰るといってトンズラ。実家に着くと、酒でもんもん、Tシャツぐっちょり。午後6時。へなへなでシャワーを浴びて、お袋に家まで送ってもらう。

思うのに、こんな【やりたくない仕事】【やってどうするんだという仕事】【ほとんど罰ゲーム】をやってどうなんだと。何一つ生産性なんぞないではないかと、怒りたくなるのも不思議ではない。しかし、地域を守っていく、それらを背負って日々を過ごしていく。いいことなんじゃないかと思った。自分探しだなんだかんだとか、自分らしさがどうだかんだとか、そんな答えのない戯言で限られた時間を過ごしていくことよりも、思いを馳せる場所や人に自分は何ができるのか、そっちを考える方がはるかに大切なことではないだろうかと。あるいはそうした状況にいられるということはやはり人として幸せなことだと感じる。
生涯最高傑作、完成
たまに料理する。

そんなライフスタイルが好きな俺。と、いうわけではなく、腹が減るから作るだけなんだが、いつもはトマトパスタなんだが、冷凍庫に豚肉のミンチ、冷蔵庫にマイタケ(もしくはキノコ類の何か)が入っていた訳なので、今日は思い切って、キノコなトマトミートソースパスタに決定した。とりあえず、マッシュルームの既製品(すでにスライスされたパック)を買ってきた。手順は次の通り。

1)アーリオオーリオをたっぷり作る。
ニンニク一片を包丁で切った後に柄でつぶし、それをフライパンに入れる。オリーブオイルをたっぷり入れる。フライパンを傾け弱火でニンニクのすりつぶしをフライするようなイメージでオイルで揚げる。途中で唐辛子2個を入れる。狐色になる直前でやめる。

2)冷凍のミンチを投入。
解凍せずにそのまま投入してしまったため、水気が弾け、オイルが飛び散りまくり、大変な目に遭う。
それでも負けずに砕いて弱火にしてなんとか炒める。塩・胡椒は少し。

3)マッシュルームとマイタケ、トマトを投入。
そこに入れて炒める。マイタケは縦に切る。トマト缶(ホール)をぶち込む。その際に、マッシュルームパックに入っていた汁も全部入れることにした。

**ここで、2日前に作ったトマトソースの残りも少しだけ入れている。このソースは、カレー粉を小さじ1杯入れた、スパイシートマト仕様。

4)煮込む
以前、煮込みが甘くて水っぽいソースを作ったことがあるので、今回は時間もないので、強火でガンガン煮込むことにした。これで水気を飛ばす。さらに、白ワインをほんの少しだけ入れる。パスタをゆでる際に塩をたっぷり入れているので、それで塩はまかなえる。

5)完成
最後に、自家製バジルをちぎってふりかけ。粉チーズはお好みで。

普通、こんな文章の最後には完成品の写真が載っているのが筋なんだが、あまりにもうまくて、これはお店に出せるね、どころか、今まで食ったトマトパスタの中でダントツにうまいわ。と自画自賛の嵐だったので、そんな余裕はなし。パスタの固さ、ソースの重厚さ、トマトのフレッシュ感、バジルとのハーモニー、味付け、すべてが完璧だった。欲をいうなら、トマトぐらいだろう(自家製トマトだったら)。

妻から『また腕を上げたね』とお褒めの言葉を頂戴したが、この先、これよりもうまいパスタを作れるかどうか、ちょっと自信がない。
0泊3日の風景
水曜の夜に大阪を出る。
木曜の朝に東京に着く。
木曜の夜に東京を出る。
金曜の朝に大阪に着く。

金曜の朝に、会社の机で寝る。
c203820a.jpg
たくさんのコメント、どうも有り難うございます。
日常の出来事や現象・風景・思いを、『他人にはどうでもいい』表現形態:日記を使って写生し始めて5年以上になります。思い起こせばスタートするにあたり、目的が2つありました。

1つは感じたことをいかに言葉に変換し、伝達できるか。感動する心、嘲る馬鹿らしさ、冷淡な気分、思考のシークエンス確認、笑いの要素、情熱、下衆な勘ぐり、大事な未来、等等・・・
もう1つが、出来上がった材料を媒介に、コメント欄を通して、接点のない知人同士が繋がっていければなという微かで僅かな希望です。バルセロナのパスワークのような有機性のある創造。もっと言葉を考えるとワーワーです。

しかし皮肉なことに、書くのがしんどくなり1番目が鈍った瞬間、これだけたくさんの~もちろんそれらはきっと私個人への応援を込めて書いて頂いているものだと思い込んでいますが~それぞれに色と味と温度の感じるものを頂きました。本来ならそのひとつひとつにリターンパスを出すべきだと思いますが、逆に静かに胸にしまっておきたいのです。宜しいでしょうか。

その後、彼からメールが来ました。彼も思うことがあったと。彼も傷つけられていたのだと。そして、私も傷つき、私が書いた文章や私が作り出したこのブログによって彼もまた傷ついた。他に方法がなかったのかと自問自答しましたが、残念ながらありませんでした。今の私にはこうする他はなかった。だからこそ、もうこれ以上は傷をつけあう意味はない気がしてきました。これでこの話は終わりにしたい、だから、胸にしまっておきたいのです。宜しいでしょうか。

同時に、私はこの傷と共にまた歩き出すことにしました。そのお供に、これからも今回のような著しく濃度の高いコメントとその量を供給して頂ければ幸いです。否、毎回お願いしたいのです。
お礼
直接的・間接的にいろいろコメントをして頂いて、本当にどうも有り難うございます。『まず結論ありき=オマエだけが分かっていないんよ』という人らにとっては、それらは『気を遣わせているだけだよ』ということらしいですが、それが気を遣うものであってもなかっても、当の本人にとっては有難いことです。特に、感情的なお話ではなく、冷徹なコメントだったので余計にそれらは自分を冷静にさせてくれました。

大袈裟にするつもりも何もなかったんですが、いかんせん、穴は開いてしまったもので、その穴もまだ開いたままなので、日に日に怒りも増幅する一方でして、なんでかなと思っていたらそれだけ自分はこのブログによって青臭いながらも精神的に遊べたものでして、そんな大事な遊び道具・唯一無二の世界を破壊された気がしています。もう、今は、その世界には、昔のような気分で書けるものは残念ながらありません。

だったら、さっさとやめればいいという考えもあります。記事を書く行為も今はただ苦しいだけですから。精神的な遊びの部分もなくなっていますし。でもやはり、もう一度続けようと思います。『そんなもん、そんな心理状態なら書くなよ』といわれそうですが、こうしたものとは理屈抜きで書き続けないといけないものなんで。なんでもそうですが、飽きずにやり続けることが大事ですし、なにより、こんなオナニーブログでも、嘘でも楽しみにしてくれて、甘いだけじゃなく忌憚のないコメントもしてくれる方がいらっしゃいますので。
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。