無料ホームページ ブログ(blog)
mi1011.net2005年01月
mi1011.net
または私は如何にして心配するのを止めて人生を愛するようになったか
200412<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200502
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
怒ってる人の風景
外出から戻り、テケテケとキーボードを打っていると、後ろの席の方で、違う部署の後輩が電話で何やら切れてる様子。どうやら、電話の相手は、大阪の、さらに後輩だろう。

男「おまえよー、つうかさー、言葉遣い、直せよ。(しばし向こう側の喋り)、いやだから、『でも』じゃなくて、言葉遣い直せっていってんだよ!!!!」

ガチャン。

俺より後輩なのに、俺より先輩みたいな彼。
でも彼は俺には頭を垂らす。体育会系なんかね。

後輩だろうが、先輩だろうが、よくないなあ。と。

また、キーボード、テケテケ。
スポンサーサイト
メカニック

学生時代の友人で、Mという奴がいた。

文学部で哲学を専攻し、4畳半の下宿部屋は、いつ遊びに行っても、訳わからん哲学書とゴミの山だった。唯一確認できる家具・ベッドの枕元にハサミもあった。そんなMとは、演劇サークルで出会った。Mの部屋は居心地がよく、Mとの会話は刺激に溢れ、在学中、週に2回は泊まっていた。

俺にとっては、Mは最も面白い奴だった。何故なら、全く考え付かないことばかり、俺にアドバイスしてくれる。その中でも一番よくいわれ、一番気に入ってるフレーズがある。

『メカになれ。つまらない感情に出来るだけ左右されないで、メカになったらいい。それが一番だ。』

仕事内外問わず、いろいろな人間から、いろんなどうでもいい感情を発露されるけど、あれから少しはメカニックに対応できるようになったんだろうか。

卒業してから、一度もMと会ってない。
トラブルの風景

トラブルは、面白い。

別に、営業啓蒙書の『トラブルが人を大きくする』ではなく、その法則性を考えると、実に興味深いものがあります。

大阪勤務時代にも、大きな、忘れろといわれても忘れられないトラブルがありました。あのときもそうでした。それは、自分とこの商品を装置に取付して、台湾のエンドユーザーにて、現地エンジニアが機器調整する、というアレンジメインの仕事。トラブルポイントは以下3つ(時系列に沿って)。

①その商品が要求仕様に対して効果を示せなかった。
②装置メーカーが、効果を示せれると、エンドユーザーに勝手に説明してた。
③実際の作業日に、現地エンジニアがブッチした。

ここで、①のダメージを10、②を7、③を15と仮定しよう。
では、このトラブル、いくらのダメージになるか。

はい、皆さん考えて下さい。





考えましたか?
正解は、1000です。
足し算じゃなく、10の3乗です。
客は、1000のダメージを食らった気分になるのです。
恐ろしや、ああ、恐ろしや。

よって、国内の装置メーカーに謝りにいった日にゃ、1000の怒りが爆発するわけで、追い討ちに、そこでの俺の言葉がさらに10を掛けたようで、そりゃ、客、涙目で怒鳴り散らすわ状態です(ダメージ10000)。

いうたら、小火が出ただけでは、たいした騒ぎじゃないですが、そこにたまたま小爆発があったり、可燃物の存在で、火はまたたくまに燃え広がり、消防車も手がつけれません。後は、ゆるりと、全焼した我が家を途方に暮れながら見つめるだけです。

では、『小火の時点で全力を挙げて消火すべきじゃないのか』という意見があります。正解です。その通りです。が、仮に全力注いでも、火は残っていることが多い。完全消火しない限り、その効果は発揮されません。また、時系列もポイントで、小火後、3ヶ月も経てば火は確実に消えてますが、1ヶ月であれば、法則成立です。また、小火を『小火』と認識することも、実は難しい。

