無料ホームページ ブログ(blog)
mi1011.net2007年07月
mi1011.net
または私は如何にして心配するのを止めて人生を愛するようになったか
200706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200708
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
社用車の風景
ひさしぶりにブログ更新です。月曜から岡山・広島に出張しておりますので、怒涛の週末の記録はもうしばらくお待ち下さい。少しネタが出来ましたので。

さて、社用車です。疲れますなあ、運転。しかし、前回のレンタカー出張よりは運転にもこなれて参りまして、ナビのいうことに刃向かって道を戻ったのはたったの1回。我ながら上出来です。とはいえ、田舎道で
強引に方向転換したり(前みておらず)するうちですから、まだまだ安全面は磐石とはいえんでしょうな。

いずれにせよ、明日も広島。はあ、ほんと、車は疲れる。

あと、忘れてました。暑い。
スポンサーサイト
日本、散る
勝ちに不思議な勝ちあり、負けに不思議な負けなし。
野村克也の名言です。

アジアカップ2007準決勝で日本はサウジアラビアに2-3で敗れました。試合はサウジが得点すれば日本が追い着く、『これは勝てる』と
思い込ませるのに十分なスリリングさを演出した展開でしたが、サウジアラビアの2トップが強烈で、おかげで残り8人は腰を据えて日本の攻撃に対処していた印象です。チームの意図にブレがない。サウジアラビアは素晴らしいチームでした。

さて、日本の代表について。
個人の能力が集団を撃沈させたといえば簡単かもしれませんが、いろいろと自分なりに感じたことを書いてみますが、まずは攻撃陣。パスコースを3~4作りながら、ボールポゼッション(支配率)を上げ、敵の守備陣形に隙が見えれば縦に楔を打ち込んで後列から飛び出していく。あるいは、サイドを活用しながらサイドのスペースまたは中央に切り込む。このスタイルの浸透度や理解度はチームとして相当に昇華されてきている印象があります。とはいえ、そこに執着し過ぎた観は否めません。

サッカーとは何か。それはゴールの奪い合い。得点しないと始まらない。マーケーティングを駆使しても、最終的に受注しないと意味はない訳です。点を取らないスマートさと、得点する泥臭さでは後者が上
なのです。つまり、シュートをもっと打てよといいたい。日本人の責任回避の性質なのか、ミドルレンジを切っているにもかかわらず、打つという選択肢が一番最初にない。第一選択どころか第三ぐらいです。

しかし、実はこの問題は根深い。草サッカーをやっていた頃も、『前が見えたから打とうかな』『いやそれでもパスする』なんて風景は日常に流れていました。あえていいましょう。草サッカーですらそんな感じなんです。前を向く向かないではなく、そのポジション(ゴールを基点としたフィールド上の座標)や時間帯(試合の流れ)・相手の心理を考慮して、打つべきタイミングを最初から頭に置いていれば、このような現象はなくなるはずなんです。日本人は本当にパスが好きです。つまり、サッカーの本質がわかっていない気がする。『自分よりも確率の高いポジションにいる味方にパスを出せば、得点の確率は上がるではないか』
その通りです。しかし、その確率は、先述のポジション・時間帯を考慮した上で、1桁違うそれでなければならない。むしろ、1桁違う確率のケースの時にパスをしないことの方が多い。パスとシュート、その選択(状況判断)は恐ろしく難しいものなんです。いずれにせよ、日本のフットボール文化における『パスとシュートの選択』の理解が変わっていかないと、この問題は解決しないのではと思います。A代表とはあくまでも、その象徴に過ぎませんので。また、シュートを打つことで敵の守備陣の『怖さ』を植えつける効能もあります。ここまで考えての『シュート』であるべきです。サッカーとは、心と知能とボールと空間のゲームなんですから。

守備は非常に洗練された観があります。ポゼッションを上げることはジーコの頃からそうでしたが、ディフェンスのラインを上げ、ボランチとDラインの連携が密になったおかげでチーム全体として守備の体形が取りやすくなりました。いい傾向です。後は、守備のブロックをさらにレベルアップさせていければいいと思います。『いや、でもやられてたやん』その通り。オシムのサッカーは常に故意にリスキーです。チームとしては守備ブロックを作りますが枚数を減らし、その分を攻撃に追加しています。だから、仮にワールドカップに出ても、今回のような2-3、あるいは3-4で散ると思います。僕はそれでいいと思う。3-4で散るとは、まさに日本人の敗者の美学(桜の散る様を美しいと感じる心)には沿っているのではと思います。また、そのような試合運びこそ、フットボールの醍醐味だとも思います。

