無料ホームページ ブログ(blog)
mi1011.net2005年05月
mi1011.net
または私は如何にして心配するのを止めて人生を愛するようになったか
200504<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200506
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
尻バカ日誌~プロローグ~

貴方は、女性の外見で、どこに魅力を感じますか?

顔?脚?胸?十人十色、人それぞれでしょう。

尻。ずばり、尻です、俺は。それだけでご飯3杯おかわり可能な尻フェチです。

学生時代は自他共に認める「オッパイ星人」でした。実際、オッパイでかい女性とつきあってました。すれ違った見ず知らずの女性に対し「あの娘、大きいなー」と友人がいっても、「へ。そうか?」といえるほど、でかい女性でした。別に意図的にオッパイ目掛けて突進してたわけではないですが、無意識にはあったでしょうな・・・。なんでしょう、オッパイ星人であった理由は。やはり、あの立体感といえるでしょうかね。母性の象徴ともいわれますなあ。

やがて、時が経つにつれ、胸から自然に尻に視線は移行していました。何故かくも尻に惹かれるのか。あの曲線、あのボリューム。人間(サル)が四つ足で歩いてた時代、オスはメスの尻を見て発情したらしいですが、尻の位置が視線の先に自然とあったからという説があります。なんといいますか、エロいんです、尻は!!!!

また、例えば、顔と背は生まれついての物なんで、どうしようもないですが、勝手ながら思うのですが、管理が行き届いているというか、脚と尻にはその人の生活臭を感じてしまいます。

というわけで、今まで割と健全(多少のくだらなさ含む)なブログを展開してきましたが、俺もまた大人の一員として、18禁企画・尻好きに捧げる尻画鑑賞会なるコーナーを設けることにしました。

西武の中村ばりに「おかわり」連発の、1枚の尻写真を元に、この尻のどこがどんなにどうゆう具合によいと感じたのか。それをもう、あるがままに赤裸々クライマックスに、俺のアナザーサイドであるダークな部分、いや一部ではこれが本流という話もありますが、エロ趣味全開で語りたいと思います。掲載は毎週火曜夜をめどに展開します。

Don't miss it!

スポンサーサイト
月曜の風景

放出系です。エムアイです。

さて、今日は、朝からバタバタとメールチェックしながらも出張の用意です。それが終わって、昼1時からマクドでチーズバーガーとアイスコーヒー、『100円あったらMAC!』であります。合計¥200。喰らいつきながら、ブログ原稿を書いてアップ完了。

2時から、またリクルーターです。また、です。なんでも、4名内定したそうですが、見事に最終合格後に逃げられたとのこと。あーあ。で、結局、また一からやり直しと。俺たちリクルーター、また働かされると。というわけで、今日は4名の学生さんと2時間ほど、喋って会社説明会です。しっかし、馬鹿そうな学生と、有能そうな学生って、露骨にわかりますな。あくまで偏見ですが。馬鹿そう、でも、化けそう・・・そんな学生ならいいのですが、あんまりにも・・・・・。ただ、挙動がおかしくても面白いこという奴は大好きなので、こんなこ入ってきたらいいなと思える学生は、今日珍しくいました。君、いい!!変そうでいい!!

4時にようやく解放され、ちゃっちゃと荷物をまとめ、東京駅。
新幹線で山形へ向かいます。そして、今、天童駅に下車。
天童セントラルホテルに滞在中です。天童って、天童よしみの『天童』なんかな。ま、そんなことどうでもいい。どうでもいいと思えるぐらい、何もない!!まあ、風俗街があっても寄らずにホテル直行です。

というわけで、なーんもネタはありませんが、
明日から山形巡業の巻です。
揚州商人

本日2本目。エムアイです。

土曜日、水道橋に妻と夕食に出掛けました。
水道橋は、大学や専門学校が多く、出版会社も濫立してるので、飯屋が多いのです。

本日のお目当ては、以前から通る度に気になっていた中華、
「揚州商人」です。

妙な現地風の門構え、深夜の客の多さ、
店前の看板にデカデカと書いてる『黒酢炒飯』の文字・・・多くのパート、気になります。

というわけで、はい、潜入取材です。さあ、重い扉(ガラス付)を開けます。

『いらっしゃいませえええええええええええええええ』

デカくて変なイントネーションの日本語です。若い中国人青年です。元気です。中国人は商売熱心ですね。

ひさびさです、こんなデカイ声。東京に来てこんなデカイ声を聞いたは初めて。大阪では割とあるのですが、東京はシャレてるのか大人しいのか、やる気ないのか、よくわかりませんが、威勢がない。よって、なかなか良い第一印象です。

メニューはラーメンメインで点心少々。
坦々麺フリークにしてワンタン狂いとしては、
当然、坦々麺大盛り+海老ワンタントッピング+半炒飯セット
(=¥1,300)
妻は黒酢ラーメン(¥900)

灰皿をお願いしたところ、さっきのデカイ声のニーちゃん、いつまでも持ってきません。忙しいのでしょう、とりあえず、またいってみました。『あのー、灰皿お願いします』

『はいいいいいいいいいいいいいい、灰皿ですうううううう』

声でかい。
しかも動き速い(だったら早く持ってきてくれといいたい)
まるで料理を持ってくるかの如く、灰皿、おまちーー状態です。
そ、そんなテンションじゃなくても・・・・灰皿投げられるかと思った。

5分後、炒飯到着。
ん。うまい。普通にうまいですね。ただ、よっぽど慌ててたのか、具のバラチャーシュー、ひとつに固まってます!投げたままかい!ほぐせよ!!

3分後、坦々麺&黒酢ラーメン到着。黒酢ラーメン、黒い!!!!

黒酢ラーメンを試食。
う、黒酢。黒酢のままです。
黒酢の中に麺。だから黒酢ラーメン。偽りなし。

坦々麺です。
餃子の具ぽいのが上に乗ってます。スープの触感は、あのこってりラーメンで有名な某チェーンと同じです。味はゴマだれ、そのまんま。俺的には好きですね。ゴマだれにラーメン。間違ってない。間違ってないけど、辛味があまりない。んー、うまいんだけど非常に微妙です。海老ワンタンはいけます。麺は細いですが、大盛り仕様のため、ぼってりになってしまいました。ある意味、うまいですが。

腹いっぱいです。
とりあえず、お勘定しよかと。すいませーん。あれ?
さっきのニーちゃん、厨房にいます。
『あいあい!!今、いきまーーーーーす!!火、とめてください!火、とめてください!』

君、作ってたんかい!!!
どうやら、相棒に火止めてくれと言ってる様子です。
どの料理が火を入れ過ぎてるのか、気になります。

それにしても、中国人のバイタリティにひさしぶりに出会えて楽しかった夜です。

また来ます。
Saturday Football~VS FCバイオレンス・國分アントラーズ~
遅咲きの五月病です。エムアイです。
では今週土曜のエムアイ、いってみませう。

08:00
起床。見事に寝坊。着の身着のまま、出陣。

08:30
青山公園到着。俺含めて5名。チームレギュラーが揃い、満悦。
が、寝起きでテンション微動だにせず。やる気ゼロ男。それでは
申し訳立たないんで、みんなに基礎練習をこなしてもらう。
俺は、拾った小枝で指揮棒コンダクト。

10:00
練習終了。皆、爽快。俺、ようやく意識が起床。

10:30
うだうだサッカー談義しながら朝食。

12:00
次のステージ、溝の口に移動。

13:10
富士通ゼネラル体育館に一番乗り。今日は、FCアゲサンジェルマンの一員(助っ人)として参加。主力の出席率悪く、戦力に大きな不安。

13:30
FC VIOLENCE、國分アントラーズとリーグ戦(二周り)。
本日の俺のポジションは一番底。

14:00
①△2-2 vs 國分アントラーズ
相手は若いわ、速いわ、うまいわの三拍子にもかかわらず、
このメンバーでよくやった!。未経験者の確実な上達を実感。
俺自慢は、中央からの地を這うミドルで2点目取った(ぐらいか・・・)

14:40
②●0-2 vs FC VIOLENCE
前半スコアレスで乗り越えるも、メッキが剥がれてきた・・・
攻撃の糸口が見えない・・・俺も走り回ってバテバテ。
黄信号、発令。体育館、異常に暑い。