上記のトラブル。明確にいえば、こちらには非がなかったのです。
でも、理屈じゃないんですね。感情です。よって、若き子犬は上司にいわれたわけです。

『こっちが悪くなくても、あやまっておいたほうがいい、場合もある。』

ちなみに、ブッチした台湾人エンジニアから当時その後『ごめんね、ブッチして。』とメール来ましたが、『安心してくれ。君とは生涯仕事をいっしょにしないから。』と返事しました。




Saturday Football~たとえ二人であろうとも~

明日は、会社内でゴルフ大会。

全く興味がない俺にとっては、直接的にどうでもいいし、当然参加しない。がしかし、間接的に関係してきているわけで、明日のサッカーの参加者、激減!!うご。というわけで、参加表明して頂いた4名の方には、やりまへんと返事したわけですが。

だんだんと、やっぱりやりたいと。
なんちゅーか、やりたいと。

思ったわけで、盟友Gに駄目元で再度誘ったところ、
『俺は殺るよ。楽しく、哀しく、よろしく!』

やることにしました。
早朝8時に、二人ですが・・・・・・大の大人ですが・・・

というわけで、『こんなとこで朝からいっつもやってます』青山公園のご紹介です。

さらにどうでもいいですが、WEBから抜粋した紹介文がこちら。

 千代田線の乃木坂駅から徒歩3分、米軍のヘリポートと青山霊園に挟まれた場所にある青山公園。ここを直接管理するのは代々木公園らしいのだが、現地に管理人はいない。問い合わせると、青山公園は「自主運営」の公園だという。聞き慣れない言葉だが、ようは「空き地」と同じ感覚で使えば良いらしい。予約をしてグラウンドを押さえるということはできない。「喧嘩をしないように仲良く使って」と言われました。
 都内の真ん中にこんな土地があるとは驚きだが、なぜかある。しかも、フルコート用のゴールがちゃんとふたつ設置されている。東京都が置いたわけではなく、地元の「誰かが置いた」らしい。本当か嘘か知らないが、コシノ・ジュンコがサッカー好きの息子のために置いてあげたらしい。

 土地柄、外国人の方々も参戦するようです。ルールが「勝ち抜き」で、ひっきりなしに対戦が行われているという噂もあります。実際、日曜は朝から混みまくっています。少年野球と草サッカーが狭い公園内で共存する様は壮観です。プレーをしたいならば土曜の午前中を狙うしかないでしょう。平日はもちろんガラガラです。車は公園に面した通りに路駐が可能です。ここはタクシー運転手さんの休憩スポットで、平日の昼間はタクシーだらけです。みんなよく寝ています。

 さて、この公園を語る時に忘れてはならないことは、ここは年に数回ですが、あのラモスが来ることもある、ということです。「ラモス、来るらしいよ」と吹聴して回っていたのですが、まさか本当に来るわけないだろうと思ってました。するとある日、ホームページを見ていた人からメールが来て、「本当にラモスが来たのでびっくりしました」と書いてあるではないですか! 噂は本当のようです。いっしょにプレーした人はぜひ写真を送ってください。

はあ、なんか書いた気になった。


朝一番の風景

新婚旅行から復帰して、会社2日目。
朝9時30分。何気に机に置いてた携帯が鳴ったわけだ。
電話の主は、某客先。

実は、この某客先とは、昨年7月、上京以来、常にトラブル三昧な客だ。初対面の印象は悪くなかった、不思議なことに。んで、どっかで『ええおっさんやな』とも思ってた。

がしかし、気がつくと、説明したのに『説明受けてない』
仕様書に書いてるのに『そんなもん知らん』挙句には、装置納入時に激高し、『どう責任とるねん』と感情大爆発というわけで、以後、ことあるごとにクレーム、という名のいじめを私に展開しているわけで、そんなおっさんに最初はたてついていたが、専門用語を並べられて咄嗟に言い返せず、それ以来、『奴隷』に化しているわけで。というか、聞く耳もたないわけで。