試合全体の流れは、常に先手を打たれ、また研究されているのでサイドへのパスコースも読まれているにもかかわらずパスをする、未熟さ(相手の想像を超えないと局面は打開しないことを理解していない)が目に付き、合間にすっとカウンターを仕掛けるサウジアラビアのしたたかさが出ていたと思います。つまり、試合巧者は明らかにサウジアラビア
でしたね。日本の狙いとしては、コンディションを考慮して、失点すればスピードアップ、得点すればのらりくらりしようと、スタミナ配分していたと思うのですが、これがアルゼンチンであれば、前半頭(15分まで)で98%の力で点を取りに来るでしょうね。まず、得点し優位な立場に立つ。日本は優位な立場でないにもかかわらず、優位だと思い込んでいました。そのへんの甘さがどうしても目に付きます。もし、どうしてもしんどいのであれば、せめてシュートで終われよと。結局、ループしてますね。

まあ、コンフェデレーションカップに参戦できないことは残念ですが、タイトなスケジュールによる準備不足がありましたが、それでも、実戦を重ねることでチームの構築度合いは進んだと思います。オーストラリアに勝ち、サウジアラビアにも勝ち、であれば、オシムのチーム改造に対しても、世間から口を挟ます隙はなかったと思いますが。

3位決定戦で韓国との試合が待っています。監督からすれば、対戦相手に思い入れはないでしょう。何か次のステップのサンプリングができる実験に期待したいです。
女性専用車両の風景
新大阪。ぱっと電車に駆け込んだら、明らかに空気が違いました。
どうやら女性専用車両の様です。ま、ええわ。ということで、扉が閉まるのを待っていたのですが、こういう時に限ってなかなか閉まらない。前も女、後ろも女、右も女、左も・・オッサン?ああ、オッサンですか。俺と同じですね。まあええわと、しばし出発を待ち焦がれていましたら、中年のリーマンオッサンが俺の左腕をつんつんして、

オッサン『あの、すいません』
俺『はい』
オッサン『ひょっとして、これって・・・女性専用車両?』
俺『みたいですね。』
オッサン『い、いいんですかね?』
俺(いいも糞もおまえも全然動く気ないやんけ)『ええんちゃいます?』
オッサン『(笑)なんか軽蔑されたりしたらどうしようかと思って』

だったら、動けや!!威風堂々とせーや!!
いかにも『慌てて乗車したら女性専用車だったけど、俺は故意にここに潜り込んだんじゃないですよ。あくまでも事故ですよ』と悪気なく、
日本男児の心意気みせたらんかい!!

というてる間に大阪に着いたので、すぐ下りようとしたら、大阪駅のプラットホームには、ずららららららららと女性が待ち受けておりました。少々、動揺いたしました。
勝った!
勝てば官軍、とはいうべきではないかもしれない。でも、いわせてほしい。

日本、勝った!!!!!!!!!!
1185022786594.jpg

PK戦に突入後、ピッチを後にしてロッカールームで心配顔でPKの行方をモニターで見守るイビチャ・オシム代表監督。アンタは最高にチャーミングだ。

それにしても、ひさしぶりに『よっし!!』とか『よっし!!』とか
叫んで両手を思い切り叩いてビリビリしてしまった。最高です。
オーストラリアをぶっ潰せ!!!!!!
アジアカップです。敵はオーストラリアです。

いまさらですが、今、A代表は適性なサッカーをしています。本来ならトータルフットボールといきたいですが、温湿度を考えれば、非常にクレバーなサッカーをしています。それでも、そこかしこにいいプレーがみえる。だから、この試合も、よい経験をして、一層、チーム力を上げてほしいですね。ええ。


嘘です。
んなのは今回はいい。雪辱じゃ雪辱!!!!!
ギッタンギッタンにしてやれ!!!もう、グーもいわせへんほど、ボッコボコにしてくれ、ほんま。たのむ。もうええ、とにかく勝ってくれ、
勝利してくれ、見せ付けてやってくれ、日本の力を。

