無料ホームページ ブログ(blog)
mi1011.net2006年01月11日
FC2ブログ
mi1011.net
または私は如何にして心配するのを止めて人生を愛するようになったか
200512<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200602
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
野洲vs鹿児島実業をみた!(※決勝点のみ)
第84回高校サッカー選手権も幕を閉じ、正月気分もすっかり失せた頃合。TVのない我が家では、今さら高校サッカーに燃える齢でもなかろうて。

と思っておりましたが、やたらに唯一のニュースソースであるネットで
優勝校の滋賀県代表野洲高校を賛辞する声が多いではないですか。
やれセクシーフットボールだの、やれ高校サッカーの革命児だの。
どれどれ観てみようかなと、決勝ゴールの動画ファイルを観ました。

・・・いいもの見せてもらいました。特筆すべき点は数多くあります。
分析してみましょう。

大前提ですが、サッカーとは、個と個が連動し、シンクロしていき、ゴールという形を作り出すスポーツ。その得点シーンは一つの完成された作品(PK除く)、だから例外なく美しいものです。美しいものを『美しい』というのは芸がありません。ありませんが、どこがどう美しいのか。どうして美しくなったのか。そこがポイントです。

この動画ファイルの前段階が不明のため、そこは割愛します。
(本来は前のプレーがあるから続きのプレーが存在するのですが)
また、この分析や感想はあくまでもこの決勝での決勝ゴールシーンからだけのものです。

■シチュエーション:1-1同点 延長後半7分
両チームとも疲労困憊のはず。点を取りたいけど、1発で沈むリスクもある延長の後半。後がない。必然的にカウンターが効果的。

■ゴールまでの流れ
?@ボールを奪取したディフェンダーがそのまま自陣でドリブル
?A敵のプレスが前から来る前に右に並走する味方にパス
?Bすぐにリターン(ワンツーパス)
?Cリターンボールをそのまま右斜めにダイレクトサイドチェンジ
?D右で受けたオフェンスが斜めに中央へドリブル(ゴール前に味方1)
?E左斜めから走ってきた味方にヒールパス
?Fそのパスをダイレクトに右から走ってきた味方にダイレクトスルーパス
?Gパスをゴール横にダイレクトセンタリング
?H左から飛び込んでダイレクトシュート

一連の流れは上記の様相ですが、ドリブル・ヒール以外はすべてダイレクト。鹿児島実業が一度も触れていない、いや、コンタクトをする前に選択し、プレーしているからこそ、触ることが出来ない。

■驚嘆すべき点
?Aシチュエーションを考えると、縦にすぐ蹴ってしまうところですが、
ここをあえて並走する味方にパスを出します。これによって、前にいた敵の意識はそちらに。その気をそぐようにダイレクトでリターンすることで、一瞬、敵の意識から逃れた状態に。何気ないプレーでも、状況を考えると、この意識は凄い。

?C受けたボールをそのまま斜めにサイドチェンジ。しかもダイレクトに正確に。このプレーも、先の敵のチャージを完全にかわしたことから生まれる余裕が生んだものです。それにしても糸をひくようなパス。素晴らしい。観衆がどよめくのは必然。

?Dボールを受け、あえて味方と敵が待っている中央に切り込んでいきます。この動きには、右サイドにスペース(何もない空間)を作る目的があります。中央にいる敵ディフェンスはそこにいるFWもマークしないといけないが、中央に切り込んでくる敵も抑えなければならない。意識は必然的に中央によります。そこが狙い。そして狙い通り、両サイドの意識が希薄になります。さらに驚くべきことに、味方が二人もいっしょに走りこんでます。先のサイドチェンジが効いているからドリブルを選択し、斜めにドリブルすることで後ろから走ってくる味方を待つことも出来、その存在も、そのスピードも活かせます。
 
?E完全に連動してます。このチームの型ですね。

?Gこの時点で、将棋の詰み。右サイドはガラ空き。?Dのプレーが光ります。これによって、敵ディフェンスの意識から左サイドが消えてしまいます。驚嘆すべきはこのセンタリングを上げた選手は、?Cの時点で、まだ自陣にいたことです。素晴らしきフリーランニング。しかも延長後半でのこの体力。おそらく試合中に力加減をうまく調節していたのでしょう。

?Hはい、センタリングが上がった瞬間に勝負あり。しかも、二人も走っています。

この決勝点はサッカーの素晴らしさの多くを語っています。
瞬間的な判断力、確実な基礎技術、フリーランニング、豊富な選択肢、イメージの共有化(連動性)。何より、選択するスピードと意図が素晴らしい。意図をもったドリブル、意図をもってパスは早くダイレクトに。全員の意識が同じです。つまり、個人技の集合体のようで、実は非常に個人と集団を見事に融合させた戦術。

この高校が日本を変えていくとは思いませんが、日本の高校生がこのような美しいゴールを生んだ事実は素晴らしいことだと思います。
おめでとう野洲高校、そして、鹿児島実業負けるな。

決勝ゴール
http://www.uploda.net/cgi/uploader1/index.php?dlpas_id=0000064069
DL Pass: yasu

激闘 四中工の野洲決勝ゴール
http://bon-soleil.mine.nu/snup/uploader/src/up0022.mpg

大阪朝鮮戦 後半30分の同点ゴール
http://bon-soleil.mine.nu/snup/uploader/src/up0042.mpg
image.gif
スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。