率直にいえば、俺が悪い。うちは商社。お客とメーカーをつなぐ存在だ。ところが、最重要であるべき仕様最終打ち合わせにメーカーを呼ばなかったことで、メーカーの保証をとらないまま、装置仕様の信号出力とかをあいまいにしてしまったわけだ。はっきりいえば、このミスがすべてだ。もちろん、メーカーからの推奨は当然、客には伝えている。が、客はそれを無視して全く違うことをしている。それを保証したのは俺だそうだ。残念ながら、証拠はない。俺が推奨した仕様は、文章である。が、相手は観てないのか、無視なのか。

さらに追い討ち。納入した機器から出てくる信号が誤差20%、つまり100出ないと困るのに80しか出ないと。でもその20%はメーカーからの仕様書にきちんと『すみーーーーーーーーー』の方に書いていたわけで、メーカーは『おら、しらね』。という図式。ちなみにこのことも
説明を受けていない俺。

というわけで、あとは、ボコボコひたすら殴られり。

ちなみに今日の電話は、新婚旅行中に発覚した不良品(旅行中に対応済)の修理報告書を提出したところ(これも詳しくいうとひどい話だが)、相手(つまり客)に問題があったんじゃないかと書いてるとは、失礼極まりないと、ご立腹な怒り電話。正直、怒るようなことは書いてないのだが、つまりそういうことだろう、俺がやることはすべてむかつく・間違ってる・失礼ということでしょうな。ちなみに、私は全く反抗する意志もなく、殴られ続けてます。

電話を切り、まわりの空気がやや、俺に『大丈夫か』という色に変わっているのを確認した後、静かにタバコを吸いに15階まで階段で上がりにいきました。


日本vs北朝鮮

北朝鮮戦へのコメントがあったので、ここはひとつ、2月9日に行なわれるWCアジア2次予選を私なりに考えてみよう(というか、ネタがない)。

よくよく考えれば、北朝鮮って昔は強かった。つーか、日本以外のチームは日本よりも強かった。タイやマレーシアでも互角だった。そう考えると、日本も強くなった。
でも、北朝鮮。
でも、2次予選。
3-0で勝つかもしれないし、0-1で負けるかもしれない。1-2でも可能性がある。ドロー、
その可能性もあるかも。

サッカーの最も面白い点のひとつとして、『強いチームが勝つのではない』こと。ありがちな言葉だが、本当にそうだ。だから、負ける可能性もある。冷静に考えてみたら、アジアカップでも日本は危なかった(でも勝った。これは大きい)。

勝敗を決める要因。それは、選手のコンディション、天候、ピッチ条件、事前データ収集、監督の采配、相手のコンディション、相手の采配、相手の情報処理能力。そして、運。

そろそろ、結論をいうと、こんな感じ。
小野・久保が万全→99%勝
久保欠場・小野途中→75%勝
両方共いない→60%勝
中村途中ケガ→ドロー

とりあえず、中村は削られるでしょう。

Saturday Football

朝7時29分起床。30分外出。
8時10分、乃木坂の青山グランドに到着。

よくよく考えると、ここって六本木ヒルズの裏なんですねー。朝も早から、誰もおらんのにこんなくそ寒い時にサッカーしている馬鹿3匹と。ま、そんなこんなで、私・盟友G・KSKと共に、練習を2時間ほどやってみました。

おいおい3人で何するねんと。
そう思われてもしょうがないです。実際そういう側面は否定できない。ミニゲームすら出来ん。とはいえ、頭を使えばなんとかなるものです。元々、日本って『練習のための練習』が多く、『ゲームのための練習』が少ない。だから、僕が考える練習は常に実戦を意識してやります。結構、好評です。
ちなみにどんなことするのかというと。順に、

○キーパーと1対1でのドリブルシュート練習(ゴールからの距離や、シュート方法によって点数をつける。)

