無料ホームページ ブログ(blog)
mi1011.net聴牌だよ!全員集合!
mi1011.net
または私は如何にして心配するのを止めて人生を愛するようになったか
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第4局 ~牌よ、何故におまえは俺を天国と地獄に誘うのか~
本日は2半荘といたします。

第一半荘スタート。アホ君が脅威の6連続和了で、ボケ君が箱を飛ばして終了。アホ君除いて全員焼き鳥(※半荘以内に1度も和了出来なかった)です。ザッツ一人勝ち。とはいえ、一度も振込みはしなかったため、参加すれども戦わず。いや、このアホ君の馬鹿づきには戦わないのが賢明といえるでしょう。これにより、23000で2位確定。戦ったボケ君、チンカス君、きついスタート。

第二半荘スタート。鳴いてタンヤオ+ドラ2戦法で確実に親流れを実施。こつこつ実施。気がつくと、36000点、トップです。よし。正真正銘の1位奪取ですか。うむ。この「夢がモリモリ」状態、いわゆる夢モリのタイミングで親になりました。ここも確実に勝って止めを刺したい。配牌も良い。ピンフタンヤオで速攻。悪くてもキープ。

ブルブルブルブルブルブル・・・

仕事の電話です。この野郎、都合でどうしても切れない類なので、携帯を左手に、右手で打ち続ける私。電話しながら車の運転をすると60%注意力が落ちるといいますが、同程度の注意力ダウンが証明されることに私は気づくこともなく、勝手に鳴いてたりして、せっかくのイーペーコーも活かすことも出来ず、また、鳴いてるのでイーペーコーが出来ないのに、牌を捨ててしまってイーペーコー失敗と解釈してしまうほど、麻雀脳が停止。ようやく10分ほどの電話が終わった時には、誰かがロン。

しかし、心の動揺とでも申しましょうか、確実に自分の中でリズムが変わりました。これをなんとか落ち着かせるためには、まずは深呼吸。とはいえ、そんな簡単に人の心が落ち着くなら、みんなするわけで、リズムが一旦狂ったまま、それを修正しようと、次の親になった時、どんどん牌を切ってたら、西風のアホ君の直前に南風のチンカス君が「ポン鳴き」したにもかかわらず、すでに牌を取って切って捨ててしまいました。
痛恨のチョンボ。親なので、全員に4000点を払うことに、死んでた3面子が生き返り貯金が一気にゼロになったの私、同一線上に並んでしまいました。うごおおおおおおお。痛い。痛過ぎる。夢が、夢モリが・・・・

その痛い痛いいうてる人間に、ウェルカムの女店員がビールをこぼして、そのビールシャワーがもろに私のセーターとかばんを直撃。ぬおおおおおおおおおおしかも、女店員、私の見事な濡れっぷりに笑っている始末。ぬおおおおおおおおおお感情の沸点が直前まで上がりますが、まだ打っている最中。ここで切れるのはアカン。とはいえ、この感情はどうすればよいのかと、怒り爆裂寸前の私。慌てて店員たちが走ってきて、謝りながらかばんと服を拭きますが、あの、まだ、今、打ってるんですが。ちゅーか、かばんが・・・かばんが・・・・あーーーもーーーなんじゃーーーーと沸いた感情の矛先もなく、すっかり麻雀脳が停止。ところで、戦場で脳が停止すると、どうなるか。はい。脳機能停止→注意力が働くなる→朦朧と前にだけ進む→的になる。

地雷踏む(アホ君に満貫振込み)、
四方八方から打たれる(ボケ君に満貫振込み)、
空爆を受ける(アホ君に満貫振込み)、
戦車にひかれる(チンカス君に跳ね満振込み)。
頭だけが残りました(結果、箱飛び)。