15:20
③●0-2 vs 國分アントラーズ
もう犯されてました。俺、もうダメダメ、バテバテ。
消耗し過ぎて、前半終了後に交代を申し出る。
ユニフォームが汗でずぶ濡れ。

16:20
④○3-1 vs FC VIOLENCE
1勝したい。その思いが強かった。皆、今までで一番いい動き。
相手よりも先に動き出しができるようになった。先制後に同点に
されるも、意地が爆発。俺、爆発。相手のミスをそのまま叩き込んで勝ち越し。底の位置から一気にFW位置に移動、キーパーからのパスをワントラップ、DFを交わしながら振り向きざまシュート。3-1。咆哮。

16:40
終了。全力出し切って、頭がおかしくなりそう。1勝2敗1分ですか。このメンバーでこの成績は上出来でしょうな。
     
というわけで、体力があるのか、ないのか、よくわからない1日でした。でも、体育館は異常に暑かった。夏でした。
本庄の風景

やたらとお腹が減ってます。エムアイです。

埼玉県の本庄市に、メーカー同行の元、お客さんに訪問です。
今回のお客さんは今までの自分の分野とはちょっと違う、医療機器関連です。さらに、今回のミッションは、そのメーカーの方の目の前で、そのメーカー(新商品)のプレゼンを行なうこと。緊張です。

午後2時、客先着きました。
あれ?あれれ??どんどん会議室に人が来ます。3人の予定が、気づけば6人。隣にメーカーの担当者(しかも偉いさん)。うおおお、自信のなさが声の大きさに比例してます。まあ、いいでしょう。ぶっつけ本番こそ、人生。といいたいですが、前日から準備してて良かった。

とはいえ、決していい内容ではなかった、そんな印象です。
メーカーの人にかなり助けられましたし、猛省です。

やっぱり、自分の得意分野に入ると、自然と椅子から前のめりになりますが、そうじゃないと、やや引き気味になってしまうものです。そういうものかもしれませんが、これではナイーブ過ぎやしないかと、突っ込み。

最終的には、リーダーらしき人物(突っ込み鋭し)の一声で、早速、新商品、お買い上げです。医療機器は装置仕様がそれ程変わりないので、スペックインすれば安泰です。

さらに、俺プロジェクト「緑色したアイツ」にも、いい食いつきしてましたので、こちらも惜しみなくプッシュすると。

ちゅーか、気づけば、なんか、営業日報になってないか?これ。
というわけで、快速の中、酔いと戦いながら、キーボード打つ俺、最高。
神のみぞ知る

午前3時半、眠気眼でTVをつける。

フットボーラーの最高の栄誉、
チャンピオンズリーグ2004〜2005決勝、イスタンブール。
イングランドのリバプールVSイタリアのACミラン。

経験豊かな名門と、復活した古豪の対決。サッカーの女神はどちらに微笑むのか。下馬評はミラン優勢か。

いきなりだ。
開始45秒。
ミラン、右からのピルロのFK。中央で合わせたマルディーニのシュートはバウンドしながらリバプールGKデュデックの手をかすめてゴール。まさしく先制パンチ。動揺するリバプール。

ミランの中盤がことごとくリバプールを潰す。ミランの攻撃陣であるカカ、クレスポ、シェフチェンコの3人でパスワーク。この3人、怖過ぎるぞ。オフサイドでノーゴールになるが、次々と切り崩す。やがて3人で2点目をゲット。さらに、カカからのパスで抜けたクレスポが3点目。誰もがミラン圧勝の予感。

3−0。前半終了。
もう試合は終わった。3−0。
守備に自信のあるミラン。攻撃させてもらえないリバプール。

後半開始。
リバプール、ジェラードを上げてサイド攻撃。
9分、リーセの左からのクロスをジェラード、ヘッド。リバプール1点返した!残り時間、36分。

11分、チェコ代表スミチェル、右からグランダーのシュート!!これが入る!

15分、ジェラード倒されPK。同点!!!!!押せ押せどんどん!!

6分間で3点追いつく!3−3!!同点!!
誰も考えられない筋書き。だからサッカーは面白い。
だからやめられない。

膠着状態、でも危険な匂いはミランから。
赤いサポーターのブーイングは激しくなる一方だ。
ミラン、セードルフOUT、トマソンIN。クレスポOUT、セルジーニュIN。リバプール 、バロシュOUT シセIN。

ロスタイム2分も終わり15分ハーフの延長戦へ。
延長前半、満身創痍も、ミラン、ラッシュ。しかし、こじ開けれない。延長後半、ガトーゾOUT、ルイ・コスタIN。

12分。セルジーニュのクロスからシェフチェンコが決定的なヘッドするもデュデックが神セーブ。

もうPK戦しかないのか。

というわけでPKは運なので、勝敗の行方はもういい。
今日はなんといっても、3−3に追いついたリバプール魂を目撃できたことを神に感謝。

追記)
早めの出勤支度の中、リバプール優勝をみる。GKディデクの変な踊りセーブは最高に面白かった。おめでとう、リバポ!魔の6分間以外は素晴らしかったミラン、また決勝の舞台に帰って来てくれ。

フットボール、素晴らしきかな。
激しい雨が

やる気がなくなったので、昨日はツッタカタと定時に会社を出まして、さてまた歩いて帰るかとトボトボ皇居前を歩いておりましたら、ポツポツと雨粒が落ちてくるではありませんか。ん、やばい。
すかさず、大手町の地下に入り、丸の内線で後楽園まで。

到着。ものすっごい雨が降ってます。
一昨日も、ものすっごい雨が降っていたらしいですな。スコールですか。東京はマニラですか。あまりのものすごっさに、駅前は微妙にごった煮です。

そして、皆、待ってます。
何を待ってるのでしょうか。俺含めて。

わざわざ傘を買うのは面倒だけど、この雨にやられるのも嫌だから、誰か迎えに来ておくれ。

そんな思いが駅前にうずまいておりました。

10分後。妻が迎えに来てくれて、「じゃあ、君たち、まだまだ待ってなさい」と一瞥を食らわして、傘に入りました。

が、雨は横殴り、傘がなくても同じでした。
失注の風景

後悔中です。エムアイです。

絶対取れると思い込んでいた案件を、見事、キレイに落としました。

失注でござんす。

注文を失うと書いてダメリーマンです。
嗚呼、ダメだ。やってもた。

経緯は、こうです。
先週の火曜に展示会来場者の方を訪問。その方と協議し、見積を提出。競合の提示額も目星がありましたが、まずは、定価の20%で様子を見るかと。この様子見が命取りとなりまして、出張中に競合がさらに値引いた金額を提出。本日、ご担当に”んー♪どんな状態かなー”と、電話したら、「もう決まりました」

どて。くそおおおおおおおおおおおおおおおおおお。くそおおおおおくそくそくそ。俺のアホ、俺のアホ大オオ大尾おおおお。もしくはアホおおおおおおお。1000万、飛んだやんけ!!

そろばん弾いた限り、まだまだこっちは余裕で提示できたし、間違いなく競合に勝てる自信がありましたが、ご担当からも「申し訳ないけど、もう決めてしまいました」といわれるし、
はあ・・・・・・切ない。切ないわ、俺。トラブルシューティングしてる場合ちゃうぞ、俺。

というか、元気になってる俺。
負けると俄然元気になる変な体質です。Mなんでしょうか。

推定敗因は次の通りです。

①相手の様子を見て、金額提示しなかった。
交渉事の基本が疎かでした。しかし、よもや、相手がこんなに早く決めるとは。

②見積出して、見逃した。
ガツガツせなあかんのよ、ガツガツせなよー。

③相手にボールを投げてしまった。
「金額で何かあればいつでもご連絡下さい」といって、相手からの連絡を待ってしまった。

早い話、駆け引きに酔ってたら、勝負終わってた、んな感じですわな。

いずれにせよ、何故負けたのか、この負けを繰り返さないように、さらに社畜の獣道を歩むことにいたしました。失注ブルースでも歌おうかな。
Saturday Football~確実に成長するチーム~

最近、日曜に身動きできないです。エムアイです。

土曜はASGとの恒例の対抗戦です。場所は溝の口駅、時間は8時45分集合です。お。8時40分にメンバーが待っている!「通常・遅刻」がうちの習性なのに、珍しい。その意気込み、良しです。