狙い=得点は大事です。どんなときにそのシュートチャンスがあるかわからんし。

○ディフェンスと1対1でのドリブルシュート(ディフェンスレベルを最低1=立ってるだけ、から5=マジ勝負とランク分けし、シューターがレベル選択可能)

狙い=やっぱり1対1に慣れること。これ大事。

○トラップ練習(途中から、ボールを投げず、ハーフボレーのボールを送り、それを止める)

狙い=これも基本です。ポイントは、試合でありそうなマジボールを受けることです。

○ボレー練習
ゴール1m前でやわらかいボールを投げ左右のインステップでシュート

狙い=ボールをミートする感覚が養えます

○プラティニ(勝手に命名)
ゴール前から投げられたボールを胸でワントラップ後、ダイレクトボレーシュート。

狙い=トラップ+ボレーの応用練習。しかも気持ちよく思い切り打てるので、別名『バッティングセンター』

○簡単なセンタリングシュート
キーパー・ウイング・シューターに分けて、流れながら、シュートまで。

狙い=実際の試合らしく、ウイングに渡す前にパス交換後に展開。

とまあ、3人でも出来ることはたくさんありますな。しかし、人が増えれば、実際にゲームできるし。もちろん参加者が多いのがいいんだけどなーーーーーー。

と、軽く溜息をついてみた。

その後、3人でフェミレスで、練習時間よりも長い2時間30分も滞在し、帽子を忘れていった俺。



 
もう一度結婚を考える

どうも。実は、新婚旅行を理由に今日まで会社を休んでます。
会社の携帯はバンバン鳴ってて困りましたが、おかげさまで相当リフレッシュできました。ただ、来週からが非常に恐ろしいですが。

先日、妻との『づれ』に対して、やはり何かアクションをとらねばと一念発起し、わたくし、昨晩、妻が風呂に入ってるところに入っていきました。妻も最初は少し驚いてましたが、まあよしと。

そっから、しばらく湯船で、いろいろと30分ほど、本音トーク。おかげで少し、二人のコミュニケーションはよくなったのではないでしょうかと、自分では思いましたが、実際どうでしょうかね。やはり、妻もまた他人。俺もまた妻にとって他人。他人同士なんですよね、当たり前なんやけど。

あと、結婚って、リアリティちゅーか、生活そのものなんです。なに当たり前を書いてるかと思われるけど、つまり、日常なんですよねー。よく『結婚ごっご』といいます。要するに、リアリティなくて、なんかいちゃいちゃしてると。非日常的だと。あるいは、恋。これもまた現実逃避なんですよね。結婚=日常≠恋。ちゅーわけです。とこうなると、当然、だれてきたり、日常に埋没していく。そういう関係もいいんやけど、非日常のテイスト、少量の刺激もまた日常に必要なんじゃないかと。男として飽きられないように(逆も真)、それでいて日常をうまく円滑に運営する。

はーーーーーーーーーーーーーーーーー、
でもこれはこれで楽しいですわ。
ちゅーわけで、私の精神修行はまだまだ続きます。
結婚後4ヶ月

結婚してから、早4ヶ月だ。

思えば、つきあいの段階から結婚生活を意識して二人で約束事を作り、過ごしてきたが、やはり、実際に共同生活をするとお互いにづれてくる。そのづれが、最近感情の沸点となって、目の前に現れるようになってきた。

うちの妻は、よくできている。細かいことをいわないし、自分のリズムもわかっている。とはいえ、やはり考え方とかが、つきあい段階からは大幅に変化している。俺自身は、さほど変わってないが、妻の変化は著しい。

例えば、料理を作ってもらい、『もっとこうしたほうがいいんちゃう?』といったら、即、怒っている。後で妻が謝ることもあるが、概ね不愉快そうだ。予想の範疇なので、当然いいたくないのだが、いってしまうのが俺の性分。いわれて怒るのが彼女の性分。