ああ、たぎる。
だからフットボールは面白い。
まだやるかと会議3連戦の風景
いやいやいやいや。

昨日も今日も明日も会議です。今回は、取扱メーカーのご担当がやってきて1日1社で勉強会を催しておりまして、朝晩、会議室に座っているのですが、まあ、なんといいますか、誰が一番喋っているかといえば、うちのボスでして、おまえはメーカーの人間かという程、担当の方を喋らせずに説明するわ、担当に技術的質問をすると「今はそんな質問せんでええ!これは○×やからわかるやろが」あの、○×自体、論理的にも間違ってますが。一事が万事これです。で反論したりしてましたが、もう疲れてきまして、時間を追うごとに彼を除く全員が老化、会議は踊るどころか、ひっくり返って足バタバタ状態でして、隣の後輩が「会議、進みませんねえ」というので、逆転の発想をしようと。山は動かないものだと思った方が、動いたら驚きが増えるだろうと。会議は山です。

そんな会議中、ボスの言葉を抜粋。
「ま、お宅の社長さんは『俺が俺が』で全く人の話聴かないからなあ」

明日は土曜日です
鳥取の風景
あー。
あづい。あづいよ、鳥取。背広着てきて、客先で待ちぼうけして、かなりローテンションなのにいきなりコアな技術質問ばかり受けて狼狽して
とりあえず、あづいので返答は今度みたいな感じにしながら、おなかが減ったので、そろそろ、大阪に戻ります。
あー。あづい。
会議3連戦の風景(その3)
やっと、会議が終わりました。一旦はここに記事を書きましたが、ほとんど怒りの愚痴になったので、削除します。
会議3連戦の風景(その2)
東京です。
昨日と同様、朝10時から夕方5時まで会議でした。そして昨日と同様、ボスから最後の締めがありました。「ユダヤ人大富豪の知恵(著 本田健)」を読みなさい。素晴らしい本だと。だから頭に来たので、こう申し上げました。

俺『私はもう読みました。』
ボス『どうだった?』
俺『へーですね。』
ボス『・・・・・(怒)』

2日目の会議、終了。
会議3連戦の風景(その1)
どうも、今、会議が終わりました。頭痛がひどく、日記ネタは何も考えてません。だから、ぐだぐだ書いてますが許してください。えーっと、なんやろ、何せなあかんねやったっけ、あー、明日から東京です。だから今から東京に行きます。で、東京でまた会議します。会議してそれが終わって、次の日、また東京で会議します。うん、会議してなにするねんて思いますが、本当、会議ってしんどい。だからしんどいことから逃げたいのが人間の常ですので、現実逃避したいと思います。あー、空、飛びたいなあ。とかいうてるぐらいなら、さっさと東京にいこか。ちゅーか、オンタイムやぞまだ。怒られるで。だから怒られる前に、そろそろノートを閉じたいと思います。
リクルートの風景'2007夏
学生7名を相手に1時間喋りました。

仕事の説明は1分、会社の説明は5分で終わり。本日のメインテーマを『しゃべり場 IN 就職活動+オッサン』と勝手に設定して、就職活動・会社が望む人材・仕事・適性について、学生の方々と軽い会話をしました。

しゃべり場本来のルールは「司会者なし、結論なし」なのですが、学生諸君、萎れ気味。オッサンが司会します。それにしても、魅力ないなあ。溌剌してないなあ。同情すべき点もあります。売り手市場にもかかわらずこの時期に説明会に来ているぐらいですから、周囲は内定を受けているだろうし、自信喪失気味といいますか、だから悪循環といいますか、元気ない。感傷気味の私が突っ込んで聴いているとボロボロと悩みを打ち明けだします。

一人の女子学生が、
『何がしたいのか、わからないですけど、今はがむしゃらなんです』
嗚呼、11年前の俺みたいや。思わず、わかるすごくわかるよと頷いてしまいました。就職活動の時点で明確な目的がある人は凄い。そう思います。ただ、悩むことはいいけど、悩んでいるだけでは始まらない。失敗してどうしようと思うのも人ですが、修正して次にチャレンジすればいいんですよ。

また、ある学生は、
『営業をやりたいけど向いていないかもしれない。』
嗚呼、たしかに向いていないよ、そのオーラは。もっと自信もってほしいなあ。でも、負けが込んで喪失しているんだろうな。