どうやら、ASGだけではなく、もう1チーム(素人)も参加で、3チーム対抗戦の様相です。

今回のテーマは、ずばり、フォーメーションの形成。うちのフォーメーションは菱形です。その菱形をいかにキープするか(あるいは崩してまた元に戻すか)、今回はそれに尽きます。形を作るとは、そのポジションに散らばり、お互いの位置を確認してパスを出し合う。自分の位置エリアももちろん、相手のそれも理解する。今回のテーマはそれです。その中で、ポジションを代わったりしてやってみようと。勝敗は度外視です。

俺もしくはGが底辺、右はアッキーあるいはU君、左にM君もしくはKSK、トップはヨシアキクン。GKは次期キャプテン候補N原。U君は助っ人的位置づけなので今回は勝手にやってくれと。

結論から申し上げると、パスワークも増え、ポジショニングもだいぶ良くなってきました。今の段階では◎。とはいえ、このレベルではとてもじゃないですが、大会5位内は無理。もっとこの練習が必要のようです。個人的には、シュート1本も入らない上、消化不良でしたがそれでもチームとしてはよいのではと、無理やり納得です。というか、本当は自由気ままにやりたいんだけど、どうも、このチーム事情を考えると、それも難しい。はあ。ちなみに結果は全勝でした。

というわけで来週もまたASGに試合を申し込むつもりです。
秋田の風景(後編)

ようやく商談が終わりました。
今回は、往復交通費はペイしてません。赤ですね。
それでも来る価値はあった。来て良かった、秋田小町。そんな商談でした。

で、客先からタクシーに乗って秋田駅に向かったのですが、運転手、おじーはんです。

おじー「○×△♪だう?」
俺「????????」

後部座席に座ってすぐでしたが、全く聞き取りませんでした。ヒアリング失敗。しかも、ジモティに遭遇です。何いってるか、さっぱりわからん。しかし、ここで「はああああああ!??」といっては、秋田県民、傷つける。俺、秋田人、苦しめる。これではいかん。どうゆう返しをすべきか、一瞬悩みました。何かいってる。それは間違いない。何かを問いてる。んー。で、出た答え。

俺「とりあえず、普通でいいですよ」

おじー、なんか納得してます。

予想としては、「あなたは急いでるのですか?」といったニュアンスのはず。うん、俺は間違ってないはず。しかし、気持ち、タクシーのスピード、速いです。というか、抜きまくってます。秋田弁の問題なのか?これは。俺は「普通でいいですよ」といったはずだが。いや、早く駅に着くのはいいが、いかんせん、運転手はおじーだ。怖いんです。事故ったら俺、帰れません。まあいいか。事故もまたネタ、それもよし。一人納得です。

それより心配なことがあります。おじーです、相手は。

「秋田駅にいってください」といったはずだが、行きしなのタクシーが来た道と違うぞ、これ・・・・・・・・ひょっとして、ひょっとしてないか?変な方向にいってないか?本当にショートカットなのか?俺に対する優しさと受け取っていいのか?それとも単に違う場所にいってないか?しかし、また「秋田駅ですからね、行く場所」なんて姑いびりのピッケル持った鬼嫁のような口調でいってはいけません。老人を傷つけます。俺、耳が聞こえてるはずのおじーに念押ししてしまう。おじー、苦しむ。それはいかん。んー、で、出た答え。

俺「秋田駅までどれぐらいで着きますか?20分ぐらい?」

素晴らしい。なんと自然な質問か。
俺、間違ってないやんな?うん、これはいい。何気に秋田駅という目的地を相手に再確認してる。

おじー「20分かかり○△♪×」

聞き取れない・・・・またわからなくなった。
秋田の風景(前編)
寒いです。エムアイです。

本日は秋田です。
電車に揺られること、約4時間。ようやく秋田に到着です。
初、秋田。曇り空が迎えてくれてます。いつでも雨降りそうです。
しかも、なんか、風、強いです。ロータリーに、電子ピアノの叩き語りの音が響いてます。所持金¥7,000。これはマズイです。よって、急いでATMを探しますが、いかんせん、土地勘ありませんので街を徘徊、ようやく見つけたと思ったらキャッシングマシーンで金借りるとことでした。アホです。地銀発見、金を下ろします。

次は、飯です。
これまた何がうまいのか、さっぱりしらないので、とりあえず駅近くのレストラン街に入り、無難に中華に入り、坦々麺セット(炒飯付き)¥1029をオーダー。来ました。はい、失敗です。直感でわかります。オーダー失敗しました。もうこれ以上はいうまい。

さらに、妻からのミッション「土産は化粧水」ということなので、先に買出しします。でも化粧品屋には市販品しかないので、さてあきらめてもらおうかと思いきや、隣の薬局で売ってました。「秋田美人こめぬか化粧水」。投資を決断。

というわけで、今からお客さんとこ行って来ます。
帰りにまた書けたら書きます。

明日は茨城直行、ようやく土曜です

(JR秋田駅付近のロッテリアより)

サルのようにかき続けるしかない

♪東京シティは風だらけ~今日も誰か飛ばされてしまったー(song by ARB)
エムアイです。

ブログ書いてると、ネタに困る時があります(今です)。
書くネタがない。なら、「書くなや!」
正解ですが、不正解です。ん?禅問答かと。

不正解の理由は2つあると思います。

たしかに、書かなくてもいいんです。が、更新されません。
更新されないHPは、閲覧者数を減らします。そして誰もいなくなると。
誰でもわかりますわな、こんなこと。
しかし、実際やってる側は意外に気づかない。
書く気分になれなくなって更新しなかった時がありますが、復旧に時間がかかりました。更新はHPあるいはブログにとって生命線なんです。

二つ目に、やっぱり、書き続けないと、書く能力・内容が衰えます。これは個人的な側面ですが、とにもかくにも、なんでもいいから書き続ける。そうしないと、文章力、あるいは説明能力といえばいいのでしょうかね、ま、そんな感覚を磨けない。

さらに、書けば書くほど、書くことが難しいなと思う時が増えています。この、自分の感じたニュアンスをどこまで正確に伝えられるか・・・いつも慌てて書いていますので、アップ後に読み返すようにしてるのですが、なんとなくダメダメ気分になります。これは、更新頻度がそれほどじゃなかった頃の「嗚呼、俺って文章うまいな」的光悦な気分と対照的で面白いですな。何事も中途半端はよくありません、むしろ悪いです。わかったような気分でいると、
実はなーんもわかってない。余計に性質が悪い。だからこそ、書き続けるしかないんです。現実世界で辛い目に遭っても、書き続けるしかないんです。

で、結局、書き続けてどうなのという疑問もあります。

以前、どこぞの何某かのコメントで「オナニーブログだな」と煽りを受けましたが、この煽り主は基本的に馬鹿です。そりゃ当然です。全てのブログや個人HPの本質はオナニーに過ぎません。要するに、オナニーショーで、どこまで共感を得るか。「こんなオナニーするんや」「何気に俺もこんなオナニーあるある」「俺はこんなオナニーするぞなもし」このオナニー評論のやりとりが楽しくなればなあといつも思ってます。

人生は壮大なオナニーショーですから。

とりあえず、今日は書けましたな・・・
内部告発の風景

新潟の長岡駅プラットホームで鳩を見つめてます。エムアイです。

出社早々、新潟に出る前に会社PCを開けようとしている時でした。
向いの席にいる後輩S君が『なんか、変なメールが来てるよ』と事務の女性にいってます。それを小耳にしながら、(はよ、開けよ、この馬鹿PCよ・・・)と呟いてると、突然、隣席の東京ボスが、『みんな、ちょっと来てくれる?』と、すぐ横の会議室にチームの皆を呼ぶではありませんか。(たのむで・・・もうすぐ出るのに)とりあえず、スゴスゴと会議室に入る俺。

東京ボス『実は、昨日の夜に、うちのチームと、あと社長、関係してる取締役あてで、変なメールが届いてるんだ。しかも、○△さんだけにはいってない。タイトルは『内部告発』というメールなんで、ちょっとやばいと思う。くれぐれも他の部署にはいわないように。あと、まだ見てない人はすぐ削除するように』。

なるほど、「揉み消し」ですね。了解です!!