で、ここで考え方を整理してみると、結婚生活は会社経営と同じで、いかに役割を決め、効率よく動き、財政状況を見極めながら、どう過ごすかと、えらそうに俺は考えている。要するに仕事と同じ観点で運営しているのが、わたし。どうでもいいときには一切力をいれず、今後の懸念材料になりかねない部分には容赦なく突っ込む。自分の駄目出しも聞く。

妻もまた、俺の考えを否定はしない。が、彼女は彼女なりの考えがある。というか、性分。彼女は、づれている、俺から観てると。そのづれは彼女も意識しているだろうが、やはり性分なので、いうて治る部類でもなさそうだ、と最近思うようになった。

結婚前に女性のエッセーやら、なんやらいろいろと読んできたので、時に、妻には幼さを感じるわけだが、つきつめると、俺自身の幼さを映し出しているのでは、とか、思ったりする。

要するに、即切れ気質は俺自身が引き起こしているのかと。

もっと効率よくすべきか、それとも、全く視点を変え、男と女の特性を理解した上で(理解していたつもりやけど)、言動を変えていくべきか(実際かなり変えておりますが・・・もっと必要なんだろうな)。

いや、本当に悩みが尽きないです。
北海の旅路

唐突ですが、新婚旅行で北海道にいって参りました。

日曜朝出発で、新千歳空港到着後、ノーザンホースパークで馬そりを楽しみ、登別で温泉1泊・支笏湖を観覧、小樽でブラブラ、札幌でクラーク博士を観た後に無料でスキーもやらせてもらい、ついでに、時計台にもいって参りました。

とりあえず、北海道は、『寒い』を通り越して『冷たい』『しばれる』という形容詞が似合いますな。いや、本当に冷たい。が、だんだんと慣れてくる肉体。昨日の夜に東京に帰ってきましたが、寒気を感じません。ほんとうに。人間て凄いですねー。と思ったら、寝る時には寒気を覚えました。

ちなみに北海道。どないやってんということですが、どちらかというと、札幌キリンビールホールにてジンギスカン食い放題を味わいながら、閉店直前まで妻と激しく言い合いをし、『根本的に(私と)合ってない』といわれ、再び妻を説得にかかり、何気に臓器がブルーになっていたことが、一番面白かったわけです。
バーチャル株、はじめました
今は、JR浜松駅下のドトールで昼食中です。ランチといっても、ホットコーヒー1杯ですが。

さて、今年はペイオフもありますし、国内財政破綻本も売れてる状況です。つまり、『その時、歴史が動いた』的1年になりそうな気配です。ついに来ました。やっと来ました。株投資のスタートタイミングです。

いよいよスターーーーーーーーート!!!

といったところで、持病:本当は小心の私としては、はい、100万でもぶちこみましょうかねとは、決してなりません。そりゃ、ワニ園に鶏をほーり投げるようなもんで、己の金融知識の不足さぐらい、承知してます。感覚も必要でしょう。『冷やし中華はじめました』で始めた冷やし中華で店終いは、やはり御免蒙りたい。

とはいえ、びびっていては始まらない。そんな弱虫に、世の中よく出来てます、バーチャルで株式投資できる場所があるではないですか。ずばり、野村證券の『バーチャル株式投資倶楽部』!!そのままやないかと。内容は100万を授かり、そこからスタート。デイトレードは無理ですが、購入・売却の次の日にマーケット状況を反映して、なんぼもうかってるか・損してるかが出ます。

早速、1週間前ぐらいからやり始めてます。ちなみに、選んだ銘柄は実に他力本願で、2ちゃんねる(おまえはそこしか情報源ないんかという話ですが)で、おそらく上がるだろうと銘柄をピックアップ。後は、最近自分が営業して、ここはいいかもなという雰囲気があったところ。

で、せっかくなので、今現在の状況を公開しましょう。はい、どん!!!