一応、評価の権限がありましたが、今回は一切評価なし(×もなし)とさせて頂きました。学生諸君、大いに悩んで下さい。就職してからもっと悩むんだから。
歌舞伎はロックなのか
難波の松竹座にいます。
07-07-08_15-04.jpg

『金龍』でチャーシュー麺を食べに来たのではありません。

歌舞伎マニア(妻)に誘われ、大阪松竹座新築開場十周年記念『七月大歌舞伎』夜の部2階7列4番のチケット(2等席¥8,400)を右手に、日本の伝統芸能である歌舞伎とやらを目撃しようと来た訳です。
07-07-08_15-00.jpg
07-07-08_15-05.jpg
決して、チャーシュー麺ではありません。歌舞伎のイメージとは、髪の毛グルグル回して決め台詞ゆうてポージングして舞台には何もなくて、おっさんが『よーーーー』といかいうて能とごちゃ混ぜでしたが、そこんとこいかが変化するのでしょうか。楽しみです。

午後4時10分から始まり、1が終わって休憩30分、2が終わって休憩15分の形式でして、終わったのは午後9時。長い。

1.鳥辺山心中(一幕二場)
2.身替座禅
3.女殺油地獄(三幕)

観客の分類(おばちゃん・おっさん・ギャル・若造)率としては、70:15:10:5でしょうかね。休憩の階で舞妓さんがコメッコ食ってましたね。ギャルのお目当ては市川海老蔵の様子でしたね。俺はお土産コーナーでブラブラしてましたね。
07-07-08_15-57.jpg
瀬戸内寂聴氏も観戦。この坊主頭が寂聴氏。

席に座ります(3階)。舞台全体は観れますが、花道が全く見えん。
07-07-08_16-00.jpg

とりあえず、僕のようなアホで素人でも歌舞伎がわかるように、という訳でしょうか、イヤホンサービス(¥600)なるものがありまして、演目中に台詞の意味や基礎知識を邪魔しないようにやってくれるそうで、早速片耳に挿して待ちます。
07-07-08_15-53.jpg
(写真:これが歌舞伎イヤホン)

1は侍と遊女が心中する話、2は家来に代わりに座禅修行してもらっている間に浮気をしたけどばれた夫婦の話、3は、あの近松門左衛門が原作で、ロクデナシが親の情けを知りながらも金目的で女を殺す話。『幕』とは舞台装置が短時間で変化して舞台設定が変わることです。

かなりの驚きがそこにはありました。

まず、想像以上に芝居です。が、ストーリーはクラシック(古典)で、ほとんどオチもなく、『俺はこれが言いたい!』なんぞ皆無。これぞ伝統芸能。話の内容も皆わかっていますし、舞台は変わるけど展開が恐ろしくスロー。上記の粗筋がすべてかもしれません。そら、じーちゃんばーちゃんが喜ぶ訳です。

では、何が重要かというと、演者なんです。台詞まわしが恐ろしくゆっくり、ためてためてためまくり。演者の気持ちよさを最重視している印象です。舞台に入れば拍手、出る時も拍手。決めのポーズ、決め台詞が入る直前に、客先から『おんどりゃああああああ』と叫び声が聞こえ、ビクっ。妻に確認したら、それは屋号を客が叫んでるらしく、例えば、市川海老蔵だったら『成田屋』なんですが、海老蔵が決めの台詞直前に、眼の肥えたおっさん客が観客席から『成田屋!!!!』と叫んで、いわゆる『合いの手』といいますか、『頑張れよ!』とか『決めろよ!』のようなエールが飛び、役者にさらに華をもたせる訳です。僕も最後までその屋号叫びに挑戦したかったですが、無理でした。

で、驚嘆すべきは、その演者の舞とバックバンド(?)との融合です。
バックバンドの三味線や太鼓に合わせて、情緒溢れる表現を完璧に計算された動きで行なう。もう、1秒も揺れない、完璧な表現力。すべてにおいてスキが全くない。さすが伝統芸能、さすがプロの頂点。脱帽です。

また、わずか1分ほどで舞台が完全に変わってしまったり、いろいろな仕掛けがなされるその舞台自体にも、驚嘆してしまいます。上記3の時は油(のような液体)が流れる仕掛けがありましたね。

