無料ホームページ ブログ(blog)
mi1011.net2004年09月
mi1011.net
または私は如何にして心配するのを止めて人生を愛するようになったか
200408<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200410
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホームページ立ち上げの風景
最近、時間に余裕が出てきて、ようやく、部署のホームページを立ち上げ(実際には既に
立ち上がってましたが、内容が全然でした)れました。

無論、まだまだ内容を入れていかな、あかんのですが、いかんせん、原稿やデザイン・内容の確認・上司の承認やWEBデザイン会社との協議等、まあ、きりがない。しかも、金。金が
なんでもかかるんです。更新1つでも¥20,000。記事1つでも・・・と上げれば無限。

さらに、現状の紙カタログではWEB上のPDFに置くことができません。そのため、仮に置けるようなカタログを刷ることになると、A4表裏のカタログ×20種類で(移植約\30,000+PDF作成約\20,000)×20=¥1,000,000になります。

・・・・・・・なんなんでしょうか。しかし。でも今日、LivedoorからPDFと同様でWEB掲載可能なソフトが発売されたとの情報を得たので、WEB屋の担当者にぶつけてやろうと鼻息荒くしてます。ちゅーのも、この担当者が、まあ、なんつーか、堅物ちゅーかオタクちゅーか、専門用語連発&要約一切なしなので、文系一浪のアホには、正直わからんのです。いや、むしろ茶化されている感、なきにしもあらず。くそおおおおおおおおお、くそくそくそ。

そんなこんなで、本業傍ら、闘っております。

で格闘した後、新幹線で大阪へ。お初天神通りで、疫君と一日武将、疫君の後輩であるKOUZU君と、なかなかにうまい居酒屋(和風バー)で、のんめりトーク。鳥の山椒合え、
鳥のささみ刺し、うまかったー。

その後、阪急梅田駅前の茶店で、マイホームページについて疫君と協議。忌憚のないご意見を頂戴する。ちゅーか、それに反論する。

12時最終に乗る。

で、今は大阪の池田で、あいもかわらず不眠症から4時にベランダでこれを打ってます。
スポンサーサイト
午前4時のフットボール
最近、不眠症です。
今日も同じように眠れません。

あんまりにも眠れないので風呂・髭剃り完了で、出社臨戦態勢で布団に寝転がってました。
あんまりにも暇なので思わずTVの電源入れました。午前4時。

すると、どうでしょう。やってるではないですか!ええ、やってました、UEFAチャンピオンズリーグ 一次リーグ レアルマドリーVSローマが!しかも前半!!しかも既に0-2、ローマ、リード。あーあ、やっぱり、レアル。れある。やっぱり、ザル守備。

これでローマが0-2で前半折り返すと、ほぼローマ勝利間違いなしだろうなと思いきや、ラアル・ゴンザレスのシュートがDに当たって結果ループで1-2。前半40分。ローマあいたたた、です。ボール支配率66%でも、たぶん点が入らんだろなという空気だったにもかかわらず、レアル、生き返る兆しが。

で、案の定、後半開始早々に、レアルがPK獲得。2-2。勝負あり。あとは、レアルの芸術的な破壊活動が活発化して、フィーゴのグラウンダーシュートにラアルがGK直前でコースを変えて、3-2。その頃、私は半分夢見状態。ロベルト・カルロスが真ん中からぶちこんで4-2。その頃、私は、3/4夢状態。ちゅーわけで、ローマ散り、サンチャゴ・ベルナベウは狂喜乱舞と(その頃、私は完全睡眠状態)。

記憶をたどりますが、ユベントスぐらいのカテナチオは持ち合わせてないローマでも、8人も引いて守れば守り切れそうなものだし、実際、レアルは縦の動きはなく、横パスの応酬で、こりゃ駄目的サッカーを展開していたのですが、右サイドのサルガド-フィーゴ-ベッカム、左サイドのロベルト・カルロス-ジダンラインでなんとかサイドを切り崩しては中央に戻す戦術が効いたようで。当然、そんなやりかたでは、ロナウドはゲームから消えてましたが。あと、どちらかというと、レアルの攻撃よりもローマの方がスペクタクルに溢れていたのは皮肉。ジダンは採点4.5レベルで、これまた残念。

ちゅーわけで、ローマの2点目が、まだ記憶が遠くなっていない状態で観れたことが、収穫。あと、カッサーノはこれからももっと観たい、要注目選手と再認識できました。
トッツイーより凄い、間違いなく。

で、私はというと、8時に眼が覚めました。
眠気眼で丸の内線に揺られると。
深谷の風景
某ユーザーを訪問しました。
三重の亀山から来てもらった同行者と共に、訪問したものの、面会所がえらい遠い。こういう工場はとにかくダダッぴろい。余裕で守衛所から目的地まで徒歩12、3分はかかる。

はあ、ようやく着いた。担当の内線鳴らします。受付、担当は休みです、と答える。休み?ええええええええええええ、と思わず。おいおい、わざわざ来てるのに、と思いきや、代理がいるとのことで、また代理の待つ場所へ。徒歩10分。

着きました。秋もそろそろなのに汗ばんでいます。着く直前に電話を入れてみました。出た人、担当は今、席外しです、と答える。席外し?ええええええええええええええ、と思わず。しょうがないので、待合で待ってたら、すぐに代理の方が来てくれて、とりあえず、話が出来ました。

よかったよかった。と深谷から電車に乗ったら、ごっつい臭いおっさんが隣に乗車。肝を冷やすぐらいのくっさ加減に、別の車両に移動。

ちゅーわけで、まあいろいろあるけど、普通の日でした。
以上、上野駅構内よりお送りいたしました。

あーーーー、ほんま臭かったわ。ふん!!
書き出しの言葉
書く行為には、労力がいります。

時間がいくら余っていても、心に、なんやろ、ま、よーわからんが、
『ちょいと四方山話でも書こうか』となるには、実は相当に余裕がないと出来ません。実際書いている人等なら、この実感はわかってもらえないんやろうと思います。

どうでもいいことにつけ、何かテーマに基づいてにつけ、
いずれにせよ、この『書く』という行動。嫌になることもありますが、割と、なんだろ、感情を消化するというか、理性を整理するというか。ただ、書けば書くほど、何かみえてくるぐらい、書いている訳でもないんで。

ちゅーわけで、また気を取り直して、書きます。よろしゅー
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。