YEAH!!100万突破!アホみたいですが、やっぱり上がったら嬉しいものです。
まあ、これでうまくいって現実うまくいくわけではありませんが、しばらく楽しんでから
前線に向かいたいと思う今日この頃。

飢えてますⅡ

昨晩の就寝時、腹が延々とジャズドラムのように鳴っていた訳だが、今現在も、猛烈に鳴っております。当然、にゃんも食ってません。いや、朝は妻が食事を作ってくれたので、それを喰らった訳なんで、耐えれました、午後2時までは。

もう車がガス切れで『プスプス』という感じ。
まず、頭が来ます。ぼんやりと、しかも妙な頭痛が頭の中を占めていきます。次に、お腹の空腹感が来ます。これは言葉では簡単ですが、お腹が膨らんでいると錯覚するような感覚です。で、この腹と頭の間(胸・腕)は、まだ元気なのですが、妙に、これまた力が抜けてきます。

で、こんな状態で、今日は埼玉と千葉を移動したわけで、
埼玉はタクシー乗らず(経費削減)歩き回ったおかげで、相当な疲労。千葉では、あの夕暮れ時の強烈な寒波を直撃したおかげで、体温急降下。

はあ。まじで、お腹減ったので、今日は帰ります。
明日は浜松経由で、大阪上陸でございます。

飢えてます

以前にも書いたが、今年3月末までに60kgを切れば27万(賭け数:17名)獲得、切れなければ同額を払うというダイエットギャンブルを進行中なのだが、1月10日現時点で・・・・・


65kg。

やばい。まずい。負ける。負けてしまう。負ける姿が目に浮かぶ。
減らない。体重が減らないのだ。何しても無理しても減らない。
今、俺は相当にあせっている。さてどうすべきか。

基本は低インシュリンダイエット+サッカーによるカロリー燃焼の2本柱でやってきた。

どうやら、これでは65が限界らしい。

そこで考えられる方法を列挙してみた。
①マラソン
②絶食
嗚呼、地獄の選択肢。出来れば、したくない。だが、しないと、負けるような気がする。いかんせん、体重の変化がなくなっている現状、打破するには、多少の精神的犠牲やむなしと考え込み、いや、やっぱりやりたくない弱気との葛藤が、今俺の中で渦巻いている。絶対負けられない戦い。『60kg?うひゃひゃひゃ、無理』と抜かした連中に勝たないと、この先、俺は負け犬先生だ。負け提灯ぶらさげて、えんやこらせーどっこいせだ。

というわけで、今日も、エレベータを使用せず、階段をひた歩き、朝も昼も夜も食事抜き、
明日の朝に鶏肉の炒め物を食うことにした。

今月、絶対に62にしないと、負ける(気がする)

なんなんじゃい

サッカー部の立ち上げをやってると、面白い。

いや、これは目指していた『面白さ』ではなく、『とほほ』な面白さ。『なんやねん』な面白さ。

早い話、俺は、立ち上げようとしている張本人だ。
責任者だ。
皆勤だ。

暖かい布団からウグウグうめきながら起き上がり、誰もいないとわかっているグランドに向かう。他のメンバーはどうだ。遅刻、当たり前。ぶっち、しょっちゅー。でだ。もうその他の面々は
気持ちいいぐらいに、羞恥心がない。やれ、こうしたほうがいいと無責任な提案の嵐。責任感なんてない。参加してやってる、そんなスタンスだ。個人の能力を努力で埋め込むことも特にしない。これは熱意だけの問題だろうか。サッカー部という組織に自分の力を試す、生かそうとする、サッカーから何かを学ぶ、そんなスタンスは皆無だ。要するに、口だけだ。目先のサッカーの楽しさだけだ。羊だ。めーめーうるさいだけだ。草だけ食ってれば満足なのだ。