終了してから気づいたのですが、例えば吉本新喜劇や新劇、いや要するに劇と呼ばれる類の原点は、遡れば歌舞伎なんじゃないかなと思いました。舞台装置が動いて場面が変わったりするのなんて『8時だよ!全員集合』じゃないですか。舞台があり、役者がいて、演技をし、意味を含んだ歌が流れ、間や空間をフルに活用し、観客を魅了する。さらには、そんな伝統芸能にもかかわらず、能のような、ただ松の絵の前でやってしまったり、関係ない黒子の人が堂々と舞台上で楽器を鳴らしたり、椅子をもってきたりする。実にアナーキーなイマジネーションです。あまりにも、『え?何か問題でもありますか?』というぐらいに普通に黒子さんがいますので、それが普通だと思えてくるのです。

いやはや、歴史があるものは、緻密かつ何気に面白いものなんですね。
歌舞伎はロックでした。関係ないか。今度は『曽根崎心中』希望。
江戸川(大阪)
本当にうまいものを食べると、今まで食べていたのは何だったんだと愕然としたこと、1度や2度はあるでしょう。

5年前に友人のスミ子はんから紹介してもらった、この「江戸川」のお好み焼きがそれに該当するものでして、今ではここのお好み焼きこそが日本一だと考えておりまして、事実、他の店のそれを喰らって満腹になっても「うまい!」とは思わなくなってしまいまして、これはこれで不幸なことでございます。(聖地・広島の名店で絶句経験有)

さて、そんな日本一うまい「江戸川」にひさしぶりに妻と行きました。ここは日曜は休み、しかも夜7時までしかしない。いまだに昭和の匂いが佇む素晴らしいお好み焼き屋でして、昭和といえばおばちゃん、そう、おばちゃんが鉄板テーブルで焼いてくれるのですよ。いいでしょ。もう、これで十分です。

お店はテーブル5席。毎度、ここに来る時は待つことを覚悟で昼時に参上しますが、ラッキーなことに即座れました。まあ、大阪・土曜・昼間と来れば新喜劇でして、店内のTVで新喜劇を観ながら、いまかいまかと待つ訳です。

今回のオーダー:
えび玉子入お好み焼¥850+トッピング(チーズ)¥150
(※具材でさらに豚かイカを選択可、前者を選択)
すじ肉玉子入お好み焼¥950
焼そば(大)¥810

一押しはすじ肉。これをソースではなく醤油で食べる。実に粋です。江戸川が何故こんなにうまいのか。紹介者のスミ子はんいわく、「あれは、だし入ってるで。」私も同感。だから、お好み焼きなのに(失礼)非常に上品で緻密、焼き茶碗蒸しの様です。また、ソースで食べる場合、特製マヨネーズがインサートされ、これを混ぜて食べると、もう、至高の沈黙になります。

さて、「江戸川」は老3姉妹で切り盛りしておりまして、長女のおばあちゃんが台所でグラム量ってまして、三女のおばちゃんが技巧を駆使した見事な手さばきでお好みの製作過程を見せてくれます。以前は今くるよ似の次女(?)のおばちゃんがやってくれてたのですが、いない。代わりに、ニューファイスのおばちゃん(どうみても姉妹には見えん)が焼そばを作ってくれました。次女さん、ダウンしているのでしょうか。

「待て」状態で無言の我々。ようやく、おばちゃんが最後に鰹節をかけ、「さあ、召し上がれ」との号令と同時に、箸を突っ込みます。
bb.jpg
(写真:左が「焼そば」、右上が「すじ肉」、右下が「えび玉」)
cc.jpg
(写真上:えび玉の拡大)
dd.jpg
(写真上:焼そば大)
すじ肉を食べます。うめえええええええええええええええええええ。
えび玉を食べます。うめえええええええええええええええええええ。
焼そばを食べます。うん、まずまず。

まあ、そんなこんなで、腹一杯、大満足。本当にここのお好み焼きはうまい。名店です。

a.jpg

お好み焼き 江戸川
池田市菅原町2-15(阪急宝塚線池田駅から徒歩3分)
TEL 072-752-1423
定休日:水曜・日曜
レンタカーの風景
ひさしぶりに車のハンドルを握り、初めての土地を走っていると、手に嫌な汗がかき、冷房のスイッチを押す事も忘れ、挙動不審で精神衛生上良くない状態にいますが、いかがでしょうか。