電話が鳴り出してから30分。3面子、仲良く私の頭部で蹴り合いです。サッカーの起源ですね。

この時間帯、何回か『死んでもいい』と思いました。いや、なんでもないです。
スポンサーサイト
第3局 ~牌よ、君の名を呼べば僕は切ないよ~
麻雀を打ち出して、早1ヶ月。あえて「知って」とは申しません。
ただ、DSソフトのストーリーモードを撃破し、荒正義プロの著作「何を切る」で思考を訓練し、小島武夫プロ著「絶対負けない麻雀」で論理を読み、井手洋介プロ著「簡単に覚えられる点数計算と役」で基本授業を
自発的に毎日懲りずに硬くなった頭脳を解す日々を過ごしております。

何度も申し上げましょう。あえて「知って」とは書けません。
まだまだ知らないことが多い上に、それを学びきっていない、物にしていないのが現状です。それでも、オボロゲながら「麻雀ってこういう風にするんだよ」というイメージは出来上がりました。これは大きな一歩といえるでしょう。

そんな中、新春早々、上野の雀荘「ウェルカム」で打ちました。面子はいつものアホ・バカ・チンカスです。こいつらは本当に憎い。憎過ぎて、牌を握り潰そうとして指を痛めてしまうほどでして、クソッタレFuckin連中に天誅を一日でも早くお見舞い申し上げたい。その一心で年末年始勉強してきたのですよ、私は。心臓の鼓動が高まってきました。
いざ!!!!!!!


ちーん
結果、3位。またかよ。
しかし、今回は前回よりも手ごたえがあります。初心者の壁かもしれませんが、振込み回数は激減し、聴牌までもいける。が、です。ロンを言わせてくれません。むしろ、ツモあがりが連発し、それがボディブローの如く点数を減らし、気がつくと1回振り込んで死亡。いや、自分の手、悪くないんですよ。純チャンも決めましたよ。でも勝てない。推測するに①手が純粋過ぎる(=読まれてる)②やっぱりまだ判断が悪い③鳴くタイミングで迷ってしまった④考え過ぎ

今回の場合、③が多かった。鳴きたい。でも鳴いたら手がばれるかなと、あるいは鳴いて上がれるのかなとの迷いが生じました。以前のように何も考えないで鳴いてた頃とは違い、いろいろ知ってしまったが故の躊躇。少なくとも1局ごとにありました。結果論ではありませんが、ここはやはり鳴くべきであった。つまり、④が元凶。思考の道草です。

麻雀、その勝利の道は果てしなく遠い。
麻雀は深いよ、どこまでも
屈辱、無力、敗北感・・・
その他、あらゆるネガティブな感情に浸れるモノ、ありますか?

先週土曜、上野の雀荘『Welcome』の雀卓に、また僕はそこにいました。
DS『雀・三国無双』で練習し、図解『麻雀を始める人のために』(天野大三著)に没頭してきた成果、今こそ見せてやると意気込んで、店員に頼んだホットコーヒーが着く間もなく、親に振り込んで、18,000点マイナスの跳ねマンを献上。持ち点の6割をしょっ引かれ。今日は相手の捨て牌を見ながら守備を意識するぞと、考えた矢先です。サッカーに例えるなら、開始3分で味方2人退場&PKで2点ビハインドといったところでしょうか。いくら、『あと87分あるじゃないか』といわれても、あの、もう、グッタリです。

これだけのマイナスを戻すには、当然、守備よりも攻撃に傾かざるを得ない。よって、メンタンピンや三色同順でいきたいのですが、また振り込んでやられ、振り込んではやられ、眼はうつろ、背中はすすけ、嗚呼、綺麗な負け犬の出来上がり。人間って面白いですね。そして、お約束のドボン。雀卓投げたい。思い切り、隣の卓にぶつけたい。牌、投げたい。投げ続けたい。

落ち着け、俺。落ち着け、今日のテーマを思い出せ。自己制御せよ、自己制御せよ、自己制御せよ。とりあえず、守備をもう一度やり直すしかない。しかし、守備ばかりじゃ勝てない。かといって、守備をしないと勝てない。必ず攻め時がある。その時を待て。といわれても、待っていては終わってしまう。