思えば、こんなことはしょっちゅうだ。つまり、やってもいないのに文句や批判だけは一人前の人間があまりにも多い。多過ぎる。実際、今まで、俺はよく批判されてきた。駄目出ししてもらうほうが自分にとってはいいので、ガードを甘くしているためだ。正しい指摘を聞き入れる
ためにも。発言者の発言そのものに説得力がなくても。実際、説得力のない人間ほど、俺にからんでくるのも事実で、笑えるが。

まあ、それをいいことに、よく笑われてきた。批判されてきた。自分の手法や行動・発言に。そのたびに、ハラワタ煮えくり返り、ネガティブパワーが俺を突き動かす。そして自分が正しかったことを後に証明する。笑っていた人間はうつむくか、笑ったことすら忘れて賞賛している。かっこ悪いわな、しかし。屑だ。だから、100%の確信がない限り、俺は、人を笑わない。確信があれば、とことん批判する。

話がよじれた。

では、他のメンバーに期待できない中、どうすればいいのか。
強制力。それも1つの選択肢。とはいえ、中学高校の運動クラブではなく、な有志の集まりゆえ、その発動は難しい。結局、地道に普及を続けるしかない。あるいは、パートナーとなりうる
、がっちり握手できる、有能な人材の登場を待つしかない。かつて、大阪で同様に立ち上げた
時、神は贅沢なほどに俺に大切な仲間を与えてくれた。

神に祈ろう。ボールを蹴ろう。

仕事ができる人の風景

2ちゃんねるでこんなスレッドタイトル。
『仕事が出来る人の特徴とは?』
そんなわけで、コピペして整理してみました。
( )内は自己評価+コメント。
仕事してる人。あなたはどうですか?

1)鼻毛は出てない        (△時に妻から指摘)
2)2chなんてしない      (×いっつもみてる)
3)技術に裏付けされた話術を持つ(△半分技術、半分勢い)
4)根本的に頭いい        (△強くそう思いこみたい)
5)遅刻しない          (○)
6)資料を要領よく整理する   (○)
7)自分なりのペースを作れる  (◎)
8)死ぬときにそっといなくなり、死体を残さない
             (△墓標を残す、目立つ位置に。)
9)机キレイ          (○)
※っていっても二種類いるよね。・仕事が少なくて、そもそも物がない奴  ←ひょっとしてこっちか・・・
・仕事が手早くて、整理が行き届いてる奴
10)週初めには休まない    (○)
11)当日朝電話連絡とかの急な休みは少ない
                (△気分屋やしなあ)
12)中途半端に残業しない   (○残業憎し)
13)濃密な集中力の持続が極端に長い (×短い、極端に。)
14)モテる          (×・・・・・・。)
15)基本的に綺麗好き      (△身なり汚い)
16)残業する時としない時がハッキリわかれている(○)
17)謙虚            (×今年の目標キーワード)
18)あまり世渡りは上手くない (○下手やね)
19)自分で開いた会議の議事録を自分で書く
                (×最近全然書いてない)
20)エロい          (○ええ)
21)部下や上司、同期も含めて人を使うのがうまい(×)
22)若干気の抜けた几帳面   (○まさに)
23)難しいことでも本質を見抜いて単純化できる
               (○単純化しないとわからん)

24)自分の意志・考えを明確に他人に伝えられる(○)
25)自分より仕事が出来る奴を潰すのが上手
             (× 潰したら自分のダメージやし)
26)頼み上手        (×全然駄目やね)
27)汁男優          (△ある意味)
28)徹夜しない       (○嫌いやからね)
29)人をうまく怒れてうまく誉められる (×苦手)
30)大局的な計画と、局所的な作業の 辻褄合わせが上手い。                 (×大局が駄目)
31)何が問題かが把握できる (○)
32)根回し巧い       (×全然・・・・)
33)控えめだが頼りにされてる(× 理想像ですな)
34)情報の取捨選択がきちっとできる(△どうやろうか)
35)タテマエで喧嘩できる  (×最近あかんな)
36)何気ない言葉が重い   (△わからんな)
37)自然に相手にも合わせられ、相手を良い気分にさせる
               (○最近こんなんばっかり)