搭載されたナビゲーションシステムも、情報が古いのか、単に仕様が落ちるのか、とにかく、時々我を失っている様子なので「おまえはほんとうにナビか。おまえ、信用していいのか。ほんまにこっちか。ほんま、ほんまやな。おい、ちゃうやろ!!ここ曲がるとこちゃうやろ。もっと早く教えろよ。ぼけ、カス、フナ虫!!!道知らんタクシーか」と悪態ついたり、ナビをナビしたりアジったり、やむなく勘で走ったら明後日の方向で、車の運転は大変です。

でも、どう考えても、結果的に一歩通行を逆走したり、指示器出す間もなく左に入ったり、時々信号見ていなかったり、駐車するのに3回やり直したりする、この私のドライビングテクに多いに難ありといいたいところですが、私も車も無傷なので、よしとしておきます。

よし。
痴漢で電車が止まる風景
「さわんなよ!!!!!」

はて。コギャルか。
DSLiteの画面から顔を上げ、イヤホンを外し、周囲を見渡します。
ん。何もないぞな。

「さわんなよ!!!!!!!!」
「さわってませんよ!」

はて。痴漢か。
でも、私は座っていますので、真右3mの現場を直視できません。推測では、電車から人が降りた直後から声がしているようで、乗客全員、一方向を凝視。

あれ。電車出発しない。さらに観察すると、プラットホームに触られた女性。電車の扉に疑惑の男性が向かい合って、
「さわんなよ!!!!!!!!」
「さわってませんよ!」
を約20回ほどリピートしているではありませんか。

女性も男性も若く(20代前半)、かつ、普通。普通といえば語弊がありますが、女性はOL(黒髪・長身)、男性は予備校生または学生(短髪が延びた感じ・低身)と勝手に妄想しております私。

で、そんなこんなで、いつまでやるのやら。と思っていたら駅員が走ってきて、「まあまあ、ちょっと奥で話しましょうや」という風情で、親の敵を討たんとせんばかりの睨みを利かせた女性と、アドレナリン分泌中の男性が階段を下りていきましたとさ。

あ。おそらく、彼は黒でしょうね。午後7時とはいえ、電車の込み具合は70%。アクシデントで触ったと勘違いされるにしては、あまりにも距離感がある。ましてや、この沿線はさほど痴漢発生率は低いので、女性からしても、2タッチ程度で確信に満ちた睨みは利かせれない。5タッチ以上と断言します。でも、触った奴が「さわんなよ」と言われて「ええ、これからは注意します」とはいわんわな。

どっちでもいいか。電車、動いたし。
下衆な会話に共感の雨は降るのか
【夜中3時前に友人からのメール】
~あたしゃあ怒ってますよ!あまりの怒りに収まらなくなり メールした次第です!深夜1時ですよ!たまたまスカパーのアダルトチャンネルが観たくなり 眠い目を擦り チンコも擦りたくなったわけです!題名は「人妻ナンパ中出しスペシャル」…スペシャルですよ!スペシャルな内容じゃないんです!3人登場したわけですが 1人目は 見るに及ばず 問題は2人目です。すごくかわいい…しかし 行為の途中で人妻が怒って帰ってしまうというていたらく。さらに3人目そこそこかわいいので やむなく 私もロックオン…しかし!服を半分脱がせて いー感じで進行していたのに そこでホテルに移動(最初は車で行為していた)し いままでの流れ無視で すぐに全裸に すぐにフェラーリ そして挿入…アホか!と どこで擦れっちゃーんじゃ!まぁ無理矢理 最後に昇天しといてやりましたが。2人目も 乳もアソーコも出さず かわいい子だけ出しやがって がっかりしたわ!その具合が伝わりきらないのが 悔しいですよ!しかし頭にきますよね!~

【翌朝9時 私の返事】
~怒ってるねえ、「人妻ナンパ中出しスペシャル」。俺の推測だけど、「1人目でこけ」ちゅーことやったんやで。で2人目でまたやる気にさせ、3人目で素早くすませるという製作者側のストーリーを読み取らなかった、おまえのその肉棒及びそのオーナーに全責任がある!!!!!!!!!よって、今日の教訓:抜く前に寝ろ。~