で、またPCの前に座り、開くと、たしかに届いてる。
ボスの毒見も終わってるので、さて、見てみようかなと。

宛先はexciteのフリーメール。タイトルは『内部告発』、うむ仰々しいな。PDFが添付されてる。
うむ、どれどれ。

(本文)
内部告発
これは誰?

え?もう終わりかい。送信時間は昨日の夜9時半。
当時、妻とゴーヤチャンプルを喰らってたのでアリバイはあるぞ!俺は。って俺、間違いなく疑われてるんだろうな・・・うちのチームで誰が一番過激派か?って質問すると『ハイ、エムアイです』と、申し合わせたように声が揃うだろうな。

ま、そんなこといいわ。

でも、PDFや。どれどれ。タイトル『誰』132kb。雑誌の切り抜き。リーマンの相談室ぽい。記事の一部、傍線が引いてる。これに該当している人間がおると。その人間は、このメール宛先に唯一入ってない○△だといいたいわけですな。

(抜粋)
Q)守るべき顧客、育てる部下が増え、リーダーシップを発揮してチームを運営するのが不安です。(OA機器:44歳)

A)あなたの絶対時間は限られてます。(略)だとすれば今の2倍頑張ればいいじゃないですか(中略)気がつかないかもしれませんが、あなたが頑張っている姿は後ろで部下はみています
管理職になったとたん動くのを止めてしまい、部下に『ジャングルに行って獲物をとってこい』と言ってるだけでは、当たり前ですが部下はついてきません。(以下略)

さらに、午後には、社長から、これだけじゃよくわからんので送信者の方は秘密厳守にするので状況を説明するメールを送ってほしいとのメールが、また全員に。

客観的なインパクトはないけど、まあ、うちの社風を考えると、結構、大きな出来事になりそうですなあ。東京ボスも大慌てだし。確証はないけど、なんとなく送信者の予想もつきます。
単独犯じゃ、ないだろうな・・・たぶん。

というわけで、なかなかに香ばしい朝でございやした。
さて、がんばろかい。
Saturday Football~バビルス杯に燃ゆ~

日曜は満身創痍でした。エムアイです。

何語を話していたのかすら記憶がないぐらい、土曜はクッタクタ。限界値、確実に超えてたね。
というわけで、どんな具合か。こんな具合でした。

土曜
朝06:45
起床。直後、悪寒が走り、風邪の予感。ノドがガラガラ。這いながら布団から出撃。玄関で携帯が鳴り、後輩Nから『あのー、すいません、今日、風邪で休みます』と、爽やかなお言葉を頂戴する。おまえ、俺より元気そうやん。しかも、俺が考えたチーム名『パッショーネ(情熱)』を、南米の選挙みたいに汚い手使って無理やり『ディベルティード(楽しい)』にかえやがって、そんなことし
やがったおまえが、風邪で休むってか!?俺は行くのに。さらに、おまえが来なかったら、3人やぞ、と。しばし、あきれる。

07:40
青山公園に到着。当然、誰もいない。一人で筋トレ・ストレッチ・ランニング。チーム決起集会後も変わらない風景に、しばし、途方に暮れる。

08:30
ようやくアッキー、M君、ヨシアキ君が参上。4人で2対2。脚が馴染んでくる。

09:10
フットサルに向け、フォーメーションのシャドーパス練習。ダイヤモンドに4人を配置させ、敵なしでパスを繋いでシュート。ひたすら繰り返し、ポジション感覚を掴んだら、ポジションチェンジ。

09:30
他のサッカー人たちを発見。3人が『試合!』『試合!』と騒ぎ出す。昼から試合がある俺、消極的。結局、のる。

09:40
試合をしてもらえることに。明らかに相手、経験者しかもガタイよい。でも、準備運動段階のため、相手息切れ。3-1で勝利。早速、シャドーの効果が発揮。しばし、自己満足。

10:20
帰ろうとしたら、先程の相手が『もう1回やりませんか?』と打診。丁重に断り、勝ち逃げ。

10:30
アッキーと共に金町へ。昼飯。

12:00
金町フットサルコートに到着。バビルス杯(スーパービギナーズ)に参戦。今回もヘルプ。散々だった前回を考慮し、今回、体は午前中で仕上げてる。今回はやったる。しばし、鼻息荒い。

13:10
第一試合後半に途中出場。もち時間、3分。しかし、相手、ガタイ強し。ボールキープされたら取れない。やばい。横にドリブルしながら相手シュート。よしブロック。え?入ってる・・・なんちゅーはやさ。朝から準備しても相手を止めれない現実・・・しばし、空を見上げる。結局、前半1-1を守りきれず、1-3で●。
前回同様、まったくボール触らせてもらえず。

13:15
後半メンバーのキープレーヤであるホリエ君と、GKのタツヤ君と共に緊急即席反省会。このままじゃ、まったく話にならないので、今できる修正点を洗い出し。
・GKからボールをもらう時に、サッカーの如くスペースに走るので はなく、下がってもらう方がよい
・守備より攻撃を意識した方がよい
・味方にもっと声をかける後半チームとしては、どうしても勝敗  (スコア)を意識するため、ディフェンスを絶対に考えてしま  う。しかも、前後半での人員構成がアンバランスなので、前後半 チームを逆にする案を提案。見事に採用。       

14:00
第二試合。前半先発。幸先悪く、アクシデント的な先制を受ける。が、今までにない攻撃の兆しが見え始め。ついに、ホリエ君とのパス交換から最後に角度のない俺のシュートがキーパー股間をぶち抜いて同点。公式戦初ゴール。さらに、またホリエ君とのパス交換で切り崩して逆転。2-1。よし。初めて仕事した。結局、後半チームが追いつかれて2-2。△でも、内容良。

15:00
第三試合。前半先発。終始、ゲーム支配。3点目をぶち込む。
結局、4-0で○。チームは大騒ぎ。過去最高の順位を更新(12中7→6位確定)。そりゃそうやわな。初心者8割やし、嬉しいよ。でもこれからやろな、大変は。電信柱にへたりこんで、喜ぶメンバーの姿をみて、しばし、思いに耽る。と同時に、マンガみたいに『え?カ・・・・・カラダガカタマッテキタ』。脚が地面と
一体化してる錯覚に陥る。腰が痛い。うう。限界警報、発令。

15:30
第四試合。勝てば5位。前半先発するも、もう限界のため、シュートチャンスも慌てる始末。相手の競り合いも、もうヘロヘロで勝てない。0-2。後半も入れられ、0-3で●。皆、落ち込んでる中、俺『まあ、また課題が出てよかったやん』。いや、本当にそう。目先の勝利よりも、1歩づつやで、確実に強くなるには。スコアより内容っす。

16:00
終了。飲み会参加せず、そのまま電車に乗る。意識が飛びそうなぐらいの疲れ。

当然日曜は寝込むことになりました。      
ドッペルゲンガー

『ドッペルゲンガー』、観ました。

まず、「ドッペルゲンガー」ってドイツ語で、英語でいえばdouble、要するに自分そっくりの分身らしいです。で、ドイツの伝説では、ドッペルゲンガーを見た者は数日のうちに必ず死ぬ、といわれているそうな。

で、この映画は、そのドッペルゲンガーが出てくる訳なんですが、なかなか面白かったです。単に「自分そっくりの分身」だけじゃなくて、「現実の自分」の前に「自分の理想(潜在意識?)とする考えや行動をする自分」が現れる。自分が動かなくても、もう一人の自分が自分のために動き出す。妙な気分に見えて、実際こうだったらいいよなと思う瞬間、ありませんか?

「俺がもう一人いたらなあ」

自分のもつニュアンスを他人に伝えること、コミュニケーションの難しさ。それはやっぱり相手が他人だから。でも、これが相手が自分だったら、もう簡単でしょうがないわけですな。だから、自分ももう一人の自分もどんどん暴走する。果たして、ドッペルゲンガーを見ると死んでしまうのか?