38)計画を実行する方法を複数用意していて、
   失敗しそうだと判断したら即次の手を打つ。
              (×んーーーーー現時点では無理)
39)一見複雑な状況を誰にでも解る簡単な例え話に置き換えるこ   とができ、尚且つその例え話の中にウイットを織り込むこと   ができる  (○ある種、こうゆうの好き) 

40)相手に話をさせるだけさせておいて、その後でゆっくりと相   手を料理にかかるが、決して相手が料理されていると思わせ   ないどころか、相談に乗ってもらったと思わせる。
   出来ない奴は上の料理される奴。       (○)

17/40ですか・・・過半数切ってますな・・・
すずらんの里の風景
初営業ですわ。早速、長野の富士見にいきました。
が、やっぱり雪です。寒いです。凍りそう。そんな中、
『すずらんの里』駅に到着。何故か、自分の手でドアを開ける電車。降りる。誰もいない。無人ですな。チケット勝手に入れろと書いてる箱。寒い。誰もいない。何もない。本当に寒い。でも誰もいない。もうええっちゅーに。とりあえず、自動販売機すらないので、駅から歩くこと15分で見つけたホットコーヒー。はー。で、ユーザーの送迎バスに乗り、降り、客と話し、帰り、今、仕事中です。って、ほんま、普通やな。
2005年10大目標
新年好!ようやく2005の鶏ですな。何卒、ご愛顧の程を。

さて、新年早々、地震があったり、富士山爆発するんちゃうかとか、関東大震災アゲインとかま、要するに、一寸先闇ですよ。だから一日一日を精一杯生きるべし、という御託を並べることは容易いのですが、これがなかなか出来ない。やっぱり己には甘いですからな、人間。しかも、ま、意志は変化していくものですからな。

ちゅーわけで、今年はずばり目標を掲げようではないかと。それをオープンにすることで、チャージかけないと。と。

順不同ですが、こんな感じ。

①3月末までに60kgを切る(ま、金掛けてるからね。これ前半の最優先課題)
②肉体大幅改造(コンプレックス払拭 計画2年目)
③TOEIC650突破(やるよやるよといい続けて、全然駄目な領域。それが英語)
④謙虚になる(これ、今年のキーワード)
⑤シビアになる(これ、裏キーワード)
⑥サッカー部、完全立ち上げ。(ユニフォーム・チーム名・秋にはトーナメント参加)
⑦貯蓄2倍化計画(支出を抑え、収入を増やし、運用する)
⑧妻と仲良くする(飽きられないように。お互いに)

あれ、あと2つありません。ほな、8大目標ということで。
まあ、いずれも最近思うことばかり。とりあえず、去年のダイエットによって、
継続の重要性を痛感したし、さらに、自分でも出来ると実感できたことが自信になりましたわ。やるで、さらなる飛躍を。

あと、このHP。あまりにもつまらんと。連れから『(このHPは)会社向けやろ』という完全な
決め付けを頂いてる(苦笑)が、それは、ない。無意識にもない。ただ、単に面白いと思うポイントがもう他人とづれづれだからだろう。まあ、おもろいことがあれば、遠慮なく書きます。

サッカー部のグランド抽選のため名刺20枚を集める必要から、、会社で『ラオウ』と恐れられてる、他部署のおっさんに、しゃーなしに、もらいにいくことに。

俺『あのー、かくかくしかじかで、名刺頂けますか』
ラオウ『サッカー部なんて、やめな。』
たじろぐが、隠す。
俺『サッカーは唯一の私の娯楽ですから』
ラオウ、そこから『俺も昔はサッカー部だったんだよ』と、回顧録開始。
はいはいはいはい。

人って、単純だな。

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。