【11時の彼からの返事】
~「なんでそーなんねん!あほか!」「ほんまありえん!」「ほんまわかってない!」とか夜中に叫んでました。揚げ句には「俺のがもっといい脚本仕上げる」とかシュミレーションしてました。悔しかったので いつもより一時間早起きして お気に入り(『コギャル4人』)ので抜き直しましたよ。不愉快でしたけど 結果オーライ!~

共感された方は拍手を、不愉快な気分になられた方はコメントをお願いします。
四日市の風景

三重の四日市にやって参りました。客先訪問です。
6年前の頃とは、風景がまるで変わってしまい、そこの客先の怒涛の投資力といいますか、さすがに懐古気分どころか、この迫力に圧されてしまいます。

ともあれ、IDチェック・パソコン・携帯チェックを受け、中に入り、
3人のお客さんと会いました。

1人目は40代後半の技術エリート長。さすがにほんの2分も経たぬまに、言葉遣いがナーナーで隣の空席の椅子にもたれたりと、偉そう雰囲気満点ですが(またそれがここの社風ですが)、意外と話がわかる方で、笑いもあり、近日中に担当技術者と共に2対2で技術協議することで決定。本日のメインイベントだっただけに、まずは一安心。

1人目が終わるや否や、2人目の方をお呼びしました。今度は購買(資材部:お財布番)の方ですが、これが予想を振り切る(そもそも予想などしてませんでしたが)ほど、かわいい!!女性でした。いやあ、びっくりしましたな。これは。まあ俺よりも年下なのは判りますし、ちゅーか、君、高校生にも見えなくもないぐらいオボコイ。というわけできちんと挨拶して、6年前と今の違いとかいろいろ教えてもらいました。
いや、なんだか気分が良い。

さあ、最後の3人目をサクっと終わらせるか、と思っていましたが、これがとんでもないオッサン(推定50前半)で、まあ、現場叩き上げというやつでして、ロジックもなんもないけど、とにかく、うちが気に入らない様子で、よく聴けば修理が出来ないから新品買えという方針が
気に入らないとのこと。いろいろ説明していくうちに、単に海外メーカーが嫌いだという感情の様子でして、そこから、約1時間半、ぐちぐちぐちぐちぐちと嫌味なのか脅しなのか批判なのか言われ続けまして、
嗚呼さっきの女神はなんだったんだと思ったりしながら、終了しました。

今日はつくづく三色アイスな日でした。
White Light/ White Heat
バニラと4ヶ月ぶりの再会を果たした。古今無双、傍若無人、意気軒昂、唯我独尊。
07-07-01_12-57.jpg

寝転がって、奴を見る。奴はピクリとも媚びない。しかし、怯えもしない。頭を撫でる。殺意の熱視線は影を潜めたが、それでも、明日への反抗は忘れていない。

ここで1曲。Velvet Undergroundから『White Light/White Heat』。
http://jp.youtube.com/watch?v=mG6io3ndyGk&feature=related

White light goin messin up my mind
Dont you know, its gonna make me go blind
White heat, goin down to my toes
Lord have mercy, white light had it, goodness knows
060223_2122~0002.jpg

White light goin down to my brain
Hey, dont you know its gonna make me insane
White heat, down to my toes
Lord have mercy, white light had it, goodness knows
Forget it

White light
Ooohhh, white light
Ahhh, white heat
Ooohhh, yeah, white light
060728_0029~0001.jpg

White light goin messin up my mind
Dont you know, its gonna make me go blind
White light, goin down to my toes
Lord have mercy, white light had it, goodness knows

White light goin messin up my brain
Dont you know its gonna make me insane
White heat, goin down to my toes
Lord have mercy, white light had it, goodness knows
Forget it
050901_0856~002.jpg

Ooohhh, white light
Yeah, aaah, white light
White heat
Oh, baby, white light
White light, now, now, now

White light goin messin up my mind
Dont you know, its gonna make me go blind
White heat, goin down to my toes
Lord have mercy, white light had it, goodness knows
07-07-01_16-33.jpg

White light goin down to my brain, ooohhh
Oh, dont you know its gonna make me insane
White heat, goin down to my toes
Lord have mercy, white light had it, goodness knows
Forget it

White light
Ooohhh, white light
Ooohhh, baby, white heat
Yeah, white light
060909_0148~0001.jpg

おまえは最高だ。
人気blogランキングへ
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。