ホラーとコメディぽい色が混ざり合って、なかなか面白いです。
役者も主要では4人ぐらい。しかし、主演の役所公司によって、この映画は成り立ってます。違和感なく二役演じてます。さすがですな。おかげでストーリーも違和感なく進みます。がしかしですな、風呂敷広げ過ぎた観もあり、クライマックスはまあ、なんともという感じ。(でもこうするしかないやろなと)

観て損はしませんし、変な場面で笑える映画。

上映時間 107 分
製作国 日本
公開情報 アミューズピクチャーズ
初公開年月 2003/09/27
ジャンル コメディ/ドラマ/ホラー
監督:黒沢 清
静岡の風景

ども。エムアイです。

今は静岡におります。本日のミッションは、担当の引継ぎということでご挨拶です。で、客先は、かつて書きましたがトラブルで散々怒られまくった方です。本当によく怒られまして、怒られ過ぎて、一種の恐怖症になってしまったぐらいです。

今年から担当が替わることになり、後輩君をそのお客さんに無事滞りなく紹介できました。まあ、そのお客さんにも改めて謝り、その方も笑顔でした。しばし談笑の後、お別れし、今、帰りの静岡というわけですが、まあ・・・・・肩の力が抜けたというか、少し安心しました。

いろいろありましたが、まあこれでよかったなのかなと。
しかし、また新たにその方の担当になるのは、絶対嫌ですが。

というわけで、あまり面白くない今日でした。
いい匂いの風景

えー、まだ厚木にいます。そろそろ会社戻ろうかな。戻りたくないけど。エムアイです。

自慢させて下さい。ええ、大いに。

今日はソ○ーに行ってきました。かつて『なんちゃってデジタルキッズ』と呼ばれた俺としては非常に心地よいのです、ソ○ーは。何故か。やっぱり、ソ○ーの人と話をするのは楽しい。何故か。あんまりどうでもいい、例えば、仰々しい事や会社の縦関係やら(あるんだろうけど)あんまり感じず、純粋に仕事の話が出来るからです。頭、柔らかいんです。

で、今日はソ○ーに行ってきました。もういいっちゅーに。えーと、厚木に大きなソ○ーがありまして、いろいろありまして(書けない)、グループの中では、結構なポジションです。

で、こないだの展示会で会った人(何気に係長)と、ある商品(一応売れ筋)の話をしていたのですが、新しく来た同席者(同様)の方がバシバシ技術的な突っ込みをしてきます。その突っ込み(引っ掛け)をサラサラ気分で交わしながら、文系独自の表現で『まあ、こんな感じで』とジェスチャーしたり、微妙な言い回しをしていたところ、気がつくと、話がづれてきてしまいまして。
づれづれづれ・・・・・

んー、どないしよかと。思っていたら、閃きました。
閃いてしまいました。ここでこそ、俺のプロジェクト商品やないかと。緑色したボディの商品。緑のあいつです。何の資料もないけど。カタログしかないけど。デモ機も4週間後に来るけど。
ソフトもうまく動かせないけど。

However、いってやりましたよ。
ガチューーーーーーーンといってやりましたよ、ソ○ーのにーちゃんずに。

来ました。

大波。
大洪水。

さすがソ○ー!この、新しいもん好き!濡れ過ぎです。物凄い反応です。『お願い、もう、このドレスだけでいいから』
『アホお。このアホお。おまえ。もう、ここのもん、全部こーちゃる!』そんなゲスな大人の会話のニュアンス爆発です。ゲストルームに金の匂いがシュ~と立ちこもってます。

さらに追い討ち。熱心な、その担当者が、実は、大阪時代に世話になった愛知の担当とお友達と判明。これで、第三者効果も発動すると。

時間も大幅にオーバー、次回の約束も果たし、『いやあ、今日はええこと聞いたわ』といわせて。いやあ、お腹いっぱい。わたくし、大きく、前のめりです!!

まだ何も売れてませんが、わたくし、
会社に入って初めて、武者震いです。ソ○ーを緑色に染めたる。

というわけで、テンションが下がらないうちに帰社します。
重り

頼むから、俺に仕事フルなよー   エムアイです。
デスクから逃げて、厚木にいます。

さて、今日はと・・・ネタねーよ。まじで。
ネタないよなと思ってるとネタはなしと。ま、そんなこんなで今書かないといつ書く。おまえはいつブログ書くんだと。『ブログであなたも起業!』なんて本を立ち読みしてまさかまた中途半端なことやろうとしてるんじゃないだろうな、俺。とどうでもいいことばかり書いてるうちに、字は埋まる。

最近ですな、また再開しました。徒歩通勤。
片道45分のランデブー、さわやかフィジカル早朝。東京に通じるビクトリーロード。どうでもいいな。あいかわらず、信号止まらず、ノンストップゲーム。行きはよいよい、帰りはしんどい。そんな運動に、さらに付け加えました、負荷。

重り。
片足1kg。
アホかと。おまえ、どこいくんやと。どこいきたいんやと。
どこからどこへ歩いていこうとしてるのかと。前が見えるようにかと。ジュンスカイウオーカーズかと。

今も装着、この重り。
一体どうする、この思い。
営業先でもつけていく。
そんなおまえはどこへいく。
足首異常に大きいぞ
ばれないように靴下入れ
そんなおまえはどこへいく。

ま、そんなしょうもないことをさらりと書いて、
週末の試合に異常な愛情を注ぐことにしました。

live forever

ゴールデンウイークが終わり、コモンウイークでございます。
エムアイです。

皆様、どのようにお過ごしでしたか?ってまあ、どうでもいい質問でしたな。

昨日、珍しく、DVD借りに行きました。
『Live Forever』と『ビレッジ』、それからもう1本。最後の1本は今週末でも観ます。『ビレッジ』は妻のセレクトで、俺は寝てました。よって、感想なし。妻いわく、駄作。

で、借りて帰宅直後にDVDプレーヤーのトレイに入れたのが、『Live Forever』なるドキュメントです。

たぶん、誰も観ないと思いますので、説明しますと、90年代にイギリスで旋風を巻き起こしたロックムーブメント(ブリットポップっていいます)を当事者が振り返るっちゅー、80分のフィルムです。メインは、オアシスという労働者階級出身のバンドと、ブラーというアート学校出身のそれのシングル売上戦争(95年)でして、それを取り巻く人々。ちゅー図式。早い話、普段の生活に夢も希望もない状態で、かつアメリカの音楽に染められていたイギリスの若い連中が、自分たちの音楽で抵抗していく、けども、結局勝者なしで終わるという話です。

何故、これをチョイスしたかといえば、もう、やっぱり、オアシス。オアシス大好き。理由?変で自信満々だからです。メロディももちろんいいけど。

でも、このドキュメントで流れていた他のバンドの音楽も含め、皆、リアルタイムで聴いてました。いや、懐かしい。あ、このアルバム持ってる。これも持ってる。あの頃って大学2回やなあ・・・ロッキングオン読んでたなあ・・・とノスタルジーを感じる
ひととき。

しかし、変わらないものもあります。
オアシスのボーカルのリアム・ギャラガー。全然、変わってません。アホです。自信満々です。『よく近所の芝刈り機をぱくってた』と公言し、インタビュアーが『なんで芝刈り機?』というと、『売ってハッパ買うから』といって、吸ってるタバコを室内に投げてました。あびる優の万引きでウダウダいってる日本と比較できません。ふてぶてしさ、健在です。

声、最高。言動、最高、歌う姿も最高。
ほんと、最高。よって、また、アルバム買います。
男の料理
といっても、仕事ではありません。ある意味、仕事ですが。

フットサル後の土曜の夜、食事を作っておりました。
今回はちょっと違うのを作りたいなと。

それが間違いでした。

ラ・ベットラの本を読みながら、見つけました、簡単そうなの。
『トマトのクリームスパゲティ』
えーと、なになに、ほー。ちゅーことで、紙に材料書いてチャリチャリとスーパー西友でトマトソース・モッツアレラチーズ・海老・無塩バター・赤ワイン・マッシュルーム・生クリームを
購入。

で、何々、まず、バターをしき、マッシュルームと海老を炒める。
はい、炒めた。

で、ブランデーを大さじ1杯。
って、ブランデー??!ないっちゅーに。代わりは、代わりは。
椅子に教本開きながら、必死です。とりあえず、白ワイン注ぐか。このへんが男の曖昧さですな。微妙に軌道が変わりだしてます。