よし、あと1歩でロンだ!と思いきや、隣にあがられ、せっかくのイッキツウカンもむなしく色褪せる。あがれると思っても、あがらせてくれない。中途半端な攻撃を繰り返すと、守備も中途半端になります。ええ、また振り込んで、ぐったり。

麻雀は本当に深いわ。水深100mかなと推測していたら、その10倍以上はあった、そんな気分ですか。いい牌・悪い牌が来る確率なんぞ、皆、同じ。それでも、勝者と敗者がいる。どうすれば勝てるのか、どうすれば負けないのか、どうしたらいいのか、さっぱりわからない。とはいえ、必ず勝つ方法があるはず。

勝者への階段はある、はず。と、信じたい。
あんた、背中がすすけてるぜ
人生初の麻雀を打って参りました。

場所は上野の雀荘『Welcome』、京成上野駅から徒歩1分。刻は文化の日午後六時半。面子は朝からサッカーしてた面々。

『光麺』で焦がしタンタン麺を食らいました。やけに香ばしい。吉兆か。待ち合わせの間、付け焼刃のため、ドトールで阿佐田哲也の『Aクラス麻雀』(双葉書房)を読み深けます。おまえ、役を先に覚えろといいたい。

さあ、刻は来た。面々、『Welcome』に入場です。想像以上に人がいることに驚き、想像以上に場が煙っていないことにも驚き、店員に連れて行かれたのは奥の卓でございます。

そもそも、会の目的が『mi1011に麻雀を教える会』ですから、高額レートはなく点3(1000点が30円?)だそうです。最初は牌を見せながら、ルールを確認します。うむ、ドンジャラはやったことがあるから、なんとかなるか。これ、ドン!そんな感じやろ?軽いタッチで始まりましたが、1回目で恐々、私『・・・・・・・・・・ロン』面々『うん、そうだね。』よっしゃーーーー、和り!思わずガッツポーズ!!そんなハッチャケ具合を保護者のような優しい眼で見つめる面々。2回目、誰も予想しなかった国士無双に密かに挑戦。結局、あと1手で上がれず。

その後は予想通り、点棒はみるみるうちに減り、振り込んでメンタンピンドラ1とかで、点棒はおろか、穴の毛まで根こそぎ取られてさあ大変。やられるたびに、何が悪かったのか、手牌を確認してもらい、ルールを習い、例外を知り、相手の出方を知る。

深い。深いぞ、麻雀の世界。

一言も発せず、その世界の恐ろしさに戦慄が走っているmi1011を横に、
久保田早紀の79年のヒット曲「異邦人」を鼻歌まじりで合唱したり、
『チュウンビーム!』とかのたまいながら中の字牌を捨てるアッキー。
そんな状態でボコスカにやられる無言のカモネギ。いや、抵抗もする。

mi1011は字牌と風を覚えた。
mi1011はチートーイツを覚えた。
mi1011はドラの意味を覚えた。
mi1011はヤミテンを覚えた。
mi1011は満貫を覚えた。

ロールプレイングゲームの主人公の如く、覚える技の数々。しかし、そんなにすぐに武器になるわけではない。あるのは、ハッタリ。ハッタリをかまし続ける俺。とはいえ、ハッタリはハッタリ。メッキは剥がれる。掘り込めば掘り込むほど萎える戦闘意欲。背中もすすけてきたぞ、カモネギ。くそおおおおおおおおお、牌の塊を両手で握り締める俺。

その時、店員からの神の声。
『えー、店内で人が倒れてしまいまして、救急車が来るんですけどー、
警察も来そうな感じなんですよー。ここにいてたら捕まってしまうかもしれないんでここで終わって頂けないでしょうか。』

って、捕まるんかい!ゾロゾロと店を出る面々、午前二時半。嗚呼、なんか素晴らしい世界を知ってしまったかもしれない。店に入る前と出た後で上野の夜はこうも違って見えるのか、麻雀よ。

戦績:上がり回数4、振込み回数10、点数合計大幅マイナス。

面々、次回も宜しくお願いします。
※現在、教本と任天堂DS『雀・三国無双』で修行中。
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。