で、海老をひとまずとって、生クリーム注ぐと。
はい、注いだ。

トマトソースを大さじ2杯。
はい、入れた。

で、混ぜると。んーいい感じやな。
ウスターソースを小さじ1杯。って、ないっちゅーに。代わりは、代わりは。オイスターソース。まあ、ウスターとオイスター、似てるっちゅーことでええやろ。はい、入れます。また、軌道が約10°変わってます。

その間に、トマトとモッツアレラを刻んで前菜いっちょ上がり。
で残ったトマトの処理どうすべ。あー、スープ作ろうかね。そうや、残ったトマトソースにそれ入れて薄めて味調えれば、できるやん。はあ、俺は天才やな。やっぱり。と、自分の行き当たりばったり加減にうっとりしてる間に、先程のソースが入ったフライパンを
見たら、

うごおおおおおおおおおおお。分離してる!!!!!!
油が分離しとる。ギトギトギトになっとる。

ま、いっか。どうせ、熱入れたら元に戻るやろ。




戻りませんでした。
しかも、味見したら、これがまたバターの味しかせん。
しないんです!!!まずいんです。困った。まずい。
しょうがねーので、チーズを思いっきり振りかけたら、
今度はチーズの味しかしねー。

というわけで、教訓。
『レシピ通りにやれ』
ちがうか。
『クリームソース使うときは、考えろ』
第2回素人→バティ化計画

今、酔ってます。エムアイです。
初のiBOOKG4での書き込みで、やりづれーなー、しかし。
うい。やりづれー。からみづれー。

昼から溝口でフットサルです。まだやってますよ。フットサル。でも先週の大会で出来た心の傷がまだ癒えてません、生です。あー、さわらせてもらえんかった。別に痴漢のぼやきじゃありませんよ。とベタなことも簡単にいえるぐらい、癒えてません。

もう、やるしかねーーーんだよ。ごら。(警察24時風)
で、前回の前半/後半チームに分かれて終始ゲームです。で、やっとこさタイトルの意味ですな。ま、要するに、大阪にいてた時も素人の方を(動きだけは)ストライカーぽくしようと、無論、ご本人の意志によりますが、という計画をしたことがあり、今回新たにメンバーのK君と相談して、彼と2ヶ月間、共に頑張ろうということになったわけで、今日から一からいろいろレクチャーしようと。という企画。

で二人でストレッチしながら、サッカーの考え方とフットサルの違いとか、
何をしなければならないか、普段はどうしたらいいかなどなど、まずは考えを理解してもらい。で、実際のミニゲームではハーフタイムで1つか2つの課題や修正点を伝え、実際やってみるという。

実際、こうしたコーチングって楽しいっす。なんつーか、一生懸命しようとする人を掛け値なく応援したいし、教えることで自分も教えられるんです。実際、頭が整理されるし。基本を再確認できるし。いいことづくめ。困るのは、わーったわーったっていって何もわかってない、進歩のない愚か者でして、K君がバカじゃなくてよかった。ということで、これからまた楽しみが増えました。頑張れK君!

ちなみに試合はうちのチームが優勢でしたね。
ゴールの天井に突き刺さるシュート、2発ぶちこめたし。
で、終わって、みんなでビール飲んでぐだぐだで、また先にかえってきましたとさ。
おちまい。

今から、頭ぐらぐらのまま、妻のために飯つくらにゃ つら
友に捧げるレクイエム

高校を卒業して、15年です。

唐突な入りですな、しかし。書くネタがないんで、とりあえず。
で、いまだ、この高校連中とつながりがあります。こうゆうつながりを腐れ縁と呼ぶのでしょうか、毎年1、2回は召集がかかりますが、見事に、皆、来ます。普通、時が経てばこーへんよーになるやろと。しかし、脚が妙に長い大きな蚊みたいな奴が夜、網戸に集まってくるように、普通に来ます。

で、このつながり何やと。特にクラスや部活でのつながりではなく、どっちかっちゅーと浪人時代をベースにしたコネクション。こんなつながりもあるんですな。人生最悪の時に出遭ってしまって、ついでに結合してしまった俺たち。嗚呼、俺たち。各人生は各道を歩んでるけども、
あの5月のイカ臭さのような、変な醸し出す匂いだけは健在なわけで、まあ、苦笑・冷笑・失笑しながらも、やれやれと諦めた悟りがコネクションの中を駆け巡ってるわけですな。

そんな輪の中で異彩(=異なった趣き)を放つ男がいます。放つというか、発射というか。その名をベルゴミと申しまして、たまにこっちにもコメント残してくれてた奴。そうです、面白い、否、面白過ぎる男です。最近は『牛君』とも呼ばれてるそうで。

彼を分析すると、いろいろな物が見え過ぎて眼に毒です。なんというか、ある一定エリア内での偏った知識が多く、引っ込み思案だけど本当は喋り倒したい衝動が時折ジェスチャーやらで集約され、一旦、喋りだすと誰も止めれない。気はいいのですが、大人なのか子供なのか。例えるなら、キャッチボールしよと提案してるにもかかわらず、バッティングセンター化させてしまう。しかも、フォームは元ヤクルトの八重樫の様(笑顔)。そんな感じ。

もっと端的にいいます。

つまり、オタです。しかも、ガタイが良い。かつ、変です。

以下の例がすべてを物語ってます。

CASE1)
サッカー後のファミレスでの会話;
べ『(ブラジルの)マラカナンスタジアムの前にある売り子のおば  ちゃんって、ほんまうるさいで。注意しないとあかんで。』
俺『へー、そうなんや。ていうか、凄いな、ベルゴミ。
  いつ、ブラジルにいったん?』
べ『ん?テレビでやってた。』

一同、どて。

=問題はTVからの情報ではなく、TVからの情報だと思わせない口調です。

CASE2)
忘年会で待ち合わせで遅れてきてひとこと
俺『ベルゴミ、遅いでー』
ベ『マリノス、あかんわ!!!!!(持参の応援旗、叩く)』
以後、マリノスの不甲斐なさを切々とボヤく。

=遅れてきたシチュエーションで誰しも普通に『ああ、ごめん』というところ、間髪入れずに当日朝から広島まで行って試合観戦してきた事実を伝えてくれるのは有難いと思います。


本人の名誉もありますので、このへんで省略します。
ちなみに、浪人時代に彼と一緒に高橋由美子の握手会に行ったのは俺です。

おそらく、ここも観てるでしょう、だから、あえて書きます、いや、もういわせてください。

おい!ベルゴミ、いや、O崎!!
もういい加減、懲りろ!!!『誰がゴリオやねん!!』って返ししてる場合ちゃうぞ!!結婚式のアルバム&写真撮影隊、サンキュー!!でもな、それとこれとは違うぞ!

いいか、よく聞いてくれよ。一度しかいわないからな。

堀口としみのDVD、信長書店で買ってる場合ちゃうぞ!
買うんやったら、KAORIや!
ひとりでできるもん
エムアイです。

さて、妻が仕事のため、独りです。『ひとりでできるもん』です。
早速、ミッションをこなしたいと思います。

まずは、『洗濯せよ!』。

うちには洗濯機なるものはございませんゆえ、近所にいって、
お金入れて行います。で洗濯30分の間に、次なるミッションに移ります。

『自転車に空気を入れるべし!』
ようやく、当マンションの駐輪所が空いたので、今月より自転車解禁、チャリ復活、行動範囲が徒歩からグレードアップでございます。しかし、1年近くベランダ放置ゆえ、ぺこぺこでございますゆえ、自転車で空気入れなきゃなりませぬ。よって、小生、唯一知ってる新大塚にあるチャリ屋まで、全速力で走りぬけ、空気投入、また、洗濯マシーンに帰還。

洗濯には乾燥がつきものです。で、さらに乾燥にぶち込み、30分。
その間、家でネットサーフィン、無線をENJOYです。

乾燥も終わりましたが、ミッション完了ではありません。たたむ、が待ってます。で、家でたたむと。

終わりまして、今度は、いらない本及びコクこともないエロビデオを、また新大塚のブックオフに行って、売りに行きます。チャリチャリ。ちなみに、連休中、お金を下ろすことを忘れてましたので、所持金1000円です。おいと。東京ジャングルで漱石1人。これほど、心細いこと、この上なし。そこで緊急のブックオフ来店であります。鑑定結果、800円。800円すか。

で、これまた、寂しき結末に小生、嘆く間もなく、またどうでもいいSM嬢の日記なるものを500円で購入。結局300円ですか。マルボロ1箱ですな。でその300円を使って、新大塚駅付近のマクドでアイスコーヒー(L)を頼んで、それを読もうと。200円しました。
よって、100円。

んな状態で、妻の帰りをまつ暇さを、もとい、侘しさを、まぐらわせるため、料理を作ることに。で、チャリチャリでスーパーへ出掛け、アサリと唐辛子と葱を購入。これで1000円。所持金なし。レジのおばちゃんに『これって砂抜きしてるんですか?』と初心者まるだし、かつ、男の侘しさ満開の相談をしたり。

で、家でボンゴレビアンコを妻に食わせて、満足して頂きました。

ほんと、オチねーなー

おとなしく過ごすの巻
体重63kgです。エムアイです。

今日は有給使って、ゴールデン継続中です。もう、とりあえず、何しよかいと。昨日に引き続き、妻おらず・ネタ生まれずであります。よって、チャリンコ使って、また水道橋に昼飯でも食いにいこかと出発して5分で小雨です。なんとも中途半端な小雨。もっとガンガン降るか、晴れるか、どっちかにしろやあああああああという気分でチャリチャリ車道(でも側道)を、雨でスリップ覚悟の心意気で、走ってましたが思っている以上に体が冷えてきたんで、はい、走るの、やめ。はやい帰還です。

そのまま、カップラーメン。
そのまま、ネットサーフィン。

あまりにも暇なので、やっぱり、漫画喫茶に行ってきました。
帰って、おなかが減ったので、シャワー浴びて、ミスター伊藤のチョコチップクッキーをわっさわっさと食ってやりましたよ、ああ、食ってやりましたよ。

というわーーーーーけで、とりあえず、明日の昼からフットサル行くか行かざるべきか、ちょっと悩んでから寝る次第です。さあ、ネタなしデイズよ、さらば!!だったらフットサル
いけよっちゅー話ですな。
武道館と靖国

ゴールデンウィークって、もう終わるんですか?エムアイです。

昨夜は妻の寝る間にネットサーフィン、早朝5時就寝でしたが、
昼12時に起床です。で、起床早々、ベランダのお掃除で妻へ媚売り、否、サービス敢行です。喜んでくれた妻から『今日は家でのんびりしましょう』と提案されましたが、『否、天気が良いので出掛けようじゃありませんか』と逆提案。見事、通りました。はい。

で、家から出て15分。いつもの水道橋をテケテケ歩いてましたが、前から気になってました。『千代田区靖国通り』の看板。靖国通り?ということは、靖国神社が近いのでは?ということで、なんとなく、歩いてみたところ、神保町を通過。

あ!あれは!!ばーーーーーーん
サンプラザ中野が歌ってた『タマネギ』です!武道館です!東京ミーハー、爆発。妻も忘れて、ひたすら妻の携帯で撮影です。パシャパシャ。武道館では、空手大会が開催されていた様子です。

で、この武道館は北の丸公園内にあり、その公園に行く事に。といっても5分歩いただけですが、あーーーーーーっと、新緑がまた眩しい!というわけでここでしばし、休憩。

その後、また5分後に北に歩くと、ありましたよ、靖国神社。どーーーーーーーーん。想像以上にデカイ。さらに歩くと、どーーーーーーーーーーん。門にデカイ菊紋章。国を代表する神社の風格です。

さらに左手には、『遺書』と書かれた特攻隊の男性が遺族に送った手紙が拡大されて展示しています(コピーも設置)。実際に参拝しました。ガードマンがいます。白い鳩もいます。遊就館という建物が近くにありましたのでいってみたところ、戦争の遺品やゼロ戦、そのほか、戦争にまつわる展示品がたくさんあります。なるほど、靖国神社がただの神社ではないことは、はっきりわかります。お土産屋では、国旗だけじゃなくて戦争のDVDやら、自衛隊の帽子やら、ノラクログッズやら、とにかく、ふざけてるのか、真剣なのか、戦争にまつわるものがてんこ盛りです。

日中関係の懸念事項といわれてます、小泉首相の靖国神社参拝。
中国側が批判してますが、完全な内政干渉です。日中平和条約でケジメをつけたのですから、これ以上どうこういうのはどうかなというのが俺の意見です。首相が戦没者慰霊する、何がおかしいのでしょうか?無論、因縁つけられるような考えや発言を出す政治家は、本当に馬鹿ですが(で、結局こうしたものが、靖国参拝に因縁をつけられる下地ですが)。

いずれにせよ生産的・前進するような方向で考えないと、いつまでたっても中国に引け目を感じるような状態になるだろうし、いいことではありません。

とはいえ、実際いってみてわかります。たしかにこの神社は戦没者を祀っています。だからこそ、感覚として、やっぱり、日本人なら一度はいくべき場所だと思います。戦争があった、そこでこの国で多くの人が死んだ、そして、今がある。

よく考えたら、何も食ってませんでしたね。神保町に向けてまた帰ることに。途中で、こんなん食いました。蒸し鶏と葱のラーメンです。ばん。850。

鳥ガラがきいてますが、あっさりと食べられる逸品です。俺は好きです。

咸亨酒店(KANKYOSHUTEN) TEL03-3288-0333
千代田区神田神保町2-2

はー、ようやく、帰ってきました。で、また腹減ったので、タマゴ炒飯、作りました。

1.チャーシューと白葱をみじん切りする。
2.タマゴ2個をかき混ぜる。
3.前日から保管してた冷ご飯を用意。
4.ガンガンに熱したフライパンにタマゴイン、同時にご飯投入。
5.がーーーーーーとかき混ぜて、味覇小さじ1杯と塩小さじ1杯  を投入。
6.2分で出来上がり。

というわけで、まあ、なんとも散漫な日記でございました。
ギトギト吉祥寺

食い過ぎで怒られます。エムアイです。

吉祥寺に妻と散策です。特に『何故、吉祥寺なのか』という理由はありません。ただ、天気がよかったし、最近は上野ばっかりやしなということで、吉祥寺です。

午前10時到着。お。人がやっぱり多い。前回はB面(百貨店・店系)だったので、今回はA面、つまり、井の頭公園に行く事に。ちゅーわけで、サンドイッチ・途中で野菜カレー(米なし・¥600)も購入して到着です。

白鳥ボートにアホ家族がてんこ盛りで乗り込んで、メインの池が渋滞してます。子供の奇声・悲鳴があちこちで沸いてきます。新緑が眩しいです。

ちゅーわけで、ここで野菜カレー。揚げたての野菜にコクのある辛口です。うまい。ちなみにこれは、朝飯?昼飯?んー。おやつですか。

その後、意外と広い公園を歩いてまわります。あちこちでフリマもやってます。
犬連れ、多過ぎます。変な役者がちょんまげつけて仕込みしてます。誰かバイオリン弾いてます。ええわ、吉祥寺。

で、歩き疲れ、B面へ。サーティーワンでチョコチップを喰らって、ぶらり、妻の買い物につきあってましたが、『は!!!!!!!!!!!!!』
そう、いつも並んでる店があるんです。メンチカツの店、サトウ。松阪牛を使用しているらしく、いーーっつも人がいるところ。一度はとりあえず食っておきたい。絶好のタイミングです。というわけで、妻を説得し、本当に珍しく行列に参加しました。

並ぶこと、5分。
妻『なんで、メンチカツにこんなに人が並ぶの?』
早くも、妻、苛立ってます。『早くも、妻、苛立ってます』とブログに書いとくから、と笑顔で応えると、おとなしくなってくれました。

15分後。
妻、行列の隣の店に昆布を買いにいきました。

35分後。
やった。やっと、買えました。とりあえず、10個で¥1200。
肝心の味ですが、肉爆弾!!!まあ、肉汁、出過ぎです。が、ちょっと、脂っこい。”好物とんこつ”の私がいうのですから、相当にきついです。いやあ、酢醤油ほしいね。これだけでは、ちょっと・・・・とりあえず、まあ一度は食べてみては?というレベルです。しかも、後々、この肉爆弾を入れた袋がもう、油の匂いを思う存分発揮してくれて、帰りの電車、肩身狭かったですな。

時は夕方4時。微妙に腹減り状態です。先程のメンチに近い場所に、ラーメン屋みたいに狭い感じでパスタ屋を見つけました。

『スパ吉』
武蔵野市吉祥寺本町1-1-3(ハモニカ横丁)TEL 0422-22-2227

カウンターの奥にキャパ10人ぐらいのスペースです。実にせまい。しかし『ゆであげ生パスタ専門店』と看板にあるからには、食べないとダメでしょうな。で、『ミートソース大盛り』をオーダー。はい。どん!!!

・・・・・・こんな濃厚なミートソースは初めてです。マイルドです。おそらく2日ぐらい煮込んでるじゃないでしょうかね。濃い。うまい。しかも、麺は平麺で生パスタ!生パスタっすよ!!いやあ、生パスタはうまいわ、ほんま。大阪のオリーブ亭を彷彿させる、いや、それ以上!うまいですな。これはお勧めです。

というわけで、もうこれ以上食えんわ、ということで、妻と共に中央線でグースカ寝て、帰宅後も寝てました。はー、満喫しましたわ。

というわけで、ネタはありません、胃、重いです。
ドンキホーテ北池袋

ミスター伊藤のチョコチップクッキーに夢中です。まだ太るつもりですか。エムアイです。

前後しますが、金曜のお話です。オチはありません。
「今日はドンキホーテ北池袋店の屋上でフリーマーケットがあるので、ついて来なさい」と妻から昼間に起こされ、池袋に。池袋は人が多いなあ、ほんと。なんでこんなに多いねん、しかし。

脈略なくHMVに寄りました。そうです、あの『サンボマスター』を聴いてみたいなと。で散々探しましたが、ありました1枚だけ。『サンボマスターは君に語りかける』。んー、でも試聴機ない。わざわざ買うのもなー。と考えてたら、なんかパソコンとヘッドフォンが合体してる機械を発見。ひょとして、ひょっとしました。世の中便利やなと、おっさん気分。検索しました。聴きました。んーーー、熱い。青春。ジミヘンぽいなあーでもボーカルは結構若々しいなと思ってたらいきなりシャウトしてオイパンクになってるし、んーーー、若い。というわけで1枚も買わず、HMVを後にしました。

はー、人多いわ。

と、まだブーブー文句たれながら、東武東上線で北池袋駅へ。
さてと。・・・・・何も見当たらないんですが。
どうやってドンキホーテ見つけるの?とパートナーに問いかけようとしたら、すでに妻は駅員と交渉し、地図をもらってました。でかした、妻よ!といいかけましたが、「その前に、妻よ。君は何の手がかりもなく、北池袋に来たんかい!!!」と突っ込むと、
「計算済み」とのこと。・・・・。

で、下町っぽい北池袋を歩く事15分、ようやく、
『ドンドンドン、ドンキー、ドンキホーテー』と呪いの如く、BGMがかかってる目的地に到着。初、ドンキーの俺。まあ、なんともガチャガチャしとるなー、しかし。とぼやく間もなく、屋上に。時は午後3時。本当の目的地、到着!


参加者、すでに片付けに入ってます・・・

んなこと知らんと、ガンガンアプローチしにいく妻を尻目に、
季節外れの眩し過ぎる太陽光の中、待つ俺。暇なので、ブラブラみてましたが、毛沢東語録が¥2800とか、毛沢東ライターが¥1500とか、毛沢東フィギュアが¥4000とかありますので、結局黙って待つことにしました。

待ちます。

待ってます。

待たせて頂きますこと、15分。

ホクホク顔の妻が走ってきます。よくやった。心なしか、既に顔が土色の俺。

ようやく1Fで俺の買い物。といっても何もほしいのがないので、散歩です。でも良く考えると、ほしいもの、ありました。肉体改造用重り!というわけで重り1kgを4つ買って、店を出た直後に恥じらいもなく取付。脚は隠れていいのですが、Tシャツ姿なんで手首に装着の姿は、通る人々に奇異な眼でみられます。が、そんなもん、知らんというわけで、※以後、寝るまで重り装着状態です。

その後、池袋に戻って、また懲りずに漫画喫茶にいって、ぼんやり
していました、妻と共に。ちゅーか、結婚してて二人揃ってマンキツってどうやねん。ですが、休憩するにはもってこいなので。(※まだ重りつけてます)

というわけで、帰宅してパスタ作りました。タマネギの微塵切りで与太ってます。
鳥を炒めるのに手首がヨロヨロしてます。なんとか、完成です。
そんなこんなで1日終わりました。

完璧に負けると書いて、カンパイ

ミスター伊藤のチョコチップクッキーのおかげで3kg増量です。エムアイです。

ゴールデンなウイーク、皆様、いかがお過ごしでしょうか。
「どうせ、休みは休んでるんやろから更新せんやろ」概ね、正解です。が今日は出社です。10連休作ろうとしたら、事務方より
「営業が一人もいないと困るんです」とのクレームが入ったので、やむなく出勤してます。その事務方は休んでますが。

さて、土曜日に金町にてフットサル大会がありました。今回は、我がチーム、ではなく、日頃世話になってるFCアゲ・サンジェルマン(以下ASGと略)のヘルプとして出場です。朝8時45分に集合でしたが、ちゃっかり8時半に起床する遅刻ぶり。間に合いましたが、いかんせん、体調が↓で紫色状態です。

出場チームは10で、まあ、見た目にも、ごっつい人らや、若い奴やら、いかにも経験者ばかりです。ルールは7分ハーフで、2試合やった結果で1・2・3・4位リーグに振り分けられ、各リーグで2試合して順位決めです。トータル4試合ですね。

で、初めの試合は、個人では明らかに相手が上でしたが、相手も今日始めての試合ということもあり、眠っている様子。そんな中で、とりあえず前半に入れた1点を守り抜いて1-0勝ち。俺は後半から出場。しかし、体が全然起き上がってきません。早い話、脚がついてこない。

実は、前回の試合からなんですが、途中出場というのは、本当に体が出来上がらない。あ、出来上がるかなと思ったら試合終了→1時間休憩→体、また眠る→ループ。こんな状態です。齢、30過ぎるとコンディション作りが非常に難しい。この試合、FWの位置でしたが、3回のシュートチャンスをことごとく焦って外す有様。嫌な予感です。

2試合目。先に対戦相手の試合を観察してました。9番と10番がめちゃくちゃうまい。当然、守備偏重です。前半のメンバーが守り抜き、0-0で折り返して後半出場。今度は、ディフェンスオンリーです。9番、抑えきりました。ちゅーか、個人で来るチームは守りやすいんです。当たり前ですが。よって、この試合0-0。但し、攻撃の糸口、ゼロ。

2位通過で、2位リーグに。
3試合目。嫌な予感、的中です。観察していた中で、おそらく「一番強いな」というチームと対戦。風貌はリーマン的でたいした事なさそうに見えて、実は、一番パスを通してくる。前半0-0で抑えてくれて後半に守備として出場。しかし、攻撃もしたい・・・・これがダメでした。2試合目以上にディフェンシブの統一した意識が必要なのに、攻撃したいと思ってしまった。後半だけで0-4。完敗。何故、完敗か。一度もボールに触らせてもらえませんでした。やりたいようにやられました・・・・ショックです。相手がボールをもつと常にパスコースが2つ。攻撃など、全くさせてもらえない。今だ、ショックです。相手からふっとばされたのもショックでしたね。

1時間後に4試合目。勝てば7位、負ければ8位。
前半0-0。またこのパターン。でも相手はそんなに強くなさそう。よし、勝つ。と後半出場し右で出ましたが、味方とのコンビネーションがまったくない。ちゅーか、ボロボロです。結局、ディフェンスが2人かぶって衝突。GKと1対1になった敵がシュート。0-1。
へこみました。

聞くところでは、前回は9位だったので一歩前進ということ。
しかし、大会の出場レベルの違い・チームとしての熟成度の違い・個人レベルの違い・コンビネーションのなさを痛感し、相当にへこみましたね。

終わって、金町の中華屋で飲み会。昼1時。
そんなにたいして動いてないのですが、疲れました。負けるのって応えますね、当たり前ですが。自分の準備不足や「コンビネーションの必要性」を考え、夕方5時で先に帰らせてもらいました。

どうやら、素人チームを強くするのは、フットサルの場合、サッカーチーム以上に大変な予感がしています。

というわけでへこみまくりの俺でした。
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。